FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
球団別に前半戦の成績、状況などについて解析していきたいと思います。
もはや前半戦とかいう時期ではなくなってしまいましたが、セはやりきります。

前半戦成績(交流戦終了時点)
65試合 19勝45敗1分(勝率.292) リーグ6位(首位と23.5ゲーム差)
236得点(4位) 59本塁打(3位) 打率.265(3位)
322失点(6位) 防御率4.84(6位)

交流戦
24試合 6勝18敗0分(勝率.250) リーグ12位
100得点(6位タイ) 31本塁打(2位) 3盗塁(12位) 打率.257(10位)
140失点(12位) 防御率5.74(12位)

横浜ファンを絶望させるような低位置で前半戦を終えてしまいました。
近年横浜に目立つ長打頼りの不安定な野球が露呈してしまった結果でしょうか。
とにかく投手陣が守りきれず、大量の継投はあまりプラス方面に働かず。
そして大きな低迷の要因となったのはあれだけ獲得した外国人がオール外れだったこと。
機動力無く、得点も本塁打頼りなので勝っても負けてもスコアが凄いことに。
劇的な改革が待たれる状態です。


開幕前ブレイク選手予想
寺原隼人・・・抑えに転向も出番なしの試合が多い状態。抑えとしての数字はまずまず。

前半戦MVP
(野手)内川聖一・・・打ちも打ったり、出遅れても首位打者キープの素晴らしい打棒。

ブレイク選手
(投手)佐藤祥万・・・大のお気に入り選手。130km台でも空振りの取れた速球は140kmに上昇。
(投手)桑原謙太朗・・・貯金は作れていないものの、十分に立派な成績。後半で完封も。
(投手)小林太志・・・BIG3は全員が足踏み、そんな中ハマのエクスプレスとして存在感発揮。

誤算
(野手)野中信吾・・・横浜に機動力野球を定着させて欲しかった。まず塁に出ればければ。
(投手)工藤公康(他)・・・投手陣は誤算だらけだった。せめてベテラン工藤が引っ張ってくれれば。

後半戦キーマン
(投手)三浦大輔・・・実力・精神力ともにチームの支柱。背中でチームを鼓舞できる稀有な存在。
(野手)内川聖一・・・後半戦といえるほどゲームも残っていないが、他チームに重圧をかけたい。



今年は目を覆いたくなるほど離され、つらい時期を迎えています。
しかし佐藤・小林・桑原が早々に結果を出し、吉村・村田という和製大砲が存在している。
外国人の見極め、そして今年のドラフト次第では劇的に面白くなれる要素を持っていると思います。
今年も100敗ペースと言われながら調子を上げつつあり、今後は楽しみがありそう。
問題はFAで今後三浦・村田といった主柱が放出されないか、後継者を育てられるか。
10年前の幻影よりも、新生ベイスターズの強い姿に期待しましょう。

今年は厳しい戦いながらも、楽しみな要素もあった横浜ベイスターズ。
お立ち寄りになられた方、一言コメントいただければ幸いです。

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



12球団の戦力分析を行っていきます。
全球団を詳しく語れるほどの知識はありません。
なので、「こういう見方をする人もいるのか」くらいの生暖かい目線で宜しくお願いします。
第六回目、10年ぶりの優勝にかける横浜ベイスターズ☆



IN←
高校生ドラフト
 田中健二朗(常葉菊川) 投手 180cm78kg 左投左打 センバツ優勝の技巧派左腕
 大田阿斗里(帝京) 投手 186cm91kg 右投右打 資質は一巡級の本格派
 佐藤祥万(文星芸大附) 投手 174cm71kg 左投左打 甲子園で快投、キレが抜群
 坂本大空也(市柏) 外野手 178cm80kg 左投左打 通算45発の長打力、身体能力も○
大学・社会人ドラフト
 小林太志(JR東日本) 投手 183cm80kg 右投右打 150kmで「ハマのエクスプレス」襲名
 桑原謙太朗(奈良産業大) 投手 183cm78kg 右投右打 リーグで完全試合達成、スライダー◎
育成ドラフト
 杉本昌都(水戸短大附高) 捕手 184cm85kg 右投右打 打も守備もパワフル 
 関口雄大(滋賀大) 外野手 178cm88kg 右投右打 身体能力抜群、素材の最高峰

トレード入団
 小山田保裕(31) 投手 右投右打 シュートを武器に30セーブの経験、先発もOK
 大西宏明(27) 外野手 右投右打 守備走塁が良く、打も左殺しが光る
自由契約選手
 小関竜也(31) 外野手 左投左打 三拍子揃い、守備は無失策記録を持つ
 斉藤秀光(32) 内野手 右投右打 5度の移籍を経験、内野ならどこでも抜群の守備力
 入来祐作(35) 投手 右投右打 闘志溢れるピッチング、球威の衰えはまだまだ来ない
新外国人
 J.J.ファーマニアック(28) 内野手 右投右打 マイナー通算で打率.270、84本塁打、408打点を記録
 マイク・ウッド(27) 投手 右投右打 メジャー通算16勝22敗2S、191cmの身長が魅力
 デーブ・ウィリアムス(28) 投手 左投左打 メジャー通算22勝、マイナー通算46勝を記録
 ラリー・ビグビー(30) 内野手 右投左打 メジャー打率.267、31HR、137打点、四球が多く三振少ない
 トラビス・ヒューズ(29) 投手 右投右打 マイナー通算56勝72敗69S、主にリリーフ起用

合計
 投手9 捕手1(育成選手) 内野手3 外野手3+1(育成選手)



OUT→
投手 9人
 岸本秀樹(広島へトレード)、堤内健、稲嶺茂夫、佐々本昌広、後藤伸也、飯田龍一郎(引退)
 マーク・クルーン、スコット・チアソン、ホセロ・ディアス(解雇)
捕手 0人
 −−
内野手 2人
 種田仁(解雇)、木村昇吾(広島へトレード)
外野手 2人
 ミツル(解雇)、古木克明(オリックスへトレード)



過去5年間のドラフト
指名巡|06大社|06高校| |05大社|05高校| |2004年| |2003年| |2002年|
自由枠|高崎|−−−| |高宮|−−−| |染田| |吉川| |村田修|
自由枠|−−−|−−−| |−−−|−−−| |那須野| |森大輔| |土居|
巡|−−−|| |−−−|山口俊| |−−−| |−−−| |−−−|
巡|−−−|−−−| |−−−|−−−| |−−−| |−−−| |−−−|
巡|木村雄|梶谷| |内藤|黒羽根| |−−−| |−−−| |−−−|
巡|下園|高森| |三橋|−−−| |藤田| |牛田| |加藤武|
巡|下窪|−−−| |−−−|−−−| |岸本秀| |呉本| |吉村|
巡|吉原|−−−| |木谷|−−−| |石川| |−−−| |北川|
巡|−−−|−−−| |−−−|−−−| |橋本| |−−−| |飯田|
巡|−−−|−−−| |−−−|−−−| |桑原| |−−−| |河野|
巡|−−−|−−−| |−−−|−−−| |松家| |−−−| |堤内|
巡|−−−|−−−| |−−−|−−−| |斉藤俊| |−−−| |武山|
十一巡|−−−|−−−| |−−−|−−−| |−−−| |−−−| |木村昇|




戦力分析

<投手>
昨年移籍の寺原、ハマの大エース三浦、おじさん工藤で先発の柱は立つ。
入来が力を発揮できるならこの中に入る見込みがあり、若手・ベテラン・新戦力も。
ドラフトで加入した小林・桑原は安定感が出てくればすぐに一軍での起用もあるだろう。
中堅どころも加え、牛田・三橋・高崎・山口の活躍は特に期待してみたい。
大量に入れ替わった外国人選手の成績も今期の成績に大きく影響してくるだろう。

クルーンという絶対の抑えを失ったリリーフ陣は再編の必要性アリ。
一部中継ぎの極端な過投も負担を減らす施策が必要。
9人の新加入投手がうまく機能させられれば理想的な展開。

先発:三浦大輔・寺原隼人・工藤公康・土肥義弘・入来祐作・ウィリアムス
中継:木塚敦志・川村丈夫・那須野巧・横山道哉・小山田保裕
抑え:ヒューズ

左右のバランスは以前より増したものの、安定感は減退している。
中継ぎには加藤・ウッド・マットホワイトもいて、先発を助けてくれることが期待される。
しかし極端に中継ぎ頼りにならないよう、新戦力含めた先発陣の活躍が必須となる。
........................................................................................................................................................

<野手>
四番の村田は日本を代表する強打者として成長し、最も安心できる部分。
粗さはあるものの長打力のある選手が多く、まとまった点の取り方が可能。
しかし機動力・守備力はリーグ内でも下位で、チーム上昇の妨げになっている。
特に機動力の低さは致命的で、チーム総盗塁数が42であるのに、失敗数は32もある。
チーム唯一二桁盗塁の野中や、新戦力が機動力をプラスしてくれることに期待したい。
日本人で賄う方針だった野手にも外国人勢力を投入し、活性化を図る。

内川・下窪・小池など半分控え半分レギュラーという状態の選手が目立つ。
ファームで唯一の二桁盗塁をした木村も放出し、似たタイプの選手が集中している。
若手には走塁に対する高い意識を持ってもらうことで、レギュラーを狙ってもらいたい。

予想オーダー
1 中 金城竜彦
2 遊 石井琢朗
3 一 佐伯貴弘
4 三 村田修一
5 右 吉村裕基
6 左 ジェイジェイ
7 二 仁志敏久
8 捕 相川亮二

昨年5人が二桁本塁打を放ち、新戦力も加えて破壊力は前年以上の力を期待出来る。
反面、依然機動力の改善は余り進んでいないのが現状。
失策の多い守備も不安で、大西・小関・斉藤らの起用法が明暗を分けるだろう。
........................................................................................................................................................

昨年は移籍組が良く働き、チームに大きな希望が見えたシーズンだった。
逆に言えば生え抜きにもっと伸びて欲しいという状態でもある。
それを受けてか野手陣も大きなメス入れが行われ、不安と期待が入り混じる。
近年3強状態が続くセ・リーグにいかにして風穴を開けていくか。
自由契約選手の採用や外国人の獲得を見る限り、改革に対してのチーム意識は高い。
その活性化をプラスにするかマイナスにするか、二年目大矢監督の手腕が問われる。
4番、エース、捕手といったチームの柱がしっかり決まっているチームなだけに、期待度は高い。

2008年、イチオシ選手
寺原隼人
「鷹の未完の大器」が「ハマのエース」にまで成長した。
ローテを守って二年目ということになるが、今年もエース級の期待をかけても問題ないはず。
上位チームの対戦成績を改善し、三浦を超える大エースへの成長を見せて欲しい!


2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ