FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
12球団の戦力分析を行っていきます。
全球団を詳しく語れるほどの知識はありません。
なので、「こういう見方をする人もいるのか」くらいの生暖かい目線で宜しくお願いします。
第八回目、プレーオフ導入以降初のリーグ連覇を成し遂げた日本ハムファイターズ!



IN←
高校生ドラフト
 中田翔(大阪桐蔭) 外野手 183cm95kg 右投右打 通算87本塁打で10年に一人と呼ばれる大砲 
 津田大樹(倉敷) 投手 181cm75kg 右投右打 140km超の速球と高速スライダー武器の本格派
 大平成一(波佐見) 外野手 183cm91kg 右投左打 中田に負けじと飛ばす左のスラッガー
 松山傑(横浜商大) 投手 179cm74kg 右投右打 荒れ球ながら速球の質は高級品
 豊島明好(北陸大谷) 投手 169cm69kg 左投左打 多彩な変化球が使える左腕
 浅沼寿紀(旭川南) 投手 181cm68kg 左投左打 縦のカーブ使える大型左腕
大学・社会人ドラフト
 多田野数人(元3Aサクラメント) 投手 183cm81kg 右投右打 松坂世代最後の大物の期待
 宮西尚生(関西学院大) 投手 178cm75kg 左投左打 球持ち良く、変化球も使える左腕
 村田和哉(中央大) 外野手 165cm62kg 右投左打 小柄だが強肩・巧打、足は屈指の速さ

トレード入団
 中村泰広(29) 投手 左投左打 制球に課題はあるがキレのある球を投げ込むことが出来る投手
 藤井秀悟(30) 投手 左投左打 ヤクルト左のエースとして着実に結果を残していた左腕
 坂元弥太郎(26) 投手 右投右打 次世代エースとしてヤクルトで期待を受けていた投手
 三木肇(30) 内野手 右投両打 故障が重なったものの、守備走塁には定評がある
新外国人
 ターメル・スレッジ(30) 外野手 左投左打 通称「スレッジハンマー」の大砲

合計
 投手9 捕手0 内野手1 外野手4



OUT→
投手 7人
 立石尚行(引退)、金村暁(阪神へトレード)、押本健彦、橋本義隆(ヤクルトへトレード)
 鎌倉健、中村渉、萩原敦(解雇)
捕手 0人
 −−
内野手 4人
 フェルナンド・セギノール、アンディ・グリーン(解雇)、田中幸雄(引退)、川島慶三(ヤクルトへトレード)
外野手 0人
 −−



過去5年間のドラフト(表の関係でダルビッシュは有、ダースは匡と表記しています)
指名巡|06大社|06高校| |05大社|05高校| |2004年| |2003年| |2002年|
自由枠|宮本|−−−| |八木|−−−| |−−−| |糸井| |−−−|
自由枠|−−−|−−−| |−−−|−−−| |−−−| |−−−| |−−−|
巡|−−−|吉川| |−−−|陽仲壽| || |−−−| |尾崎|
巡|−−−|−−−| |−−−|−−−| |−−−| |須永| |−−−|
巡|糸数|植村| |川島慶|木下| |橋本義| |−−−| |鎌倉|
巡|| |武田勝|今成| |中村| |押本| |武田久|
巡|山本一|−−−| |小山|−−−| |市川| |稲田| |小谷野|
巡|金子洋|−−−| |高口|−−−| |菊池| |金森| |紺田|
巡|今浪|−−−| |星野|−−−| |中村渉| |渡部| |池田|
巡|内山|−−−| |−−−|−−−| |鵜久森| |−−−| |鶴岡|
巡|−−−|−−−| |−−−|−−−| |工藤| |−−−| |−−−|




戦力分析

<投手>
ダルビッシュという、日本を代表するエースを中心とした投手陣が近年の快進撃を支えた。
若い選手が常に活躍をしてくれるものの、その分安定感には不安が残る。
元エースの金村離脱、江尻今季絶望、即戦力評価の多田野故障とマイナスが続いた。
更に押本・橋本をトレードで放出と、投手陣は大きく再編を余儀なくされた。
しかし宮西の獲得、トレードで藤井・坂元・中村を獲得できたのは大きなプラス。
首脳陣も入れ替わって未知数の部分は多いが、持っている力は高いはずだ。

マイケルが抑えとして君臨し、武田久を中心とした救援陣は磐石に近い体制。
ただし江尻の穴埋めをどうするか、選手の起用が期待される。
吉川・木下ら若手が今年も同じように働けるのか、新しい候補が出てくるのか。

先発:ダルビッシュ有・武田勝・グリン・藤井修悟・八木智哉・吉川光夫
中継:武田久・金森敬之・中村泰広・スウィーニー・歌藤達夫
抑え:マイケル中村

この布陣の後ろには坂元・木下・宮西らが控えているのだから人材は多いといえる。
しかし八木は故障明け、吉川もまだ二年目、藤井はパリーグに馴染むか未知数。
昨年同様新たな人材が開花しなければ、昨年よりは厳しい状態も予想される。
........................................................................................................................................................

<野手>
大物ルーキーの中田を獲得したものの、即戦力という考えかたは厳しい。
セギノールを放出してスレッジを獲得したものの、分からない部分のほうが大きい。
しかし稲葉の打力は抜群で、森本・工藤・田中らの機動力で点を取りにいける。
小谷野・稲田・飯山らも頼れる打者になってきた。
例年と変わらず長打力には物足りなさを感じるものの、機動力は落ちていない。
むしろ新加入の村田が機動力野球を更に加速させるかもしれない。

金子洋平・陽仲壽・市川・糸井・鵜久森らが次世代の大砲として構えている。
川島は抜けたものの、次世代にはまだまだ楽しみな選手が多い。
中田の加入で闘争心が煽られれば、どんどんと候補が出てくるかもしれない。

予想オーダー
1 中 森本稀哲
2 二 田中賢介
3 右 稲葉篤紀
4 指 スレッジ
5 捕 高橋信二
6 一 中田翔
7 三 陽仲壽
8 左 工藤隆人
9 遊 金子誠

スレッジを捻じ込んで期待するならば、こういった打線が考えられる。
やはり機動力は高いが、新戦力を使う機会を積極的に作っていきたい。
それが前評判を打ち崩した昨年であり、日本ハムのスタイルだとも思う。
........................................................................................................................................................

一軍だけではなく、昨年はファームも大きく成長が見られた。
かなり良いドラフトをすることも出来、現状態からしばらくはAクラスを維持する力が備わった。
多田野・江尻などシーズン前から怪我も目立つが、後続がいるという状態がモチベーションを保つ。
問題は高田GM・ヒルマン監督が両方離脱したということ。
GMや監督の力量は別にして、大きく環境が変わったというのは昨年以上のものがある。
それを「新しいものを作るんだ」という闘志に繋げられれば、今年も優勝の最有力候補だ。

2008年、イチオシ選手
工藤隆人
スピードの高さが売りで、昨年9盗塁はもっと伸ばせるだけの能力は持っている。
打点を上げた試合は高確率で勝つなど、試合の「流れ」を作る能力にも長けている。
あとは一年を通して活躍できれば、「日ハム野球」のスタンダードを象徴する選手になれる!


2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト