FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
お久しぶりです。
PCから更新しております。

完全にブログの使い方すら忘れている今日この頃ですが、
何とか思い出しながら更新しています。

今年のドラフトは以前から楽しみにしていたのですが、
私自身の環境が以前と変わり、中々更新できなくなっておりました。

既に直前となっておりますが、可能な限り最後の追い上げ記事を書こうと思います。

こんな状態でも時々見に来てくださってる方々、本当にありがとうございます。
もし時々見てやってもいいかな、と思われましたら、今後ともお付き合いください。


面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



酷く更新が滞り申し訳ありません。
時間が取れなくなったというのと、遅筆ゆえに記事作成中に挫折してしまっています。
現在気軽に更新できるツイッターと連携させて更新を考えています。
とはいってももう一週間もありませんが…

せっかくなので現在の雑感を。

高校生は有原・島袋が進学で少し寂しいですね。
上位指名は一二三、宮國、山下、山田、吉川くらい?
岩本、田中太一、後藤、観野、又野、榎本あたりの評価が気になります。
そんな中、注目は以下。

一二三(東海大相模)
遠回りしたものの将来性は有り。
野手としての評価も○。

風張(伊保内)
今年注目の素材型。進学らしいですが。
速球の威力に注目しています。

宮國(糸満)
沖縄を代表する右のエース候補。
全国には縁がありませんでしたが、注目しています。
岩隈に近いという評価ですが、東浜に近いと想像してます。

高野(文徳)
雑誌で見て一目惚れです。
斉藤和巳のイメージがあります。

吉川(PL)
野手の目玉。プロ意識が非常に高いですね。
プレーをまだ確認していませんが、期待大です。

山田(履正社)
個人的に今年の野手で一番。
スイングが良く、近年のショートでは一番かも。

我如古(興南)
甲子園のプレーを見て気に入りました。
小柄で俊足が売りではない珍しい野手。
しかし進学の模様。

榎本(九国付)
ハマッた時の打撃は非凡。
打撃センスは帝京・中村(現SB)以来の凄み。
しかしパッとしないときとのギャップが大きいですね。


大学は大豊作と数年前から期待されていましたが、野手は少し不足気味?
斎藤のNo.1は揺るがず。
社会人も意外に上位指名はありそう。
注目選手は以下。

斎藤(早稲田)
勝って当然の期待の中、勝ち続けた強さ。
数字には現れない投球術が魅力。
イメージは野茂です。

大石(早稲田)
こちらは数字で圧倒の実力派。
大学でリリーフ専門は、体力的にどうなんでしょうか。
意外と素材型かもしれません。

加賀美(法政)
ポテンシャルは他を圧倒してトップ。
優しそうな気質と怪我がウィークポイント?

澤村(中央)
個人的に同大学の山崎の方を評価していましたが、今年仕上がってます。
制球、緩急、速球の質が鍵でしょうか。
巨人以外拒否報道の真実や如何に。

榎下(九産大)
速球の球質は大石を上回っている可能性もあります。
防御率も安定感がありますね。
独特のフォームと怪我が心配。

沢良木(日本文理大)
打撃の一芸型。
トーナメント制でありながら、10年春を除き全て4割超。
長打力もあり、あとは大舞台の結果だけ?

秋山(八戸)
ホークス注目の5ツール型。
粗っぽい印象はありますが、個人的にプレーは好きです。

伊志嶺(東海)
今年の大学No.1野手。
ロッテ・荻野があんなに活躍するとは思わず、色んな意味で注目してます。
菅野と同チームなのが惜しいですね。

安部(NTT西日本)
良い球を投げていると思います。
良い時の力は社会人一番手の印象です。


まとまっていないうえに、書ききれませんでした。
また地道に更新目指します。
ドラフト当日となりました。
菊池に焦点が絞られっぱなしのドラフトですが、それもついに総決算。
このブログはなーんにもまとまらないままとなってしまいました…
あまりにも酷いため、リストアップ一覧だけはなんとか完成を急ぎます。(仮ですが完成しました)
個々選手の記事はドラフト後にチビチビ進める予定です。
同時に青写真と同じく進めるつもりだった編成記事も進めていきます。
年々ダメブログに向かってしまい、閲覧されている方には申し訳ないです。

果たしてドラフトの運命や如何に?!


追記

リストはプロ志望届を出している選手を優先して更新しました。
出さなかった選手は別のリストを作成するつもりでいます。
最後に、ホークスの理想ドラフトを書いて締めます。
ドラフト結果については明日、明後日のうちには書きたいと思っております。
今年の総決算を、最後まで楽しみましょう!!

一位 菊池雄星(花巻東高校)
本来の目玉主義なら、菊池獲得を目指すほかはない。
最終的にはメジャー行きでも、エースを育てるチームを目指すべきでしょう。
二位 古川秀一(日本文理大)
妙にトーンダウンしている感の否めない即戦力左腕、個人的に評価は上がっています。
速い球を投げるだけでなく、技術も学んだ彼には杉内を追い、大隣と競う選手を期待して。
三位 中原恵司(亜細亜大学)
上に同じくトーンダウンの感はありますが、四番候補になれる存在は貴重。
遅咲きのタイプなので時間が掛かるかもしれませんが、40本打てる選手を目指して。
四位 小関翔太(東筑紫学園)
河野からは「鬼屋敷より上」と評価された肩、堅実な守備ワークで次世代正捕手候補へ。
若い捕手が荒川のみとなり、互いに切磋琢磨する存在が必要になる。
五位 松井淳(日大国際関係学部)
上背は高くないものの、爆発力のある打撃は今年の野手全体を見渡しても指折りの存在。
器用に立ち回るより、今はこういった「思い切れる」選手が欲しい。


直前まで分かりませんが、報道が殆どなくなったのであえて今村は回避しました。
上の理想は色々考えながら作りましたが、菊池の籤はともかくとしても甘い予想ではあります。
実際は今宮・諏訪部・山内・・・といった感じになるかもしれません。
しかし本当にドラフトというものは当日驚かされたりしますから、やめられませんね。
今朝の記事では鳥栖の豊福という選手がリストアップされていたようです。
古賀と並ぶヒットメーカーで、川崎の成功を追った印象です。
さてさて、どんな結果になるか、皆様お楽しみに~!!


2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
2008年指名候補者リスト
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
2009年のドラフトで指名候補となる選手のリストです。
逐次編集していきます。
また記事が膨れ上がってしまっているので、更にポジション別に分けるべきか葛藤中です。
高校・大学・社会人・利き腕・・・色々考えていますが現時点では変えずにやってみようと思います。
簡易リストだけは二種類くらいには分けようと思っていますが。
また、ランク付けは例によって私個人の主観で行っているのでアテになりません(;´Д`)
データの少ない選手などは2009年ドラフト候補選手・簡易メモへ。

ランク付けは下記の基準に拠ります。
S(競合レベル)、A(一巡指名)、B(上位指名)、C(下位指名)

投手


S
菊池雄星(花巻東) 184cm82kg 左投左打
大舞台でも冷静な強心臓、高い身長から角度を生かした球はついにMAX154kmに到達。
変化球もスライダー、カーブ、カットボールを投げ分ける本格派で、目玉候補の一番手。

今村猛(清峰) 183cm85kg 右投右打
速球はMAX150kmに達し、その球質も高校生離れ、センバツを驚異的な成績で制した。
体のバランス、変化球の精度など課題も見えるものの、大きく育ちそうな選手。

岡田俊哉(智弁和歌山) 174cm63kg 左投左打
強打のチームを支える大黒柱として2年生時点でチームのエースを奪取。
球速よりも制球力、キレで勝負するタイプの投で、変化球も三種目を得た模様。



A
眞下貴之(東海大望洋) 187cm76kg 左投左打
グングンと評価を上げ、ドラフト一位指名の12人に名を連ねる可能性の高い大型左腕。
特に縦のカーブは「まともに打たれた記憶がない」ほどの代物。

中村勝(春日部共栄) 183cm75kg 右投右打
素質では菊池・今村・白村らと比較しても遜色ないと思われるセンス。
質の良い速球と柔らかい肘の使い方で、3,4年後のローテを狙える逸材。

川原弘之(福岡大大濠) 183cm75kg 左投左打
速球は最速144km、消える体感のスライダーが武器の大型左腕。
制球には課題を残したままだが、固さのないフォームに好評価が集まり、上位指名は確実か。

運天ジョン・クレイトン(浦添工) 180cm68kg 右投右打
既にMAX145kmを記録し、キレの良いスライダーが一番いい球との評価も。
フォームなどを見てもまだまだ粗さが残るが、伸び代では2009年屈指か。

白村明弘(慶應) 185cm76kg 右投左打
制球やフォームはこれからに課題を残す未完成な投手だが、速球は世代№1の球質。
これだけ課題、課題と挙げられながら全国大会優勝、高い奪三振率と素質はずば抜けている。

下沖勇樹(光星学院) 179cm75kg 右投右打
MAX145kmの速球と多彩な変化球、安定感や強気の攻めなど魅力が詰まった投手。
抜群のキレを支える下半身の土台が作られれば、まだ伸びる要素は秘めている。

山田修義(敦賀気比) 184cm78kg 左投左打
「内海二世」と期待され、その期待以上に成長した左腕のトップクラス。
奪三振は二桁が当たり前、記録的なペースで地区大会を蹂躙した。



B
菊池翔太(一関学院) 185cm80kg 右投右打
スライダー、フォークに加えてサークルチェンジを習得、セットポジションからでもMAX139km記録。
制球力は課題だが、今後の伸び次第では岩手の菊池の一番手襲名もあるか。

庄司隼人(常葉橘) 176cm65kg 右投左打
中学時代から144kmを記録した天才は高校でも早くから活躍。
甲子園でもデビューを果たし、投打両面に置いて高い評価を得た。

福倉健太郎(鹿屋中央) 177cm70kg 右投右打
一年から142kmを記録し、カーブ、スライダーを交える緩急を備えた本格派。
怪我から復帰後はMAX147kmをマーク、今後更なる伸びを期待したい。

長岡宏介(福知山成美) 174cm72kg 右投右打
昨秋42イニング無失点を記録した「古都のミスターゼロ」は、甲子園には届かず。
しかしその安定感は健在で、ピンチでも頼れる制球とクイックの巧さなど、「戦える投手」。

橋本渉(神港学園) 175cm68kg 左投左打
奪三振能力が高く、速球・変化球のどれでもストライクを取れるのが強み。
打者としても通算24弾を放っており、どちらが高く評価されるかも注目。

伊東昂大(盛岡大付) 187cm78kg 左投左打
東北の大型左腕といえば、菊池の名前だけを思い浮かべてはいけない。
そんな思いを乗せたい大型右腕は、菊池以上の角度から滑るスライダーが武器。

小川龍也(千葉英和) 182cm70kg 左投左打
今春からその伸び代を一気に開花させ始め、あっという間にドラフト上位候補へ。
フォームが完成してから才能が発揮され始め、今後も成長の余地を多く残している。



C
安斉雄虎(向上) 189cm75kg 右投右打
長身だけでなく、速球に力がついてきた売出し中の右腕。
まだ速球の出来上がり段階だが、伸びてくれば長身が拍車を掛けて生きてくる。

横山貴明(聖光学院) 180cm75kg 右投右打
多彩な変化球を覚えて秋に一気に台頭し、県大会で2試合連続の完封をやってみせた。
強気なメンタル、優れた指先感覚で今後も更なる成長が期待できる。

渡辺圭(東海大甲府) 171cm70kg 左投左打
MAX143kmの速球はキレと制球が備わった勝負球。決め球のスライダーも○。
3年次に不調に陥ったものの、元々持っている実力は周知の事実。

栗野翔太郎(明徳義塾) 185cm81kg 右投右打
大型で角度がついた速球はMAX142kmにまで達した。
フォークなどで奪三振を奪う能力にも長け、豪快な投手への成長が待ち望まれる。

梅田広久(秀岳館) 178cm68kg 右投右打
MAX142kmの速球でグイグイ押していく強気のスタイルが持ち味。
キレ味鋭いスライダーでの攻めも○で、セットでも落ちない球速は将来性を感じさせる。

穂積優輝(仙台育英) 180cm84kg 右投右打
サイド気味にフォームを修正してから変化球のキレ、制球、球威が格段に上昇。
練習試合では145kmも記録し、世代トップへの追い上げが始まっている。





2009年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2009年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2009年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2009年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
2009年のドラフトで指名候補となる選手のリストです。
逐次編集していきます。
また記事が膨れ上がってしまっているので、更にポジション別に分けるべきか葛藤中です。
高校・大学・社会人・利き腕・・・色々考えていますが現時点では変えずにやってみようと思います。
簡易リストだけは二種類くらいには分けようと思っていますが。
また、ランク付けは例によって私個人の主観で行っているのでアテになりません(;´Д`)
データの少ない選手などは2009年ドラフト候補選手・簡易メモへ。

ランク付けは下記の基準に拠ります。
S(競合レベル)、A(一巡指名)、B(上位指名)、C(下位指名)

捕手


S




A
鬼屋敷正人(近大高専) 177cm82kg 右投右打
プロに混ぜても屈指の強肩、動作の速さや正確さも兼ね備える砲台。
体力測定で全国№1、盗塁阻止率9割の素質でドラフトのルールすら変えてしまった。

河野元貴(九州国際大付) 178cm75kg 右投左打
小関、梅野らと並び、九州の捕手として三羽烏と称される高レベルな中で一際注目の捕手。
元々強肩では有名だったが、非力だった打が場外弾を放つまで成長、一気に上位候補に。



B
中村亘佑(横浜商大) 182cm78kg 右投右打
40弾を超える強烈な打撃と、二塁送球1.8秒を記録する強肩が武器。
体格も良く、今年度高校生捕手では筆頭の存在になってくるか。

木下拓哉(高知) 183cm86kg 右投右打
強打の河野、40弾の中村、記録の平本らと勝負できるレベルの打力。
捕手としての経験は短いが、強肩強打のレベルは既に全国トップクラス。

原口文仁(帝京) 179cm78kg 右投右打
正確な送球や巧みなリードで守備面で今年トップクラスといっても過言ではない。
それでいて変化球を待ちながら速球を右方向に運ぶ打撃も十分セールスポイントに出来る。

原島巧(国士舘) 175cm80kg 右投左打
三塁手から捕手へ転向し、努力を重ねて急成長した関東屈指の捕手。
狙って内野を抜く選球眼と振りぬく強さを持った打撃、強烈な肩が売り。

鎌戸亮如(伊丹西) 172cm72kg 右投右打
遠投110mの強肩に頼りきらない技術のスローイングにはセンスの高さを感じさせる。
捕手として俊足という身体能力も面白く、通算25弾の長打力も。

小関翔太(東筑紫学園) 182cm85kg 右投右打
身体能力を含め、正確さを備えた超強肩は、素質だけなら今年のトップクラス評価。
30弾の打やリードはまだ勉強中の領域だが、3年春からの成長曲線は素晴らしい。

松浦昌平(札幌一) 174cm80kg 右投右打
通算本塁打は15本だが、怪力から繰り出される打球はまさに弾丸。
送球はパワー型だが、技術が伴えば今後捕手としての能力もグングン伸びる。



C
薗部優也(東北) 175cm75kg 右投右打
逆らわないスタイルの打撃と低めの送球など、安定感を備えた捕手。
ある程度のところでまとまったというよりは、高いレベルで兼ね備える実戦派。

岩佐恭平(名取北) 177cm70kg 右投右打
リード、送球が成長してきていて、特に素早いと評判の二塁送球は注目。
打撃でもチームを引っ張り、大物捕手になる予感を感じさせる。

端慶山翔平(所沢商) 183cm80kg 右投右打
恵まれた体格を生かした強打はヘッドスピードの速さとインパクトの強さで夢が膨らむ素材。
守備の評判が轟くようになれば世代最高捕手の座も見えてくる。

平本龍太郎(報徳学園) 180cm80kg 右投右打
センバツでの驚異的な打棒が印象に残る強打の捕手。
記録を作った打撃に評価が集まりがちだが、頭脳派のリードも評価を得ている。

駿河謙太(高陽東) 181cm100kg 右投右打
ドカベンと呼ばれそうな分かりやすい体格から放たれる長打はまさに想像通り。
意外な俊敏性も備えるが、課題が守備面と言われる捕手のままで良いはずがない。

梅野隆太郎(福工大城東) 170cm75kg
河野、小関と並ぶ福岡の超強肩捕手として早くから注目を浴びてきた。
長打力もあるが、プロにも少ない小柄な捕手という面をどう克服していくか。



内野手


S
筒香嘉智(横浜) 183cm85kg 右投左打 三塁手
一年生から名門・横浜高校で4番を打つ怪物候補は「奇跡の存在」とも。
高校通算本塁打は69、課題を見つけて取り組む姿勢もプロ向き。

今宮健太(明豊) 171cm71kg 右投右打 投手・内野手
センバツ後30本の本塁打を量産し、通算は62弾、身体能力の高さも屈指を誇る。
投手としては150kmを連発するMAX154kmの肩は外野か内野か、悩みどころ。

堂林翔太(中京大中京) 182cm79kg 右投右打 投手・三塁手
余計な未練は残さずに、プロでは打で勝負することを決めた甲子園優勝投手。
低目を驚異的なバットコントロールで捉え、細身からは想像もつかない長打を連発できる。



A
秋山拓巳(西条) 186cm91kg 右投両打 投手・一塁手
卓越したバットコントロール、抜群の飛距離、逆方向への長打が出揃う大物。
柔軟性がある投打の要、課題の変化球打ちが巧くなれば屈指の打者へ。

林昂平(金沢) 180cm86kg 右投左打 一塁手
恵まれた体躯から放たれる長打力には一年次から「松井二世」を匂わせていた。
広角にも打てるミート力、あとは結果を出してドラフトを待つのみか。

西田哲朗(関大一) 180cm75kg 右投右打 遊撃手
派手さでは陽川・今宮らに劣るが、ショートとしては現時点で№1高校生といっていい。
野球に対するストイックな姿勢、攻守に渡るスピーディさと技術、総合力はトップクラス。

陽川直将(金光大阪)179cm78kg 右投右打 遊撃手・三塁手
早くから今年度の№1遊撃手と名高かった強肩強打の実力者。
肩やパワーなどは依然西田らを上回り、三塁に回ったことでむしろ強肩を更に発揮させている。

大嶺翔太(八重山商工) 181cm76kg 右投右打 遊撃手
現ロッテ所属の兄より資質は上と言われ、投手・捕手も経験済みの大器。
身体能力が高く、パワフルな立ち回りで大暴れを期待したい。



B
林洋平(鎮西) 177cm75kg 右投右打 遊撃手
昨年二位指名を受けた立岡の後継者といって遜色ない逸材。
立岡をより内野向きにした選手で、俊足で有名だった同選手を上回る足も魅力。

田畑秀也(桐蔭学園) 178cm70kg 右投左打 二塁手
三拍子揃った総合力の高さが魅力で、特に長打力にはプラス評価。
快速・強肩も出揃い、他ポジションでも活躍できそうなマルチプレーヤー候補。

岩本貢(杜若) 178cn80kg 右投右打 二塁手
積極的なプレーも魅力だが、何よりも屈強な体と攻守に爆発力と安定感を備える。
攻撃的なスタンスは打だけでなく、果敢な盗塁や守備でもアピールポイントを持つ。

茂垣智大(水戸桜ノ牧) 190cm85kg 右投右打 三塁手
恵まれた体格は一目でスラッガーの可能性を感じさせ、期待通りの選手になりつつある。
大型でも不器用ではなく、踏み込んで逆方向にも長打が打てる立派な「4番候補」。

金東民(飯塚) 178cm75kg 右投左打 遊撃手
強肩と広い守備範囲を始めとした5ツールが魅力。
ここ一番での勝負度胸にも優れる韓国からの留学生。

奥田ペドロ(本庄一) 176cm73kg 右投左打 遊撃手
三拍子揃った総合力は特に抜群の脚力を生かした走・守が大きな可能性を感じさせる。
トップスピードに乗るまでが早く、観察力・集中力備えた実戦派。振りの速い打撃も魅力。

川口雄佑(常葉学園橘) 181cm81kg 右投右打 投手・遊撃手・外野手
アスリート系のスーパーオールラウンダー。
肩甲骨の稼働域は水泳選手並み、しなる腕が描く将来は投か打か。

石橋良太(明徳義塾) 171cm64kg 右投左打 二塁手
広い守備範囲、巧みな走塁で躍動感抜群の活躍。
広角への安打は長打も放てるセンス、足で更にもう一歩先へ進んでいける。

古賀翔也(佐賀商) 173cm75kg 右投左打 遊撃手
どんな投手にも対応可能なミートセンスは突出しており、試合中にも修正できる適応力も。
内野手としての強肩も披露し、既に佐賀を代表する選手にまで成長している。



C
河井甚哉(水戸桜ノ牧) 180cm82kg 右投左打 遊撃手
巧みなバットコントロールに強いリストで強打を放ち、果敢な走塁で三塁打を量産。
遠投110mの強肩を生かして遊撃にコンバート、守備の上達はプロへの近道。

森厚太(早稲田実) 187cm91kg 右投右打 一塁手
柔軟さを備えた豪打は広角に放たれる。
振り回さず正確に捉えて長打に出来る打者は高校生では稀、右打者では№1の存在か。

薄井貴史(文星芸大附) 178cm79kg 右投右打 一塁手
器用さと強打を兼ね備えた打力が魅力の選手。
一年生ながら甲子園で3試合で4安打を記録したのは大舞台躍動のマーキングになるか。

川原涼平(刈谷工) 178cm90kg 右投右打 一塁手
春の大会では場外弾含む5本塁打で度肝を抜いた。
ミートの巧さもある打撃はスラッガーとしての強烈なインパクトを備える。

中川丈聖(南陽工) 179cm79kg 左投左打 一塁手
好投手からも安打を放った打撃は確かな実力の証明。
広角に打てる技術は回転を巧く使った打撃技術の賜物。

船井宏敏(日本航空) 189cm93kg 右投右打 一塁手
抜群の体格から飛距離抜群の打球を飛ばす長距離バッター。
春の県大会で2打数2安打2本塁打6打点の暴れっぷりを全国で披露できれば。



外野手


S




A
河野凌太(明豊) 175cm79kg 右投左打 右翼手
昨秋ブレイクし、公式戦打率は5割超、神宮では8打数7安打を放った。
俊足・強肩も兼ね備えた強打者として高校生屈指の外野手に育つ期待をかけたい。

曲尾マイケ(青森山田) 188cm81kg 右投右打
開幕3試合で13打数8安打の衝撃デビューを果たしたブラジルからの留学生。
体格通りの長打力と俊足はまさにメジャーリーガー級のプレーヤーの資質か。

中下敬二郎(尾道) 180cm80kg 左投左打 投手・右翼手
投手として評価する声もあり、リストアップ位置が悩みどころだが、魅力は打撃。
バットコントロールと長打力を兼備した打撃は、いつだって希少価値がある。

岡大海(倉敷商) 184cm78kg 右投右打 投手・右翼手
クセのないフォームながら大砲と呼んで支障のない打球を飛ばす。
本人は投手としての気持ちが強いが、打者としての才能が目立ちすぎているか。



B
加納嵩久(今治西) 175cm74kg 左投左打
投手としてより打者としての才能がグングンと伸び、今年の外野手の中でも際立つ存在に。
足は攻守に渡って武器となり、味方に安心を、敵に脅威を与える代物。

宮武佑磨(三重) 185cm75kg 右投左打 左翼手
打撃は県下トップクラス、通算本塁打は40を超えたスケールの大きさが魅力。
揺さぶられてもフェンスまで運べる強打は、ライナー型の中距離打者との見解も。



C
中里真也(三島) 180cm75kg 右投左打
入学直後からレギュラーに定着し、強打を左右に打ち分けてきた。
激戦区で存在感を示していけるか。

三上修(明石) 175cm74kg 右投右打
韋駄天の名が似合う俊足と強い地肩は今後の伸び次第では5ツール出揃う可能性も。
まずは経験を積んで具体的な野球の部分で語られる選手になる段階。






2009年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2009年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2009年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2009年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ