FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
島根代表・開星高校の捕手。
178cm78kg、右投げ右打ち。

捕手の褒め方といえば強肩強打としか言いようがないのですが、この選手もまさに強肩強打。
しかし、それだけで終わらないのがこの選手の凄みです。
何といっても、球を後ろに逸らさない。
身長が特筆して大きいわけではありませんが、高めに抜けた球も素早く反応して捕球します。
確かな身体能力に支えられたスペックと、遠投110mの強肩は捕手としても最高峰。
打撃も落ち着いて球を捉え、打球スピードも十分。
まさしく欠点のない選手です。
リードについては、投手の特性を理解したうえで気持ちよく投げさせるタイプ。
エース吉田は球が浮きがちでしたが、身振りで低目を急かすような真似はしていません。
バッテリー間の信頼があってのことでしょう。

実際に見た捕手の中では、強肩の岡田、スケールの川辺、守備の石岡といったイメージ。
そんな中、早戸は"総合力"の捕手といったところでしょうか。
他の捕手に比べて絶対的に負けない要素は持っていませんが、不足した要素もありません。
この先どういった選手になるかは、指導者のめぐり合いに左右されるかもしれませんね。

指名予想:阪神・オリックス・楽天

阪神の捕手も次世代を増やしたいところ。
夏になって色々と方向転換をしているようですし、下位で捕手を補給できれば儲けもの?

オリックスが獲得を検討している倉重は打撃はあまり評判は良くないタイプの捕手。
いざというときのために、あらゆる可能性を秘めた捕手は魅力的では?!

楽天野村監督の捕手学と、投手を立てる早戸の捕手学がどう噛みあうか。
上手く噛みあって、面白い選手になって欲しいですね。


一目見て「いい捕手だ!」と思いました。
是非プロで見てみたいですね。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
宇治山田商業のエースにして主砲、中井大介。
181cm74kg、右投げ右打ち。

同校の出身としてSBホークスの江川と比較され、江川二世として注目を浴びました。
5ツールプレイヤーの資質という面では似ている二人。
しかし実のところ、タイプ的には必ずしも同じという選手ではありません。
中井大介・・・それは、投打に高い可能性を秘めた稀有な存在なのです。

・投手として
まるで体を弓のようにしならせて、鞭を振りぬくように球を投げます。
その柔軟性から来る速球はMAX146kmを記録し、ノビも十分。
空振りを取れるタイプの速球です。
そして素晴らしい変化球の、スライダー。
打者の手前で鋭く変化し、キレも抜群です。
制球には若干の甘さがありますが、投げる球の質で補っていけるレベルでしょう。

・打者として
投球と同じように、柔軟性を生かした柔らかいバッティング。
どんなコースでも器用に打ち、左右どこへでも打てる対応力も大きな魅力。
ただ捉える事に自信があるのか、どんな球にでも手を出して早打ちで打ち取られるケースも。
積極性として買いたい部分でもありますが、やはり大事なのは結果。
そういった甘さを一つずつ消していきたいですね。
外野としての守備は平均的なレベルには達しているように見えました。
ついでに、評判の高い内野守備はついに見れずじまいでした。

抜群の資質を持っている選手ではありますが、太ももの負傷や肘の故障などの怪我暦。
これは富んだ柔軟性の代償でもあると思います。
しっかりと体を作って、柔軟性を活かしきれる体が出来上がれば大物のなるでしょう。
投打どちらに専念するのは難しい問題ではありますが、怪我歴などから言って打者向きですね。

指名予想:巨人・中日・ソフトバンク

巨人はデカイのが打てる打者が欲しいでしょう。
内野手評価も高いということで、ポスト二岡に?

中日は地元の逸材として逃したくはないところ。
先の江川は取り損ねているために、今回も並々ならぬ思いがあるかもしれません。

ソフトバンクは言うまでもなし、打線に力を組めるためです。
早目からマークしていましたし、江川と並べて5ツール同士が並ぶのもいいかもしれませんね。


素質の良さは見せたものの、それに振り回されている印象が強かった選手です。
打者として見ていたい選手ですが、投手としても大成できる可能性はあると思います。
その無限の可能性を見事満開にする日を待ちたいですね!!!

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
帝京高校の左腕エース、垣ヶ原達也。
176cm70kg、左投げ左打ち。

あの大田阿斗里からエースナンバーを奪取した実力。
二年生にも148km右腕、高島がいるにも関わらず、二人にはない安定感が彼の立場を上げました。
彼の特徴は、やはり制球力。
内角を積極的に攻め、打者を詰まらせるスタイル。
フィールディングでの守備判断も良く、バント処理も冷静。
自分で考えてプレーできる選手です。
また完投能力も高く、先発としての資質に長けています。
持ち球はスライダーとチェンジアップ。
スライダーを決め球に使い、チェンジアップでタイミングをずらしてストライクカウントを稼ぎます。
『これだけは』という特徴が欲しいですが、高いレベルでまとまった好投手だと思います。

指名予想:ヤクルト・中日・楽天

ヤクルトは投手陣整備ということでリストアップしなければならない選手ですね。
頭の良い選手でしょうから、すくすくと育ちそう。

中日は想像以上に投手再編が急を要しますね。
投手王国の次世代左腕として是非。

楽天は最上位が佐藤由規確定でしょう。
それでもやっぱり左腕も欲しいでしょうから、実戦型の考えられる投手を。


関東勢最後の砦として良く頑張ってくれました。
際どい判定にも腐らず、精神的に強い投手です。
プロにしろ、大学・社会人にしろ野球を続ければきっと伸びると思います。
頑張ってその日を迎えて欲しいですね(●≧∇≦)ノ

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
帝京高校の四番打者、中村晃。
176cm80kg、左投げ左打ち、一塁手。

大阪桐蔭の予選負けで中田翔から赤坂へ。
そんなスラッガーに対する期待を、一番に受けるべき打者は彼でした。
高校通算で60発の長打力は疑う余地なし。
背筋240kg、握力右70kg・左68kg、50m6秒1と、身体能力も抜群。
彼の評価を下げていた点は、小柄なことと一塁手であることだったと思います。
実際に見てみると、それらを気にさせるようなプレーは微塵もありませんでした。

まず、打撃について。
苦手なコースがなく、好きに粘って好きに打っている。
そんな印象を持たせるほど、暴れ放題でした。
内角を巻き込んで打つ技術もあり、既に立派な安打製造機候補生。
特に打球のスピードは完全に高校生のレベルを逸しています。
打球速度・ミートセンスから見るに、木製バットにもそんなに苦戦しないのではないでしょうか。
次に、走塁。
足を怪我しているとのことでしたが、次の塁を狙うセンスは卓越しています。
どんなときでも進塁を果敢に狙い、三盗を刺されたときもタッチを避けてセーフにして見せました。
最後に、守備。
帝京の内野はとてもレベルが高く、ファインプレー連発。
しかし、その分一塁への送球も荒れ気味。
それでも後ろには逸らさず、確実に捕球する守備力は高い評価を出したいです。
左利きなので将来的なポジションは限定されますが、高い可能性を秘めた選手であることは間違いありません。

指名予想:阪神・ソフトバンク・日本ハム

阪神は桜井・林の台頭により打線に力はあり。
しかしレギュラー陣には高齢化が進んでいて、予断を許さない状態。
JFKが不動のうちに、打って勝てるチームを。

ソフトバンクは補強点と言うか、ファンの観点として入れました。
これだけ投手陣が頑張っているのに、あと一点が遠い。
あれだけの打線で、得点が相手チームを上回れない勝負弱さ。
中村晃は、チームの勝利へ大して貪欲で、勝ちのために本塁打を捨てることすら厭わない。
自分への欲を抑えて、勝利への欲がひたすらある。
本来の強さを発揮できないチームの、救世主になれる選手だと思っています。

日本ハムも投手陣の頑張りでここまで来ています。
投手陣は磐石に見えますが、若い投手が多いのもあって勢いはあれど安定に欠けます。
小笠原がいれば・・・と嘆く状況を作らないためにも、将来の四番を。


週間ベースボールでは5ツールプレイヤーの一人として特集に入っていました。
資質の高さは証明済み、あとはどうやってそれを開花させていくか。
非常に楽しみな選手です。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
甲子園栃木代表・文星芸代附属高校の左腕エース。
173cm70kg、左投げ左打ち。

140kmに達するか達さないかくらいの速球に打者がくるくると回る。
こんな左腕を、プロでも見たことがあると思います。
それを高校生ながら高レベルでやってのけるのが、この佐藤です。
惜しくも今治西に破れてしまいましたが、今大会№1左腕だったのではないかと思います。
田中健二朗の不調も重なりましたが、結果的にトップクラスの力は揺るがないでしょう。

球持ちよく、打者からリリースポイントが見え辛いフォームは実戦で大きな効果を生んでいます。
恐らく140km満たない球に150km以上の速度を感じるのではないでしょうか。
速球の質自体も、ノビがあって素晴らしい。
かつ、コースに決められる制球力も抜群。
四隅のどこでもストライクを取れるのには感嘆するしかありませんでした。
変化球はスライダーとチェンジアップ。
特にスライダーはキレが良く、速球と見分けがつきません。
実戦で有効活用しているのは余り見れませんでしたが、チェンジアップで緩急をつけられるというのも高評価。
そしてこの変化球の制球も○なんです。
見ていて、ストライクを取りたいときにストライクを取れる、そんな力を感じました。

指名予想:横浜・ソフトバンク・楽天

横浜は大学・社会人でも左腕を狙うと思います。
何とか先発陣を磐石のものへと仕上げていけば、優勝できる土台はある?!

ソフトバンクは先発に左腕が多いものの、リリーフの左腕が結果を出せずに居ます。
和田・杉内が先発で当確、神内・森福・大隣は調子を見ながら。
三瀬・小椋・山田・篠原でどこまで任せられるのか。
大田原と共に左の先発として獲得すれば、その分他の選手を中継ぎに回せます。

楽天は中々先発を任せられる左腕が不足しています。
即戦力の大学・社会人で補充したい部分もあるでしょうが、将来も見越せなければなりませんね。
3年後にはエースになっているかも?ヾ(*`∀´*)ノ


帽子を飛ばしながら目一杯投げるのも面白かったです。
もう少し勝ち進めば、新たなニックネームがつけられていたかもしれませんね。


2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ