FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
12球団の戦力分析を行っていきます。
全球団を詳しく語れるほどの知識はありません。
なので、「こういう見方をする人もいるのか」くらいの生暖かい目線で宜しくお願いします。
第十回目、若手の成長が著しい千葉ロッテマリーンズ!



IN←
高校生ドラフト
 唐川侑己(成田) 投手 182cm77kg 右投右打 2007年高校BIG3、将来性豊かな右腕
 植松優友(金光大阪) 投手 183cm80kg 左投左打 中田を完封、気力溢れる左腕
 阿部和成(大牟田) 投手 182cm72kg 右投右打 柔軟性、低目の制球は素材抜群
大学・社会人ドラフト
 服部康卓(トヨタ自動車) 投手 173cm68kg 左投左打 アマトップクラスの即戦力左腕
 根本朋久(横浜商科大) 投手 175cm75kg 左投左打 決め球スライダーでドクターKに
 伊藤義弘(JR東海) 投手 177cm75kg 右投右打 最速153km、制球つけば怪物に
 下敷領悠太(日本生命) 投手 184cm75kg 右投右打 新時代のサブマリン
育成ドラフト
 池田健(青藍泰斗高) 投手 175cm78kg 右投右打 腕の振り○
 宮本裕司(高知ファイティングドッグス) 捕手 181cm83kg 右投左打 攻守ともにチームの要
 小林憲幸(徳島インディゴソックス) 投手 181cm80kg 右投右打 四国を代表するストッパー
 白川大輔(高知ファイティングドッグス) 内野手 171cm74kg 右投右打 若い素材型選手
 大谷龍次(日立製作所厚木) 外野手 178cm77kg 右投右打 守備に優れる外野手

自由契約選手
 ブライアン・シコースキー(33) 投手 右投右打 日本経験豊富、250試合以上登板で防御率3.40
 田村領平(23) 投手 左投左打 井川の後継者期待も5年間登板なし、育成枠で浮上狙う
新外国人
 ウインストン・アブレイユ(30) 投手 右投右打 大リーグ通算では33試合を投げて防御率6.81

合計
 投手9+3(育成選手) 捕手1(育成選手) 内野手1(育成選手) 外野手1(育成選手)



OUT→
投手 7人
 吉井理人、黒木知宏(引退)、小林雅英(インディアンズへFA)、薮田安彦(ロイヤルズへFA)
 藤田宗一、山崎健、土居龍太郎(解雇)
捕手 0人
 −−
内野手 1人
 藤井宏海(解雇)
外野手 1人
 マット・ワトソン(解雇)



過去5年間のドラフト
指名巡|06大社|06高校| |05大社|05高校| |2004年| |2003年| |2002年|
自由枠|−−−|−−−| |−−−|−−−| |手嶌| |−−−| |−−−|
自由枠|−−−|−−−| |−−−|−−−| |久保| |−−−| |−−−|
巡|−−−|大嶺| |−−−|柳田| |−−−| || |西岡|
巡|−−−|佐藤賢| |−−−|林啓介| |−−−| |−−−| |−−−|
巡|神戸|黒滝| |根元|末永| |−−−| |杉原| |浅間|
巡|荻野|−−−| |川崎|細谷| |竹原| |田中雅| |神田|
巡|江口|−−−| |古谷|−−−| |大松| |三島| |鈴木|
巡|中郷|−−−| |相原|−−−| |木興| |成瀬| |金沢|
巡|角中|−−−| |−−−|−−−| |青松| |藤井| |酒井|
巡|松本幸|−−−| |−−−|−−−| |−−−| |−−−| |早坂|




戦力分析

<投手>
成瀬の台頭があって、六本の柱が確実なものとして育ってきた。
次世代候補の唐川・服部ら投手陣は大きく補強され、向こう10年は安泰にすら見える。
あとは内・大嶺ら上位指名組が追いついてくるようなら非常に心強い。
成瀬は昨年ほど勝てないだろうが、小野・久保らは不調から帰ってくるはずだ。
先発だけで20の貯金を作った昨年の布陣はそのままに、よりフレッシュになった。
むしろ今年は誰が開花するのか、それを楽しみにする余裕すらある。

先発に対して未知数部分が大きいのがリリーフ陣だ。
薮田・藤田・小林雅英が抜けて、若い荻野・川崎らに重責が掛かることになる。
後続も控えているし、シコースキー・アブレイユも獲ったが、磐石とまではいえないだろう。

先発:成瀬善久・渡辺俊介・清水直行・小林宏之・小野晋吾・久保康友
中継:シコースキー・荻野忠寛・高木晃次・神田義英・服部泰卓
抑え:川崎雄介

仕上がり次第ではアブレイユ・伊藤・根本・下敷領・相原らもこの布陣に割り込むことが出来る。
本来ならば服部は直ぐにでも先発に入れるし、層の厚さは球界屈指は確実。
ベテランの小宮山なども後ろに控え、一年を通して十分に回せる。
........................................................................................................................................................

<野手>
絶対的な打者というタイプはいないが、連打で点を取るマリンガン打線は健在。
今期は故障からズレータが帰ってくるはずで、長打力も加わる打線になる。
大松・竹原・青野など若手の台頭が激しく、層の厚さは球界屈指。
早川の活躍もあって、機動力は更に増した打線はまさに驚異。
守備面でも安定したセンターラインが確立していて、隙がない。
どう起用するか、楽しみになってしまうだけの選手が揃っている。

角中・神戸・根元・細谷など打てる打者が揃ってきている。
ファームから一軍へ順調に送り出されているからこそ、現状のファームも充実させたい。
里崎に次ぐ捕手の候補も目処を付けておきたいところだ。

予想オーダー
1 遊 西岡剛
2 中 早坂大輔
3 左 ベニー
4 右 サブロー
5 指 ズレータ
6 一 福浦和也
7 捕 里崎智也
8 二 オーティズ
9 三 今江敏晃

ズレータ復帰で、昨年の実績考慮でこういった打線を考えた。
あえてサブローは四番のままで、無理にスタイルを捻じ曲げない打線がロッテらしい。
大松・竹原など調子の良いものはどんどん起用し、打力の更なるパワーアップに期待。
........................................................................................................................................................

若手とベテランが噛みあって、層の厚さは恐らく12球団でトップといってもいいだろう。
若手が次々と開花していく様は他球団からは羨望の眼差しを受けているに違いない。
しかし、安定した成績という面では不安点が残るというのが若さの欠点でもある。
投手の流出を見越した投手偏重のドラフトなど、徹底した体制がチームを作っている。
現状戦力がトップクラスに揃っているからこそ、徹底したチーム作りが必要だ。
選手同士の競争をどうやって首脳陣が使いこなしていくか、見ものである。

2008年、イチオシ選手
大嶺祐太
入団時のゴタゴタも消え去って闘争心が充填され、速球が真価を発揮する頃。
入り込むのが難しい投手陣だからこそ、力を示す最大の機会になる。
その速球が目指す先は、「田中世代」をブチ抜いた「大嶺世代」だ!!


2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト