FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
2008年にプロからの指名漏れ、または志望届を出さなかった有力選手リストです。
社会人に進んだ選手は最速で2010年の候補になります。
独立リーグだと2009年指名もあるかもしれません(昨年の金無英)。
進路等判明次第リストを更新していきます。
ちなみに横についているアルファベットは個人的な期待値です。
S=現状で目玉クラス A=目玉になれる将来性 B=上位指名 C=いずれプロに
2010年を楽しみにしましょう!


<投手>
A 岩見 優輝(亜細亜大学) 176cm76kg 左投左打 ・・・大阪ガス
 志望届を出せば1位も有り得た実力。常時140kmのキレある投球で高い奪三振率。
B 金丸 将也(中部大学) 185cm75kg 左投左打 ・・・東海理化
 神宮で評価急上昇。左からのチェンジアップは素晴らしく、角度のついた速球も○。
B 鶴川 将吾(亜細亜大学) 176cm71kg 右投右打 ・・・パナソニック
 本来なら目玉投手となっていたはず。150kmに多彩な変化球、守備面にも高い評価。
B 林 冬樹(星城大学) 180cm82kg 左投左打 ・・・西濃運輸
 防御率1点台は当たり前の大型左腕。多彩な変化球に、140kmを超える速球を持つ。
B 滝谷 陣(近畿大学) 177cm78kg 左投左打 ・・・日本新薬
 多彩な変化球と制球にも評判。何よりも決して綺麗ではない回転のクセ球が武器。
B 須田 幸太(早稲田大学) 175cm72kg 右投右打 ・・・JFE東日本
 球持ちの良い良質な速球で気迫の投球でエース級に。一回り成長すれば上位も。
C 江柄子 裕樹(明治大学) 183cm76kg 右投右打 ・・・東芝
 4年春に台頭し、優勝の原動力となる活躍。カットボールとシュートで打ち取る技術○。
C 谷掛 雄介(佛教大学) 180cm71kg 右投左打 ・・・?
 150km目前の速球を抜群の指先感覚としなりを効かせて投げ込む。変化球の精度も○。
C 古田 康浩(佛教大学) 180cm70kg 右投右打 ・・・明治安田生命
 年々力をつけ、佛教のエースに。駆け引きと制球で試合を作る能力に長ける。
C 山田 龍平(佛教大学) 178cm68kg 右投右打 ・・・大和高田クラブ
 谷掛・古田に4年でやっと追いつき、エースに。ラストシーズンに5勝0敗。
C 谷口 友基(近畿大学) 176cm72kg 右投右打 ・・・東邦ガス
 サイドから勢いのある速球。スライダー、シュートと実戦的な変化球も取り揃える。
C 高橋 広志(国学院大学) 185cm85kg 右投右打 ・・・未定
 大型の角度からスピンの効いた常時140kmの速球と落差のあるスライダー。将来性評価○。
C 芦田 真史(大阪経済大) 186cm80kg 右投右打 ・・・未定
 大きな体で重い速球を投げ込んで、3年秋に5勝0敗でMVPを獲得する。
C 白倉 キッサダー(亜細亜大学) 176cm76kg 右投右打 ・・・ホンダ鈴鹿
 故障者続きの3年次にエースとしてタイトル取得。4年次は出場機会に恵まれず。
C 緑間 俊(亜細亜大学) 176cm66kg 右投左打 ・・・ホンダ熊本
 最速154kmにキレ・ノビありと抜群の速球が評価されるも不安定さが抜けず。敵は四死球。
C 小松崎 将司(東海大学) 170cm64kg 右投右打 ・・・日立製作所
 小柄ながらスタミナ・制球力に優れ、ツーシームが勝負球となる。4年秋にも5勝をマーク。
C 杉本 智大(東海大学) 178cm70kg 右投右打 ・・・JFE東日本
 3年秋、チームのエースに台頭してMVP、四死球が少なく2完封の安定感魅力。
C 真壁 賢守(東北福祉大学) 179cm83kg 右投右打 ・・・ホンダ
 東北高校時代はダルビッシュの2番手として活躍。もう一度躍進できれば。


<捕手>
B 田辺 真悟(関西大学) 182cm84kg 右投右打 ・・・未定
 経験豊富な野球エリート。強肩と長打力だけでなく、インサイドワークにも定評。
B 乗替 寿朗(立命館大学) 178cm80kg 右投右打 ・・・セガサミー
 高校時代から有名な田辺を追い越した印象すら出てきた。攻守共に高いレベル所持。
B 谷澤 恭平(佛教大学) 171cm75kg 右投右打 ・・・セガサミー
 谷掛・古田・山田・河野・上森など数々の好投手をリード。更に「打てる捕手」という魅力。
C 井上 結貴(東北福祉大学) 173cm74kg 右投右打 ・・・ヤマハ
 怪我などで足踏みもしたが、日本代表にも選ばれた守備は○。技術で刺せるのは貴重。
C 田島 一憲(明治大学) 177cm78kg 右投右打 ・・・住友金属鹿島
 送球の評価が高いが、最終年で評価をモノに出来なかった。今後の奮起に期待。
C 中野 大地(明治大学) 178cm79kg 右投右打 ・・・日産自動車
 田島離脱時に見事チャンスを掴んだ。強肩強打に成長があり、2年後に期待。
C 日高 一晃(筑波大学) 172cm73kg 右投右打 ・・・新日石ENEOS
 守備やリードに定評がある。強豪私大の誘いを断って国立で強豪を倒す道選ぶ。


<内野手>
B 十九浦 拓哉(東洋大学) 180cm85kg 左投左打 ・・・セガサミー
 アマ屈指の強打を誇る。守備面など課題もあるが、将来四番を張れる打撃。
B 今村 健二(亜細亜大学) 170cm76kg 右投左打 ・・・ホンダ熊本
 天才的とも評価されるミートセンス。小さいからと侮れない長打力も。内野は全て守れる。
C 川咲 勇司(阪南大学) 175cm77kg 右投左打 ・・・未定
 広角に長打を放てる打撃職人。一、三塁を守り、強肩の評価も聞こえてくる。
C 西本 康承(奈良産業大学) 175cm73kg 右投左打 ・・・未定
 守備走塁に高い評価を持ち、正確さを備える強肩は魅力。遊撃手として必要な能力を持っている。
C 佐々木 大輔(明治大学) 178cm87kg 右投右打 ・・・東京ガス
 3年次の不調を取り戻せなかったが、秋2本塁打で長打力は証明。技術次第で化ける素材。


<外野手>
B 中倉 裕人(東洋大学) 175cm66kg 右投左打 ・・・住友金属鹿島
 柔らかさを備えた強打が魅力。才能が有るだけに守備でのミスや安定感のなさが惜しい。
B 藤中 謙太郎(九州産業大学) 180cm76kg 右投右打 ・・・未定
 大学の5ツールは彼で決定。泥臭さ厭わないプレーは首脳陣が才能に気づくチャンスになる。
C 松永 隆太(東洋大学) 175cm75kg 右投右打 ・・・東芝
 守備走塁の評価が高かった選手が打撃開眼で一気に成長。結果を残せばプロも近い。
C 小林雄斗(明治大学) 170cm65kg 右投左打 ・・・日立製作所
 出塁率の高い俊足ヒットメーカー。大学野球界では屈指の足の持ち主。





2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ
2008年プロ志望届・提出者一覧(高校生編)
2008年プロ志望届・提出者一覧(大学生編)

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



2008年にプロからの指名漏れ、または志望届を出さなかった有力選手リストです。
社会人に進んだ選手は最速で2011年、大学に進んだ選手は2012年の候補になります。
進路等判明次第リストを更新していきます。
かなり長いリストになっちゃいました^^;
というかこのままではいつまで経っても完成しないと思い、アップしました。
そのため粗いリストになっているので、進路決定などのタイミングで整理したいところです。
そういっていつも完成しないんですけど^^;


<投手>
S 東浜巨(沖縄尚学) 181cm68kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・亜細亜大学
 大・社含めてもアマトップクラスの右腕。全て高レベルで不足のない投手。4年後の目玉は確約?
A 伊波翔吾(浦添商) 175cm68kg 右投左打 プロ志望:提出・・・沖縄電力
 150km近い速球と質の高い変化球駆使して甲子園で活躍。剛・柔兼ね合わせる。
A 佐藤翔太(東洋大姫路) 178cm70kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 本来今年の目玉選手。投打にドラ1の可能性。この先どちらを選択するかも楽しみ。
A 萩野裕輔(東北) 180cm79kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 春頃までは№1左腕に最も近かった。速球・変化球ともに魅力有り。
B 大塚椋司(聖望学園) 176cm76kg 右投右打 プロ志望:提出・・・
 総合力№1投手はセンバツで活躍しながら夏は初戦負け。秘めたポテンシャルを発揮できれば。
B 田中 皓士(西京) 184cm77kg 右投右打 プロ志望:提出・・・
 評判だけ見れば投手としての能力は随一。その評価に頷ける力があれば次はドラ1に。
B 石崎剛(三和) 181cm77kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 多彩な変化球ありながら速球勝負で373回530奪三振記録。可能性が限りなく大きい。
C 三嶋一輝(福岡工業) 174cm68kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 沖縄尚学破って九州大会制覇、平均140km超の速球と3種のスライダーで34イニング50奪三振。
C 平生 拓也(宇治山田商) 174cm76kg 右投右打 プロ志望:提出・・・
 センバツ最速153kmを記録。打撃にも才能を見せるが、スライダーのキレも非凡。
C 北野 駿人(日本航空) 180cm77kg 右投左打 プロ志望:提出・・・
 投げ下ろしの速球が決め球にできるのは確かな実力の証拠。
C 山林 芳則(日生学園三) 187cm80kg 右投右打 プロ志望:提出・・・
 メジャーからも注目された速球派右腕。体格も十分で、大器の予感を感じさせる。
C 平山 洸太朗(鎮西) 179cm78kg 左投左打 プロ志望:提出・・・
 鎮西トリオで唯一惜しくもプロならず。左のパワーピッチは今後魅力を増す可能性有り。
C 米田易弘(甲府商) 右投左打 179cm70kg プロ志望:未提出・・・
 センバツでのピッチングには技巧を極めた印象すら抱いた。
C 河合勇志(北大津) 177cm74kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 多少荒れ球でも3種のスライダーが打者を幻惑する。速球の成長次第で大化けできる。
C 三村庸平(履正社) 180cm72kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 左の技巧派投手。左腕豊作の年でなければもっと目立ったか。今後に期待が掛かる。
C 戸狩聡希(常葉学園菊川) 176cm72kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 実力は確かだが、肘の怪我で痛々しい投げ方をしていた甲子園が印象的。まずは完治を。
C 福地元春(自由ヶ丘) 180cm73kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 左のパワーピッチといえば魅力抜群だが、制球難が響いている印象。145kmが制御されれば。
C 岩佐海斗(成立学園) 187cm73kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 大きい体と安定感を増した投球に魅力。縦の変化球は角度もあって実戦に生きてくるはず。
C 松村直哉(市柏) 187cm81kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 長身で速球・変化球に力があるのは最大の魅力。安定感が出ればエースクラスの投手へ。
C 大城昌士(東海大相模) 182cm86kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 平均で140kmを測定する速球は力有り。変化球も鋭く、安定感が出来れば化ける可能性。
C 高橋雄輝(東海大高輪台) 180cm80kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 「西村に似ている」と巨人から評価も出る最速142km右腕。打撃にも定評。
C 鍵谷陽平(北海) 178cm75kg 右投右打
 豊富なスタミナ、キレのある速球・変化球と制球○、総合力の高い投手。
C 出井優太(佐野日大) 181cm78kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 センバツ開幕戦で完封。速球のこだわりよりキレで勝負できる投手に進化中。
C 小室和弘(昌平高) 174cm80kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 カーブ、スライダー、スクリューなど変化球多彩、球持ちも良く、奪三振マシーン。
C 山崎拓也(山形城北) 177cm75kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 制球良く、速球で勝負できる。昨年夏に4試合で50奪三振を記録。
C 上村圭佑(長野日大) 172cm70kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 上背はないが巧みな投球術でセンバツで活躍。
C 小野翔太(沼田) 179cm76kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 抜群の筋力生かしてMAX143km記録。スライダーも良いが、スタミナ・制球に課題。
C 田面巧二郎(桐生市商) 177cm82kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 MAX144km、変化球共にキレ良し、スタミナ、制球もまとまっている。球種も良いものが揃う。
C 高田優馬(富岡) 181cm78kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 最速140kmに迫る速球と鋭い変化球を武器に奪三振を量産。進学校で野球をしながら成績上位。
C 池田宏貴(上市) 179cm72kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 140km台の速球を連発する無名の快速右腕。MAX148kmはこの先どこまで伸びるのか。
C 田村圭(慶應) 186cm80kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 力道山の孫ということよりも、140kmを超える左腕として有名になれる実力。
C 金平将至(高岡一) 180cm71kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 速球と同じフォームで変化球が出てくる、力のあるピッチャー。
C 檜彰宏(金沢桜丘) 178cm73kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 身体能力抜群で、MAX143kmの投以外に野手としても三拍子揃う。
C 高須諒(愛工大名電) 181cm85kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 一年次に142kmで甲子園デビュー、144kmで重い速球は○。復調が待たれる。
C 福谷浩司(横須賀) 182cm80kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 速球は143kmで制球も良く、フィールディングなど技術面でも○。打も15本塁打。後は変化球。
C 長谷川亮祐(三重) 180cm74kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 華奢ながら柔軟性は◎。速球・変化球共にキレに評価。
C 今村隆之(大府) 177cm69kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 最速141kmはキレ良く、スライダー、フォークも好評価。守備も良く、総合力○。
C 足立景司(東山) 185cm83kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 140km台の速球と100km台のカーブを駆使する岡島二世。
C 大田浩史(大産大付) 176cm75kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 MAX143kmとキレるスライダーのコンビネーションにスタミナ完備。
C 宮川将(大体大浪商) 183cm85kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 最速141kmと同じ腕の振りから抜群の縦スラが決まる。
C 松田拓磨(神戸国際大付) 181vm73kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 140km台の速球と縦スラが武器。柔軟性生かして緩急を武器にする。
C 岡田大裕(報徳学園) 180cm75kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 県大会で0.26の防御率を記録した本格派。
C 伊佐地佑紀(津島北) 180cm70kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 投・打・走など全てに見所。最速は140kmに乗らないが制球と緩急でアメリカ相手に好投。
C 小畑彰宏(鳥取西) 183cm75kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 肩・肘の柔軟性生きた投球術。縦・横のスライダーなど高評価で、将来性は中国屈指の呼び声。
C 荒木将(西京) 180cm79kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 握力・背筋力などパワーは高校生屈指。MAX145km活かす技術がつけば怖い。
C 鳴滝拓馬(小松島) 186cm78kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 投げ下ろしで角度のついた速球が魅力。怪我から復帰して、141kmはどこまで伸びるか。
C 南野悠介(明徳義塾) 171cm68kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 変化球でコースをつく投球。制球良く、四死球が少ない。
C 下平裕二郎(伊万里商) 182cm82kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 投げて良し、打って良しで打撃に評価集まるも、しなりの効いた投球も大きな魅力。
C 内村尚弘(鹿児島工) 177cm78kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 四死球連発で崩れることもあったが、左右低めに速球とスライダー集めて大量の奪三振。
C 村方友哉(城北) 178cm70kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 投げてはエース、打っては4番。3試合30イニング414球を投げきる。スライダーが決め球。
C 上原亘(沖縄尚学) 183cm84km 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 しなやかな腕の振りに落差のあるフォークのコンビネーション。東浜より大器との声も。

<捕手>
A 東誠士郎(総合技術) 180cm78kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 守備力では今年最高に近い評価。打撃の成長と、確かな結果がついてくれば。
A 山城一樹(浦添商) 181cm77kg 右投右打 プロ志望:提出・・・
 躍動感溢れるパワフルな捕手。チーム全体を鼓舞できるムードメーカー。
A 地引雄貴(木更津総合) 184cm80kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 大きな体を重く感じさせない機敏な動き。更にその体格を生かした長打力、強肩も○。
A 杉山翔大(東総工) 173cm77kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 驚異的な強肩や長打連発の打撃は世代最高捕手との声も。体は大きくないがプレーはビッグ。
A 岡翔太郎(日大三高) 180cm74kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 打撃では成長途上だが、守備は上位クラスをも上回る可能性。能力と技術を合わせた守備。
B 土井翔平(智辯学園) 180cm81kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 捕手としての守備・強肩も素晴らしいが、打撃にも大きな魅力。柔軟性がつけば急上昇する。
B 金田忠大(北大津) 170cm71kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 強肩に素早いフォームが加わり、砲台のような印象。捕手としては小柄だが頼もしい選手。
C 山本優太(履正社) 172cm72kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 一年次から活躍、打撃でもクリーンアップを担う。絶対的な特徴が欲しいか。
C 鶴田都貴(神村学園) 175cm82kg 右投右打 プロ志望:提出・・・
 恐らく今年の高校生捕手で長打力はTOP3に入る。守備にも緩慢さは無く、成長に期待。
C 津田真輔(佐賀商) 172cm71kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 キャッチングとリードは九州一番の評判。強肩や一発もあり、伸び代はまだありそう。
C 酒井亮(埼玉栄) 176cm72kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 小さいフォームで刺せる技術に定評。成長途上が完成されたらどうなってくるか。
C 伏見寅威(東海大四) 180cm78kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 捕手として総合的に能力の高さが魅力。スカウトも目にかけた将来性。
C 飯田大祐(常総学院) 181cm77kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 全て高レベルでまとまったという評価は特徴不足でもある?守備は技術型。
C 上村卓哉(中京) 173cm73kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 動作の素早い守備で東海№1との声もある。
C 加藤遼(市岐阜商) 173cm74kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 遠投120mの強肩は捕手として○。長打力も抜群で、パワーのある選手。
C 野口翔也(日生学園二) 186cm98kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 体格も凄いがパワーも凄い。打者としてのほうが可能性を秘めるのかも。
C 沖野哲也(広島工) 179cm78kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 新井二世との呼び声もある長打力が魅力。プロでも捕手から強打者になる例多し。
C 西村友輔(西城陽) 177cm77kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 逆方向に飛距離の落ちない長打力。専用ネットも張り付けられ、上でも飛ばし屋になれるか。
C 山崎秀平(専大玉名) 174cm74kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 強肩強打、捕手としてはそれだけで魅力のきっかけに。二塁打が多いのはミート力の片鱗。
C 宮副広望(唐津商) 180cm80kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 勝負強さと長打力備えた結果は通算38HR。打者としての評価が特に高い。

<内野手>
A 白崎浩之(埼玉栄) 183cm77kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 早くから5ツールの才能を見せた総合力の高い遊撃手。大型の雑味がない。
A 松本幸一郎(横浜) 177cm73kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 高い守備力と自在に乱れ打つ打撃でトップクラスの二塁手。スピードも抜群。
A 坂口真規(智弁和歌山) 184cm87kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・東海大学
 数少ない和製大砲として大きな可能性。まずはアマで記録を打ち立てて欲しい。
A 石川駿(北大津) 178cm76kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 怪我がなければ即プロだったか。守備力の高い二塁手が、広角に長打を打てる魅力は◎。
B 大古拓郎(前橋商) 185cm87kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 今年の右打者の大砲は大田・坂口・中川、そして大古でBIG4だった。三塁・4番になれる。
B 金子侑司(立命館宇治) 177cm68kg 右投両打 プロ志望:未提出・・・
 俊足・強肩・巧打で足を生かした守備範囲抜群。高校通算19本塁打中、足で4本。
B 上本崇司(広陵) 170cm65kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 早稲田所属のあの上本の実弟。選手のタイプ、センスも兄と似ている。
B 及川雄貴(駒大岩見沢) 178cm75kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 センバツで「今大会一番かも」と気に入った遊撃手。守備良く、長打力も秘める。
C 酒井嵩裕(常葉学園菊川) 178cm75kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 強靭なリストで広角強打と遊撃守備が一段階ずば抜けている。5ツール候補生。
C 町田友潤(常葉学園菊川) 171cm70kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 強打のチームで小技を兼ね備える器用さ。守備は既に社会人級との声も。
C 浜田 朋彦(佐賀学園高) 183cm84kg 右投左打 プロ志望:提出・・・
 怪力生かした剛打と俊足が生きる三塁手。1年で30近い本塁打を量産した。
C 水野智貴(総合技術) 175cm75kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 正捕手は譲ったものの、打力抜群で主砲の座は譲らない。今後は三塁か。
C 冨里恭左(都城) 185cm75kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 打率5割、18本を一年間で達成しても未完成の大器。3,4年後に主砲の風格期待。
C 浜渕貴之(尚志学園) 182cm93kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 重量感抜群の大砲。絶滅寸前と言われる和製大砲の雰囲気。
C 中井隆盛(専大北上) 184cm86kg 左投左打 プロ志望:提出・・・
 東北屈指の打力。広角に飛ばせる長距離砲台として大きな期待。
C 宮下英彦(東北) 181cm75kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 5ツール候補生。打撃が逆方向にも伸びる大型遊撃手として大成できるか。
C 矢幡勇人(相洋) 172cm70kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 50本前後の通算本塁打は見事。最後の夏、怪我で不完全燃焼が残念。
C 杉山慶介(常葉学園橘) 180cm80kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 通算本塁打は30前後を数える強打の三塁手。
C 仲條リチャード聖也(日生学園二) 178cm82kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 運動能力が高い三塁手。バットコントロール、長打力も持ち合わせる。
C 伊木卓磨(三重) 181cm87kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 一年次に転校してきて二年から四番を務める。東海大会では5割近い打率をマーク。
C 高田知季(岡山理大付)176cm67kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 俊足強肩に加えて二塁・遊撃守りながらマウンドにもあがる野球センス。打撃は広角に打てる。
C 山根良太(日本文理大付) 180cm85kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 走攻守出揃い、バットコントロールには定評のある遊撃手。
C 大迫建斗(樟南) 181cm72kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 三拍子揃った大型遊撃手。鹿児島の目玉とスカウトも絶賛の逸材。
C 小原圭人(神村学園) 175cm85kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 通算50弾の鶴田と同チームながら打率・長打率・本塁打率でチームトップの打力は圧巻か。
C 小森翔平(長崎商) 185cm83kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 打球速度は超高校級、県を代表する強打者として県大会5試合で2本塁打11打点。
C 千速太樹(明豊) 183cm75kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 強力な打力を誇るチームで二年生から四番。

<外野手>
A 伊藤巧(盛岡大付) 180cm82kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 大舞台で躍動できなかったものの、持っているものは巨人・橋本と双璧の評価。
C 南圭介(楊志館) 175cm80kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 2年次は将来楽しみだったものの、伸び悩みか。守備の感覚と打撃センス良好。
C 古本武尊(福大大濠) 176cm75kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 監督から大器と太鼓判の強打者。俊足・強肩+130m弾の強打で魅力抜群。
C 黒羽剛広(聖光学院) 178cm73kg 右投左打 プロ志望:未提出
 対応力の高い打撃力や機動力中心に5ツールの片鱗を見せる。
C 中川雅也(常葉学園菊川) 175cm83kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 ライナーでスタンドまで運べる長打力と屈指の強肩が売り。
C 伊藤慎吾(常葉学園菊川) 182cm72kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 二年続けてMr.3ラン続けた奇跡の打者。神通力は上でも通じるか。
C 河野悠也(佐野日大) 178cm75kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 一年から四番を打ち、5ツール揃った総合力の高い選手。
C 遠藤力(市川越) 181cm73kg 左投左打 プロ志望:未提出・・・
 打は全国クラス、守備走塁にも高評価。打球が詰まらない。
C 小川健太(横浜) 177cm72kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 バットコントロールが◎で、横浜の四番を打つ。低目も拾って長打に変える巧さ。
C 田中勇馬(寺井) 180cm81kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 身体能力が高く、プレーのスケールが大きい。粗さが取れれば怖い存在。
C 井上貴晴(報徳学園) 180cm77kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 長打力が光る。迫力のあるスイング。
C 緒方凌介(PL学園) 174cm75kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 ほぼ5ツールプレイヤーといっていい選手。特に打撃技術・強肩・俊足は高評価。
C 佐藤亮介(開星) 181cm75kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 俊足を活かした守備、強肩・強打の総合力が魅力。
C 砂川匠吾(興南) 181cm83kg 右投右打 プロ志望:未提出・・・
 粗い部分も多いが、とにかくパワーは凄い。守備範囲も広く、野球が巧くなれば大成する。
C 金沢徹(明豊) 177cm68kg 右投左打 プロ志望:未提出・・・
 大きく足を上げるフォームが特徴的。柔軟な打撃と全力疾走で攻撃力○。




2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ
2008年プロ志望届・提出者一覧(高校生編)
2008年プロ志望届・提出者一覧(大学生編)

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
田澤メジャー、岩見社会人と上位候補がこちらもリストから外れる事態。
目玉不在と言われる事態に、スカウト力が問われる年となりそうです。

さて、こちらもプロ志望届が締め切り(というかドラフト直前)。
ここでは提出した選手の一覧と、その後の進路を追記していこうと思います。
最初から全部は埋まりませんが、出来る限り埋めていきたいと思っています。


<投手>
S 巽 真悟(近畿大学) 182cm67kg 右投左打
 23奪三振やノーノーで目玉の筆頭に。150km近い速球と必殺カットボールが武器の本格派。
A 小松 剛(法政大学) 179cm75kg 右投右打
 150kmに迫る速球、多彩でキレのある変化球などが揃う高素材。安定感揃えば更に○。
A 上野 大樹(東洋大学) 181cm78kg 右投右打
 大場が抜けて弱体心配の投手陣を名実共に引き継いだエース。成長曲線は大場以上か。
A 蕭  一傑(奈良産業大学) 181cm86kg 右投右打
 今年の右投手では屈指の安定感と球質を誇る。先発・抑え、両面で大活躍が見込める。
A 坪井 俊樹(筑波大学) 左投左打 185cm72kg
 豪快さと柔らかさを備える総合力の高い投手。リーグ通算勝利は30を超える大器。
A 岩田 慎司(明治大学) 181cm80kg 右投左打
 4年になって一気に台頭、早稲田破って六大学制覇。横滑りスライダーとキレのある速球○。
B 金丸 将也(中部大学) 185cm75kg 左投左打
 神宮で評価急上昇。左投手のチェンジアップは素晴らしく、角度のついた速球も○。
B 鶴川 将吾(亜細亜大学) 176cm71kg 右投右打
 本来なら目玉投手となっていたはず。150kmに多彩な変化球、守備面にも高い評価。
B 井上 雄介(青山学院大学) 181cm84kg 右投右打
 青山伝統のタフなエース。カットボール、スライダー筆頭に実用の高い変化球取り揃える。
B 林 冬樹(星城大学) 180cm82kg 左投左打
 防御率1点台は当たり前の大型左腕。多彩な変化球に、140kmを超える速球を持つ。
B 滝谷 陣(近畿大学) 177cm78kg 左投左打
 多彩な変化球と制球にも評判。何よりも決して綺麗ではない回転のクセ球が武器。
C 谷掛 雄介(佛教大学) 180cm71kg 右投左打
 150km目前の速球を抜群の指先感覚としなりを効かせて投げ込む。変化球の精度も○。
C 谷口 友基(近畿大学) 176cm72kg 右投右打
 サイドから勢いのある速球。スライダー、シュートと実戦的な変化球も取り揃える。
C 高橋 広志(国学院大学) 185cm85kg 右投右打
 大型の角度からスピンの効いた常時140kmの速球と落差のあるスライダー。将来性評価○。
C 芦田 真史(大阪経済大) 186cm80kg 右投右打
 大きな体で重い速球を投げ込んで、3年秋に5勝0敗でMVPを獲得する。
C 内田 好治(大阪産業大学) 182cm80kg 右投右打
 重い速球と多彩な変化球、カウントを取りにいける制球が魅力。手元でクセ球に変化も。

<捕手>
S 大野 奨太(東洋大学) 177cm77kg 右投右打
 言わずと知れた守備・打撃共に高評価の№1捕手。大場の抜けた投手陣擁し東都連覇。
A 細山田 武史(早稲田大学) 178cm75kg 右投右打
 強力な肩とプロ級の投手陣をリードしてきた実績。打撃は難点もあるものの、首位打者経験有。
B 田辺 真悟(関西大学) 182cm84kg 右投右打
 経験豊富な野球エリート。強肩と長打力だけでなく、インサイドワークにも定評。
B 乗替 寿朗(立命館大学) 178cm80kg 右投右打
 高校時代から有名な田辺を追い越した印象すら出てきた。攻守共に高いレベル所持。
C 岳野 竜也(福岡大学) 178cm85kg 右投右打
 九州№1捕手と名高く、守備への評価は大きい。07秋にMVP、投手の好調を生かすリード。
C 井上 結貴(東北福祉大学) 173cm74kg 右投右打
 怪我などで足踏みもしたが、日本代表にも選ばれた守備は○。技術で刺せるのは貴重。

<内野手>
A 上本 博紀(早稲田大学) 173cm70kg 右投右打
 天才との呼び声もある巧打・俊足・堅守の三拍子。100安打も達成し、大舞台の強さ◎。
A 岩崎 恭平(東海大学) 178cm73kg 右投左打
 三塁、遊撃など花形の守備で俊敏な動きを見せる俊足巧打の内野手。トップを任せたい。
B 十九浦 拓哉(東洋大学) 180cm85kg 左投左打
 今年の左打者では屈指の強打を誇る。守備面など課題もあるが、将来四番を張れる打撃。
B 今村 健二(亜細亜大学) 170cm76kg 右投左打
 天才的とも評価されるミートセンス。小さいからと侮れない長打力も。内野は全て守れる。
B 仲澤 広基(国際武道大学) 182cm79kg 右投右打
 怪我・スランプと目玉野手にはなれなかったが、資質はドラ1クラス。三塁守備○、広角長打◎。
B 山崎 憲晴(横浜商科大学) 175cm72kg 右投右打
 内野はどこでも堅守、首位打者獲得の巧打も。日本代表経験も二度経験。
C 高島 毅(青山学院大学) 173cm78kg 右投右打
 キャプテンシーの高さと勝負強さ○。二塁でチームを引っ張れる内野の要に。
C 川咲 勇司(阪南大学) 175cm77kg 右投左打
 広角に長打を放てる打撃職人。一、三塁を守り、強肩の評価も聞こえてくる。
C 山本 和作(大阪経済大学) 182cm82kg 右投右打
 首位打者獲得した後、豪快な打撃に確実性が合わさりつつある三塁手。
C 西本 康承(奈良産業大学) 175cm73kg 右投左打
 守備走塁に高い評価を持ち、正確さを備える強肩は魅力。遊撃手として必要な能力を持っている。

<外野手>
S 岩本 貴裕(亜細亜大学) 182cm82kg 左投左打
 東都で歴代記録に残るほど本塁打を量産。逆方向にも強い打撃が打てる目玉野手。
S 松本 啓次朗(早稲田大学) 180cm78kg 左投左打
 東京六大学初の1チームから2人の100安打記録達成。巧打、俊足、堅守備え、肩は砲台。
A 柴田 講平(国際武道大学) 177cm72kg 左投左打
 足だけではないミートセンスが光る。しかも走ればアマトップクラスのスピード。守備範囲抜群。
B 中倉 裕人(東洋大学) 175cm66kg 右投左打
 本来目玉野手になれる。柔らかさ兼ね備えた強打が魅力。守備の精度に疑問符がもったいない。
B 藤中 謙太郎(九州産業大学) 180cm76kg 右投右打
 大学の5ツールは彼で決定。泥臭さ厭わないプレーは首脳陣が才能に気づくチャンスになる。
B 加藤 聡(大阪産業大学) 184cm81kg 右投右打
 打者転向すぐに首位打者。俊足も兼ね備え、一発あり、強肩の大型選手。夢が膨らむ。
B 坂田 遼(函館大学) 178cm82kg 右投左打
 北の台地で快刀乱麻の乱れ打ち。入学から3季連続MVP、首位打者獲得、本塁打量産。
C 松永 隆太(東洋大学) 175cm75kg 右投右打
 元々は守備の評価が高かったが、打撃開眼で一気に成長。足もあり、様々な可能性を秘める。



2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ
2008年プロ志望届・提出者一覧(高校生編)

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
衝撃の大田プロ志望届提出によって揺れる12球団。
当日までどうなるか分からない様相を見せてきました。
東浜も電撃提出してほしかったですけどね^^;

さて、プロ志望届がとうとう締め切り。
ここでは提出した選手の一覧と、その後の進路を追記していこうと思います。
最初から全部は埋まりませんが、ちゃんと更新するので少々お待ちを。


<投手>
S 赤川 克紀(宮崎商) 186cm88kg 左投左打
 肘を柔らかく使える希少な大型左腕。MAX147kmの最大風速と安定感を兼ね備える逸材。
A 齋藤 圭祐(千葉経大府) 185cm87kg 右投右打
 速球派大型右腕がここまで低めに集められる技は希少価値。エースになれる素材。
A 伊藤 準規(岐阜城北) 185cm70kg 右投右打
 投げる球全てが一流のキレ。制球など未完成だが、完成品は国を代表するエース級かも。
A 甲斐 拓哉(東海大三) 182cm78kg 右投右打
 150kmを超える速球を投げる。ストライクが入らなかった時期を乗り越えて一巡クラスに復活。
A 近田 怜王(報徳学園) 左投左打 177cm82kg
 一年次から目玉クラスの評価。熱中症・イップスなど足踏みも、素材は確実に最高クラス。
A 伊波 翔悟(浦添商) 175cm68kg 右投左打
 150km近い速球と質の高い変化球で完成度◎。野手評価も高く、小柄を気にさせない才能。
A 島 祥平(帝京) 右投右打 175cm75kg
 下級生から大舞台経験。既に150kmを記録し、課題だった制球面や速球の質も改善された。
A 有馬 翔(日南学園) 174cm75kg 左投左打
 2年次、甲子園で熱投。140km超の速球で気迫のある投球が身上。宮崎BIG3の一人。
A 中崎 雄太(日南学園) 179cm79kg 左投左打
 有馬と同校にあって最後までエースを競った。最後は赤川に惜敗も、BIG3に相応しい実力。
A 八木亮祐(享栄) 179cm70kg 左投左打
 ドラ1との声もある柔軟性の高い投手。ほとんど速球勝負で岐阜城北を17奪三振1安打完封。
B 小熊 凌祐(近江) 181cm77kg 右投右打
 無理のないフォームから抜群のキレ。素材は一巡クラスだが怪我が響いてピークはまだ先。
B 辛島 航(飯塚) 177cm67kg 左投左打
 制球、投球術、安定感などは今年の候補でもトップクラス。こういう選手が育つときっと凄い。
B 土屋 健二(横浜) 180cm74kg 左投左打
 横浜高校のエースとして成瀬二世の声、打っては高濱に近いとの声も集まる楽しみな素材。
B 宮本 武文(倉敷) 182cm70kg 左投左打
 粗い部分が目立ってしまうが、ダイナミックな投球を出来る大型左腕として大きな魅力。
B 大塚 椋司(聖望学園) 176cm76kg 右投右打
 総合力では今年の投手としてトップクラス。一つ抜きん出てくれば一気に伸びる力がある。
B 日 亮(日本文理大付) 181cm73kg 左投左打
 九州左腕豊作の中でも総合力が高い。内角に145kmで攻め、スライダーで仕留める本格派。
B 二保 旭(九州国際大付属) 181cm68kg 右投右打
 豊富な変化球は鋭く、MAX145kmは将来150kmへ太鼓判の声。12球団注目のダル二世。
B 田中 皓士(西京) 184cm77kg 右投右打
 MAX149kmの速球、球を隠せるフォーム、制球○、多彩な変化球、真に受ければドラ1クラス。
C 笠原 将生(福工大城東) 190cm85kg 右投右打
 190cmを超える体躯に柔らかい肘は抜群の将来性。変化球も3種あり、凄い投手になるかも。
C 平生 拓也(宇治山田商) 174cm76kg 右投右打
 センバツ最速153kmを記録。投手として課題はまだあるように思うが、速球の才能は証明済。
C 中田 廉(広陵) 186cm78kg 右投右打
 今夏甲子園で最速の148kmを記録。背の高さからも投げ下ろしの150kmに期待が掛かる。
C 北野 駿人(日本航空) 180cm77kg 右投左打
 投げ下ろしの速球が決め球になる魅力的な存在。技術がついていけば飛躍的な上昇も。
C 杉山 晃紀(綾部) 184cm78kg 右投左打
 肘の柔らかさ生かしグングン成長した147km。キレのなさも改善、将来性に高い評価が集まる。
C 山林 芳則(日生学園三) 187cm80kg 右投右打
 近畿地方で最速クラスの147kmを早い段階から記録。実戦に課題を残す?
C 平山 洸太朗(鎮西) 179cm78kg 左投左打
 パワー抜群で145km記録。制球面が課題だが、野手としても高評価されている。
C 山本 徹矢(神戸国際大付) 180cm80kg 右投右打
 終速の落ちない145kmが抜群の魅力。怪我復帰後球速落とさず制球向上に成功。
C 木本 幸弘(日高中津分校) 180cm68kg 右投右打
 柔軟性と低めの制球力が素晴らしい。投手経験たったの1年と勤続疲労少なく、将来性◎。

<捕手>
A 中村 悠平(福井商) 178cm74kg 右投右打
 走られたことが殆どないほどの強肩は今年一番に近い評価。正捕手候補。
A 山城 一樹(浦添商) 181cm77kg 右投右打
 好リードとリーダシップ光る。打撃や走塁にも評価が集まり、総合力の高さが魅力。
B 猪本 健太郎(鎮西) 183cm76kg 右投右打
 恵まれた体格と強肩強打で城島二世の期待。以後評価を上げきれずにいるが、将来性○。
C 鶴田 都貴(神村学園) 175cm82kg 右投右打
 体が大きいわけではないが、抜群の長打力は魅力。

<内野手>
S 大田 泰示(東海大相模) 188cm87kg 右投右打
 高校通算65HR、身体能力抜群で近年の高校生でも屈指のスペックを誇る主砲候補。
A 浅村 栄斗(大阪桐蔭) 181cm78kg 右投右打
 三拍子評価評価から、甲子園で長打も連発して一気に上位クラス評価へ。万能遊撃手。
B 杉谷 拳士(帝京) 172cm73kg 右投右打
 小柄ながらパワフルな打撃と俊足、堅守を備えた遊撃手。明るいムードメーカー。
C 中川大志(桜丘) 186cm87kg 右投右打
 投手から野手専念への決意。右に強い長打放つ三塁手として魅力が詰まる。
C 申 成鉉(京都国際) 183cm83kg 右投右打
 長い両腕と柔らかいリストは打撃で右方向に強い打球、守備に華麗なハンドリング。留学生。
C 浜田 朋彦(佐賀学園高) 183cm84kg 右投左打
 怪力生かした剛打と俊足が生きる三塁手。1年で30近い本塁打を量産した。

<外野手>
A 橋本 到(仙台育英) 171cm67kg 右投左打
 バットコントロール、走塁、守備、強肩などがトップレベルで揃う。楽天志望。
A 立岡 宗一郎(鎮西) 181cm76kg 右投右打
 今年、地方選手として№1評価。全国の舞台には出ていないが、上位指名確実の5ツール。
C 井藤真悟(中京大中京) 184cm75kg 右投左打
 野手転向間も無く天才との話題を集めた。広角に長打を集める。

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
2008年のドラフトで指名候補となる選手のリストです。
逐次編集していきます。
以前と若干方式を変え、記事が膨れ上がるので投手と野手も分けました。
また、ランク付けは例によって私個人の主観で行っているのでアテになりません(;´Д`)
データの少ない選手などは2008年ドラフト候補選手・簡易メモへ。

ランク付けは下記の基準に拠ります。
S(競合レベル)、A(一巡指名)、B(上位指名)、C(下位氏名)

捕手


S
大野奨太(岐阜総合学園高→東洋大) 177cm77kg 右投右打
不動の正捕手、田中が抜けてすぐに正捕手となり、ベストナインも獲得するほどのセンス。
守備・肩の評価が先行していたが、3年秋にはリーグ最多の4本塁打を放った。



A
細山田武史(鹿児島城西高→早稲田大) 178cm75kg 右投右打
抜群の強肩と強気のリードで世代トップクラスの守備力が自慢。
3年春には首位打者も獲得、秋には打率を大きく落としても守備だけでベストナインに。



B
谷澤恭平(近代附高→佛教大) 171cm75kg 右投右打
谷掛・古田ら好投手をリードして結果を残す強打の捕手。
3年春にはMVPに輝き、打っては.429で首位打者、秋にもベストナインに輝いた。

田辺真悟(明徳義塾高→関西大) 182cm84kg 右投右打
巧みなインサイドワークと強打で関西大の四番に座る要の役割。
中学時代はダルビッシュとバッテリー、高校でも正捕手で甲子園出場の野球エリート。



C
乗替寿朗(若狭高→立命館大) 1778cm80kg 右投右打
攻守に渡って堅実な活躍で評価を受け、3年秋に低迷するチームの中で最高打率を記録。
同年に一年間通して同リーグの田辺を押さえてベストナインを獲得する。




内野手


S
上本博紀(広陵高→早稲田大) 173cm70kg 右投右打
スーパースターという言葉が似合う、三拍子揃った二塁手。
3年時は春に打率.362、秋に.333、大学選手権では打率.583、出塁率.706と暴れまわる。



A
岩崎恭平(東海大相模高→東海大) 178cm73kg 右投左打
3年は春・秋ともにベストナイン、長打力も秋には2本塁打と攻守が着実に成長の三塁手。
現在は遊撃を守り、広い守備範囲と俊足を存分に使って活躍。

今村健二(九州学院高→亜細亜大) 170cm76kg 右投左打
パンチのある打撃力に巧みなバットコントロール、軽快な足捌きに選球眼が揃う。
3年春には四死球18を選んで、首位打者の小窪より高い出塁率.484を記録。

仲澤広基(東海大甲府高→国際武道大) 182cm79kg 右投右打
3年秋に途絶えたものの、入学以降5季連続のベストナイン。
広角に打ち分ける強打が魅力の大型三塁手で、2006年には日本代表にも選抜される。



B
山崎憲晴(埼玉栄高→横浜商科大) 175cm72kg 右投右打
基本は遊撃手だが、内野ならどこでも守れるというユーティリティープレーヤー。
3年時には2年連続となる日本代表にも選出され、主に三塁手として活躍、上本をライバル意識。



C
佐々木大輔(日大三高→明治大) 178cm87kg 右投右打
評判の高い馬力で2年秋に4本塁打を放って可能性を広げた三塁手。
3年時は一年間を通して活躍できず、研究されても打てる対応力がつけば上位も。

高島毅(大阪桐蔭高→青山学院大) 173cm78kg 右投右打
攻守ともに粗いが、打率が落ち込んでも四死球をしっかり選んで役割を果たせる二塁手。
3年秋にはチームトップの打点10で初のベストナイン、新主将にも任命された。

野原祐也(富山サンダーバーズ) 177cm83kg 右投左打
BCリーグで打撃タイトルをほぼ独占の勢いで打ちまくる、<富山のおかわり君>。
内・外野を幅広く守れて、守備・走塁面にも破綻のない評価で独立リーグ筆頭の野手。




外野手


S
松本啓二朗(千葉経大附高→早稲田大) 180cm78kg 左投左打
抜群の強肩、隙のない走塁、柔軟なバッティングと、野球センスの塊としかいえない選手。
四死球も多く、通算打率でも3割は余裕で超えて、100安打も十分射程距離。

岩本貴裕(広島商高→亜細亜大) 182cm82kg 左投左打
右へ左へセンターへ一試合三本塁打、翌日四球と犠飛を挟んでの四打席連続本塁打を放つ。
投手経験豊富な強肩もあり、粗さが取れれば争奪戦確実な長距離砲。

長野久義(筑陽学園高→日本大→Honda) 178cm80kg 右投右打
走攻守が高いレベルで出揃っていて、社会人でも一年目からレギュラーを獲得。
大学四年で一気に開花し、社会人を経て一巡候補までに成長。



A
野本圭(岡山南高→駒沢大→日本通運) 180cm76kg 左投左打
走・攻・守、どれをとっても高レベルで、社会人からも一年目からレギュラーを張るほどのセンス。
特徴不足でプロ指名漏れの感も、社会人でレベルの高さを証明する活躍。



B
中倉裕人(PL学園→東洋大) 175cm66kg 右投左打
一年次の春、いきなり打率三位、本塁打一位と大活躍を見せたものの、それが最高成績。
3年春には復調見せるも、秋には最低打率、この一年で頂に行くか、地に落ちるか。

十九浦拓哉(八千代松陰高→東洋大) 180cm85kg 左投左打
強打の外野手として3年秋に一試合2本塁打などを放って実力発揮、DHで初のベストナイン。
逆方向への一打は今後の可能性に繋がってくるはず。

竹上諒平(西日本短大附→日本文理大) 188cm92kg 右投右打
大型にして俊足・強肩が売りと身体能力抜群の選手で、長打力もある。
三塁手も経験し、「新庄二世」がどこまでスケールアップするのか楽しみ。



C
小林雄斗(新田高→明治大) 170cm65kg 右投左打
とにかく三振が少なく、俊足巧打の理想的なリーディングヒッター。
3年秋には絶不調だったが、大学球界屈指の足で猛然とアピールしてほしい。





2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ