FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
甲子園大会真っ只中でもマイペースすぎるこのblogもやっとの更新です。
菊池は初戦は打たれましたが、終盤まで球威があったのは凄いですね。
さて、今回はホークスの青写真です。

指名順位などは考慮しますが、全体の指名まで仮想していないため重複もあります。
ファンの方から見ればお気に召さないこともあると思いますが、ゆるりとご覧くださいませ。

1巡目 今村猛(清峰) 183cm85kg 右投右打 投手
球界のエースを目指して欲しい右投手で今年度№1の実力者。
力配分、勝負強さ、精神的な強さを兼ね備え、センバツを脅威の成績で優勝。
2巡目 中原恵司(武蔵工大二高→亜細亜大学) 183cm80kg 右投右打 右翼手
昨今希少となった和製大砲として、現・SBの松田を凌ぐ長打力が評判の強打者。
アメリカ遠征でも力負けせず強打を発揮、右打ちも出来るプロ仕様の打撃に期待。
3巡目 山内晴貴(沖縄水産高→九州共立大学) 175cm78kg 左投左打 投手
有名候補が揃う今年の左投手の中でも、実績が目立つ力のある左腕。
ノーノー二回、1日288球、豊富な攻め手と実戦力の高い即戦力候補。
4巡目 加藤政義(東北高→九州国際大学) 173cm77kg 右投左打 遊撃手
走攻守兼ね備えた内野の即戦力候補として間違いなく五指に入る。
高い守備力で大学即レギュラー、打撃の確実性、長打力も着実に成長。
5巡目 岡大海(倉敷商) 184cm76kg 右投右打 投手
投打ともに高評価の可能性溢れた逸材。
これだけの強打でクセがついていない、打者として指名したい選手。
6巡目 安斉雄虎(向上) 190cm75kg 右投右打 投手
長身だけでなく、速球に力がついてきた売出し中の右腕。
まだ速球の出来上がり段階だが、伸びてくれば長身が拍車を掛けて生きてくる。

育成 古賀翔也(佐賀商) 173cm75kg 右投左打 遊撃手
佐賀を代表するヒットメーカーの打撃は「打ち出の小槌」と形容されるレベル。
守備・走塁にも成長を見せ、「使ってもらえる」条件を揃えつつある。
育成 甲斐雄平(博多工高→福岡大学) 185cm84kg 右投右打 中堅手
アマチュア屈指の強肩を誇るスケールの大きい野手。
打撃成績が気掛かりだったが、3年以降開眼を見せている。
育成 大野正義(愛知学院大→西濃運輸) 182cm81kg 右投右打 三塁手
職人と呼ばれる精度の高い守備力、リーダーシップの高さを見せる。
打撃も近年長打力を増し、「使える」選手へと成長している。

補強ポイントは四番候補、エース候補、次世代捕手。
捕手は高谷・堂上・荒川を超える逸材でなければ上位を使うのはやや博打的。
優先度を考え、今回は四番候補とエース候補に絞った指名に。
和巳・新垣と期待通りにいかない右投手、岩嵜・大場・巽も少し時間が掛かりそうな状態。
今村が加入すればエースクラスへの成長と、上記ドラ一投手たちとの切磋琢磨も期待できる。
下位指名で安斉を指名し、和巳のように数年後のエースとしての期待も含ませたい。
二巡では当然四番候補を指名したいが、長野・清田・筒香らは指名済みになる確率が高い。
となれば松田に続く亜細亜の系譜、守備力を兼備した大砲・中原は確実に指名したい。
豪快な打撃に技術の加わる主砲として、将来性を買って岡も確保できれば。
同時に川崎・本多に頼りきりで層が薄くなりつつある内野陣にもメスを入れたい。
加藤なら即一軍で通用する守備力、まずは森本と競争しながら虎視眈々とレギュラーを狙う。
杉内・和田・大隣で磐石と考えるのは時期尚早な左に、山内は即戦力として期待できる。
三巡では厳しいかもしれないが、左は藤原・古川・櫻田・阿南・門脇らもいるためチャンスはある。

育成ではいち早く支配下選手を生み出したものの、結果では巨人に後塵を拝している。
昨年は捕手・投手を積極指名、今年は内・外野手の指名に期待。
上に行く条件は「守れる」こと、これを守った三人の指名を想定。
大野・甲斐は守備のリーダー格になれる存在として将来性に期待したい。
二人とも打撃はまだムラっ気を感じさせるが、どんなときに覚醒するか分からないもの。
古賀は守備は発展途上だが、打撃ではズバ抜けた才能、新たな「育成のスター」になれる。


如何だったでしょうか。
贔屓球団のせいもあり、長く、くどくなってしまいました^^;
山内以上に加藤の四巡は厳しい可能性があるので、その場合繰り上げて三巡へ。
代わりに大城か中林の指名を想定したりしていました。
ここまで指名できれば出来すぎの感があります。
ただ、今も選手枠ギリギリなので少数指名の可能性が高いかもしれません。
何より、まずは大場・岩嵜・巽をモノにしなければいけませんね。
そして現在一軍にいる明石、絶対にチャンスをモノにしてほしい!

ご意見・ご感想など頂ければ幸いです。
次回はドラゴンズの予定。

2009年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2009年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2009年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2009年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2009年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



12球団の戦力分析を行っていきます。
全球団を詳しく語れるほどの知識はありません。
なので、「こういう見方をする人もいるのか」くらいの生暖かい目線で宜しくお願いします。
騒動が完全に決着していないので、パウエルの獲得は省きます。
ラストとなる第十二回目、若鷹軍団・福岡ソフトバンク・ホークス!!



IN←
高校生ドラフト
 岩嵜翔(市立船橋) 投手 185cm72kg 右投右打 線は細いが和巳コースに期待の掛かる本格派
 中村晃(帝京) 一塁手 176cm82kg 左投左打 アマ逸脱の打球速度、プロでは外野も挑戦
 藤井翼(桜井) 一塁手 189cm80kg 右投左打 松中の後継者に期待かかる素材型野手
大学・社会人ドラフト
 大場翔太(東洋大) 投手 182cm79kg 右投右打 東都の記録を塗り替えた2007年目玉投手
 久米勇紀(明治大) 投手 180cm75kg 右投右打 プロ相手にも好投経験のある快速サイド

自由契約選手
 吉川元浩(28) 一塁手 右投右打 ファームでの実績は吉本と双璧、育成契約から大成を狙う
トレード入団
 的山哲也(37) 捕手 右投右打 打撃は期待できないが、守備・肩は職人クラス、正捕手もある
新外国人
 マイケル・レストビッチ(28) 外野手 右投右打 マイナー通算175本塁打、20本塁打以上5度記録
 D.J.ホールトン(28) 投手 右投右打 メジャーで53試合を投げて6勝11敗、ローテ穴埋めに期待

合計
 投手4 捕手1 内野手3 外野手1



OUT→
投手 3人
 田之上慶三郎(引退)、川口容資、倉野信次(解雇)
捕手 1人
 大野隆治(引退)
内野手 3人
 稲嶺誉(引退)、ブライアン・ブキャナン、斉藤秀光(解雇)
外野手 2人
 伊奈龍哉、アダム・ハイズデュ(解雇)



過去5年間のドラフト
指名巡|06大社|06高校| |05大社|05高校| |2004年| |2003年| |2002年|
自由枠|大隣|−−−| |松田|−−−| |−−−| |馬原| |和田|
自由枠|−−−|−−−| |−−−|−−−| |−−−| |−−−| |新垣|
巡|−−−|福田| |−−−|荒川| |江川| |−−−| |−−−|
巡|−−−|−−−| |−−−|−−−| |−−−| |城所| |−−−|
巡|高谷|伊奈| |藤岡|大西| |高橋徹| |−−−| |−−−|
巡|森福|| |甲藤|大田原| |中西| |明石| |溝口|
巡|長谷川|−−−| |本多|川口| |高橋秀| |榎本| |大野|
巡|川頭|−−−| |柳瀬|−−−| |領健| |金子| |森本学|
巡|−−−|−−−| |−−−|−−−| |定岡| |三瀬| |田中|
巡|−−−|−−−| |−−−|−−−| |−−−| |竹岡| |稲嶺|
育成枠|−−−|−−−| |小斉|−−−| |−−−| |−−−| |−−−|
育成枠|−−−|−−−| |西山|−−−| |−−−| |−−−| |−−−|




戦力分析

<投手>
昨年のチーム防御率3.18は12球団トップの数値で、投手陣は一層の強化と考えても良い。
大学?1の大場加入、一年目を棒に振った大隣の今期、そしてホールトンの加入だ。
しかし明るい材料ばかりでもないというのが現実問題でも有る。
和巳・和田は開幕に間に合いそうもなく、新垣は制球難、杉内も何年か連続しての活躍はあまりない。
昨年期待された藤岡が不調も、水田が助けるなど嬉しい誤算も嬉しくない誤算も毎年恒例である。
しかしパウエルの加入を無視してもピッチングスタッフは屈指の選手層を誇るのは確かだ。

先発に対して毎年不安点として挙げられていたリリーフ陣は、ここ数年でかなり整備された。
藤岡・柳瀬・水田・三瀬・篠原・ニコースキーなど左右のバランスよく、守護神・馬原の存在も大きい。
ここに森福・小椋・神内・久米・山村など力のある選手らが控えており、成長が楽しみである。

先発:杉内俊哉・新垣渚・スタンドリッジ・ホールトン・大隣憲司・大場翔太
中継:水田章雄・藤岡好明・柳瀬明宏・三瀬幸司・篠原貴行
抑え:馬原孝浩

開幕に間に合わないということで和巳・和田を省いてもこれだけの面々が並ぶのは中々のものである。
ルーキーたちのローテ入りが難しければ、ガトームソン・西山などを使っていけば良い。
高橋徹・高橋秀・大田原・甲藤などにも経験を積ませて、投手陣に一層の成長が見られれば完璧。
........................................................................................................................................................

<野手>
チーム打率はリーグ一位なのに、得点は同率三位、出塁率は四位と効率の悪かった打線。
怪我人も多く、溜めた・進めたランナーがその塁から動くことなくイニングが終わることも目立った。
しかし一年目怪我で躓いた本多が文句なしのレギュラークラスの成績で台頭した。
大村・川崎とあわせて俊足巧打のリーディングヒッターが三人出揃う。
課題は慢性的な右打者不足と、城島離脱以降毎年課題となっている捕手問題である。
前者は松田・江川の台頭、後者は高谷の台頭・的山の加入での解決に期待が掛かっている。

ファームからは松田が卒業できるだけの成績をあげ、井手・小斉・江川の成長が好材料。
吉本・仲澤・荒金などはそろそろ上でもそれなりの結果を出さないといけない。
外野手転向の中西、怪我明けの長谷川、大きな成長カーブを描く福田らが育てば面白い。

予想オーダー
1 左 大村直之
2 遊 川崎宗則
3 中 多村仁
4 一 松中信彦
5 指 レストビッチ
6 右 柴原洋
7 三 松田宣浩
8 二 本多雄一
9 捕 的山哲也

開幕に小久保が間に合わないため、しばらくは変動しながらもこのオーダーが軸になると予想する。
調子次第でトップバッターは川崎・大村・本多らを自由に組み換え、捕手も投手次第で変わるだろう。
後は低調に終わったクリーンアップが額面通りの活躍さえ見せてくれれば、言うことなしである。
........................................................................................................................................................

2003年の優勝以降、毎年優勝できると言われながら惜しいところでそれを逃してきた。
2008年のホークスは総合的に見て2003年以降最もチーム状態は悪いと見てもいい。
しかし2003年も若田部離脱・秋山引退・小久保シーズン絶望という逆境から優勝した。
当時の川崎・和巳・和田・杉内・新垣の姿に松田・大場・大隣らが重なればペナントを制するだろう。
逆に言えば彼らの成長、活躍が見られなければ今年だけならず今後が厳しくなる。
後は年々悩まされている怪我へのケアだけは、絶対に怠ってはならない。

2008年、イチオシ選手
松田宣浩
大場・大隣・久米などとかなり迷ったが、今年はこの選手なしには語れないシーズンになるはずだ。
年々確かに成長し、昨年は一軍で7本塁打、今年は開幕スタメン濃厚と、スター街道を歩んでいる。
巡ってきたチャンスをモノにすれば、球界を代表する強打者として君臨するはず!!


2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
とても驚きました。
同時に稲嶺と大野にも解雇が通告されたようです。

伊奈は高校生になってから本格的に野球を始めた選手で、中学時代は主に砲丸投げの選手。
高校生のときにも一度肩を手術しており、ホークスはそれを了承のうえで獲得しました。
高校通算74本塁打の大砲に大きな期待が掛かっていましたが、誤算が起こります。
一月に肩を手術したものの、経過が悪かったのか四月に再び手術。
そして今回の解雇通知、「野球を続けたいけど、肩のことがあるので、いろいろ考えたい」というコメント。
総合すれば、やはり相当怪我の状態が悪いと考えられます。
リハビリに多大な時間を費やしてリスクを背負うより、次のステップへ進めるための決断?
育成枠に降格となると一年しか時間がなく、他球団からの指名にも引っ掛かりますからなさそう。
勿論賛否両論あって当然、むしろ批判が集中するであろう事態です。
しかし伊奈はまだ19歳、何をするにも十分にやり直しの出来る年齢です。
大学を目指すか、企業に属しながらリハビリを続けて野球を続けるという道もあります。
彼の今後の活躍を祈ります。


今回の事態が何故起こったか。
ホークスは近年、川口・北野・榎本など早い段階での見切りが目立ちます。
恐らく高校生のドラフトに置いてスカウトの重視する点は、「短所より長所」なのだと思います。
今回の伊奈もそうですが、榎本・北野らも長打力が売りのタイプ。
長打と速球は才能と言われますから、そういった資質を買っての指名だったのでは。
しかし早期の解雇となったのは、長所が短所を埋め切れなかった、そういったレベルに達しなかった。
そういった要因があって、かつ選手の今後を考えたうえで寧ろ早期の解雇という結論かなぁ、と。
定岡・溝口などは素行にも問題があったとされているので、別のケースかとも思いますが・・・。


野球のみの観点で見れば酷い話ですが、選手の人生で考えた場合、こういうのもアリなのかとも思います。
他球団が拾って活躍したのならば、それはそれで構わないのでしょう。
資質を見抜けなかった編成の責任があって、球団にとってはダメージ。
それでも選手本人は野球が続けられるのですから。
問題は長く野球界にいて、最後まで力及ばなかった場合。
そういったケースで解雇される選手を、全て球団が世話するわけにもいきません。
ある程度の年齢に達していて、新しいことを始めるには大変だったり、家庭持ちだったり。
FAやドラフトで語られる「選手の権利」は、新しい人生を歩むことへ寄与されてもいいのかもしれません。

じゃあ素晴らしい考え方なので、今後もこういった形での指名を増やしましょう!
と言ったら、また違った話になってくるとも思うんですけどね。
スカウトがもっと眼力を鍛えて、最初からプロで通用する人材のみを極力指名する体制が理想。
野球を続けてきた人間が、再スタートをすることも大変なことですからね。
今年の候補も怪我持ちが多いですから、経過には最新の注意を払って欲しいところです。

2007年ドラフト指名・結果表(高校生)
2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
本日、的山哲也捕手(37)がソフトバンクに金銭トレードされたことがオリックスから発表されました。
オリックスとしては、伊藤を上位指名で獲得するなど捕手の世代交代に力を入れている様子。
日高という正捕手はいるものの、投手をトレードで獲得しなかったのは意外です。
必要な選手がいなかったか、話がまとまらなかったか。

ホークスとしては願ってもないトレード。
12球団最低の盗塁阻止率は明らかに今年の順位低迷の大きな要因となっています。
そのうえ田上以外の捕手は打撃も期待できず、城島が抜けた穴がポッカリと空いたまま。
しかし的山は打撃面の期待値は薄いものの、リーグ屈指の盗塁阻止率を誇ります。
インサイドワークにも定評があり、今のホークスには必要不可欠な選手。
また英会話が堪能で、スタンドリッジら外国投手陣とのコミュニケーションにもプラス効果が期待されます。
今年は42試合の出場に留まったものの、まだまだ老け込んではいません。
かつ、来年38歳を迎えることからもチームの捕手世代交代を阻害することもありません。
最近の編成では一番の技ありですね。

しかしこれでホークスとしては捕手が少し多くなってしまいますね。
整理して伊志嶺を狙っていくのか・・・。
オリックスも伊志嶺はリストアップしており、指名検討中だった田澤の残留が決まっています。
一巡での争奪戦も有り得るかもしれませんね。

2007年ドラフト指名・結果表(高校生)
2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ