FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
更新遅れて申し訳ありません。
まずは一言ご挨拶。
この一年間、本当にありがとうございました。
書きたい記事があるのに思うように更新が出来ず、悔やんだ一年でもありました。
それでも何とか今日まで続けてこられたのは、まずは閲覧してくださる人がいるということ。
そして、ドラフトを追うことが何よりも楽しいことです。

2008年ドラフトも気づけばあっという間に終了しました。
これから契約しない選手も出るかもしれませんが、まずは総決算!!!
この一年の集大成を総括してみていきましょう!!!

横浜ベイスターズ
入札 松本啓次朗(早稲田大学) 外野手
 大学外野手総合力№1。特に守備走塁は即戦力クラスの評価。肩で度肝を抜ける存在。
二巡 藤江均(東邦ガス) 投手
 都市対抗で大活躍、心身ともにタフな右腕。即ローテ入りに期待したい。
三巡 山崎憲晴(横浜商大学) 内野手
 内野ならどこでも堅守を発揮できるユーティリティ。アベレージを残せる打撃も持つ。
四巡 細山田武史(早稲田大学) 捕手
 プロクラスと呼ばれる早稲田投手陣を牽引。肩も強く、明るいムードメーカー。
五巡 小杉陽太(JR東日本) 投手
 遠回りしたものの資質は屈指。リーグを代表する先発投手として大いなる可能性。

松本抽選勝利、その後もほぼ予定通りの指名が出来たように思えます。
相川のFAを睨んだ細山田や、機動力+世代交代の内野手を地元から獲得成功。
更に投手としてローテ・即戦力期待の藤江・将来的なエース候補の小杉。
最下位というチーム事情からしても、将来と来年を見据えた良い指名になったと思います。
しかし細山田・小杉がこの順位まで残っていたのは驚きました。


福岡ソフトバンクホークス
入札 大田泰示(東海大相模高校) 内野手
単独 巽真悟(近畿大学) 投手
 大学№1右腕。MAX149km、スライダーやカットボール駆使してノーノーや23Kなど記録。
二巡 立岡宗一郎(鎮西高校) 内野手
 高校野手では大田に次ぐ評価。全国的知名度はないが、秋山二世期待の5ツール。
三巡 近田怜王(報徳学園高校) 投手
 1年次から目玉評価の本格派左腕。変化球もさることながら、速球のキレが抜群。
四巡 有馬翔(日南学園高校) 投手
 宮崎BIG3の一人。同学年・中崎がいながらエースナンバーを守り抜いた。気迫の投球。
五巡 摂津正(JR東日本東北) 投手
 「即戦力」という意味ではトップクラス評価。戦略幅広く、一年目からの活躍に期待が掛かる。
六巡 金無英(福岡レッドブラワーズ) 投手
 プロとの試合でも好投を見せた韓国出身大型右腕。150kmに近い速球で抑え資質有。
七巡 鈴木駿也(山形中央高校) 投手
 投手転向一年程度で147kmを記録、変化球にもキレの評価。野手センスにも優れる。

育成 内田好治(大阪産業大学) 投手
 MAX150kmと豊富な変化球、制球難も克服の勢い。アメリカ人とのハーフ特有の体格○。
育成 二保旭(九州国際大付属高校) 投手
 12球団が調査に動いたダル二世。変化球豊富、145kmの速球もまだ伸び代秘める。
育成 柳川洋平(北信越BC・福井) 投手
 150km記録も故障で独立リーグへ。見事復活を遂げ、真の雑草魂見せるか。
育成 猪本健太郎(鎮西高校) 捕手
 2年次は高校№1捕手の可能性も秘めていた強肩強打。一時期は「城島二世」評価。
育成 堂上隼人(香川オリーブガイナーズ) 捕手
 毎年指名されないのが不思議だった四国屈指の強肩強打。レッドソックスが獲得に動いていた。


個人的にはかなり理想的かつ、夢のある指名になり大・大・大満足です!
甲斐一本釣りで危険信号も、まさか外れで単独巽指名とは。
最下位のチームが高校生中心で良いのか、野手が少なすぎはしないかという懸念はあります。
しかし野手はドラフトの即戦力で賄うのは難しいので、正しい選択肢だったかも。
二保が育成というのは恐らく話がついていたのでしょうが、かなりおいしい指名。
立岡・近田と将来チームを引っ張って欲しい好素材の指名にはワクワクします。
大隣・大場と来て巽獲得ですから、投手陣は言い訳のつかない状況になってきました。
一芸型の多い育成枠はかなり夢があって好印象。
辛島がどうしても欲しい選手でしたが、有馬指名の時点でなくなってしまったと思います。


東京ヤクルトスワローズ
単独 赤川克紀(宮崎商高校) 投手
 宮崎BIG3から全国屈指の大型左腕へ。柔らかい腕の振りで山本昌のように200勝の期待。
二巡 八木亮祐(享栄高校) 投手
 赤川に並んで左腕のトップ選手として注目。肘の柔らかさにおいては№1。速球に抜群のキレ。
三巡 中村悠平(福井商高校) 捕手
 高校生№1捕手。特に肩は抜群で、強肩を披露した甲子園は「本調子ではなかった」ほど。
四巡 日高亮(日本文理大付高校) 投手
 左腕大豊作の九州からMAX145kmの本格派。決め球スライダーで奪三振能力○。
五巡 新田玄気(パナソニック) 捕手
 体は大きくないが、右にも伸びる長打が打てるのが強み。1年目から勝負をかける覚悟。

育成 ミランダ・フェルナンデス(白鴎大学) 投手
 ブラジルからの留学生。MAX151kmを記録し、スライダーを決め球にする。
育成 塚本浩二(香川オリーブガイナーズ) 投手
 昨年から指名の噂があったアンダースロー。低さ抜群のフォームから様々なコースに攻める。


左腕と捕手の徹底指名は見事としか言いようがありません。
高校左腕でトップクラスの赤川と八木を両獲り、さらに高校生№1捕手までも。
さらに左腕豊作の九州から球の速い日高、すぐに捕手レギュラー争い期待の新田。
高校生中心なのは気掛かりですが、どれも将来チームを背負えそうな高素材ばかり。
特に赤川・八木は1、2年で初勝利、ローテなどすら夢見れる存在です。
パリーグに高素材投手が集中する中、セ屈指の若い投手が魅力的なチームになってきました。


仙台楽天ゴールデンイーグルス
入札 野本圭(日本通運) 外野手
入札 藤原紘通(NTT西日本) 投手
 関西の速球派左腕。MAXではなく常時の140kmとスライダー、チェンジアップで勝負できる。
二巡 中川大志(桜丘高校) 投手
 右への強い長打が打てる大型スラッガー。投手として140kmの肩も生かして三塁へ。
三巡 井坂亮平(住友金属鹿島) 投手
 140km後半の速球を投げ下ろす大型右腕。スライダーを決め球に打者に立ち向かう。
四巡 井上雄介(青山学院大学) 投手
 タフネスが魅力。縦に近いスライダーやカットボールはプロで長生きできそう。
五巡 楠城祐介(パナソニック) 外野手
 楽天スカウトに父親を持つ。強肩強打の右打ち外野手で広角の打撃がウリ。
六巡 辛島航(飯塚高校) 投手
 甲子園で爪が割れながら熱投。速球・変化球共に質良し、左のエースになれる。

育成 森田丈武(香川オリーブガイナーズ) 内野手
 長打力抜群のスラッガー。走力も抜群で、守備力向上のため遊撃に挑戦中。


独自指名の色が強い部分は有りますが、補強ポイントとしては○でした。
黄金の右腕で野本獲得とはいきませんでしたが、連敗することが無いのは凄いですね。
藤原は即戦力、うまくいけば井上・井坂もすぐ使えるでしょう。
辛島は将来的にエースになれる存在だと思いますし、現状・将来を考えた投手指名。
中川は今のうちに山崎の技術を盗んで40本塁打を目指して欲しいですね。
楠城は情報が少ないのであまり分かりませんが、補強ポイントの外野手です。
育成で丈武の獲得は素晴らしいと思います。


広島東洋カープ
単独 岩本貴裕(亜細亜大学) 外野手
 かねてからの待望、文字通り広島の恋人となりました。日本を代表する強打者の期待。
二巡 中田廉(広陵高校) 投手
 甲子園で今夏最速の148kmを記録。体も大きく、150km後半を目指せる大器。
三巡 小松剛(法政大学) 投手
 資質は一巡クラスの高素材。149kmの速球とキレ抜群の豊富な変化球。制球次第でエースに。
四巡 申成鉉(京都国際高校) 内野手
 入団テスト合格の韓国留学生。リスト強く、右への強打と守備でのハンドリング両立。

育成 松田翔太(金沢学院東高校) 投手
 多彩な変化球で翻弄する左腕。最速143kmは北信越最速クラス、伸び代秘める。


岩本・上本両獲り路線変更以降、方針通りの指名となったようです。
アマ屈指の強打者は新本拠地の目玉になれる存在。
中田・小松は次代のローテを組んでいくであろう存在として期待が掛かります。
申は入団テストでプロにいけると見込んでの指名だけあって、期待できそう。
松田の育成まで予定通りで、少数指名となりましたが精鋭の印象です。


千葉ロッテマリーンズ
単独 木村雄太(東京ガス) 投手
 念願の獲得となった大型左腕。角度抜群の速球で変化球のプレッシャーも増す。
二巡 長野久義(ホンダ) 外野手
 巨人と相思相愛だった5ツール外野手。大舞台での活躍は特筆、韓国プロを黙らせた。
三巡 上野大樹(東洋大学) 投手
 大場の後継となる大型速球派右腕。3年まで1勝からエースへの成長はまだ止まらない。
四巡 坪井俊樹(筑波大学) 投手
 豪快さと技巧を兼ね備える大型左腕。リーグで30を超える勝ち星、一位クラスの実力。
五巡 山本徹矢(神戸国際大附高校) 投手
 終速の落ちない145kmの速球が魅力。怪我を成長のチャンスに変えて制球アップ。
六巡 香月良仁(熊本ゴールデンラークス) 投手
 体感速度の速い速球が武器。左右を揺さぶれる制球にも評価。兄はオリックス所属。

育成 木本幸広(日高中津高校) 投手
 柔軟性と低めの制球武器に大注目。投手経験が浅く、勤続疲労も少ないはず。
育成 鈴江彬(北信越BC・信濃) 投手
 150km近い速球と縦の変化球にも勢いがある。台湾野球など渡り歩いた経験も。
育成 角晃多(東海大相模高校) 内野手
 元巨人・角の息子。父親と違い小柄だが、意外な強打で三塁を落とせる才能。
育成 生山裕人(香川オリーブガイナーズ) 内野手
 183cmの大型内野手。この体格でトップクラスのスピードと広角への強打を持ち合わせる。
育成 西野勇士(新湊高校) 投手
 スライダーを武器に140kmを超える速球を投げ込む。腰痛も克服し、延長投げきった。
育成 岡田幸文(全足利クラブ) 外野手
 左打ちの外野手。ライナー型の打撃と俊足・守備・送球などに精度の評価が○。
育成 吉田真史(太田工高校) 外野手
 群馬屈指の強打者。両打席から長打を放つ。投手や三塁など幅広く守れる器用さも。
育成 田中崇博(八日市南高校) 投手
 大型でも柔らかい腕の振り、体感速度を増す速球に将来性が見えてくる。


昨年に続き投手偏重指名+育成大量指名。
木村・上野・坪井と羨ましいくらいの即戦力クラスの投手を獲得となりました。
支配下で唯一の野手は巨人熱望の長野ですが、今回も強行となりました。
似た経緯で入団を決めた大嶺などが助言しているようですが、どうなるか。
これで長野を口説き落とせれば、かなり良い指名になってくると思います。
長打不足や外野陣の後継など補強点を一人で担える存在になりそう。
育成はノーマークの多い独自の指名で、誰が伸びてくるか楽しみです。


中日ドラゴンズ
入札 野本圭(日本通運) 外野手
 総合力№1外野手。5ツール出揃い、完成度の高さは即戦力でレギュラーの可能性も。
二巡 伊藤準規(岐阜城北高校) 投手
 怪我に泣かされた部分もあるが、プロで二桁勝てる逸材。抜群のキレを持つ速球と変化球◎。
三巡 岩崎恭平(東海大学) 内野手
 運動能力が高く、守備範囲が広い。打力もどんどん上昇し、俊足で突き進める存在。
四巡 高島祥平(帝京高校) 投手
 150kmを記録した数少ない高校生。制球面や速球の質も改善され、強気の投球へ。
五巡 岩田慎司(明治大学) 投手
 横へうねるスライダーを武器に、最終学年で一気に開花した右腕。
六巡 小熊凌祐(近江高校) 投手
 速球で魅せられる数少ない本格派。怪我を乗り越えて、次は150km達成か。
七巡 井藤真吾(中京大中京高校) 外野手
 投手から野手に転向してすぐに長打連発。天才との評価もあり、将来が楽しみ。

育成 加藤聡(大阪産業大学) 外野手
 打者に転向間も無く首位打者、一発のある打撃、俊足と才能を発揮した大型外野手。
育成 小林高也(東京弥生クラブ) 外野手
 日本ハムが指名予定も不手際で指名に至らなかった右の大砲。


ほぼ予定通りに地元中心の逸材を獲得した印象。
野本を引き当て伊藤の確保に成功、さらに岩崎まで取るという素晴らしい指名。
伊藤・高島・岩田・小熊はどれもチームを引っ張る才能のある実力抜群の右腕たち。
野本・岩崎・井藤が今後チームの左として中核を担っていくであろう有望な野手。
資質の高い野手を二人育成指名し、満点に近いのではないでしょうか。
投手は右、野手は左と徹底しているのには補強に対する強い意識を感じます。


北海道日本ハムファイターズ
単独 大野奨太(東洋大学) 捕手
 アマチュア№1捕手。守備面での評価に加え、打撃力も長打中心に伸びた。東洋V4立役者。
二巡 榊原諒(関西国際大学) 投手
 即戦力№1と名高い完成度。150km超の速球、キレ抜群の変化球に制球◎。新球開発も。
三巡 矢貫俊之(三菱ふそう川崎) 投手
 大型右腕として複数球団がマーク。奪三振能力良く、角度の突いた速球とフォークが源。
四巡 土屋健二(横浜高校) 投手
 打撃は高濱級、投球は成瀬級と高い資質の声。どちらに転んでも高素材は確実か。
五巡 中島卓也(福岡工高校) 内野手
 野球センスの塊という評価。次の塁を狙う姿勢、守備ワーク、一発のある打撃。
六巡 杉谷拳士(帝京高校) 内野手
 華麗な守備だけでなく、パンチ力のある打撃にも魅力。両打ち挑戦も見事にものにした。
七巡 谷元圭介(バイタルネット) 投手
 低めに常時140kmとキレを持った速球。高速スライダーも良く、小柄を気にさせない。


大野・榊原の両獲りは見事。
大野は次世代の捕手として、榊原は即戦力で先発・リリーフに加われそう。
矢貫・谷元は対照的な体格ながら二人とも投手として高い資質を所持。
土屋は投手としてか野手としてか、どちらにしても期待できそうです。
隠し玉・中島に加え杉谷獲得で遊撃争いが熱くなりそうな予感。
育成指名はありませんでしたが、かなり成功したドラフトと言えそうです。


阪神タイガース
入札 松本啓次朗(早稲田大学) 外野手
入札 藤原紘通(NTT西日本) 投手
一巡 蕭一傑(奈良産業大学) 投手
 球速が落ちても体感速度の高さがそれを気にさせない。先発としての体力も十分についた。
二巡 柴田講平(国際武道大学) 外野手
 恐らくアマチュアで最も俊足。それを生かした守備範囲も抜群、首位打者当たり前の打撃。
三巡 上本博紀(早稲田大学) 内野手
 六大学で100安打達成、高校時から天才との評価。大舞台で躍動できる強心臓。
四巡 西村憲(九州産業大学) 投手
 140kmを超える速球と豊富な変化球。それでいて制球力抜群で先発OK。

育成 野原裕也(北信越BC・富山) 外野手
 北信越では打撃タイトル独占の打撃。守備走塁も十分に備える独立リーグ屈指の野手。
育成 吉岡興志(常盤大学) 投手
 150km記録する大型右腕。現在は100kgを超える巨漢だが、減量に強い意欲。
育成 藤井宏政(加古川北高校) 内野手
 安定した下半身、鋭いスイングで中島二世を目指す。内角を苦にしない打撃○。


抽選を二度外すなど辛酸を舐めさせられたが、蕭を獲得できたのは○。
年齢層の気になる外野陣にそのまま赤星の後継になれそうな柴田。
元々は一巡評価の天才・上本も続けて指名に成功。
そして制球力抜群の九州トップクラスの右腕までも指名することが出来ました。
抽選では痛い思いをしたものの、良い選手を取り揃えることが出来たと思います。
育成でも期待できる選手ばかりを指名し、最終的には良いドラフトで終えることが出来ました。


オリックスバファローズ
単独 甲斐拓哉(東海大三高校) 投手
 150km超記録のスーパー右腕。変化球も資質高く、即ローテも有り得る。
二巡 伊原正樹(関西国際大学) 投手
 大型で肘の柔らかい左腕。球持ちの良さを生かした140kmは捉えるのが困難。
三巡 西勇輝(菰野高校) 投手
 腕のしなりを生かした140km台の速球に魅力。キレ抜群で、制球力もあり。
四巡 高島毅(青山学院大学) 内野手
 キャプテンとして青山を引っ張った。勝負強く、四球を選べる我慢強さも。
五巡 西川雅人(愛媛マンダリンパイレーツ) 投手
 184cmの身長からMAX152km。九州屈指のクローザーとして期待。


甲斐の一本釣り、お見事!!
当初の予定通り二巡で伊原も確保し、即戦力投手が二人揃いました。
かねてから噂のあった高島は内野のキャプテンとして今後成長して欲しいところ。
西・西川と良い素材の右投手も獲得し、投手中心のドラフトとなりました。
育成指名はありませんでしたが、予定通りにいったんじゃないでしょうか。


西武ライオンズ
単独 中崎雄太(日南学園高校) 投手
 宮崎BIG3として有名。エースこそ有馬に譲ったものの、赤川と同等の実力評価。
二巡 野上亮磨(日産自動車) 投手
 細身だが、制球力が光る。140kmの速球と同じ高さからスライダー、フォークが決まる。
三巡 浅村栄斗(大阪桐蔭高校) 内野手
 甲子園で乱れ打った今年の高校生№1遊撃手。守備力も高く、西岡を目標のプレイスタイル。
四巡 坂田遼(函館大学) 外野手
 北の大地で長打を連発。5割超の打撃も記録、外野手として刺せる強肩も所持。
五巡 岳野竜也(福岡大学) 捕手
 守備力に高い評価が集まり、九州№1捕手との声。投手の調子に基づくリード。
六巡 宮田和希(甲賀健康医療専門学校) 投手
 鋭さを増していくスライダーに、速球も140kmに到達。奪三振能力○。


一巡中崎には驚きましたが、おかげで安全に指名を終えることが出来ました。
印象としてはかなり独特な指名で、色とりどりの選手たちです。
優勝したチームらしく、野上以外は即戦力というよりは素材型。
中崎は将来的には左のエースとして活躍が期待されます。
松井・中島の次は浅村と言わんばかりの素晴らしい遊撃手を確保、坂田も将来主砲の期待。
捕手は競争で、という意識からか今年も九州トップの捕手を指名。
隠し玉・宮田も指名し、数年後にはこのドラフトがキーポイントと呼ばれているかもしれません。


読売ジャイアンツ
入札 大田泰示(東海大相模高校) 内野手
 言わずと知れた高校生№1スラッガー。日本を代表する強打者への強い期待。
二巡 宮本武文(倉敷高校) 投手
 資質は一巡級と言われながら不安定さで評価を上げきれずにいた大型左腕。
三巡 齋藤圭祐(千葉経大付高校) 投手
 関東屈指の本格派。大型で速球に力もあるうえに、低めに決める技巧を兼ね備える。
四巡 橋本到(仙台育英高校) 外野手
 体は大きくないが、5ツール揃う大物。目の覚めるような強肩と巧打、俊足、守備、特筆モノ。
五巡 笠原将生(福岡工大城東高校) 投手
 父親にプロ野球選手を持つ確かな系譜。190cmを超える体格、速球で勝負できる将来性。
六巡 仲澤広基(国際武道大学) 内野手
 打撃スランプ、怪我など評価は落としたが、本来野手の目玉。広角の強打と三塁守備が光る。

育成 杉山晃紀(綾部高校) 投手
 無名からグングン成長して147km。成長曲線がどこまで伸びるのか、大器を感じさせる。
育成 尾藤竜一(岐阜城北高校卒業) 投手
 早稲田を退学し、虎視眈々とプロを狙っていた左腕。高校時代は全国クラスの逸材。
育成 山本和作(大阪経済大学) 内野手
 首位打者獲得後、打撃を更に成長して確実性上昇。本来持ち味の豪快な打撃も。
育成 福元淳史(NOMOベースボールクラブ) 内野手
 大会で5安打など固め打ち出来るバランスの良い打撃。スタートの良い足にも評価。


これもメイクレジェンドの一つなのか、くじ全敗の原監督が見事に大田を引き当てました!
その後も上位指名クラスの高素材を次々と指名に成功し、大成功の印象です。
宮本、齋藤、笠原ら大型で将来性豊かな投手を見事に確保。
将来の4番大田、将来の1番橋本、将来のクリーンアップ仲澤と野手指名も○。
育成も右腕、左腕、三塁手、二塁手と多彩な選手を指名に成功しました。
特に杉山は伸び代が大きそうで、期待したい選手ですね。




さぁ、皆様贔屓の球団は満足できる指名でしたか?
ホークスファンの私としては結構満足できる内容でした。
意外な指名漏れなどもありましたが、今後の飛躍に期待出来そうです。
大田や巽、大野などなどへの入札が予想されましたが、今回は意外と割れました。
榊原・坪井の指名順位は特にびっくりしています。
辛島・笠原・小熊から一人は来て欲しかったけれど、三巡の近田で心潤いました^^

blogは昨年よりも更新が少なくなってしまいましたが、とても楽しかったです。
昨年はもう一年やるか迷っていましたが、今回は2009年までやろうと思えています。
今後はまず指名漏れ&プロ志望未提出選手リストの整理。
そしてストーブリーグ、2008年候補の溜まった寸評などの更新を進めていきます。
早いうちから2009年候補についてもまとめられれば理想的。

皆様、今年一年お疲れ様でした。そして、

一年間ありがとうございました!

今後も宜しくお願いします<(_ _)>


2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ
2008年プロ志望届・提出者一覧(高校生編)
2008年プロ志望届・提出者一覧(大学生編)

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



ドラフト直前にもなって更新の少なさを悔やんでもいます。
ドラフトが終わっても今年のドラフト候補の整理は続けていくつもりです。
ご迷惑をかけて申し訳ありません。

さて、気を取り直して指名予想!
…は、今回はあまりにも難しいです。
絶対的な目玉の不在、統一開催、枠なし…
というわけで指名巡グループを作ってみます。


ドラ1グループ
榊原諒(関西国際大学) 投手
巽真悟(近畿大学) 投手
蕭一傑(奈良産業大学) 投手
大野奨大(東洋大学) 捕手
岩本貴裕(亜細亜大学) 外野手
松本啓次朗(早稲田大学)
長野久義(ホンダ) 外野手
野本圭(日本通運) 外野手
赤川克己(宮崎商高校) 投手
伊藤準規(岐阜城北高校) 投手
甲斐拓哉(東海大三高校) 投手
大田泰示(東海大相模高校) 内野手


やはり半数は投手が占めそうなドラ1。
しかし逆に言えば半数のドラ1が野手になる可能性があります。
投手不作と見るか、野手豊作とみるのか。
最注目はやはり大田の行方。
巨人以外進学という噂が飛びかい、通用するか以前に拒否の危険も。
同じく拒否の恐れを持たせるのが日ハムを拒否した長野。
そして彼等に対して巨人はどのような選択をするのか、興味深いです!
巽はちょっとトーンダウンですが、ドラ1最筆頭には変わりなさそう。
榊原はオリックス、野本は楽天、松本は阪神、伊藤は中日がそれぞれ高評価。
広島が岩本に行くのは固そうで、ヤクルトは赤川?
直前まで入札の読み合いは続きそうな気配です。

ドラ2グループ
木村雄太(東京ガス) 投手
小杉陽太(JR東京) 投手
藤原紘通(NTT西日本) 投手
藤江均(東邦ガス) 投手
坪井俊樹(筑波大学) 投手
伊原正樹(関西国際大学) 投手
細山田武史(早稲田大学) 捕手
岩崎恭平(東海大学) 内野手
近田怜王(報徳学園高校) 投手
八木亮祐(享栄高校) 投手
斎藤圭祐(千葉経大府高校) 投手
浅村栄斗(大阪桐蔭高校) 内野手


実際にプレーを見たことのない選手が中心ですが、高素材が並びます。
中には「場合によっては一巡も!?」という可能性あり。
特に坪井・斎藤・岩崎は一巡で確保しても損はしない選手でしょう。
個人的に買っているのは小杉・斎藤・近田です。
上位に野手が多くなりそうな分、2巡で良い投手が取れるかが明暗になりそう。
ただ、例年このあたりから意外な高評価が出たりするのが面白いですね。

ドラ3グループ
小松剛(法政大学) 投手
西村憲(九州産業大学) 投手
林冬樹(星城大学) 投手
上野大樹(東洋大学) 投手
上本博紀(早稲田大学) 内野手
中崎雄太(日南学園高校) 投手
伊波翔吾(浦添商高校) 投手
高島祥平(帝京高校) 投手
中田廉(広陵高校) 投手
土屋健二(横浜高校) 投手
立岡宗一郎(鎮西高校) 外野手
橋本到(仙台育英高校) 外野手


さて、ここまでが上位指名と呼ばれる人たちでしょう。
悩みながらグループ分けしましたが、ここもかなり流動的。
期待値からすれば小松・上本・立岡は1、2巡クラス。
伊波・高島など上背はないけれど凄い球を投げるような原石がズラリ。
橋本は即戦力とはならなくても、どこでもレギュラーを取れそうな大物候補です。


ドラ4,5グループ
中澤雅人(トヨタ) 投手
矢貫俊之(三菱ふそう川崎) 投手
濱野雅慎(JR九州) 投手
岩田慎司(明治大学) 投手
金丸将也(中部大学) 投手
滝谷陣(近畿大学) 投手
井上雄介(青山学院大学) 投手
田辺真悟(関西大学) 捕手
乗替寿朗(立命館大学) 捕手
今村健二(亜細亜大学) 内野手
仲澤広基(国際武道大学) 内野手
山崎憲晴(横浜商大学) 内野手
十九浦拓哉(東洋大学) 外野手
柴田講平(国際武道大学) 外野手
二保旭(九州国際大府高校) 投手
田中皓士(西京高校) 投手
小熊凌祐(近江高校) 投手
辛島航(飯塚高校) 投手
有馬翔(日南学園高校) 投手
日高亮(日本文理大府高校) 投手
宮本武文(倉敷高校) 投手
平生拓也(宇治山田商高校) 投手
中村悠平(福井商高校) 捕手
中川大志(桜丘高校) 内野手


中位と呼ぶべきなのか、このあたりは一番難しいです。
上位でどんな選手が獲得できたかで大きく変わりそうです。
確実に狙いを確保するために、上位で早めに指名されることも考えられます。
濱野・滝谷・柴田・辛島・二保などを確保できると大きいでしょう。
本来上位級も怪我などで、という柳瀬のようなお得指名にも注目したいです。

ドラ6以降+育成グループ
柳川洋平(福井) 投手
新田玄気(パナソニック) 捕手
堂上隼人(香川オリーブガイナーズ) 捕手
丈武(香川オリーブガイナーズ) 内野手
野原裕也(富山サンダーバーズ) 内野手
谷掛雄介(佛教大学) 投手
谷口友基(近畿大学) 投手
高橋広志(国学院大学) 投手
岳野竜也(福岡大学) 捕手
井上結貴(東北福祉大学) 捕手
山本和作(大阪経済大学) 内野手
西本康承(奈良産業大学) 内野手
中倉裕人(東洋大学) 外野手
加藤聡(大阪産業大学) 外野手
坂田遼(函館大学) 外野手
松永隆太(東洋大学) 外野手
藤中謙太郎(九州産業大学) 外野手
大塚椋司(聖望学園高校) 投手
北野駿人(日本航空高校) 投手
梅津寛樹(山形中央高校) 投手
山林芳則(日生学園三) 投手
西勇輝(菰野高校) 投手
杉山晃紀(綾部高校) 投手
山本徹矢(神戸国際大付高校) 投手
木本幸弘(日高中津分校) 投手
平山洸太朗(鎮西高校) 投手
笠原将生(福工大城東高校) 投手
猪本健太郎(鎮西高校) 捕手
山城一樹(浦添商高校) 捕手
藤井宏政(加古川北高校) 内野手
中井隆盛(専大北上高校) 内野手
杉谷拳士(帝京高校) 内野手
申成鉉(京都国際高校) 内野手
浜田朋彦(佐賀学園高校) 内野手 
井藤慎吾(中京大中京高校) 外野手


上位からパラパラと書いていくと、想像以上にここまで好素材が残っています。
特に杉山・笠原・杉谷の存在は大きいと思います。
こうしてリストを見てみると上位に絶対の存在は少ないものの、豊作に見えてきました。

時間が無くて携帯から作成してきた記事のため、縦に長くて申し訳ありません;;

さてここまでリストアップしてみました。
しかし、個人的に買っている選手というのはいるものです。
というわけで投手・野手を高校・大社でそれぞれ5人リストにしてみます。
ちなみに昨年は記事にはしませんでしたが…
投手
唐川・佐藤由・佐藤祥・垣ヶ原・野村 大場・白仁田・根本・石川・新垣
野手
中井・大前・中村・石岡・藤井 伊志嶺・小瀬・荒波・松山・丈武
という感じでした!
今年はこのような感じです↓

投手
東浜・甲斐・伊藤準・近田・辛島(次点・小熊) 蕭・小杉・滝谷・濱野・西村
野手
大田・立岡・橋本・中村・伊藤慎 十九浦・岩本・柴田・細山田・仲澤

小熊はどうしても入れたかったので5人と言っておきながら入れてしまいました。
実は立岡・滝谷は全然プレーを見たこと無いです^^;

最後に、今年の理想ドラフトを書いて明日に備えましょう。
あくまで理想なので、現実的かどうかは後回しで!

大田当たりパターン
1巡 大田泰示(東海大相模高校)
2巡 近田怜王(報徳学園高校)
3巡 細山田武史(早稲田大学)
4巡 二保旭(九州国際大附高校)
5巡 滝谷陣(近畿大学)
6巡 十九浦拓哉(東洋大学)
育成 金無英(福岡レッドブラワーズ)
育成 浜田朋彦(佐賀学園高校)
育成 猪本健太郎(鎮西高校)

大田外れパターン
1巡 甲斐拓哉(東海大三高校)
2巡 近田怜王(報徳学園高校)
3巡 立岡宗一郎(鎮西高校)
4巡 金丸将也(中部大学)
5巡 辛島航(飯塚高校)
6巡 十九浦拓哉(東洋大学)
育成 堂上隼人(香川オリーブガイナーズ)
育成 野原裕也(富山サンダーバーズ)
育成 笠原将生(福工大城東高校)

昨年は奇跡的に大場と外れで岩嵜を当てましたが、やはり籤は勝つ気がしません・・・。
というわけで二つに分けてみましたが、恐らくこれは当たることはないでしょう。
でも理想を追いかけているときは楽しいですね^^
さぁ、最高の想像と最悪の覚悟をしながら、一年間楽しみにしてきたドラフトを楽しみましょう!!!


2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ
2008年プロ志望届・提出者一覧(高校生編)
2008年プロ志望届・提出者一覧(大学生編)

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
新年となりまして、ひとまず2008年候補のリストが形となりました。
整理の意味も込めて、一度指名予想をやっておこうと思います。
今回も前回と同じく、昨年と同じ指名順で行います。
抽選は適当な形で行い、外れも抽選ありです。
二巡以降はウェーバー、逆ウェーバーを交互に行っていきます。
育成ドラフトまではやりません。
さぁスタート!!


球団|一_巡|外_れ|二_巡|三_巡|四_巡|五_巡|
大阪||伊原|榊原|三村|山崎憲|坂口|
東京|近田|---|高島祥|大田|白倉|伊藤慎|
西武|木村雄|---|白崎|有馬|小熊|黒羽|
広島|上本|---|岩本|川尻|佐川|戸狩|
楽天||小松|伊波|萩野|松本幸|服部|
横浜|田澤|---|野本|土屋|杉谷|橋本到|
福岡||大野|岩見|野上|立岡|酒井嵩|
阪神|坪井|---|田辺|坂戸|水谷|竹上|
千葉||松本啓|細山田|佐藤翔|岩崎|赤川|
中日||---|中倉||伊藤準|高島毅|
北海|東浜|---|宮本|今村|谷澤|真壁|
巨人|長野|---|仲澤|鶴川|上野|鶴田|



もうちょっと遊びを入れてもいいかなー、とは思いますが、とりあえず完成です。
広島が上本と岩本の両獲りに成功したパターンを書いた矢先、岩本の視察情報が・・・
統一ドラフトの指名予想をした経験がほとんどないので、中々難しいです。
田澤以外入れませんでしたが、昨年指名されていない社会人ももっと入るかもしれませんね。
特に陶山・筑川・七條・成底・蓬莱・倉重・藤島・熊丸には注目です。
ではまたヾ(o´∀`o)ノ

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
来年があまりに豊作で、今から楽しみになって仕方がありません。
なのでちょっと自分を落ち着ける意味でも、簡単に来年のドラフトを予想してみたいと思います。
現時点での予想が当たる確率は極限まで低いのですが、来年へのモチベーションにもなります。
とりあえず抽選省略・今年と同じ順位で、やってみましょ~ァヘ((*´Д`)八(´Д`*))ァヘ


球団|一_巡|二_巡|三_巡|四_巡|五_巡|
大阪|__|田_辺|有_馬|東_浜|船_引|
東京|小_松|中_倉|岩_崎|田_村|杉_谷|
西武|木村雄|近_田|白_崎|古_田|坂_口|
広島|坪_井|仲_澤|野_上|宮_本|__
楽天|伊_原|今_村|萩_野|谷_掛|冨_里|
横浜|土_屋|田_澤|酒_井|山崎憲|佐藤翔|
福岡|岩_本|竹_上|猪_本|伊_波|西_村|
阪神|上_本|榊_原|坂_戸|須_田|乗_替|
千葉|松_本|大_野|鶴_川|井_上|平_生|
中日|__|岩_見|伊藤準|谷_澤|高_洲|
北海|高_島|小_熊|野_本|立_岡|川_上|
巨人|細山田|長_野|大_田|米_田|赤_川|



とりあえず勢いに任せるまま書いたため、滅茶苦茶になっているかも・・・
雑誌を引っ張り出して選手を調べながら書いたので、今の評判とは少しズレているかもしれません。
打者は岩本・上本・細山田・大野といった選手らが目玉になって行きそうです。
投手は豊作ではあるものの、今年のような絶対の候補はまだいない印象ですね。
佐藤由規大場翔太のように急激に伸びる選手もきっと出てくるでしょう。
気になっている選手は伊波翔吾、古本武尊、有馬翔、猪本健太郎、立岡宗一郎ら九州勢。
亜細亜は岩本・今村・鶴川・緑間・キッサダー、岩見と超豊作。
負けじと早稲田も須田・細山田・上本・松本と上位クラスがゾロリと揃っています。
2008年候補者リストもそろそろ更新して、2008年モードに突入したいところです。

その前に全球団の戦力分析、編成の記事を完成させないと・・・
FA市場も活発に動いているので、結構楽しんで記事が書けそうです。
それではまた|Д´)/~~

2008年ドラフト候補リスト
2007年ドラフト指名・結果表(高校生)
2007年ドラフト指名・結果表(大学・社会人)

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ