FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
Date:
名前:伊波 翔吾(イハ ショウゴ)
所属:浦添商業高校
守備:投手
利腕:右投左打ち
体躯:176cm74kg
能力:球速MAX148km・握力右56kg左47kg・遠投110m・50M6秒3
球種:ツーシーム、カットボール、スライダー、カーブ、チェンジアップ

History:
中学時代・宜野湾ポニーズ所属、投手として世界大会出場。
浦添商では1年からエースナンバーを背負って活躍。
東浜とはお互いにライバルとして認め合い、直接対決は2勝2敗。
しかし2勝は東浜の脱水による降板や交通遅延による調整不足など、万全の状態では勝利なし。
センバツで優勝した東浜のツーシームを見て使える球と感じ研究、見事自分のものに。

主要実績:
2007秋県大会3回戦
2008春県大会優勝
2008春九州大会準優勝
2008夏甲子園ベスト4

観戦記録:
2008夏甲子園
沖縄に東浜に勝るとも劣らぬ逸材がいると知ってから、ずっと待ち続けていた全国デビュー。
先にセンバツを制した東浜擁する沖縄尚学を破っての甲子園だったので尚感慨深い。
そんな期待を胸に、観戦してみると色々と衝撃がありました。
一説では150kmを投げるとも言われていたので、大嶺のような選手像を勝手に描いていたからです。
初戦は捕手の好リードもあり、無三振無四球完封という超省エネ投法で見事にスタミナを温存。
速球の力押しだけでなく、要所を変化球で締める技巧派の面を見せてくれました。

速球:
力のある馬力タイプの球で、球威で押していけそうな雰囲気を持っています。
140km台を出すことを苦にしないのに、コーナーをつける制球を持っているのが素晴らしい。
大会後半には疲れや怪我からなのか失投もありましたが、短いイニングなら既にプロ級かも。

変化球:
どれも質が高く、カットボールを特に有効に使って打ち取るスタイルが主流。
ただ緩い球はあまりなく、緩急というよりは球の質の高さをぶつけていくタイプと思われます。
カットボールは球速がかなり出るのに変化するので、凡打を引き出すのに重宝しそう。
ツーシームはカットボールとは微妙に違う変化をしているようで、速球三種だけでも脅威。
スライダー、カーブは大差ありませんが鋭い変化の質の高いものでした。
ただ変化幅の大きいタイプのいうよりはどれも球速・キレに優れるタイプ。
意外と奪三振能力が特に秀でているというタイプの投手ではないのでしょうか。
しかしそういった投手として成長していく可能性も高く、資質の高さは今年の候補でも屈指でしょう。

フォーム:
松坂のようにゆったりとワインドアップに入る、雰囲気抜群のフォーム。
変に癖がついていないので、大きな矯正はプロでも必要ないかも。
下半身の出来が素晴らしく、常に強く振っていけるスタミナの根幹が出来上がっているのも魅力。

打撃:
打者としても勝負強く、転向してもやっていけそうな気がします。
特段苦手そうなコースも無く、ライナー性の当たりを打てる資質は安打連発の将来も。
体幹がしっかりしているので、粘って球を待ってからの強打も苦にせず。

守備:
フィールディングは野手としてでもやっていけそうなくらい手馴れたもので、好プレーも。
バント処理で球を叩き落したプレーは本人も「練習でも一度もやったことが無い」とのこと。
取ってからでは間に合わない、素手で取っても間に合うか、そんな場面で咄嗟に発揮できる対応力。
選手としての能力の高さを感じさせる場面でした。


総合して、野球選手として非常に高い資質を持っていることは確かだと思います。
投球としては緩急の使い方、角度の補い方次第で一年目からでも上で活躍できそう。
打者としても十分いけそうですが、ここまで投球が良いと打者にしてしまうのはもったいないかも。
意外と「金城二世」になったりしたら、それはそれで面白そうです^^

指名予想:阪神・横浜・ソフトバンク

阪神の課題は野手の世代交代と投手陣の充実。
今年は岩田が出てきましたが、これぞエースという位置に闘志溢れる投手を。

横浜は投手陣の編成が今後の鍵ですが、祥万や阿斗里など若い選手に力があります。
そんな中に伊波という一石を投じれば切磋琢磨された将来が見えてくるかも。

ソフトバンクは地元のスターとして、そして先発の一角として期待したい投手。
大場・岩嵜といった年の近い速球派もいて、互いに刺激になって成長できるはず。


評判の割にあまりリストアップ情報があがってこない印象。
好対照な東浜というライバルもいて、エースの資質があると思うのですが・・・。
肩を痛めたということでしたが、こちらの具合も気になるところ。
是非プロの舞台での躍動を見てみたい選手です!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
岐阜どころか全国を代表する本格派右腕、岐阜城北高校のエースは全国デビューなく敗戦。
185cm73kg・右投左打・投手・MAX147km・遠投100m・50m6秒2・背筋180kg・握力右63kg左60kg。

オリックス入りした丹羽という高校屈指の打者を見に来たスカウトが、翌年に気持ちがシフト。
それくらいのセンスを秘めた右腕は、統一になったドラフトでも上位指名の噂が飛び交う。
ついに全国の舞台で投球をすることはありませんでしたが、素質は全国級間違いなし。
2年次の準決勝で清翔をノーヒットノーランに抑えた実績で一気に注目度が増しました。

速球はMAX147kmを記録しますが、球速表示だけではないキレがこの投手の身上。
長さとしなりを合わせた腕から放たれる速球はミットに吸い込まれるような快速球。
ここに来るはず、という打者のバットの上を通り過ぎていく「本物の速球」です。
ただ制球は若干甘く、最後の夏もこの部分に泣いた模様。

変化球はカーブとスライダーが中心で、フォーク・ツーシーム・チェンジアップなども。
カーブはドロンと落ちる軌道で、快速球に目が行きすぎると反応できない緩い球。
この球を中心に緩急を作れるのが強みで、コースに決めることも出来ています。
スライダーは速球のような軌道かと思いきや突如沈み込む厄介な球。
これをカーブと勘違いしても、中々うまく打てないでしょう。
あまり確認できていないのですが、ツーシームも速球に近い速度で微妙に変化する実践的な球。
フォークに関してもスピードが出ていて落差も十分に見えました。
速球にしても変化球にしても、あらゆる面で一級品の素晴らしい投手。
緩急自在に翻弄し真っ向勝負で抑え込む、投手の面白さを体現したような投手です。

そしてこの選手の野球センスを語るには、打撃面も無視は出来ません。
内角高めの厳しい球を引っ張ってライト線にファール。
同じコースを今度は0.1秒我慢してスタンドイン、満塁ホームランを放ちました。
何より驚いたのは、あれだけのリーチを畳んで振りぬいているのに窮屈さが皆無なこと。
これだけのしなやかさと強さを同居させた選手は中々見れるものではありません。

あえて課題面を挙げるとするならば、下半身の安定くらいでしょうか。
ピンと足を上げても動じないバランスは流石、振りぬく腕のしなりは素晴らしいの一言。
ただあと一歩踏み込んで上半身を我慢できれば、制球アップとパワーアップを両立させてくれそう。
8割の力で今の1割増の力を出せるようになれば、球界屈指の存在となるでしょう。

指名予想:中日・ソフトバンク・オリックス

中日はスカウトが既に惚れ込んでおり、次世代エースとしてはこれ以上ない存在。
もしかしたら一巡指名で来るかもしれません。

ソフトバンクは年々地元と見せかけて別地方の高素材を狙っている雰囲気。
昨年の岩嵜に続き、伊藤獲得で次の四本柱が見えてくる!

オリックスは小松が結果を出し、投手陣の強化を一気に進めておきたいところ。
少し右に偏りがちでも、球界屈指のエースになれば左右なんて関係ない!


スケール的には東浜に勝るとも劣らないほどのスペックをしていると思います。
東浜との差があるとすれば、やはり制球の部分が多くを占めるのではないでしょうか。
速球の威力に関しては今年の投手では五指に入るレベルでしょう。
ちなみに変化球に関しては、判別は自己流なのでかなり自信がないですorz
プロになってからたっぷり見せていただきましょう!!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
千葉経大付高校の大型右腕、千葉を代表する好投手。
185cm87kg・右投右打・投手・MAX144km、遠投110m、50m6秒3、背筋184kg、握力右55kg左58kg。

センバツで大いに評価を上げた投手。
しかし実際に見るまでは、この投手の持ち味を正反対に予測していました。
これだけの大型で速球が評判なら、大型投手らしい速球派の豪快な投手なのだと。
その実、繊細でしぶとい投球をする技巧派の一面を強く見せてくれました。

上半身の力が強く、指先感覚も非常に優れています。
速球はそのパワーを生かした力のある球で、空振りを取るというよりは詰まらせるタイプ。
低め低めに集められる力強い速球に手を焼いている選手が多かったように感じます。
少しもったいないと思ったのが、細かい野球をしようとしすぎなのかな、という点。
大型だから荒い、と見られたくないのかも知れませんが、もっとパワーに頼ってもいいと思います。

変化球はスライダーとツーシームが主軸となる近代型の投手。
どちらも速度が出て、速球と見分けづらい実戦向きな球筋。
もうひとつの変化球であるフォークも決め球に出来るレベルで、非常に幅のある投球が出来ます。
空振りも取れるし、詰まらせることも出来るのは長期戦で生きてくる技術。
制球は抜群というわけではありませんが本人の意識が高く、不用意な球は少ない印象。

このパワフルさと繊細さを同居させるだけのセンス、そして恵まれた体格。
これだけ揃っているのだから、資質としては抜群であることを疑いようがありません。
課題は下半身の出来方一つじゃないかと思います。
上体が突っ込んでしまいがちに見えるフォームも、発達した上半身故のことではないでしょうか。
下半身がそれについてきて連動すれば、世代の頂点まで見えてくるかもしれません。

指名予想:巨人・阪神・ロッテ

巨人の次世代エースといえば、齋藤・桑田→上原の系譜を継げる右投手であってほしい。
そんな期待を込めて、齋藤を真のエース候補として。

こういう高い素材の投手は、どうしても「阪神好きそうだなぁ」と思ってしまいます。
久保田のような、迫力のある投手になれるはず!

やはり千葉からは毎年好素材が出ていて、今年もゲットしておきたい。
フランチャイズプレーヤーとして期待がかかりますね。


非常に資質が高く、一つのきっかけで大きく上昇しそうな大器だと思います。
夏にはモデルチェンジしているかも?!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
北大津高校のエース右腕、三種のスライダーが武器。
177cm74kg、右投右打。

センバツでの好投が記憶に新しい投手。
計三試合に先発、全て9回完投2失点の安定感、27回投げて四死球11は次までの課題。
特別球が速いわけでもなければ、パワー抜群だったり、恵まれた体格だったり、抜群の制球だったり。
そんな要素を一つもなしに、エースらしさを出せる投球が出来る稀有な投手です。
速球のMAXは140kmに乗るか乗らないか、その制球も可もなく不可もなく、球威は有り。

ならば、なぜ抑えられるのか。
答えは、アマチュア領域を逸脱した三種のスライダー。
カット気味の高速スライダー、120km前後の横滑りスライダー、落ちる軌道の縦スライダー。
この三種、そして速球が見分けが付きにくく、速球とスライダーだけで幻惑できる幅広さ。
本人が至ってシンプルな投球をしても、野手にとってはシンプルに納まらない。
そんな実戦の強さを持った、強力な投手として将来を期待したい選手です。

制球は良いわけではありませんが、本人の意識がとにかく低目へ行っているところは好印象。
高めに浮いたり球がバラついたりというムラは、制御の仕方を覚えられるはず。
そうなってくれば、クローザー向きかも?

指名予想::阪神・横浜・ロッテ

投手陣は上手くいっているときこそ次を見据えた構成を。
阪神も長期で上位に居座るために、高い資質を持った投手を揃えていきたいところ。

投手陣をシーズン中から再編するなどとにかく投手の年になりそうな横浜。
中継ぎをたらい回しにしなくても済む、本物の大魔神候補生は魅力的。

ロッテも今年はまさかの低迷で、YFK離脱の傷跡がズキズキと痛んできているところ。
むしろ唐川と共に次代のエースになるという系譜も面白い。


今年センバツで見た投手ではかなり気に入った選手です。
制球がバラついている選手はあまり好きではないのですが、それを補ってあまりある力。
同校石川と共に、是非プロ入りしてほしいですね!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
JR九州でその存在を光らせるサイドスロー、魅惑の投球術を評価したいと思います。
184cm80kg・右投右打・投手・MAX140km前後。

昨年のスポニチ大会でMVPに輝き、今年の九州大会でもMVPに輝くなど著しい活躍が目立ちます。サイドの位置で背中に振りかぶって、ゆっくりと重心移動させながら踏み込みます。
そして急に背中から現れるように腕をしならせ、打ちにくさを研究したような特徴的なフォーム。
しかしこの特徴的なサイドスローは見た目の面白さだけでなく、しっかりと結果を残す勝負の投球です。

速球は140kmに乗ることはほぼなく、アベレージで130中盤を記録。
サイドから角度がついていて、鋭さのあるナチュラルシュートな球筋が打者を幻惑します。
空振りはあまり取れない速球ですが、コースをつけば面白いように打球が詰まるのが武器。
制球はそこそこ良いですが、ひとまずはまとまっている、というくらいの印象です。

変化球はスライダーを持っており、これが濱野の真価とも呼べる決め球。
うねるような軌道で鋭く落ちる、捉えるのが困難な球筋は一目で見るものを魅了させます。
左打者の内角に切り込み、右打者の外角へ逃げていく強力な変化球。
スライダーの鋭さと、カーブの落差を併せ持ったような素晴らしい球だと思います。

あと気になるところを挙げるとするならば、まずはクイック。
あれだけ間を使う投球が、ランナーが出てからどんな投球になるのか。
そして肘をしならせるようなフォームで負担はどれほどのものなのか。
クイックが抜群、負担も問題なしなら、今年の社会人投手では五指に数えても良いかもしれません。

指名予想:巨人・横浜・日本ハム

巨人は西村・山口ら若手の台頭に加え、藤田・豊田・クルーンらで長年の課題・中継ぎ問題に光。
しかし一部投手の過投は目立ち、鉄人に成長の期待よりも更なる厚みを。

横浜は今年絶不調ですが、まずチーム上昇に欠かせないのが投手陣の整備。
有名候補の素材は十分にいるので、今すぐにでも主力になれる選手が後ろを育てる効果も生むはず。

3連覇のかかる日ハムも今年は怪我人に泣かされている感もあり、投手陣にも陰り。
まだまだ力はありますが、離脱の目立つマイケルの前に濱野がいれば安心感は倍増。


昨年か今年の頭くらいから注目していましたが、ここまで順調に結果を出すとはビックリです。
もしかすると上位指名も、という雰囲気も出てきたように感じます。
技巧派の先発も面白いですが、負担がある程度あるようなら中継ぎタイプですね。
ドラフトまでにもう一伸び、期待しましょう!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ