FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
甲子園準優勝、広島代表・広陵高校の主砲。
178cm73kg、右投げ左打ち、三塁手。

広島に凄い左の強打者が居る。
初めて彼を知ったときの風評は、そのようなものでした。
実際に彼の打撃を見ると、強打者というよりは巧打者のそれに近いものを感じました。
バットがスムーズに出てくる柔らかいフォームで、内角も綺麗に外野まで運びます。
それでも意識は長打ばかりに向かず、出塁する、ランナーを返すというチームプレイ。
野球選手としての自覚の高さが伺えます。

運動能力が高く、走攻守揃った選手という評判も。
センバツの時点では守備には粗さがあり、三拍子には「?」をつけたい印象。
外野手だったのが、その時期から三塁手になったばかりだったようです。
それが甲子園ではその守備も大分巧くなっており、走塁面含めて評価してもいいでしょう。
しかし、走塁や守備はそれを売りに出来るほどのレベルではなく、やはり打者としての評価。
明確な技術論を持っており、後輩たちもそれに耳を傾けているほど。
野球脳に優れる、理想的な選手です。
ちなみに苗字は「はぶ」です。

指名予想:広島・ヤクルト・オリックス

広島は野手も高齢化していますし、大砲候補は欲しいところ。
今年の広陵メンバーから一人は広島入りして欲しいですね。

ヤクルトは助っ人外人で有力選手を獲ることに特化していますが、数年でいなくなるパターン。
ラミレス・リグスでいつまでもと言うわけにもいきません。
野手での大砲候補をしっかり指名しておきたいです。

オリックスもクリーンアップが助っ人とベテラン。
ローズ・ラロッカ・北川らは強力ですが、3年後が見えませんね。
岡田と共に大阪に花火を打ち上げられる選手を!


シーズンが進んできて実感するのが、投高打低時代が来ているということ。
記録更新ペースだった山崎・ローズも静かになってきました。
でもこれが本来野球の醍醐味なのかもしれませんね。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



2007年、夏の甲子園での準優勝投手、広島代表広陵高校のエース。
176cm66kg、右投げ右打ち。

惜しくも優勝投手となるのは逃してしまいましたが、十分に評価を上げました。
春までの印象は細めの軟投タイプでしたが、勝負の出来る力強さを身につけたように感じます。
この投手一番の魅力は、制球力
四死球の少なさは大会中でも際立っています。
そしてテンポの良さが目立ちます。
ポンポンと次々に投げ込んでいって、それがコースに決まっていきます。
この術中に数多くの打者たちが翻弄されていきましたね。
リズム良く投げていって試合を作る投手なので、やはり先発向きです。
速球のMAXは140kmそこそこで、ほとんどが130km台。
しかし球威は試合の後半でも落ちず、スライダーを交えた投球術で豊富な攻め口。
そして90km台のチェンジアップ(カーブ?)には驚きです!
速球派ではない選手でも、30km以上の球速差を使った緩急が使えるのです。
勿論多用できる球ではありませんが、甲子園でそれを投げ込める精神力はお墨付き。

決勝の佐賀北戦、敗因はリズムの崩れですね。
テンポで投げ込んでいる以上、自分のペースを崩してしまうと済し崩しになってしまうのかも。
この日は審判が特に低目の判定が厳しく、苦しんでいました。
8回裏の満塁時、1-3の時に投げ込んだ低目の素晴らしい球がボールの判定。
これには野村も驚きの表情を隠せていませんでした。
この押し出しで3点差。
自らのリズムを失った野村は取ってもらえない低目から少しゾーンを上げようと球が甘くなってしまいました。
際どい判定だったとは言えど、最後の球は自分の責任です。
しかし甲子園全体が奇跡の逆転を見たいという空気は異常なものがありました。
あれは高校生には気の毒だったのではないかと思います。
それでも腐らずに後続を断ち、最後まで諦めないで居たのは好感です。

打撃は教科書に沿ったような癖のないフォーム。
ボール球には手を出さず、甘い球は逃さないという基本を忠実に守っています。
野球脳に優れた選手ですね。

指名予想:広島・阪神・楽天

広島は地元のヒーローは逃す手はありません。
新本拠地の広さの中でも、地の利を生かしたピッチングが期待できますね!

阪神は速球派のリリーフ陣に繋ぐ大人な先発として獲得したいんじゃないでしょうか。
130km台の速球と90km台の変化球に苦心した後、150km台を投げ込むJFKが現れれば無敵?!

楽天の勝ち頭は田中・永井・朝井。
技巧派が活躍の傾向にあり、チームとの相性は良さそうです。


優勝投手ということになれば違ってきたんでしょうが、プロの評価は如何ほどでしょうか。
とても良い選手だと思いましたし、地元の広島に入って欲しいとも思いました。
大学・社会人で経験を積んでからというのも面白いですが、いち早くプロで見てみたい選手です。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
常葉菊川の遊撃手、長谷川裕介。
175cm72kg、右投げ右打ち。

一試合二本の3ランホームランを放って一躍注目を浴びた強打の遊撃手。
その実、5ツールプレイヤーの資質を持っている有望な選手です。
甲子園という大舞台で二本の3ランというのは、やはり強心臓あってのことかと思います。
しかしこれはあくまで好機を逃さない資質であって、大砲の資質ではありません。
将来クリーンアップを担う選手かというと、やはり少し違ってきます。
あの場面で本塁打を打てたのは、リストの強さが起因の一つになっていると思いました。
右への大きい当たりは見せていませんが、広角に打てるだけの力はあるでしょう。
将来的な伸び代に期待したい選手です。

走塁も平均以上のものは見せてくれました。
何より、攻撃型と思わせておいて高い守備力は魅力的。
守備範囲も広く、フィールディング能力も高評価。
そしてこれだけリストの強い送球は中々見れるものではありません。
それが災いして少し送球が逸れることもありましたが、元々技術の高い選手なので修正可能。
球界を代表するショートに育って欲しいですね。

指名予想:巨人・広島・西武

巨人にとってはポスト二岡として坂本と競わせると面白い存在。
生え抜きで打線を組んで欲しいですね~

広島は新人王を取った梵も社会人出身で若くありません。
急ぐほどでもありませんが、内野手の後継者も出来るときに整備しておきたいですね。

西武は若い選手が頑張っていますが、守備がチョット・・・と思います。
残っていればですが、ショートを長谷川が守って、中島がサードなんていうのもいいですね!


甲子園が終わり、ドラフトまで時間がなくなって参りました。
ココに来て評価急上昇の遊撃手、どこまで伸びる?

修正:ご指摘を頂き、名前の間違いを修正しました。
×長谷川祐介 ○長谷川裕介
失礼致しました(*_ _)人

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
大躍進の大分代表・楊志館高校を支えるエースピッチャー。
173cm70kg、右投げ右打ち。

夏までに明らかな成長を見せ、MAX147kmを投げ込めるようになりました。
速球の質としては伸びるタイプではありませんが、打ち取れるだけの力は感じました。
かつ、カーブ、スライダー、チェンジアップと豊富な投球バリエーションを持っているのは素晴らしい。
特に130km台のスライダーは鋭く落ちて、空振りを取るピッチングも可能。
制球は悪くなく、多少ズレることがあっても様々なコースを攻められます。
時にはビシッとコースに決まることもあり、安定感には課題アリも力アリ、といったところでしょうか。
豊富な球種、豊富なコースでの戦略の広さは先発向き。

ただスタミナ配分が上手くないのか、良いイニングと悪いイニングが割とハッキリしています。
カウントを悪くしたり、ランナーを溜め込んだりすると投球が窮屈になる点も課題。
それがストイックさとして成長の糧になれば面白いと思います。
小柄で角度が作りにくい部分を、どう補っていけるかが今後を左右するかもしれません。

指名予想:阪神・ソフトバンク・西武

負けん気が強そうだな、というイメージを受けたので阪神に馴染みそう。
不足している先発陣に、勢いのある投手がいれば躍進の手助けに。

ソフトバンクはやはり地元の選手ということで。
日南学園の湯野が殆ど投げておらず、九州勢右腕の候補が少なかったことは残念でした。
そんな中、九州勢の右腕で有力候補が挙がったとなれば無視は出来ません!

西武は西口が苦戦していて、思うように行かない状態。
涌井・岸など若い右腕が頑張っているので、その技術盗めれば。
元々戦略バリエーションは多いので、うまく育つかもしれません。


右腕は特に体格が気になってしまいますね。
しかしホークスの和田もかつては「体格的に厳しい」と言われた時期がありました。
一人の先駆者が、それまでのイメージを打破してくれることを期待します。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
センバツ準優勝、甲子園ベスト8の岐阜代表・大垣日大高校のエース。
175cm73kg、右投げ右打ち。

強烈なバックスピンの効いた速球が武器。
140kmそこそこだった球速は、夏までにMAX148kmまで上げてきました。
見てハッキリと分かるノビがあり、空振りを取れる貴重な速球を持っています。
制球は若干甘いものの、球のキレがそれをカバー。
さらに、決め球として使えるスライダーは打者の手前で変化する素晴らしいキレ。
総合的に空振りを取ることを得意とする投手ですね。
しかしスピンを効かせている分、球質は軽め。
イニング後半に球が捉えられ始めると、想像以上に連打を浴びることも。
そういった面からも、緩急を憶えるか、カットボールなどが使えるようになれば理想的。

元々は野手の評価が高かったこともあって、スイングは鋭いです。
割とプルヒッターな印象を受けましたが、ミートが下手というわけでもありませんね。
ただ、この選手はやはり投手でしょう。

指名予想:中日・ヤクルト・オリックス

中日としては東海の逸材を他所にはとられたくないのではないかと(。→ˇ艸←)
一年目からリリーフとしても活躍できそうです。

ヤクルトは五十嵐がいないのに慣れてしまいましたね。
五十嵐・藤川のような速球派リリーフでチームを救って欲しいです。

オリックスは先発候補として欲しいんじゃないでしょうか。
何となく、ありそうな気がして・・・


夏までに大きく成長した選手は評価したいですね。
身長がもう少しあればもっと魅力的なんですが、それを気にさせない投球が出来る選手です。
それにまだまだ18歳ですし、伸びないことも・・・ない?

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ