FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
2009年のドラフトで指名候補となる選手のリストです。
逐次編集していきます。
また記事が膨れ上がってしまっているので、更にポジション別に分けるべきか葛藤中です。
高校・大学・社会人・利き腕・・・色々考えていますが現時点では変えずにやってみようと思います。
簡易リストだけは二種類くらいには分けようと思っていますが。
また、ランク付けは例によって私個人の主観で行っているのでアテになりません(;´Д`)
データの少ない選手などは2009年ドラフト候補選手・簡易メモへ。

ランク付けは下記の基準に拠ります。
S(競合レベル)、A(一巡指名)、B(上位指名)、C(下位指名)

投手


S
菊池雄星(花巻東) 184cm82kg 左投左打
大舞台でも冷静な強心臓、高い身長から角度を生かした球はついにMAX154kmに到達。
変化球もスライダー、カーブ、カットボールを投げ分ける本格派で、目玉候補の一番手。

今村猛(清峰) 183cm85kg 右投右打
速球はMAX150kmに達し、その球質も高校生離れ、センバツを驚異的な成績で制した。
体のバランス、変化球の精度など課題も見えるものの、大きく育ちそうな選手。

岡田俊哉(智弁和歌山) 174cm63kg 左投左打
強打のチームを支える大黒柱として2年生時点でチームのエースを奪取。
球速よりも制球力、キレで勝負するタイプの投で、変化球も三種目を得た模様。



A
眞下貴之(東海大望洋) 187cm76kg 左投左打
グングンと評価を上げ、ドラフト一位指名の12人に名を連ねる可能性の高い大型左腕。
特に縦のカーブは「まともに打たれた記憶がない」ほどの代物。

中村勝(春日部共栄) 183cm75kg 右投右打
素質では菊池・今村・白村らと比較しても遜色ないと思われるセンス。
質の良い速球と柔らかい肘の使い方で、3,4年後のローテを狙える逸材。

川原弘之(福岡大大濠) 183cm75kg 左投左打
速球は最速144km、消える体感のスライダーが武器の大型左腕。
制球には課題を残したままだが、固さのないフォームに好評価が集まり、上位指名は確実か。

運天ジョン・クレイトン(浦添工) 180cm68kg 右投右打
既にMAX145kmを記録し、キレの良いスライダーが一番いい球との評価も。
フォームなどを見てもまだまだ粗さが残るが、伸び代では2009年屈指か。

白村明弘(慶應) 185cm76kg 右投左打
制球やフォームはこれからに課題を残す未完成な投手だが、速球は世代№1の球質。
これだけ課題、課題と挙げられながら全国大会優勝、高い奪三振率と素質はずば抜けている。

下沖勇樹(光星学院) 179cm75kg 右投右打
MAX145kmの速球と多彩な変化球、安定感や強気の攻めなど魅力が詰まった投手。
抜群のキレを支える下半身の土台が作られれば、まだ伸びる要素は秘めている。

山田修義(敦賀気比) 184cm78kg 左投左打
「内海二世」と期待され、その期待以上に成長した左腕のトップクラス。
奪三振は二桁が当たり前、記録的なペースで地区大会を蹂躙した。



B
菊池翔太(一関学院) 185cm80kg 右投右打
スライダー、フォークに加えてサークルチェンジを習得、セットポジションからでもMAX139km記録。
制球力は課題だが、今後の伸び次第では岩手の菊池の一番手襲名もあるか。

庄司隼人(常葉橘) 176cm65kg 右投左打
中学時代から144kmを記録した天才は高校でも早くから活躍。
甲子園でもデビューを果たし、投打両面に置いて高い評価を得た。

福倉健太郎(鹿屋中央) 177cm70kg 右投右打
一年から142kmを記録し、カーブ、スライダーを交える緩急を備えた本格派。
怪我から復帰後はMAX147kmをマーク、今後更なる伸びを期待したい。

長岡宏介(福知山成美) 174cm72kg 右投右打
昨秋42イニング無失点を記録した「古都のミスターゼロ」は、甲子園には届かず。
しかしその安定感は健在で、ピンチでも頼れる制球とクイックの巧さなど、「戦える投手」。

橋本渉(神港学園) 175cm68kg 左投左打
奪三振能力が高く、速球・変化球のどれでもストライクを取れるのが強み。
打者としても通算24弾を放っており、どちらが高く評価されるかも注目。

伊東昂大(盛岡大付) 187cm78kg 左投左打
東北の大型左腕といえば、菊池の名前だけを思い浮かべてはいけない。
そんな思いを乗せたい大型右腕は、菊池以上の角度から滑るスライダーが武器。

小川龍也(千葉英和) 182cm70kg 左投左打
今春からその伸び代を一気に開花させ始め、あっという間にドラフト上位候補へ。
フォームが完成してから才能が発揮され始め、今後も成長の余地を多く残している。



C
安斉雄虎(向上) 189cm75kg 右投右打
長身だけでなく、速球に力がついてきた売出し中の右腕。
まだ速球の出来上がり段階だが、伸びてくれば長身が拍車を掛けて生きてくる。

横山貴明(聖光学院) 180cm75kg 右投右打
多彩な変化球を覚えて秋に一気に台頭し、県大会で2試合連続の完封をやってみせた。
強気なメンタル、優れた指先感覚で今後も更なる成長が期待できる。

渡辺圭(東海大甲府) 171cm70kg 左投左打
MAX143kmの速球はキレと制球が備わった勝負球。決め球のスライダーも○。
3年次に不調に陥ったものの、元々持っている実力は周知の事実。

栗野翔太郎(明徳義塾) 185cm81kg 右投右打
大型で角度がついた速球はMAX142kmにまで達した。
フォークなどで奪三振を奪う能力にも長け、豪快な投手への成長が待ち望まれる。

梅田広久(秀岳館) 178cm68kg 右投右打
MAX142kmの速球でグイグイ押していく強気のスタイルが持ち味。
キレ味鋭いスライダーでの攻めも○で、セットでも落ちない球速は将来性を感じさせる。

穂積優輝(仙台育英) 180cm84kg 右投右打
サイド気味にフォームを修正してから変化球のキレ、制球、球威が格段に上昇。
練習試合では145kmも記録し、世代トップへの追い上げが始まっている。





2009年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2009年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2009年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2009年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



2009年のドラフトで指名候補となる選手のリストです。
逐次編集していきます。
また記事が膨れ上がってしまっているので、更にポジション別に分けるべきか葛藤中です。
高校・大学・社会人・利き腕・・・色々考えていますが現時点では変えずにやってみようと思います。
簡易リストだけは二種類くらいには分けようと思っていますが。
また、ランク付けは例によって私個人の主観で行っているのでアテになりません(;´Д`)
データの少ない選手などは2009年ドラフト候補選手・簡易メモへ。

ランク付けは下記の基準に拠ります。
S(競合レベル)、A(一巡指名)、B(上位指名)、C(下位指名)

捕手


S




A
鬼屋敷正人(近大高専) 177cm82kg 右投右打
プロに混ぜても屈指の強肩、動作の速さや正確さも兼ね備える砲台。
体力測定で全国№1、盗塁阻止率9割の素質でドラフトのルールすら変えてしまった。

河野元貴(九州国際大付) 178cm75kg 右投左打
小関、梅野らと並び、九州の捕手として三羽烏と称される高レベルな中で一際注目の捕手。
元々強肩では有名だったが、非力だった打が場外弾を放つまで成長、一気に上位候補に。



B
中村亘佑(横浜商大) 182cm78kg 右投右打
40弾を超える強烈な打撃と、二塁送球1.8秒を記録する強肩が武器。
体格も良く、今年度高校生捕手では筆頭の存在になってくるか。

木下拓哉(高知) 183cm86kg 右投右打
強打の河野、40弾の中村、記録の平本らと勝負できるレベルの打力。
捕手としての経験は短いが、強肩強打のレベルは既に全国トップクラス。

原口文仁(帝京) 179cm78kg 右投右打
正確な送球や巧みなリードで守備面で今年トップクラスといっても過言ではない。
それでいて変化球を待ちながら速球を右方向に運ぶ打撃も十分セールスポイントに出来る。

原島巧(国士舘) 175cm80kg 右投左打
三塁手から捕手へ転向し、努力を重ねて急成長した関東屈指の捕手。
狙って内野を抜く選球眼と振りぬく強さを持った打撃、強烈な肩が売り。

鎌戸亮如(伊丹西) 172cm72kg 右投右打
遠投110mの強肩に頼りきらない技術のスローイングにはセンスの高さを感じさせる。
捕手として俊足という身体能力も面白く、通算25弾の長打力も。

小関翔太(東筑紫学園) 182cm85kg 右投右打
身体能力を含め、正確さを備えた超強肩は、素質だけなら今年のトップクラス評価。
30弾の打やリードはまだ勉強中の領域だが、3年春からの成長曲線は素晴らしい。

松浦昌平(札幌一) 174cm80kg 右投右打
通算本塁打は15本だが、怪力から繰り出される打球はまさに弾丸。
送球はパワー型だが、技術が伴えば今後捕手としての能力もグングン伸びる。



C
薗部優也(東北) 175cm75kg 右投右打
逆らわないスタイルの打撃と低めの送球など、安定感を備えた捕手。
ある程度のところでまとまったというよりは、高いレベルで兼ね備える実戦派。

岩佐恭平(名取北) 177cm70kg 右投右打
リード、送球が成長してきていて、特に素早いと評判の二塁送球は注目。
打撃でもチームを引っ張り、大物捕手になる予感を感じさせる。

端慶山翔平(所沢商) 183cm80kg 右投右打
恵まれた体格を生かした強打はヘッドスピードの速さとインパクトの強さで夢が膨らむ素材。
守備の評判が轟くようになれば世代最高捕手の座も見えてくる。

平本龍太郎(報徳学園) 180cm80kg 右投右打
センバツでの驚異的な打棒が印象に残る強打の捕手。
記録を作った打撃に評価が集まりがちだが、頭脳派のリードも評価を得ている。

駿河謙太(高陽東) 181cm100kg 右投右打
ドカベンと呼ばれそうな分かりやすい体格から放たれる長打はまさに想像通り。
意外な俊敏性も備えるが、課題が守備面と言われる捕手のままで良いはずがない。

梅野隆太郎(福工大城東) 170cm75kg
河野、小関と並ぶ福岡の超強肩捕手として早くから注目を浴びてきた。
長打力もあるが、プロにも少ない小柄な捕手という面をどう克服していくか。



内野手


S
筒香嘉智(横浜) 183cm85kg 右投左打 三塁手
一年生から名門・横浜高校で4番を打つ怪物候補は「奇跡の存在」とも。
高校通算本塁打は69、課題を見つけて取り組む姿勢もプロ向き。

今宮健太(明豊) 171cm71kg 右投右打 投手・内野手
センバツ後30本の本塁打を量産し、通算は62弾、身体能力の高さも屈指を誇る。
投手としては150kmを連発するMAX154kmの肩は外野か内野か、悩みどころ。

堂林翔太(中京大中京) 182cm79kg 右投右打 投手・三塁手
余計な未練は残さずに、プロでは打で勝負することを決めた甲子園優勝投手。
低目を驚異的なバットコントロールで捉え、細身からは想像もつかない長打を連発できる。



A
秋山拓巳(西条) 186cm91kg 右投両打 投手・一塁手
卓越したバットコントロール、抜群の飛距離、逆方向への長打が出揃う大物。
柔軟性がある投打の要、課題の変化球打ちが巧くなれば屈指の打者へ。

林昂平(金沢) 180cm86kg 右投左打 一塁手
恵まれた体躯から放たれる長打力には一年次から「松井二世」を匂わせていた。
広角にも打てるミート力、あとは結果を出してドラフトを待つのみか。

西田哲朗(関大一) 180cm75kg 右投右打 遊撃手
派手さでは陽川・今宮らに劣るが、ショートとしては現時点で№1高校生といっていい。
野球に対するストイックな姿勢、攻守に渡るスピーディさと技術、総合力はトップクラス。

陽川直将(金光大阪)179cm78kg 右投右打 遊撃手・三塁手
早くから今年度の№1遊撃手と名高かった強肩強打の実力者。
肩やパワーなどは依然西田らを上回り、三塁に回ったことでむしろ強肩を更に発揮させている。

大嶺翔太(八重山商工) 181cm76kg 右投右打 遊撃手
現ロッテ所属の兄より資質は上と言われ、投手・捕手も経験済みの大器。
身体能力が高く、パワフルな立ち回りで大暴れを期待したい。



B
林洋平(鎮西) 177cm75kg 右投右打 遊撃手
昨年二位指名を受けた立岡の後継者といって遜色ない逸材。
立岡をより内野向きにした選手で、俊足で有名だった同選手を上回る足も魅力。

田畑秀也(桐蔭学園) 178cm70kg 右投左打 二塁手
三拍子揃った総合力の高さが魅力で、特に長打力にはプラス評価。
快速・強肩も出揃い、他ポジションでも活躍できそうなマルチプレーヤー候補。

岩本貢(杜若) 178cn80kg 右投右打 二塁手
積極的なプレーも魅力だが、何よりも屈強な体と攻守に爆発力と安定感を備える。
攻撃的なスタンスは打だけでなく、果敢な盗塁や守備でもアピールポイントを持つ。

茂垣智大(水戸桜ノ牧) 190cm85kg 右投右打 三塁手
恵まれた体格は一目でスラッガーの可能性を感じさせ、期待通りの選手になりつつある。
大型でも不器用ではなく、踏み込んで逆方向にも長打が打てる立派な「4番候補」。

金東民(飯塚) 178cm75kg 右投左打 遊撃手
強肩と広い守備範囲を始めとした5ツールが魅力。
ここ一番での勝負度胸にも優れる韓国からの留学生。

奥田ペドロ(本庄一) 176cm73kg 右投左打 遊撃手
三拍子揃った総合力は特に抜群の脚力を生かした走・守が大きな可能性を感じさせる。
トップスピードに乗るまでが早く、観察力・集中力備えた実戦派。振りの速い打撃も魅力。

川口雄佑(常葉学園橘) 181cm81kg 右投右打 投手・遊撃手・外野手
アスリート系のスーパーオールラウンダー。
肩甲骨の稼働域は水泳選手並み、しなる腕が描く将来は投か打か。

石橋良太(明徳義塾) 171cm64kg 右投左打 二塁手
広い守備範囲、巧みな走塁で躍動感抜群の活躍。
広角への安打は長打も放てるセンス、足で更にもう一歩先へ進んでいける。

古賀翔也(佐賀商) 173cm75kg 右投左打 遊撃手
どんな投手にも対応可能なミートセンスは突出しており、試合中にも修正できる適応力も。
内野手としての強肩も披露し、既に佐賀を代表する選手にまで成長している。



C
河井甚哉(水戸桜ノ牧) 180cm82kg 右投左打 遊撃手
巧みなバットコントロールに強いリストで強打を放ち、果敢な走塁で三塁打を量産。
遠投110mの強肩を生かして遊撃にコンバート、守備の上達はプロへの近道。

森厚太(早稲田実) 187cm91kg 右投右打 一塁手
柔軟さを備えた豪打は広角に放たれる。
振り回さず正確に捉えて長打に出来る打者は高校生では稀、右打者では№1の存在か。

薄井貴史(文星芸大附) 178cm79kg 右投右打 一塁手
器用さと強打を兼ね備えた打力が魅力の選手。
一年生ながら甲子園で3試合で4安打を記録したのは大舞台躍動のマーキングになるか。

川原涼平(刈谷工) 178cm90kg 右投右打 一塁手
春の大会では場外弾含む5本塁打で度肝を抜いた。
ミートの巧さもある打撃はスラッガーとしての強烈なインパクトを備える。

中川丈聖(南陽工) 179cm79kg 左投左打 一塁手
好投手からも安打を放った打撃は確かな実力の証明。
広角に打てる技術は回転を巧く使った打撃技術の賜物。

船井宏敏(日本航空) 189cm93kg 右投右打 一塁手
抜群の体格から飛距離抜群の打球を飛ばす長距離バッター。
春の県大会で2打数2安打2本塁打6打点の暴れっぷりを全国で披露できれば。



外野手


S




A
河野凌太(明豊) 175cm79kg 右投左打 右翼手
昨秋ブレイクし、公式戦打率は5割超、神宮では8打数7安打を放った。
俊足・強肩も兼ね備えた強打者として高校生屈指の外野手に育つ期待をかけたい。

曲尾マイケ(青森山田) 188cm81kg 右投右打
開幕3試合で13打数8安打の衝撃デビューを果たしたブラジルからの留学生。
体格通りの長打力と俊足はまさにメジャーリーガー級のプレーヤーの資質か。

中下敬二郎(尾道) 180cm80kg 左投左打 投手・右翼手
投手として評価する声もあり、リストアップ位置が悩みどころだが、魅力は打撃。
バットコントロールと長打力を兼備した打撃は、いつだって希少価値がある。

岡大海(倉敷商) 184cm78kg 右投右打 投手・右翼手
クセのないフォームながら大砲と呼んで支障のない打球を飛ばす。
本人は投手としての気持ちが強いが、打者としての才能が目立ちすぎているか。



B
加納嵩久(今治西) 175cm74kg 左投左打
投手としてより打者としての才能がグングンと伸び、今年の外野手の中でも際立つ存在に。
足は攻守に渡って武器となり、味方に安心を、敵に脅威を与える代物。

宮武佑磨(三重) 185cm75kg 右投左打 左翼手
打撃は県下トップクラス、通算本塁打は40を超えたスケールの大きさが魅力。
揺さぶられてもフェンスまで運べる強打は、ライナー型の中距離打者との見解も。



C
中里真也(三島) 180cm75kg 右投左打
入学直後からレギュラーに定着し、強打を左右に打ち分けてきた。
激戦区で存在感を示していけるか。

三上修(明石) 175cm74kg 右投右打
韋駄天の名が似合う俊足と強い地肩は今後の伸び次第では5ツール出揃う可能性も。
まずは経験を積んで具体的な野球の部分で語られる選手になる段階。






2009年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2009年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2009年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2009年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
2009年のドラフトで指名候補となる選手のリストです。
逐次編集していきます。
また記事が膨れ上がってしまっているので、更にポジション別に分けるべきか葛藤中です。
高校・大学・社会人・利き腕・・・色々考えていますが現時点では変えずにやってみようと思います。
簡易リストだけは二種類くらいには分けようと思っていますが。
また、ランク付けは例によって私個人の主観で行っているのでアテになりません(;´Д`)
データの少ない選手などは2009年ドラフト候補選手・簡易メモへ。

ランク付けは下記の基準に拠ります。
S(競合レベル)、A(一巡指名)、B(上位指名)、C(下位指名)

投手


S
古川秀一(清峰高→日本文理大学) 172cm73kg 左投左打
アベレージで140km台、MAXは149kmにもなる本格左腕で、一試合20奪三振も記録。
連投・完投能力、三振狙いでない討ち取りピッチングも出来る戦略幅に世代最強左腕の予感。

二神一人(高知高→法政大学) 183cm76kg 右投右打
球速ばかりが話題に出る中、最終年ついにその頭角を現して世代トップ投手の筆頭に。
制球難も克服の気配、秋も成績を伸ばせれば競合になるのは間違いない。

藤原正典(県岐阜商→立命館大学) 180cm77kg 左投左打
球の出所を隠せるフォームで、緩急と制球を合わせた投球術には果てない将来性。
特に左打者はこれを打つのが相当困難で、プロスカウトからも評判◎。



A
岡本洋介(国士舘大学→ヤマハ) 177cm75kg 右投右打
国士舘時代は二部屈指のエースだったが、社会人に進んで更に高いレベルへ。
日本選手権で2試合完投、1失点を記録するなど実戦での投げっぷりは証明済み。

中澤雅人(中大→トヨタ) 179cm77kg 左投左打
派手さこそないが、低めの制球、バランスの取れたフォームなどが魅力の即戦力。
変化球も多彩で、即戦力左腕が欲しい球団としては何としても欲しい選手だろう。

諏訪部貴大(中越高→ホンダ) 178cm83kg 右投右打
都市対抗で活躍を見せ、一挙ドラフト上位候補まで上り詰めた右腕。
スキーで鍛えた下半身が安定感を作り、懐を攻める速球と決め球フォークで仕留める。

守安玲緒(菊華高→富士大学) 180cm78kg 右投右打
北東北大学リーグでは20勝以上をマークする東北の雄が、全国の舞台で躍動した。
数字以上にキレのある速球を武器に粘りの投球に期待だが、社会人入り確実?

櫻田裕太郎(横浜高→八戸大学) 176cm74kg 左投左打
二年間で二度のMVP。スピード、キレ良し、制球は自由自在。
変化球も5種取り揃え、既に巧みな技術による駆け引きはアマチュアを逸脱か。

松下健太(明徳義塾高→早稲田大学) 178cm72kg 右投右打
サイド気味のフォームから140km台の速球は効果的で、即戦力としても期待できる。
2年春、斉藤佑樹に沸く中で影のMVPと呼ばれ最優秀防御率を獲得。

山内晴貴(沖縄水産高→九州共立大学) 175cm78kg 左投左打
一年生の秋、一日で288球投げての2完投を果たしたタフネス、以後九共大不動のエースに。
二年生春には球威に加えた内角を突く技術を駆使してノーノー、4年次に再度ノーノー記録。

大塚豊(創価高→創価大学) 180cm83kg 右投右打
3年連続でMVPを取得、「東京新大学に大塚有り」と言える領域の貫禄すら漂う。
闘志全面に出し、質の高い速球と変化球投げわける本格派。

阿南徹(城西大→日本通運) 182cm73kg 左投両打
昨年から上位指名の噂があった即戦力左腕として、今年も上位指名の可能性有り。
伸びのある速球、左腕からの落差のついたフォークは魅力。



B
小野淳平(大分商高→日本文理大学) 178cm81kg 右投右打
古川ばかりに注目が集まった同大学で、神宮で150kmをマークして一気に注目株へ。
継投の多い大学だけに先発適正は不明だが、20kg増えた体躯は迫力十分。

湯本五十六(藤代高→専修大学) 184cm88kg 右投右打
東都二部を代表するMAX149kmの投球は、速球のみに頼らない実戦派。
鋭いスライダーを決め球に、先発・リリーフ両面での可能性を期待させる。

祖父江大輔(愛知高→愛知大学) 174cm71kg 右投左打
投手を諦めかけた小さな野球選手が、身長とともに大きく実力を伸ばしドラフト有力候補へ。
延長14回を22奪三振で投げきり、一部昇格の立役者となった「浅尾二世」。

大城基志(宜野座高→名桜大学) 170cm62kg 左投左打
高校時代1試合18奪三振、その糧となった「宜野座カーブ」が健在。
この魔球は是非、プロの並み居る強打者たちとの対決として見たい。

中林伸陽(慶應義塾高→慶應義塾大学) 179cm78kg 左投左打
2年秋に防御率1.29で二位。ノビのある速球に精度が加わった。
変化球も抜群に良く、例年ならば左腕の一番手クラスと呼ばれていてもおかしくない。

武内久士(徳島城東高→法政大学) 184cm83kg 右投右打
MAX154kmを記録する法政のスピードキング。
メジャースカウトも注目する素質はあるが、確かな実績が欲しいところ。

村上佑樹(葺合高→八戸大学) 180cm80kg 右投右打
神宮で150kmマーク。フォーク駆使して低目を攻める。
フォームが安定し、球速だけでなく制球力を武器に出来る右腕は魅力的。

門脇康太(中津工高→福岡大学) 173cm79kg 左投左打
福岡大学のエースとして安定した成績を残し続ける実力派左腕。
古川・山内両左腕と並べて九州三羽烏と呼ばれるが、一歩抜き出せるか。

梶野修平(北九州市立大→大阪ガス) 178cm83kg 右投右打
球速はMAX147km、更に両サイドに投げ分ける制球力と鋭いシュートが武器。
これらが揃っているため左右関係なく力を発揮し、打者の打ちにくさを追求できる。

佐藤卓真(秋田経法大付高→東京ガス) 186cm82kg 右投右打
下半身が強化され、バランスの良さや速球に磨きが掛かった。
恵まれた体格で速球・変化球ともに低めに集める技術は貴重な才能。



C
山室公志郎(桐光学園高→青山学院大学) 182cm80kg 右投右打
四球が原因で3年間未勝利も、4年春に念願の1勝を達成。
MAX154km、1試合中に数度記録した150km台、秋次第では上位候補になる。

戸村健次(立教新座高→立教大学) 185cm75kg 右投右打
最速151kmを記録するパワフルな右腕として素質は高い評価を得ている。
球速・体格は申し分ないが制球力に課題有り、安定してくれば二神同様一気に伸びる。

楠田祐介(岡山理大付高→早稲田大学) 191cm85kg 右投左打
恵まれた体格、150kmに迫る速球に変化球も複数持ち、上位指名の噂もある。
しかし未だにリーグ未勝利、メンタルが弱いという点を克服できるかにかかる。

大前佑輔(社高→早稲田大学) 186cm80kg 左投左打
怪我の影響で楠田と同じくリーグ未勝利ながら、大型左腕として期待する声は少なくない。
高校時代ドラフト上位候補だった力を取り戻し、再度上位候補に舞い戻れるか。

久保淳平(小倉工高→九州共立大学) 185cm85kg 左投左打
185cmの身長が光る左腕。一年次デビュー戦で完全試合を達成する大物感。
長い腕を利用したタイミングの取れないフォームと多彩な変化球が武器。

海田智行(賀茂高→駒澤大学) 178cm77kg 左投左打
日米野球のメンバーにも選ばれた技巧派左腕。
過信が招いた伸び悩みを、二部落ちの悔しさで燃え上がらせることができるか。

武内宏樹(大体大浪商高→関西大学) 183cm82kg 右投右打
2年の秋、全ての試合の先発マウンドに上がる信用で5勝2敗の結果は見事。
今後の伸び次第では上位候補に名乗りを上げられるかもしれない。






2009年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2009年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2009年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2009年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
2009年のドラフトで指名候補となる選手のリストです。
逐次編集していきます。
また記事が膨れ上がってしまっているので、更にポジション別に分けるべきか葛藤中です。
高校・大学・社会人・利き腕・・・色々考えていますが現時点では変えずにやってみようと思います。
簡易リストだけは二種類くらいには分けようと思っていますが。
また、ランク付けは例によって私個人の主観で行っているのでアテになりません(;´Д`)
データの少ない選手などは2009年ドラフト候補選手・簡易メモへ。

ランク付けは下記の基準に拠ります。
S(競合レベル)、A(一巡指名)、B(上位指名)、C(下位指名)

捕手


S




A
松井雅人(桐生第一高→上武大学) 177cm78kg 右投左打
強肩強打を誇る捕手として、石川(現・阪神)とバッテリーを組んだ。
リーグ屈指の打撃で打点王2回、ベストナイン3回と大学№1捕手と評価の声もある。

初鹿野敬介(千葉商大付高→中央学院大学) 172cm77kg 右投右打
2007年春季、リーグでは一試合三本塁打などを記録しながら三冠王を獲得。
日米代表にも選ばれ、守備の精度さえアップすれば世代のトップ捕手は間違いなし?



B
吉田利一(奈良・広陵高→奈良産業大学) 176cm67kg 右投左打
桑原・蕭などいずれもドラフト上位で指名された選手らの球を受けてきた。
フットワークに定評があり、プロ級の球を受け続けた守備にも注目したい。



C
西山辰哉(上宮高→白鴎大学) 178cm80kg 右投右打
高校時代は4番を打ちながら大阪№1捕手の呼び声を受ける。
現・日ハムの村田を刺した肩、高谷在籍時にはDHを任された打棒は大物感を予期させる。



内野手


S




A
荒木貴裕(帝京三高→近畿大学) 178cm76kg 右投右打 遊撃手
守備走塁に定評のあるユーティリティーなプレーヤーが、打で存在感を発揮してきた。
現状大学№1遊撃手の座に最も近く、上位指名を狙う球団が複数いてもおかしくない。

熊代聖人(今治西高校→日産自動車) 175cm72kg 右投右打 二塁手(特例リストアップ)
高校時代からその才能を発揮し、リストを効かせた強打が非常に印象に残る選手。
日産で1年目から3番を打ち、投手から内野手への転向もスムーズに、才能溢れる逸材。

中田亮二(明徳義塾高→亜細亜大学) 171cm115kg 右投左打 一塁手
これだけの巨漢で、意外なまでの俊足と軽快な守備を見せるセンスは驚きの一言。
その意外性は豪快さが売りに見える打撃に柔軟性を兼ね備えさせ、期待に応える長打力も。

安達了一(榛名高→上武大学) 177cm76kg 右投右打 遊撃手
上級生になるにつれ急成長し、タイトルを独占するほどずば抜けた選手になった。
守備は堅実なタイプで、マイナス要因を持たない総合力の高い選手。

林裕也(駒大苫小牧高→駒澤大学) 176cm74kg 右投左打 二塁手
甲子園を沸かせたスター選手がとうとう開花、3年春に堂々の首位打者を獲得した。
プロ入り確実かと思いきや、社会人に進むことを表明している。

加藤政義(東北高→九州国際大学) 173cm77kg 右投左打 遊撃手
入学当時からセンス抜群の守備力でレギュラーに、3年間でベストナインも2度受賞。
打力も着実に成長し、リーグを代表する打者に。走攻守全て高水準に揃った高素材。



B
磯辺泰(修徳高→新日本石油ENEOS) 182cm83kg 右投右打 一塁手
プロでも多く見なくなった右の大砲として希少性だけでなく、その実力に大きな期待が掛かる。
器用さより、山崎(楽天)のような大砲らしい大砲として成長してほしい存在。

佐藤翔(秋田高→慶應義塾大学→JR東北) 190cm97kg 右投右打 一塁手
2007年の目玉野手として注目されていた大型の大砲。
既に社会人でも本塁打を放っているようで、順調に育てば再び野手の目玉になることも。

小島脩平(桐生一高→東洋大学) 177cm73kg 右投左打 二塁手
コンパクトに振りぬき、広角に安打を放つリーディングヒッター候補。
走塁・守備の評価も高く、バックアップの意識も高い内野の即戦力候補。

柳田一喜(神港学園高→立命館大学) 167cm75kg 右投右打 二塁手
高校までは捕手、大学から転向した二塁でも守備にマイナス評価は聞こえてこない。
野球選手として小兵に位置するも、爆発するような長打力で08秋季に17打点を記録。

森士朗(近畿大学→パナソニック) 175cm73kg 右投右打 二塁手
近畿大学時代、打率、打点の二冠を4年次に記録した打撃は社会人でも成長中。
堅実と評判の守備面も光り、即戦力としても期待できる。



C
猿渡陽平(柳川高→九州国際大学) 176cm77kg 右投左打
2年秋、5本塁打と15打点でそれぞれのタイトルを獲得し、松山を超えるか注目。
3年時は打撃上位に名前を見かけなかったが、最終年に期待。

美沢将(喜界高→第一工業大学) 180cm73kg 右投右打 遊撃手
三拍子揃った遊撃手といえば毎年何人か出てくる素材に思えるが、エネルギーが抜群。
三拍子に宿った躍動感が開花すれば、ドラフト時には九州一の遊撃になれるとの評判も。

金城長靖(八重山商工→沖縄電力) 170cm72kg 右投両打 二塁手
06年ドラフトで指名確実、自らのレベルアップを求めて社会人に進んだスラッガー。
小柄を感じさせない両打席からの強打が魅力。ドラフトまでに話題が欲しいところ。

小野寺和也(前橋高→慶應義塾大学) 181cm73kg 右投左打 一塁手
3年春、同年代の小道を抑えて初の首位打者とベストナインに輝いた。
広角に打てる打撃が魅力ということですが、今後の伸び代はどんなタイプか興味深い選手です。

前原一慶(岩国商高→駒澤大学) 186cm86kg 右投右打 一塁手
2007年春季、5毛の差で小窪に首位打者として競り負けたものの満票でベストナイン選出。
調子を戻さないまま二部落ちとなってしまったが、魅力的な強打で舞い戻りたい。



外野手


S
清田育宏(東洋大学→NTT東日本) 179cm80kg 右投右打 中堅手
長野の動向が話題になる中、社会人外野手№1に待ったをかけるほど成長した。
大学3年からの野手転向ながら、50m5秒台の俊足、鉄砲肩に強打で争奪戦も有り得る。



A
長野久義(日本大学→HONDA) 178cm80kg 右投右打 中堅手
5ツールプレーヤーとして注目を浴び続けるも、06日ハム、08ロッテと指名を拒否。
今年は巨人が一位指名を確約で念願成就に前進、果たしてすんなり巨人単独になるか。

藤川俊介(広陵高→近畿大学) 177cm70kg 右投右打 三塁手・中堅手
三拍子揃っただけでなく、細身とは思えない飛距離と運動能力は突出した5ツールの資質。
軽快な守備の三塁が天職と思いきや、内野手では勿体無いと言われそうな強肩を外野で披露。

中原恵司(武蔵工大二高→亜細亜大学) 183cm80kg 右投右打 右翼手(旧姓:下平)
飛距離は松田(現・SB)と監督が評するほどの打撃で3試合連続本塁打も記録。
遊撃仕込みの精度ある守備と強肩、打撃も内角を苦手にせず、右打ちもこなす。

荒波翔(横浜高→東海大学→トヨタ自動車) 178cm76kg 右投左打 中堅手
大学後プロに行けなかったのが信じられないくらいの野球センス、特筆すべきは守備と足。
怪我の多さと打撃の強さが課題と思われますが、この2年間での成長が気になるところ。

大島洋平(駒沢大→日本生命) 176cm74kg 左投左打 中堅手
走攻守、どれも高評価で状況に応じたバッティングのリードオフマンとして期待される。
選手権で首位打者獲得など大舞台の強さも有り、外れ一位指名の話も出始めている。



B
小道順平(二松学舎大附高→明治大学) 175cm79kg 右投右打 右翼手
3年春は惜しくも首位打者は逃したものの、11四死球で出塁率4割中盤を記録して優勝に貢献。
高校時代から有名な強肩も揃い、六大学を代表する外野手へと成長。

甲斐雄平(博多工高→福岡大学) 185cm84kg 右投右打 中堅手
運動能力の高さと抜群の返球が魅力の強肩で新庄二世の呼び声が届いてくる。
これで打てれば・・・という中でついに3年秋、打率2位で本塁打も2本記録。さぁどうなる。

荻野貴司(関西学院大→トヨタ自動車) 172cm76kg 右投右打 左翼手
大学時代から三拍子揃った内野手として評判だったが、社会人で外野手へ。
広角に打てる打撃に磨きがかかり、社会人でも屈指の存在へ成長。



C
和泉将太(横浜高→法政大学) 175cm77kg 右投両打 中堅手・遊撃手
内野・外野問わず守れる器用さは打撃でも四球あり犠打ありと魅せる俊足のスイッチヒッター。
俊足巧打のトップバッターとして期待したいが、まずは二季連続の低空飛行を乗り越えて。

赤嶺慎(沖縄尚学高→日本大学) 175cm75kg 左投左打 中堅手
独特なバッティングコントロールでも結果を残すのはセンスの成せる業か。
今年の俊足№1で、守備範囲の広さと走塁の速さはプロ向きの雰囲気。

花山貴志(愛工大名電高→創価大学) 180cm85kg 右投左打 右翼手
抜群の運動能力は、この体格で50m5秒台の速度から夢の広がる素材。
広角に放てる打撃は思い切りが出てきて、2年秋に初のベストナインにも選出。






2009年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2009年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2009年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2009年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
気の早さだけは一人前です。
2009年のドラフト候補をメモメモφ冫、

高校投手
岡貴之(樹徳) 175cm73kg 左投左打
 MAX135kmでもキレの良さで勝負できる。クロスファイヤーと緩急のあわせ技は高校生離れ。
京屋陽(二松学舎)
 ボーイズ時代に143kmを記録、高校に入ってからは3試合連続本塁打や完封など末恐ろしい。
 現在は若干の伸び悩みで出遅れの感。
武藤栄介(成田)
 中学時代、リトルシニア日本選手権大会優勝、ジャイアンツカップ優勝と二冠の実績。
 打は一番で安打を連発、俊足強肩で守備にも貢献。投げては先発・リリーフ両面をこなす。
桜井義之介(金沢) 183cm73kg 右投右打
 春の県大会2回戦で7回1安打9奪三振、準々決勝で6安打10奪三振完封。
久野嵐(愛工大名電)
 ボーイズリーグの世界大会優勝投手右腕。
 当時速球・変化球・スタミナ・制球はどれをとっても中学生離れ。高校での成長に期待。
藤居憲吾(綾羽) 183cm82kg 右投右打
 センバツ帰りの北大津相手に1失点完投勝利。打の評価も○。
井上慎也(社) 172cm65kg 左投左打
 スピン量の多い速球を軸に県大会決勝でノーヒットノーランまであと一歩という快投を見せた。
宍野祥大(履正社) 180cm65kg 右投右打
 次期チームでの背番号1候補。チーム最小の四死球、防御率も1点台と安定感抜群。
上家平大(作陽) 175cm65kg 右投右打
 岡山は投手の当たり年を証明。制球の安定感と駆け引きで生き抜く技巧派。
末藤友也(岡山商大付) 176cm80kg 右投右打
 大器の素質。フォークの精度の超高校級の評価で、バランスが良い投手。
大潤健成(呉昭和) 181cm74kg 右投右打
 強豪校の誘い蹴り、広島代表する投手へ。最速140kmの投も良いが通算20発の打撃も。
田渕達也(天理) 174cm71kg 右投右打
 制球力に優れ、ゲームコントロールが出来る。マウンド度胸にも太鼓判。
安岡大河(高知高専) 174cm63kg 右投右打
 抜群のスタミナで重いストレート変化球の連携で球を絞らせない実戦派。

高村大樹(済美)
 ヤングリーグ全国大会優勝左腕。準決勝・決勝をノーヒットノーラン。
 4試合で被安打2という驚異的な記録。
石川清太(興南) 180cm70kg 右投右打
 2007年夏の甲子園で一年生ながらチームの快進撃を支えるピッチング。

高校捕手
羽鳥尊(常総学院) 1777cm73kg 右投右打
 攻守ともにバランスの良さが際立つ。力強い打撃と逆らわない打撃を両立。
遠藤聖拓(利府) 175cm78kg 右投右打
 菊池からもホームランを放った長打力が魅力。
山口拓実(輪島) 176cm77kg 右投右打
 溜め込んで弾き返す打撃が魅力、2試合連続場外弾を放つ。
松崎啄也(作新学院) 176cm79kg 右投右打
 強肩強打。身体能力の高さに定評。
坂入大介(宇都宮南) 180cm85kg 右投右打
 2年ながら正捕手を任され、「守り勝つチーム」を先導。打っても3割台記録、公式戦で三振なし。
清水裕太(大阪桐蔭)←転校?
 一年生ながら既に練習試合などではクリーンアップを任される逸材。
 投手・捕手含め外野や一塁など適性判断中?期待感は二年前の中田を彷彿とさせるものがある。
栩木雅暢(常葉菊川) 176cm74kg 右投右打
 チームカラー通り打てるし、守備にも及第点評価。変わったプロフィールはわざとなのか。
中村星也(神村学園) 180cm82kg 右投右打
 捕手としての評価も高いが、同校ドラフト候補の大畑に近い打点を稼ぐ打も評価○。
中村悠太(藤蔭) 180cm73kg 右投右打
 強烈な打、ランナーを釘付けにする肩、評価上昇中のリード面と九州の成長株捕手。
阿部弘樹(明豊) 171cm68kg 右投右打
 2年生バッテリーとしての強肩に加え、打力でもアピールできる存在。
窪田恭兵(熊本国府) 182cm82kg 右投右打
 守備・攻撃両方の要として熊本№1捕手の評判。

高校内野手
城戸愉快(聖望学園) 175cm73kg 右投右打
 2年で3番を任され、四死球が多く出塁率が良くて、勝負強い打撃。今後どう特徴付けられていくか。
伊藤剛(長野日大) 171cm69kg 右投左打
 チームトップの出塁率、長打に俊足も兼ね備えた意外性。サードで14失策は課題。
木田晃太(宇治山田商) 170cm70kg 右投左打
 一年からレギュラーを張り、打てる走れる守れるの遊撃手。公式戦の出塁率は6割を超える。
仮谷優人(履正社) 173cm66kg 右投右打
 安打数と同数に近いほどの四死球で高い出塁率。遊撃のレギュラーとして投手陣を支える。
滝野幸太朗(今治西) 176cm75kg 右投左打
 一年から主軸を任され、今期は四番に座る強打の三塁手。ヘッドスピードが速さ抜群。
鶴貢徳(城北) 165cm58kg 右投左打
 遊撃守り、トップバッターを任される。長打力失ったチームの鍵となる存在。守備は堅実。

高校外野手
松島司(宇治山田商) 169cm62kg 右投右打
 パンチのある打撃、2年ながらクリーンアップを任される。盗塁数もチームトップ。
光永和也(宇治山田商) 166cm65kg 右投左打
 小柄ながら一年から四番経験。ミート力・対応力があって打球が伸びる、と監督も四番候補の一番手。
新井隆浩(城北) 178cm65kg 右投右打
 長距離砲として現在成長株。夏には四番か。


大社投手
田中宏和(大垣北→立命館大学) 182cm81kg 右投右打
 藤原と防御率1点台の二枚看板。
小笠原広紀(名古屋国際→中部大学) 右投右打 
 リーグ戦13試合の中70回以上を投げ、防御率1.53、6勝にはMVPも納得。神宮でも完封記録。
天野隆司(創価高→創価大学) 
 大塚に負けじと3年春に防御率1.22、4勝1敗で最優秀投手賞に。
雨宮敬(山梨学園大附→山梨学院大学) 
 下級生から活躍を重ねる山学大のエース。シーズンの出来の上下幅が大きすぎるか。
串木野翔平(東農大三高→東京情報大学) 
 3年春に35イニングを投げて自責点0、防御率0.00を達成。
福田勇人(東海大菅生高→国際武道大学) 
 3年春、安定した投球で44.1/3イニング、5勝1敗、防御率0.61記録。
市田勝宏(広島工高→流通経済大学) 
 2年秋にMVP、最優秀投手、ベストナインとタイトルを総なめ。 
藤崎真一郎(鳥栖高→福岡大学) 185cm74kg 右投右打
 3年春は不調に陥るものの、2年次から主戦級の投球を続けるエース。
鈴木優一(西尾高→東京大学) 182cm77kg 左投左打
 東京大学に2勝をもたらした不動のエース。フォーム修正で怪我を負った。

大社捕手
山村裕也(八木学園高→大阪商業大学) 183cm80kg 右投右打
 攻守ともに成長中。長打力があり、ベストナイン3回と今後に期待の大型捕手。

大社内野手
岡澤一生(大産大付高→近畿大学) 173cm69kg 右投左打 二塁手
 足に絶対にの自信と意欲を持つ。打撃では出塁にこだわり、打率2割でも出塁4割。
乗田貴士(佛教大学→トヨタ自動車) 166cm65kg 右投左打 遊撃手
 守備・走塁・小技の○な職人系選手。荒波・田中・荻野と逸材の中で存在感示す。
白井史弥(横浜高→新日石ENEOS) 178cm80kg 右投右打 二塁手
 課題ありと評された守備面も上達し、攻撃的リードオフマンに。

大社外野手
赤堀大智(掛川西高→立正大学) 188cm83kg 右投右打 中堅手
 この体格で俊足、片手で運ぶ器用さ備えた打撃、強肩と魅力抜群の高素材。
岡山真澄(桐光学園高→中央大学) 180cm98kg 右投右打 一塁手
 その巨躯から強烈な打球を生み出す。ドラフト候補揃う中大で存在感を示したい。
工藤剛也(川島高→吉備国際大学) 
 既に3回のベストナイン、3年春には首位打者とリーグトップクラスの打棒で着々と成長。
溝端忠(近代附高→近畿大学) 188cm80kg 左投左打 右翼手
 打球の飛距離、速度、外野返球の威力、全て「ハマれば」の注釈が抜ければ大物に。
伊波政世(沖学園高→九州国際大学) 175cm79kg 右投左打
 3年春に4本塁打でリーグ本塁打王取得。
松井佑介(大商大堺高→東京農業大学) 183cm78kg 右投右打 中堅手
 3年春に5本塁打15打点と大暴れを見せた。高い運動能力にも注目。
松井淳(横浜商大高→日大国際関係学部) 175cm82kg 右投左打 中堅手
 広角への強打、強肩、俊足が揃う。振り抜ける打撃は将来性に期待。
水島亮太(世田谷学園→東京農業大学) 182cm75kg 右投右打 右翼手
 遊撃から外野へ、現在は四番を打つ。ライナーで飛距離を出せるダイナミックさ。
若林省伍(久居農林高→三重中京大学) 182cm77kg 右投右打 中堅手
 高校時まで140km台の投手として鳴らした肩が魅力。打撃の確実性が課題か。




2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
2008年指名候補者リスト
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ