FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
日大藤沢高校の右投げ右打ち捕手。
強打強肩出揃った捕手らしい捕手です。

打撃は強打タイプですが、溜めは小さめ。
少しだけ脚を上げて、ヘッドはほとんど引かずにスムーズに打ちに行きます。
しかしそれでも外野まで難なく運んでしまうことから、将来的にも打撃の資質はあるんじゃないでしょうか。
右に左に乱れ打ち、というわけにはいきませんが、自分の中での出来る打撃をしている印象です。
下半身の粘りがついてくれば夏にも大砲として名を馳せそう。

守備面もしっかりしていて、体格もいいので本塁を守るのに申し分なし。
元三塁手ということですが、将来的に潰しが利くと考えていいかもしれません。
リードは試合を長く見ていないので評価できませんが、肩はかなりいいです。
受け取ってからモーションに入るのも早く、二塁への送球ではココしかないというところに送球が決まっていました。
肩の強さや運動神経でいえば岡田には劣りますが、スケール感ではそれを上回ります。
将来的な伸びしろを考えれば、今年の№1捕手かもしれませんね!(σ`・ω・)σ
実践型の石岡と比べると総合的な守備の評価は劣りますが、捕手も打者の一人としてカウントしたい球団には美味しい素材かと思います。

予想:阪神・ヤクルト・ロッテ

阪神はやっと狩野が出てきましたね。
しかし捕手の育成には時間が掛かりますし、次世代の次世代まで見込みたいところ。
岡田も欲しいでしょうが、川辺もチェックしてくるでしょう。

ヤクルトも上位で捕手を指名しそう。
元三塁手とあって、場合によっては内野手変更の保険も兼ねて。

ロッテも次世代捕手を。
里崎が正捕手として定着した以上、打てる捕手を伝統にしたいですね。


何気に健司という名前が捕手として大成しそうだと思うのはホークスファンだからでしょうか。
荒川・中西という若手がいる以上指名はなさそうなんですが・・・
気になってしまいますね(✪ฺܫ✪ฺ)

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



選抜優勝の常葉菊川高校の右投げ右打ち捕手、石岡諒哉。
175cm78kg、右投げ右打ち。
一点を守りきる野球をリードした頭脳は高評価でしょう。

私が思う捕手として必要な3要素の「リード」、「フィールディング」、「スローイング」はどれも平均以上のものを持っています。
特にリードは相手の弱点を的確に攻めさせ、投手に投げやすくさせる印象。
盗塁もバッチリ刺せますし、フィールディングも上々と素晴らしい選手。
打撃も無理に引っ張らず内野を抜く意識が強く、チャンスでしっかりランナーを返せることからも神経の強さを感じさせます。

しかしプロレベルとなると、スケール不足を感じてしまう点は否めません。
リードに関しても素人が評価するには難しく、肩は第一候補の岡田などには劣ってしまいます。
高校生捕手としては上位ですが、即プロの評価を与えていいかは疑問点。
進学してある程度成長を見守る形でもいいかもしれません。
しかしそもそもトップクラスの選手でもプロで定着するには時間が必要ですから、将来的な期待を込めて指名されて欲しいところ。
捕手の後継者を五年後くらいに交代したい球団に好まれるかもしれません。

指名予想:ヤクルト・広島・楽天

ヤクルトは古田の後継者候補の一人として是非!
頭脳型として、古田とはタイプも合いそうだと思うんですが・・・

広島は高校生の育成が上手ですからね。
現在打撃覚醒中の倉を将来的に外野手などに追い込んでしまうかも?!

楽天は嶋が正捕手として定着したとすれば、その後の候補として究極の青田買いをしてみてもいいんじゃないでしょうか。
野村監督から直接手ほどきを受け、正捕手競争の真っ只中で刺激を経験する・・・
正捕手に悩まされる球団は多いだけに、早めの対策もアリなんじゃないかと。


特別な一芸が伸びてこない限りは進学の確率が高いと思います。
しかし今の彼の能力を買って指名してくれる球団がいると面白くなるんですが・・・
夏までにさらなる飛躍を期待!!(`・ω・)b


(甲子園後評価)

相変わらず守備面では高校生とは思えない完成度を見せてくれました。
リード面は素人評価が難しい部分ではありますが、野手の苦手と投手の得意を噛みあわせるのが上手な印象。
明らかに本調子とは遠い田中健二朗をリードして、結果を出し続けました。
フィールディングも安定していて、滅多なことでは球を逸らしません。
肩も強く、モーションに入るまでの動きも素早いのが素晴らしいです。
前述したとおり、守備の総合的な力は今年の候補中でも飛びぬけています。
甲子園で岡田と見比べられなかったのが悔やまれますね。

打撃に関してですが、センバツのときより更に粗くなっていました。
とにかく振り切る、という面では好印象なのですが、引っ張ろうと振り回しすぎていた感じがします。
それでも甲子園で本塁打を放つなど、持ち合わせた勝負強さは天性のものを感じさせてくれます。
惜しくも春夏連覇はなりませんでしたが、センバツ優勝・夏ベスト4の実績は大きいでしょう。
是非プロに進んで欲しいですね。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
記事が遅れまくってしまっております( ;´・ω・`)
現在、選抜の結果を受けて選手の寸評に加筆中です。
新着には致しませんので、興味のある方チェックしてみてくださると幸いですm( __ __ )m

ドラフト候補のニュースが次々と入ってきていて、予想が楽しくなってきましたね。
まだ評価が出揃っていないのですが、各球団の高校生指名の一巡だけ軽く予想したいと思います。
指名順は一巡のみなので関係なし、新ルールに準拠する形で、抽選結果は手元のサイコロで適当にします。
あと現時点では一巡から西武を除いておきます。

中日:佐藤→田中
西武:--
巨人:大田
大阪:植松
阪神:中田
楽天:佐藤
横浜:中田→隈部
福岡:高濱
東京:唐川→大前
千葉:唐川→
広島:唐川
ハム:中田→小杉

西武が入っていたら抽選は中田、外れには赤坂が来るんじゃないかという予想をしています。
あとは野手としては熊代、藤村、土生、岡田、石岡、川辺、余、中村、斎藤あたりが上位指名候補。
投手は郭、河津、下地、栗山、田中、国尾、森田、中井、小亦、福島・・・etc
どういった指名になっていくのか、今から楽しみですね。
その前にまずは制度をしっかりと・・・(σ`・ω・)σ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
選抜野球の総括です。
常葉菊川の初優勝で飾られた今回の選抜野球でしたが、現代野球の強さと弱さの両面を現した大会となったのではないでしょうか。

一番の注目を浴びた中田翔にとっては試練のときでしたね。
壊滅的になったコントロール、威力を失った速球・・・
怪我明けとはいえ、投手としての能力が著しく低下していたことにショックを受けた人も多かったのではないでしょうか。
肝心のバッティングも、内角を突かれると窮屈になり、常葉菊川の田中・石岡のバッテリーに押さえ込まれてしまいました。
守備面でもポカをやらかし、魅力として残ったのは日本人離れしたパワー。
誰もが抱いた期待を、もう一度取り返して欲しいです。

そしてもう一人試練のときを迎えているのが、唐川侑己
制球自慢の彼とは別人としか思えない投球内容には、ドラフトファンもショックだったことでしょう。
速球の威力もなく、変化球のキレもない誤魔化しの投球でした。
もちろん本調子とは程遠い状態ではありましたが、期待が大きかった分反動も大きかったように思います。
夏にリベンジを期待しています。

逆に評価を上げることになったのは、佐藤由規ですね。
怪我明けということで本領発揮とはならないと思いきや、MAX150km超えをやってのけました。
結果としてチームは敗れましたが、モノが違うというところは見せ付けることが出来ましたね。
頑丈を売りにして投げ続けるより、夏に合わせて調整して欲しいです。
怪我は一流の選手でも格を下げてしまいますからね・・・

そして注目度を上げた選手も多く存在します。
熊本工の藤村は俊足で、隈部はタフネスで勝利につなぐ粘り強さで評価できました。
報徳の小杉や広陵の土生は体格に甘んじることなくそれぞれの持ち味を発揮。
粗さの目立つ大会としては、ある種模範的な野球をしていたようにも思えました。

そして捕手は、大阪桐蔭の岡田を筆頭に、常葉菊川の石岡、日大藤沢の川辺など豊富な人材が存在感をアピール。
特に石岡は、その強気なリードで投手を牽引し優勝に導いたことからも評価急上昇です!
強肩強打の川辺や、抜群の身体能力と鉄砲肩の岡田と並んでナンバーワン候補。
三人ともドラフトの上位指名も有り得る逸材として期待が掛かります。


トレーニング方法の進化により、速い球、強力な打球を身につけることが可能になった現代高校野球。
しかし、根本としての野球の技術が粗くなっているようにも感じます。
今回の選抜で決勝まで進んだ2チームは双方ともそういった部分が優れていました。
今一度、野球とはどんなスポーツであるかを立ち返るところまで来ているのかもしれませんね。


面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
四月に入ってから更新が滞ってしまいました。
まずは先月もやったサーチワードから見る注目選手。

第五位:佐藤由規
やはり注目度は高いですね。選抜では一回戦負けでしたが、怪我明けにも関わらずMAX150kmを記録するなど絶好調。
一巡評価は揺るぎませんね。

第四位:クロスウェーバー
ドラフト改正案の中に挙げられ、注目を浴びました。
まだ制度は決定まで行っていませんが、今の流れを見る限り採用はされそうにないですね。

第三位:植松優友
一巡候補の左腕として注目されているようです。
選抜の時期ながらこうして注目されているのは、何らかの原因があるのでしょうか?
恐らく中田翔を抑えこんだ事による注目でしょうか。

第二位:栗山賢
選抜で注目されていたので、納得の注目度です。
制球難が改正されるどころか磨きが掛かったように感じられたのが残念でした。

第一位:大田阿斗里
第二位に四倍の差をつけての一位。
あれだけの投球をすれば注目を浴びるのも納得ですね。
不運の怪我によりその投球をもっと見ることが出来なかったのは心残りですが・・・


選抜の時期ということもあって、ほとんどが高校生選手が上位でした。
暖かくなってきて、アマもプロも野球が盛んなシーズンになってきました。
今年も野球を楽しみましょう!

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
選抜野球の決勝戦は、さすがの激戦となりました。
両投手、ここまでの疲労が隠せないながらも力投。
途中までリードを守っていた大垣日大・・・
しかし!常葉菊川の粘りが奇跡の逆転劇を生み、見事初優勝に輝きました!
(*^^)/。 ・:*:・゜ ★,。 ・:*:・゜☆オメデト

戸狩、田中と石岡、森田、箕浦という両バッテリーの活躍が際立った大会だったと思います。
特に石岡はすぐにでも寸評したいくらいです!
しかし注目されていた選手が期待通りに活躍できたわけでもありませんでした。
これは後々選抜のまとめ記事として書かせていただきたいと思います。
今大会は四死球が非常に多く、守備と投手がどれだけ重要かを思い知らされたチームも多くあったんじゃないでしょうか。
この大会がドラフトに与えた影響はいかに!?

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
相変わらず遅れてのまとめ記事です。
まずは九日目から!

九日目
常葉菊川2-1大阪桐蔭
常葉菊川 000000011 2
大阪桐蔭 000001000 1
投手戦となった優勝候補同士の戦い。
初戦に比べれば中田の出来は良かったものの、やはり制球面には不安が残る内容。
決め球のスライダーに頼らざるを得ない投球でした。
それでも先制して逃げ切りたい桐蔭でしたが、常葉の粘りは凄かった!
田中はこの試合も一失点完投と素晴らしい出来。
優勝候補の筆頭となり、常葉菊川が一気に駆け上がれるか?!

熊本工5-3室戸
室戸* 001000002 3
熊本工 00401000X 5
熊本工はチャンスに畳み掛けて逃げ切り勝利。
室戸も最終回に粘りを見せますが、逆転には及ばずでした。
途中で継投を挟んだとはいえ、隈部の疲れが気になります。

十日目
帝京7-1広陵
帝京 601000000 7
広陵 000001000 1
広陵の野村が立ち上がりを攻め込まれ、勝負アリ。
大田は登板がありませんでしたが、反撃も一点までに抑えられてしまいます。
帝京のチーム力は素晴らしいですね。
しかし大田の状態次第で、この先は大きな影響が出るでしょう。

大垣日大9-1関西
大垣 300041010 9
関西 000000001 1
関西の川辺が立ち上がりを突かれ、序盤で圧力のかかる試合となってしまいます。
大垣日大は確実に得点を重ね、ピンチも切り抜けます。
森田は完投勝利、次の試合へ勢いづいたんじゃないでしょうか。

準決勝
常葉菊川6-4熊本工
常葉菊川 012000003 6
熊本工* 030100000 4
序盤で田中が打ち崩され、大ピンチの常葉。
しかし同点に追いつき、一点差に離された時点で戸狩にバトンタッチ。
この継投が追撃をシャットアウトします。
そして迎えた9回、石岡の一打を皮切りに大逆転!
チーム力の高さで常葉菊川が決勝進出となりました。
熊本工は隈部のスタミナ切れが敗因でしょうか。

大垣日大5-4帝京
帝京 201000100 4
大垣 40010000X 5
まさかまさかの帝京敗退。
大田が先発できず、序盤で打ち込まれます。
緊急登板した大田も本調子とは程遠い内容。
持ち味である豪快な投球が出来ず、力を出し切れませんでした。
打線は頑張りを見せましたが、好機で残塁してしまうこと多数。
大垣日大の森田は4失点ながら完投で逃げ切りました。


さぁ今日は決勝です。
強豪を幾度も撃破し、ベスト8あたりから優勝候補筆頭となった常葉菊川のほうが力は上でしょう。
大垣日大も粘りがちで勝ち進んできていますので、決勝も再現したいところです。
大垣日大は完投続きの森田のスタミナがポイントになりますね。
常葉菊川は名捕手石岡と、田中・戸狩の好投手で打線を抑え込みたいですね。
田中は前日に立ち上がりから失点していることからも、疲れが見えます。
戸狩への継投タイミングが勝負の分かれ目となりそうです。
東海大会でぶつかったときは常葉菊川が勝利。
リベンジか、返り討ちか・・・
選抜の締めくくり、名勝負の予感です!


面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ