FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
大分遅れてしまいましたが。
今年の甲子園を見ていて感じたことなど、総括していきたいと思います。


決勝戦での判定だけが取り沙汰されていますが、実際に野球界に蔓延している審判の横暴は酷いと思いました。
平行していたプロ野球でも、抗議に行った監督に罰金、誤審の審判はお咎めなし。
プロならまだしも、お金をもらっているわけではなく、自分のために野球をやっている高校生に対して絶対的な権力を突きつける審判には憤りを覚えます。
佐賀北・広陵戦に関しては、佐賀北は勝つべくして勝ち、広陵は負けるべくして負けた試合でした。
これが覆るようなことは勿論ありません。
しかし明確に「ストライクゾーン」が規定されているにも関わらず、審判によって誤差がありすぎます。
特に技巧派の投手には、低目のストライクを取ってくれないことにはどうにもならないわけです。
今一度審判の技術向上、誤審の罰則制度、ストライクゾーンの統一を願うばかりです。


マイナスなお話もここまで。
まず、今年の甲子園を語る上で外すことが出来ないのが、佐藤由規です!
MAX155kmを記録した速球に魅せられ、その投球と球速表示に誰もが目を奪われました。
初めて彼を知ったときは、そのスライダーに魅了されたものです。
惜しくも智弁学園に敗退となりましたが、その姿は全国の野球ファンの脳裏に強く焼きついたことでしょう。

そして快進撃を続けた九州勢。
今年の夏は例年を上回る酷暑が続きました。
多少なりとも暑さに慣れているであろう九州側に地の利があったのかもしれません。

春夏連覇をかけた常葉菊川の強さは本物でした。
あぁ、無理かな、と思ってからの粘り強さ!!
特に日南学園戦は今大会のベストゲームと呼んでもいいほどです。
エース田中健二朗も本調子ではないながら辛抱強く投げていたのが印象的。
準優勝の広陵を最後まで苦しめました。
もう立派に強豪校の仲間入りでしょうか?!

私が一番魅了されたのは、文星芸大附の左腕、佐藤祥万
帽子を飛ばしながら投げる様は正に野球少年そのもの。
なのに、投げている球は大人をも唸らせるであろう素晴らしい速球。
まるで漫画の主人公のような、魅力的な投手でした。

注目していた二年生ピッチャーは、期待通りだったのは半々くらいでした。
特に頑張っているな、と思ったのは日南・有馬、甲府・米田の二人。
常葉菊川の戸狩、報徳学園の近田、帝京の高島、宇治山田商業の平生はもう少し成長を見守りたい感じですね。
あまり大きく注目していなかった打者ですが、二年生にもかなりの逸材が。
常葉菊川・伊藤の勝負強さは練習で身に付くものではなく、野球の神様に愛されているとしか思えません。
勿論勝負どころで打てるのは練習に裏づけされた実力があるから。
来年が楽しみで仕方ありませんね。
他にも智弁和歌山の坂口、楊志館の南らが実力を発揮していました。


大会前から大きく注目された中田翔が予選でまさかの敗退。
他にも地方大会で有力候補が敗退し続けるという波乱の展開。
どうなってしまうんだ?という雰囲気の中、前評判通りの力を発揮した中村晃赤坂和幸
投打に高い評価を受け、そのセンスの素晴らしさを存分に発揮した熊代聖人など、ドラフト的にも盛り上がった大会でした。
もう140kmでは驚かなくなるほど、最近の高校野球のレベルは高くなってきています。
しかしプロと比べれば「まだまだ高校生だな」と思わせる部分も多々あります。
それでも、プロがドキッとするほどのプレーを見せるのもまた高校生たち。
是非これから先も、野球ファンたちをドキドキさせて欲しいですね。

ちなみに今大会のベストプレーは、帝京の上原・杉谷による超絶送球でした。
次点で坂口、伊藤、副島の本塁打。
甲子園、また来年!!

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



先日、GetSports内で王監督のインタビューがありました。
非常に興味深い内容でしたので、それについて語ります。
プロ野球を語る身としては、ホークスファンの視点でお話させていただきます。



結論から言えば、王監督にとっての野球は「ときめき」であると言えよう。
サインボールに書かれた「ときめき」の文字は、彼が野球に抱いている気持ちそのものだった。
なぜ野球なのか。
野球が好きだからであって、野球が楽しいからであって、野球で負けたくないからである。
「正直以前は楽に勝てるゲームもあった」
「それが差がなくなった、それが今期」
パッとしないチーム状態を叱責するでも嘆くでもなく、大局的に語っていた。
本調子を出せないで苦悩している松中・小久保・多村らに関しても
「ボクにもそういう時期はあった」
「ここを乗り越えることで彼らにとっても必ずプラスになる」
とクリーンアップ固定の理由も加えて話していました。

王監督はやはり、一年単位で見ていない。
この先のことを考えて、選手の成長を願っている。
そして恐らく、自分と同じ段階まで上がって欲しいと思っている。
野球を楽しみ、ファンを楽しませ、勝利に貢献する。

野球を楽しめているか?義務感でやっていないか?
ファンを楽しませているか?プレッシャーになっていないか?
自分の成績だけに拘りすぎていないか?勝つための手段を考えているか?

王監督は、そういう意味では厳しいと思う。
自分自身にも妥協はしないけど、選手に対する期待も妥協しない。
多くを求めてしまう。


選手たちがそれを自覚しているか。
「王監督を胴上げさせなくては」という気持ちに囚われてはいないか。

野球に「ときめいて」いるか?

彼らは野球の楽しさを知っている。
彼らは勝利の喜びを知っている。
彼らは敗北の悔しさを知っている。

だから、まだ強くなれるはず。
ストロングホークスは、終わらない・・・



頭に浮かんだことを書き連ねました。
そのため読みづらく、内容として面白くないかもしれません。
私は、これを見て改めて「王さんってカッコイイなぁ」と思いました。
そして王監督の子たるホークスに、強くあって欲しいと願います。
シーズンも佳境、王監督の言葉を借りるなら「これからが本番」です!
駆け抜けろ、日本プロ野球界!!


2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
甲子園準優勝、広島代表・広陵高校の主砲。
178cm73kg、右投げ左打ち、三塁手。

広島に凄い左の強打者が居る。
初めて彼を知ったときの風評は、そのようなものでした。
実際に彼の打撃を見ると、強打者というよりは巧打者のそれに近いものを感じました。
バットがスムーズに出てくる柔らかいフォームで、内角も綺麗に外野まで運びます。
それでも意識は長打ばかりに向かず、出塁する、ランナーを返すというチームプレイ。
野球選手としての自覚の高さが伺えます。

運動能力が高く、走攻守揃った選手という評判も。
センバツの時点では守備には粗さがあり、三拍子には「?」をつけたい印象。
外野手だったのが、その時期から三塁手になったばかりだったようです。
それが甲子園ではその守備も大分巧くなっており、走塁面含めて評価してもいいでしょう。
しかし、走塁や守備はそれを売りに出来るほどのレベルではなく、やはり打者としての評価。
明確な技術論を持っており、後輩たちもそれに耳を傾けているほど。
野球脳に優れる、理想的な選手です。
ちなみに苗字は「はぶ」です。

指名予想:広島・ヤクルト・オリックス

広島は野手も高齢化していますし、大砲候補は欲しいところ。
今年の広陵メンバーから一人は広島入りして欲しいですね。

ヤクルトは助っ人外人で有力選手を獲ることに特化していますが、数年でいなくなるパターン。
ラミレス・リグスでいつまでもと言うわけにもいきません。
野手での大砲候補をしっかり指名しておきたいです。

オリックスもクリーンアップが助っ人とベテラン。
ローズ・ラロッカ・北川らは強力ですが、3年後が見えませんね。
岡田と共に大阪に花火を打ち上げられる選手を!


シーズンが進んできて実感するのが、投高打低時代が来ているということ。
記録更新ペースだった山崎・ローズも静かになってきました。
でもこれが本来野球の醍醐味なのかもしれませんね。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
2007年、夏の甲子園での準優勝投手、広島代表広陵高校のエース。
176cm66kg、右投げ右打ち。

惜しくも優勝投手となるのは逃してしまいましたが、十分に評価を上げました。
春までの印象は細めの軟投タイプでしたが、勝負の出来る力強さを身につけたように感じます。
この投手一番の魅力は、制球力
四死球の少なさは大会中でも際立っています。
そしてテンポの良さが目立ちます。
ポンポンと次々に投げ込んでいって、それがコースに決まっていきます。
この術中に数多くの打者たちが翻弄されていきましたね。
リズム良く投げていって試合を作る投手なので、やはり先発向きです。
速球のMAXは140kmそこそこで、ほとんどが130km台。
しかし球威は試合の後半でも落ちず、スライダーを交えた投球術で豊富な攻め口。
そして90km台のチェンジアップ(カーブ?)には驚きです!
速球派ではない選手でも、30km以上の球速差を使った緩急が使えるのです。
勿論多用できる球ではありませんが、甲子園でそれを投げ込める精神力はお墨付き。

決勝の佐賀北戦、敗因はリズムの崩れですね。
テンポで投げ込んでいる以上、自分のペースを崩してしまうと済し崩しになってしまうのかも。
この日は審判が特に低目の判定が厳しく、苦しんでいました。
8回裏の満塁時、1-3の時に投げ込んだ低目の素晴らしい球がボールの判定。
これには野村も驚きの表情を隠せていませんでした。
この押し出しで3点差。
自らのリズムを失った野村は取ってもらえない低目から少しゾーンを上げようと球が甘くなってしまいました。
際どい判定だったとは言えど、最後の球は自分の責任です。
しかし甲子園全体が奇跡の逆転を見たいという空気は異常なものがありました。
あれは高校生には気の毒だったのではないかと思います。
それでも腐らずに後続を断ち、最後まで諦めないで居たのは好感です。

打撃は教科書に沿ったような癖のないフォーム。
ボール球には手を出さず、甘い球は逃さないという基本を忠実に守っています。
野球脳に優れた選手ですね。

指名予想:広島・阪神・楽天

広島は地元のヒーローは逃す手はありません。
新本拠地の広さの中でも、地の利を生かしたピッチングが期待できますね!

阪神は速球派のリリーフ陣に繋ぐ大人な先発として獲得したいんじゃないでしょうか。
130km台の速球と90km台の変化球に苦心した後、150km台を投げ込むJFKが現れれば無敵?!

楽天の勝ち頭は田中・永井・朝井。
技巧派が活躍の傾向にあり、チームとの相性は良さそうです。


優勝投手ということになれば違ってきたんでしょうが、プロの評価は如何ほどでしょうか。
とても良い選手だと思いましたし、地元の広島に入って欲しいとも思いました。
大学・社会人で経験を積んでからというのも面白いですが、いち早くプロで見てみたい選手です。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
常葉菊川の遊撃手、長谷川裕介。
175cm72kg、右投げ右打ち。

一試合二本の3ランホームランを放って一躍注目を浴びた強打の遊撃手。
その実、5ツールプレイヤーの資質を持っている有望な選手です。
甲子園という大舞台で二本の3ランというのは、やはり強心臓あってのことかと思います。
しかしこれはあくまで好機を逃さない資質であって、大砲の資質ではありません。
将来クリーンアップを担う選手かというと、やはり少し違ってきます。
あの場面で本塁打を打てたのは、リストの強さが起因の一つになっていると思いました。
右への大きい当たりは見せていませんが、広角に打てるだけの力はあるでしょう。
将来的な伸び代に期待したい選手です。

走塁も平均以上のものは見せてくれました。
何より、攻撃型と思わせておいて高い守備力は魅力的。
守備範囲も広く、フィールディング能力も高評価。
そしてこれだけリストの強い送球は中々見れるものではありません。
それが災いして少し送球が逸れることもありましたが、元々技術の高い選手なので修正可能。
球界を代表するショートに育って欲しいですね。

指名予想:巨人・広島・西武

巨人にとってはポスト二岡として坂本と競わせると面白い存在。
生え抜きで打線を組んで欲しいですね~

広島は新人王を取った梵も社会人出身で若くありません。
急ぐほどでもありませんが、内野手の後継者も出来るときに整備しておきたいですね。

西武は若い選手が頑張っていますが、守備がチョット・・・と思います。
残っていればですが、ショートを長谷川が守って、中島がサードなんていうのもいいですね!


甲子園が終わり、ドラフトまで時間がなくなって参りました。
ココに来て評価急上昇の遊撃手、どこまで伸びる?

修正:ご指摘を頂き、名前の間違いを修正しました。
×長谷川祐介 ○長谷川裕介
失礼致しました(*_ _)人

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
大躍進の大分代表・楊志館高校を支えるエースピッチャー。
173cm70kg、右投げ右打ち。

夏までに明らかな成長を見せ、MAX147kmを投げ込めるようになりました。
速球の質としては伸びるタイプではありませんが、打ち取れるだけの力は感じました。
かつ、カーブ、スライダー、チェンジアップと豊富な投球バリエーションを持っているのは素晴らしい。
特に130km台のスライダーは鋭く落ちて、空振りを取るピッチングも可能。
制球は悪くなく、多少ズレることがあっても様々なコースを攻められます。
時にはビシッとコースに決まることもあり、安定感には課題アリも力アリ、といったところでしょうか。
豊富な球種、豊富なコースでの戦略の広さは先発向き。

ただスタミナ配分が上手くないのか、良いイニングと悪いイニングが割とハッキリしています。
カウントを悪くしたり、ランナーを溜め込んだりすると投球が窮屈になる点も課題。
それがストイックさとして成長の糧になれば面白いと思います。
小柄で角度が作りにくい部分を、どう補っていけるかが今後を左右するかもしれません。

指名予想:阪神・ソフトバンク・西武

負けん気が強そうだな、というイメージを受けたので阪神に馴染みそう。
不足している先発陣に、勢いのある投手がいれば躍進の手助けに。

ソフトバンクはやはり地元の選手ということで。
日南学園の湯野が殆ど投げておらず、九州勢右腕の候補が少なかったことは残念でした。
そんな中、九州勢の右腕で有力候補が挙がったとなれば無視は出来ません!

西武は西口が苦戦していて、思うように行かない状態。
涌井・岸など若い右腕が頑張っているので、その技術盗めれば。
元々戦略バリエーションは多いので、うまく育つかもしれません。


右腕は特に体格が気になってしまいますね。
しかしホークスの和田もかつては「体格的に厳しい」と言われた時期がありました。
一人の先駆者が、それまでのイメージを打破してくれることを期待します。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
センバツ準優勝、甲子園ベスト8の岐阜代表・大垣日大高校のエース。
175cm73kg、右投げ右打ち。

強烈なバックスピンの効いた速球が武器。
140kmそこそこだった球速は、夏までにMAX148kmまで上げてきました。
見てハッキリと分かるノビがあり、空振りを取れる貴重な速球を持っています。
制球は若干甘いものの、球のキレがそれをカバー。
さらに、決め球として使えるスライダーは打者の手前で変化する素晴らしいキレ。
総合的に空振りを取ることを得意とする投手ですね。
しかしスピンを効かせている分、球質は軽め。
イニング後半に球が捉えられ始めると、想像以上に連打を浴びることも。
そういった面からも、緩急を憶えるか、カットボールなどが使えるようになれば理想的。

元々は野手の評価が高かったこともあって、スイングは鋭いです。
割とプルヒッターな印象を受けましたが、ミートが下手というわけでもありませんね。
ただ、この選手はやはり投手でしょう。

指名予想:中日・ヤクルト・オリックス

中日としては東海の逸材を他所にはとられたくないのではないかと(。→ˇ艸←)
一年目からリリーフとしても活躍できそうです。

ヤクルトは五十嵐がいないのに慣れてしまいましたね。
五十嵐・藤川のような速球派リリーフでチームを救って欲しいです。

オリックスは先発候補として欲しいんじゃないでしょうか。
何となく、ありそうな気がして・・・


夏までに大きく成長した選手は評価したいですね。
身長がもう少しあればもっと魅力的なんですが、それを気にさせない投球が出来る選手です。
それにまだまだ18歳ですし、伸びないことも・・・ない?

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
島根代表・開星高校の捕手。
178cm78kg、右投げ右打ち。

捕手の褒め方といえば強肩強打としか言いようがないのですが、この選手もまさに強肩強打。
しかし、それだけで終わらないのがこの選手の凄みです。
何といっても、球を後ろに逸らさない。
身長が特筆して大きいわけではありませんが、高めに抜けた球も素早く反応して捕球します。
確かな身体能力に支えられたスペックと、遠投110mの強肩は捕手としても最高峰。
打撃も落ち着いて球を捉え、打球スピードも十分。
まさしく欠点のない選手です。
リードについては、投手の特性を理解したうえで気持ちよく投げさせるタイプ。
エース吉田は球が浮きがちでしたが、身振りで低目を急かすような真似はしていません。
バッテリー間の信頼があってのことでしょう。

実際に見た捕手の中では、強肩の岡田、スケールの川辺、守備の石岡といったイメージ。
そんな中、早戸は"総合力"の捕手といったところでしょうか。
他の捕手に比べて絶対的に負けない要素は持っていませんが、不足した要素もありません。
この先どういった選手になるかは、指導者のめぐり合いに左右されるかもしれませんね。

指名予想:阪神・オリックス・楽天

阪神の捕手も次世代を増やしたいところ。
夏になって色々と方向転換をしているようですし、下位で捕手を補給できれば儲けもの?

オリックスが獲得を検討している倉重は打撃はあまり評判は良くないタイプの捕手。
いざというときのために、あらゆる可能性を秘めた捕手は魅力的では?!

楽天野村監督の捕手学と、投手を立てる早戸の捕手学がどう噛みあうか。
上手く噛みあって、面白い選手になって欲しいですね。


一目見て「いい捕手だ!」と思いました。
是非プロで見てみたいですね。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
宇治山田商業のエースにして主砲、中井大介。
181cm74kg、右投げ右打ち。

同校の出身としてSBホークスの江川と比較され、江川二世として注目を浴びました。
5ツールプレイヤーの資質という面では似ている二人。
しかし実のところ、タイプ的には必ずしも同じという選手ではありません。
中井大介・・・それは、投打に高い可能性を秘めた稀有な存在なのです。

・投手として
まるで体を弓のようにしならせて、鞭を振りぬくように球を投げます。
その柔軟性から来る速球はMAX146kmを記録し、ノビも十分。
空振りを取れるタイプの速球です。
そして素晴らしい変化球の、スライダー。
打者の手前で鋭く変化し、キレも抜群です。
制球には若干の甘さがありますが、投げる球の質で補っていけるレベルでしょう。

・打者として
投球と同じように、柔軟性を生かした柔らかいバッティング。
どんなコースでも器用に打ち、左右どこへでも打てる対応力も大きな魅力。
ただ捉える事に自信があるのか、どんな球にでも手を出して早打ちで打ち取られるケースも。
積極性として買いたい部分でもありますが、やはり大事なのは結果。
そういった甘さを一つずつ消していきたいですね。
外野としての守備は平均的なレベルには達しているように見えました。
ついでに、評判の高い内野守備はついに見れずじまいでした。

抜群の資質を持っている選手ではありますが、太ももの負傷や肘の故障などの怪我暦。
これは富んだ柔軟性の代償でもあると思います。
しっかりと体を作って、柔軟性を活かしきれる体が出来上がれば大物のなるでしょう。
投打どちらに専念するのは難しい問題ではありますが、怪我歴などから言って打者向きですね。

指名予想:巨人・中日・ソフトバンク

巨人はデカイのが打てる打者が欲しいでしょう。
内野手評価も高いということで、ポスト二岡に?

中日は地元の逸材として逃したくはないところ。
先の江川は取り損ねているために、今回も並々ならぬ思いがあるかもしれません。

ソフトバンクは言うまでもなし、打線に力を組めるためです。
早目からマークしていましたし、江川と並べて5ツール同士が並ぶのもいいかもしれませんね。


素質の良さは見せたものの、それに振り回されている印象が強かった選手です。
打者として見ていたい選手ですが、投手としても大成できる可能性はあると思います。
その無限の可能性を見事満開にする日を待ちたいですね!!!

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
帝京高校の左腕エース、垣ヶ原達也。
176cm70kg、左投げ左打ち。

あの大田阿斗里からエースナンバーを奪取した実力。
二年生にも148km右腕、高島がいるにも関わらず、二人にはない安定感が彼の立場を上げました。
彼の特徴は、やはり制球力。
内角を積極的に攻め、打者を詰まらせるスタイル。
フィールディングでの守備判断も良く、バント処理も冷静。
自分で考えてプレーできる選手です。
また完投能力も高く、先発としての資質に長けています。
持ち球はスライダーとチェンジアップ。
スライダーを決め球に使い、チェンジアップでタイミングをずらしてストライクカウントを稼ぎます。
『これだけは』という特徴が欲しいですが、高いレベルでまとまった好投手だと思います。

指名予想:ヤクルト・中日・楽天

ヤクルトは投手陣整備ということでリストアップしなければならない選手ですね。
頭の良い選手でしょうから、すくすくと育ちそう。

中日は想像以上に投手再編が急を要しますね。
投手王国の次世代左腕として是非。

楽天は最上位が佐藤由規確定でしょう。
それでもやっぱり左腕も欲しいでしょうから、実戦型の考えられる投手を。


関東勢最後の砦として良く頑張ってくれました。
際どい判定にも腐らず、精神的に強い投手です。
プロにしろ、大学・社会人にしろ野球を続ければきっと伸びると思います。
頑張ってその日を迎えて欲しいですね(●≧∇≦)ノ

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
帝京高校の四番打者、中村晃。
176cm80kg、左投げ左打ち、一塁手。

大阪桐蔭の予選負けで中田翔から赤坂へ。
そんなスラッガーに対する期待を、一番に受けるべき打者は彼でした。
高校通算で60発の長打力は疑う余地なし。
背筋240kg、握力右70kg・左68kg、50m6秒1と、身体能力も抜群。
彼の評価を下げていた点は、小柄なことと一塁手であることだったと思います。
実際に見てみると、それらを気にさせるようなプレーは微塵もありませんでした。

まず、打撃について。
苦手なコースがなく、好きに粘って好きに打っている。
そんな印象を持たせるほど、暴れ放題でした。
内角を巻き込んで打つ技術もあり、既に立派な安打製造機候補生。
特に打球のスピードは完全に高校生のレベルを逸しています。
打球速度・ミートセンスから見るに、木製バットにもそんなに苦戦しないのではないでしょうか。
次に、走塁。
足を怪我しているとのことでしたが、次の塁を狙うセンスは卓越しています。
どんなときでも進塁を果敢に狙い、三盗を刺されたときもタッチを避けてセーフにして見せました。
最後に、守備。
帝京の内野はとてもレベルが高く、ファインプレー連発。
しかし、その分一塁への送球も荒れ気味。
それでも後ろには逸らさず、確実に捕球する守備力は高い評価を出したいです。
左利きなので将来的なポジションは限定されますが、高い可能性を秘めた選手であることは間違いありません。

指名予想:阪神・ソフトバンク・日本ハム

阪神は桜井・林の台頭により打線に力はあり。
しかしレギュラー陣には高齢化が進んでいて、予断を許さない状態。
JFKが不動のうちに、打って勝てるチームを。

ソフトバンクは補強点と言うか、ファンの観点として入れました。
これだけ投手陣が頑張っているのに、あと一点が遠い。
あれだけの打線で、得点が相手チームを上回れない勝負弱さ。
中村晃は、チームの勝利へ大して貪欲で、勝ちのために本塁打を捨てることすら厭わない。
自分への欲を抑えて、勝利への欲がひたすらある。
本来の強さを発揮できないチームの、救世主になれる選手だと思っています。

日本ハムも投手陣の頑張りでここまで来ています。
投手陣は磐石に見えますが、若い投手が多いのもあって勢いはあれど安定に欠けます。
小笠原がいれば・・・と嘆く状況を作らないためにも、将来の四番を。


週間ベースボールでは5ツールプレイヤーの一人として特集に入っていました。
資質の高さは証明済み、あとはどうやってそれを開花させていくか。
非常に楽しみな選手です。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
甲子園栃木代表・文星芸代附属高校の左腕エース。
173cm70kg、左投げ左打ち。

140kmに達するか達さないかくらいの速球に打者がくるくると回る。
こんな左腕を、プロでも見たことがあると思います。
それを高校生ながら高レベルでやってのけるのが、この佐藤です。
惜しくも今治西に破れてしまいましたが、今大会№1左腕だったのではないかと思います。
田中健二朗の不調も重なりましたが、結果的にトップクラスの力は揺るがないでしょう。

球持ちよく、打者からリリースポイントが見え辛いフォームは実戦で大きな効果を生んでいます。
恐らく140km満たない球に150km以上の速度を感じるのではないでしょうか。
速球の質自体も、ノビがあって素晴らしい。
かつ、コースに決められる制球力も抜群。
四隅のどこでもストライクを取れるのには感嘆するしかありませんでした。
変化球はスライダーとチェンジアップ。
特にスライダーはキレが良く、速球と見分けがつきません。
実戦で有効活用しているのは余り見れませんでしたが、チェンジアップで緩急をつけられるというのも高評価。
そしてこの変化球の制球も○なんです。
見ていて、ストライクを取りたいときにストライクを取れる、そんな力を感じました。

指名予想:横浜・ソフトバンク・楽天

横浜は大学・社会人でも左腕を狙うと思います。
何とか先発陣を磐石のものへと仕上げていけば、優勝できる土台はある?!

ソフトバンクは先発に左腕が多いものの、リリーフの左腕が結果を出せずに居ます。
和田・杉内が先発で当確、神内・森福・大隣は調子を見ながら。
三瀬・小椋・山田・篠原でどこまで任せられるのか。
大田原と共に左の先発として獲得すれば、その分他の選手を中継ぎに回せます。

楽天は中々先発を任せられる左腕が不足しています。
即戦力の大学・社会人で補充したい部分もあるでしょうが、将来も見越せなければなりませんね。
3年後にはエースになっているかも?ヾ(*`∀´*)ノ


帽子を飛ばしながら目一杯投げるのも面白かったです。
もう少し勝ち進めば、新たなニックネームがつけられていたかもしれませんね。


2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
思えば当ブログが開設してFC2に移行してから半年が経ちました。
それに気づきカウンタを見てみると、丁度キリのいい数字が!

というわけで・・・

★☆。.:*:・"゚★('-^v)Thanks(v^-')★。.:*:・"☆★

トータルアクセス40000HIT!!!

感謝御礼!!!


★☆。.:*:・"゚★('-^v)Thanks(v^-')★。.:*:・"☆★


本日時点でのblog村(野球)での順位:135位
本日時点での人気blogランキング(野球)での順位:235位


今の時期は甲子園での高校野球が熱く、たくさんに人に見ていただいて嬉しい限りです。
このような拙いブログですが、これからも頑張っていい記事を書けるようにしたいと思います。
今後とも、『BaseBallMyStar』をよろしくお願いいたします(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

管理人:柴原夏海(σ`(Å)´)σ


面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
市立船橋高校の右腕エース、岩崎翔。
183cm76kg、右投げ右打ち。

速球のMAXが149km達成ということで一気に注目を浴びました。
183cmという身長も将来性への期待に拍車をかけますね。
将来的には150kmを見込めます。
しかし、この速球の表示に拘るようならあまり伸びないような気がします。
速球にはノビがなく、球速表示より遅く感じてしまう球質。
捕手の手元で球が大きく沈んでしまうので、終速で落ち込むタイプかも。
角度を作れる体格があるのに、ちょっともったいないと思ってしまいました。

変化球はスライダーぐらいしか印象に残った球はありませんでした。
速球もそうなのですが、アウトコースで高低を使うのは中々巧みです。
しかしそれが一辺倒になってしまい、結果として狙い球を絞りやすくさせていました。
捕手の配球もあるのかもしれませんが、内角を攻められれば世界が変わりそうな素質はあります。
現時点では素材型の投手ですね。

指名予想:阪神・ロッテ・西武
150km手前の大型投手、そんな素材は阪神が好きな印象。
JFKで味を知り、「速球リリーフによる系統」は阪神の伝統になる?

ロッテは地元素材を逃したくはないでしょう。
今年の千葉は豊作ですから、迷うところですね。

西武は「残っていてくれ!」と願いを込めるばかり。
素材型として評価が割れれば4巡目にも・・・
残っているなら超お得!ですね(≧∇≦)b


千葉・速球派の双璧として山崎と共に好評判だった二人。
実際は速球に角度はつけられるものの、制球面に課題がありました。
しかし激戦区千葉を勝ち抜いた彼らには、確かな「何か」が宿っているはず。
その「何か」が咲くときに、立ち会いたいものです。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
高知高校の二枚看板、そのエースを担う投手。
183cm75kg、右投げ右打ち。

制球が良く、変化球でカウントを取れると評判の投手。
実際に見てみると、評判通りの技巧派投手でした。
特にスライダーはキレがあり、高校生レベルの球ではないと感じました。
ブレーキがよく利いており、スラーブに近い軌道を描きます。
速球は130km前半で、変化球を含め果敢に低目を攻めるピッチング。
速球とスライダーの球速差が10km前後で見極めづらいのは大きな長所。
スライダーにブレーキ効果があるためバッターが幻惑されているように映りました。

しかし配球がスライダーに頼りすぎ、甘く入ったところを狙って返されていました。
もう少し緩急を使うか、速球に頼っても良かったのでは、と感じます。
いいものは持っていますが、投球バリエーションが窮屈になってしまっていますね。
制球は悪くないのですが、安定感には少し欠ける感じがします。
一度際どいコースをボールと判定されると、似たようなコースで四球を出してしまう点は課題。
少ない球種でも打ち取れる術が確立されれば、成長の急カーブを描けるかも?

指名予想:ヤクルト・日本ハム・西武
ヤクルト投手陣の再編として、制球の良い投手は必要でしょう。
高津のようになれれば!

日本ハムは高卒投手の活躍が著しいですね。
左腕のほうが足りていませんが、実力が評価されれば十分にありそう。

西武は不利な状態でいかにいい選手を確保するかが問題。
うまく国尾が残っていれば指名可能性アリ?


森田との二枚看板と思っていましたが、今は森田は投げていないようですね。
国尾も悪い投手ではないのですが、今大会は九州勢に勢い負けしてしまいました。
次なるステージでの活躍が見てみたい投手ですc(>ω<)ゞ

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
富山代表・甲子園出場校、桜井高校の四番バッター。
189cm80kg、右投げ左打ち、一塁手。

素晴らしい体格を誇る富山№1スラッガー。
プロからは柔らかく豪快な打撃で中日の中村紀洋に近い評価を得ています。
アマチュア時代から一塁を守っているということで守備面に若干の不安がありました。
しかし、実際に見てみると悪送球も逸らすことなくしっかりと捕球。
高めの送球はその体格どおり、低目の送球にも巧みなグラブ捌きを見せてくれました。

走塁面は外周を大きく回ってしまうので上手とはいえませんでした。
ですが、体格の割にはドタドタせずに走れていました。
センス・身体能力に技術が追いついていない印象ですね。

しかしこの選手の進化は勿論打撃です!
手元でソフトクリームを模るようにグルグルとバットを回す特徴的なフォーム。
投手がリリースに入ると右足を胸元まであげ、一気に振り切る豪快さ。
他の選手にはない独特の大物感を感じさせてくれます。
前評判通り、イメージに反して打撃には柔らかさを持っています。
それでいて、強い打球を放つことが出来ている理想的なセンス。
しかし東福岡戦では後半になるほど力み、スイングに体が負けてしまっているように見えました。
もう少し下半身をどっしりと構えて、スイングをコントロールしたいところ。
技術自体は才能の片鱗を見せています。
0-3から入った甘い球をセカンドゴロにしてしまう気負い方、そうしたメンタルコントロールも課題。
早打ちする悪癖も。

指名予想:阪神・中日・ソフトバンク

単純に、欲しがっている記事が出た三球団をピックアップしました。
阪神は桜井の開花、林の一巡定着など大砲への目処が見えてきた感があります。
しかし打撃ほど水物はありませんから、大型の大砲にはまだまだ御執心?

中日は藤井をかなり高く評価していますね。
育てる自信があるということでしょうか・・・。
意外と三巡くらい使って獲りにくることも?

ソフトバンクは打力強化が至上命題。
昨年の高校ドラフトは野手で固めました。
しかし、一番大砲候補として期待されていた伊奈が先の見えない状態。
左の大砲の必要性は依然高いままです。


お気に入りの選手だけに、酷評した部分もあります。
しかしインタビューで見せた地元への愛着と責任感。
負けたときの心底悔しそうな涙。
そしてチームメイトと本当に楽しそうに野球をしている姿。
喜ぶことも楽しむことも、悔しがることも・・・みんな全力で取り組んでいる。
そんな直向きさが、何よりも格好いいです。
本当に野球が好きなんだなぁ、と伝わってくる選手です。
是非ソフトバンク・ホークスに来て欲しいですねヾ(*`∀´*)ノ


さて、今すぐにでも書き上げたい選手が居るのですが・・・
まだ敗退していない高校の選手は評価を完成させるわけにも行かず
そんなわけでゆっくりになるでしょうが、多めに評価を上げられればと思います。
精進いたしますので、しばしお待ちを。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
甲子園大会が熱くなる今日この頃。
大会が開催され、新たなスターが現れたりもするでしょう。
それにより例年のようにドラフトにも動きがあることでしょう。
と、いうわけで大会が終わる前にもう一度予想しておきたいと思います。
勿論大会が終わってからもう一度|艸`●)☆.:゜+。★
オールスターにてセ・リーグに優先権が与えられたので、セ→パ→セ→・・・という順番になります。
指名順は順位予想を含めてありますが、前回予想と同じになっています。
それではスタート〜(  ̄3 ̄)

球団|一巡|外れ|二巡|三巡|四巡|五巡|六巡|七巡|
広島||−−−||友滝|橋本裕|−−−|−−−|
大阪|中田翔|−−−||高木||−−−|−−−|
東京|佐藤由|−−−|田中広|清原|樺澤|−−−|−−−|
楽天|佐藤由|佐藤祥|−−−||舟生|−−−|−−−|
阪神|中田翔|−−−|宇土||中村憲|−−−|
西武|***|***|***|***|坂本|河津|山崎正|竹嶋|
横浜||−−−|−−−|中村晃|永井|浦川|−−−|−−−|
千葉||岩崎|−−−|斉藤彰|下地||−−−|−−−|
中日|佐藤由田中健|−−−|伊藤準|古谷|柴田|−−−|−−−|
北海|中田翔|樋口|−−−|伊藤光|西村|中西純|−−−|−−−|
巨人|中田翔|−−−|平川|菅野|伊場|−−−|−−−|
福岡||中井|−−−|安部|藤井|湯野||−−−|

甲子園で仙台育英大活躍!佐藤由規フィーバー!
常葉菊川も大きく評価を上げました!・・・という設定でやってみました。
今回は地元や縁故を重視して、ちょっと面白感覚で。
中田が4、唐川・佐藤が3ずつ競合、高濱が1本釣り。
一巡指名放棄球団はなしです。

というか本当は試合始まる前から書き始めてたんですが、上げるの忘れてました・・・
たとえ次で負けたとしても佐藤の評判はうなぎ登りでしょうね!
ではでは!


2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
情報が遅れ気味なのはご勘弁を(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ
先日抽選会が行われ、驚きの結果が!
今回は東西で分けず(東京と北海道は初戦で当たらないよう例外)、いきなり同地区対決も。
見やすい表は格スポーツ紙等のサイトをご覧ください。


8日(水) 9:00 開会式
第1試合 10:20 佐賀北(佐賀) - 福井商(福井)
第2試合 12:50 岡山理大付(岡山) - 興南(沖縄)
第3試合 15:20 文星芸大付(栃木) - 市船橋(千葉)
9日(木)
第1試合 8:30 松商学園(長野) - 近江(滋賀)
第2試合 11:00 今治西(愛媛) - 八代東(熊本)
第3試合 13:30 智弁和歌山(和歌山) - 仙台育英(宮城)
第4試合 16:00 尽誠学園(香川) - 智弁学園(奈良)
10日(金)
第1試合 8:30 駒大岩見沢(北北海道) - 帝京(東東京)
第2試合 11:00 神村学園(鹿児島) - 金光大阪(大阪)
第3試合 13:30 甲府商(山梨) - 境(鳥取)
第4試合 16:00 花巻東(岩手) - 新潟明訓(新潟)
11日(土)
第1試合 8:30 愛工大名電(愛知) - 創価(西東京)
第2試合 11:00 大垣日大(岐阜) - 金足農(秋田)
第3試合 13:30 東福岡(福岡) - 桜井(富山)
第4試合 16:00 駒大苫小牧(南北海道) - 広陵(広島)
12日(日)
第1試合 9:30 青森山田(青森) - 報徳学園(兵庫)
第2試合 12:00 聖光学院(福島) - 岩国(山口)
第3試合 14:30 長崎日大(長崎) - 星稜(石川)
13日(月)
第1試合 8:30 常総学院(茨城) - 京都外大西(京都)
第2試合 11:00 徳島商(徳島) - 開星(島根)
第3試合 13:30 楊志館(大分) - 高知(高知)
第4試合 16:00 常葉学園菊川(静岡) - 日大山形(山形)
14日(火)
第1試合 8:30 桐光学園(神奈川) - 日南学園(宮崎)
第2試合 11:00 前橋商(群馬) - 浦和学院(埼玉)
第3試合 13:30 宇治山田商(三重) - 佐賀北と福井商の勝者
第4試合 16:00 岡山理大付と興南の勝者 - 文星芸大付と市船橋の勝者

以下、2ちゃんねるより転記のブロック別情報。
(この書き込みの知的財産権・その他の権利は2ちゃんねるに帰属します。)


18 名前:名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2007/08/05(日) 23:40:13 ID:3R3a6Llm0
     【第1】        【第2】        【第3】          【第4】
    ┌─┴─┐      ┌─┴─┐      ┌─┴─┐      ┌─┴─┐       
  ┌┴┐⑩┌┴┐  ┌┴┐⑩┌┴┐  ┌┴┐⑩┌┴┐  ┌┴┐⑩┌┴─┐   
  │⑤│  │⑥│  │⑥│  │⑥│  │⑥│  │⑦│  │⑦│  │⑦┌┴┐ 
  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │①│ 
  長  星  常  京  徳  開  楊  高  常  日  桐  日  前  浦  宇  佐  福 
  崎  稜  総  都  島  星  志  知  葉  大  光  南  橋  和  治  賀  井 
  日      学      商      館      菊  山  学  学  商  学  山  北  商
  大      院                      川  形  園  園      院  田         
                                                          商     
           【第5】                    【第6】
        ┌───┴───┐              ┌───┴───┐       
    ┌─┴─┐  ⑪  ┌─┴─┐      ┌─┴─┐  ⑪  ┌─┴─┐   
  ┌┴┐⑦┌┴┐  ┌┴┐⑧┌┴┐  ┌┴┐⑧┌┴┐  ┌┴┐⑧┌┴┐ 
  │①│  │①│  │②│  │②│  │②│  │②│  │③│  │③│ 
  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │ 
  岡  興  文  市  松  近  今  八  智  仙  尽  智  帝  駒  神  金 
  山  南  星  船  商  江  治  代  弁  台  誠  弁  京  大  村  光
  理      芸  橋  学      西  東  和  育  学  学      岩  学  大 
  大      大      園              歌  英  園  園      見  園  阪
  付      府                      山                  沢

19 名前:名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2007/08/05(日) 23:40:44 ID:3R3a6Llm0
            【第7】                     【第8】
        ┌───┴───┐              ┌───┴───┐       
    ┌─┴─┐  ⑪  ┌─┴─┐      ┌─┴─┐  ⑪  ┌─┴─┐   
  ┌┴┐⑧┌┴┐  ┌┴┐⑨┌┴┐  ┌┴┐⑨┌┴┐  ┌┴┐⑨┌┴┐ 
  │③│  │③│  │④│  │④│  │④│  │④│  │⑤│  │⑤│ 
  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │  │ 
  甲  境  花  新  愛  創  金  大  東  桜  駒  広  青  報  聖  岩 
  府      巻  潟  工  価  足  垣  福  井  大  陵  森  徳  光  国 
  商      東  明  大      農  日  岡      苫      山  学  学     
              訓  名          大          小      田  園  院     
                  電                      牧


第3ブロック、第6ブロック、第8ブロックは激戦区ですね。
注目のカードはやはりいきなり激突の広陵vs駒大苫小牧。
そして仙台育英vs智弁和歌山も見逃せません。
常葉菊川、日南学園は勝ち上がったとしてもすぐぶつかってしまうという展開。
優勝候補のチームは皆激戦区に入ってしまった印象です。
今年は一体どんなドラマが生まれるのでしょうか?!
皆さん、楽しみましょ━━(´∀`)・ω・);゜Д゜)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)≧。≦)^◇^)゜з゜)━━!!!!

各都道府県代表高一覧
2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
とうとう甲子園へと進むそれぞれ都道府県の代表が決定しました。
その代表校と、優勝予想的なもの、注目選手などをチェックしましょう!

予想:◎=本命 ○=有力 △=大穴

北海道
北北海道 駒大岩見沢 小林と白崎のWエース。
投 小林勇人 178cm70kg 右投左打 速球に球威。スライダーとカーブで組み立てる投球。
投 白崎勇気 178cm71kg 右投右打 140近い速球とカーブ、スライダーを駆使した丁寧な投球。

南北海道 駒大苫小牧 5年連続出場。昨年のメンバーは殆ど入れ替え。
投 菊池翔太 180cm70kg 右投右打 フォークなど使った本格的投球。
投 対馬直樹 176cm76kg 右投右打 144kmの速球でエースの座狙う。

東北
青森 青森山田 大会四連覇。機動力に評価。
外 中西純平 183cm83kg 左投左打 強肩強打、140m弾に140km級の肩が備わる。
外 近藤龍義 172cm71kg 右投左打 俊足巧打のトップバッター。50m6秒0で走る。

岩手 花巻東 2年ぶり、サヨナラ勝ちでの優勝で勢い○。
外 関口翔 173cm76kg 右投左打 背筋250kgのパワーで30発以上記録。
投 菊池雄星 183cm75kg 左投左打 一年生ながら140kmの速球と多彩な変化球で本格派。

秋田 金足農 中央地区予選優勝の勢い。打線のしぶとさに評価。
投 今野陽介 180cm70kg 右投右打 130km後半の速球にキレ。スライダーとカーブ操る。
外 佐藤弘典 173cm73kg 右投左打 広角に打てる打力、バネ○、速度○、守備範囲も○!

山形 日大山形 2年連続。自ら打ち立てた山形最高の8強更新を狙う。
外 舟生源太 186cm80kg 右投左打 3拍子揃う身体能力。逆方向にも長打、低目も得意。
投 安部拓也 175cm68kg 右投右打 サイドから制球、キレに評価。スライダー、シンカー持ち。

宮城 仙台育英 県内2強。充実した投手力が魅力。
佐藤由規 178cm73kg 右投左打 MAX155kmの速球に、世代トップクラスのスライダー。
外 橋本到 173cm68kg 右投左打 抜群のセンスで高い出塁率と守備範囲に定評。二年生。

福島 聖光学院 センバツに出場し春夏連続、完成度の高いチーム。
一 黒羽剛広 177cm69kg 右投左打 速球・変化球共に広角に弾き返す中距離打者。二年生。
外 末永豪 176cm76kg 右投左打 広いヒットゾーンで豪打を放つ力・技を兼ね備えた打者。

関東
茨城 常総学院 連覇で11回目の甲子園出場。集中力のある攻撃に期待。
投 清原大貴 180cm73kg 右投右打 MAX144kmの速球はコンスタントに140を記録。

栃木 文星芸大付 連覇で11度目出場、昨夏のメンバー4人残る。
投 佐藤祥万 173cm70kg 左投左打 打ちにくさ全国屈指、スライダー・チェンジアップで翻弄。
投 菊池香介 177cm83kg 右投右打 浦和学院から編入し、春に解禁。140km投げ込めて強打も。

群馬 前橋商 2年ぶり4回目出場。強打の逸材に注目。
一 大古拓郎 185cm90kg 右投右打 本塁打量産中、期待の二年生。屈指の飛距離を甲子園で。
遊 樺澤健 177cm70kg 右投右打 一年から四番に座る。速いスイングで逆にも長打、通算40発。

埼玉 浦和学院 波乱続きの中実力発揮。中田不在で赤坂がスター候補に。
赤坂和幸 184cm80kg 右投右打 通算60発弱の長打力は今大会最強クラス。投げても○。
三 鮫島勇人 173cm73kg 右投左打 30発超の本塁打。昨年ヤクルト入りした増渕からも。

千葉 市船橋 激戦区制したチーム力。夏に強い。
投 山崎正貴 182cm76kg 右投右打 高い身長から140km台の速球を投げ込める。
投 岩崎翔 183cm76kg 右投右打 高身長から角度をつけて149km。今が成長株。

東東京 帝京 圧倒的な横綱相撲。
大田阿斗里 187cm92kg 右投右打 素材型ながら20奪三振、148kmなど将来性計り知れず。
投 垣ヶ原達也 176cm70kg 左投左打 強気に内角を突く左のエース。
一 中村晃 176cm80kg 左投左打 通算60発の長打力に高い運動能力、センス抜群の野手。

西東京 創価 混戦制して12年ぶりの出場。
投 勘米良駿 176cm76kg 左投左打 速球は130km台だが球持ちが良く、粘り強いピッチングが○。

神奈川 桐光学園 スター型ではないが、総合力の高さが光る。
一 秋山紘樹 178cm85kg 右投左打 強烈なライナーと足を完備する二年生。
外 牧野寛明 175cm70kg 右投左打 内角を打つ技術、スタートの良い走塁、守備の判断能力○。

山梨 甲府商 春夏制覇。夏のVは44年振り!!
投 米田易弘 179cm70kg 右投左打 130km台ながら慶応義塾を3安打完封、堀内二世の声。

北信越
新潟 新潟明訓 甲子園常連校。災害を乗り越えて。
投 永井剛 172cm71kg 右投右打 背筋275kg、遠投125m、速球派MAX147km。変化球も豊富。
捕 川上大輔 171cm73kg 右投右打 県大会でサイクルヒット記録。長打力に期待。

長野 松商学園 下級生に力アリ。2年ぶりの甲子園。
投 田中憲太郎 182cm75kg 右投右打 投手に転向したばかり。制球良く、スライダーやカーブ使う。

富山 桜井 破壊力のある打線で17年ぶりの甲子園出場。
一 藤井翼 189cm90kg 右投左打 長打を打ちまくり、外角を強引に、膝元も見事にスタンドへ。
捕 中西恵太 175cm78kg 右投右打 藤井を置いて四番に座り、満塁本塁打放つ。

石川 星陵 ここ数年遠ざかっていた甲子園に9年ぶりに参上。
投 高木京介181cm79kg 左投左打 速球主体に三種類の変化球。打撃も高評価。
捕 橋本知之 179cm77kg 右投右打 堅守に巧打、ショートバウンドの捕球に評判。

福井 福井商 県内屈指の強豪、しっかり夏に備えてチーム作りして3年連続。
投 山田雄平 175cm70kg 右投右打 140km出す本格派。外野も守れる。

東海
静岡 常葉菊川 センバツ優勝し、初出場ながら史上6校目となる春夏連覇を狙う。
田中健二朗 178cm77kg 左投左打 制球良く、内角に果敢に投げ込める好投手。実戦型。
石岡諒哉 175cm76kg 右投右打 好リードを軸に高い守備力が魅力。打撃も勝負強い。

愛知 愛工大名電 自慢の投手陣、陰の優勝候補。
投 柴田章吾 175cm79kg 左投左打 才能はイチロー・工藤クラス評価。ベーチェット病乗り越えて。
投 高洲諒 181cm87kg 右投右打 昨年は一年生ながら甲子園で140km。今年はどこまで?

岐阜 大垣日大 センバツ準優勝で今回も期待が掛かる。
投 森田貴之 175cm73kg 右投右打 センバツ投げぬいたエース。141kmの速球とスライダー。
捕 箕浦和也 182cm83kg 右投右打 強肩強打でチーム引っ張る大型捕手。
一 大林賢哉 178cm82kg 右投左打 抜群の長打力持ちながら、流しの短打も放てる主砲。

三重 宇治山田商 逸材投手が二人も揃う。
投 中井大介 180cm79kg 右投右打 146km、キレるスライダー、広角への長打と才能溢れる。
投 平生拓也 174cm76kg 右投右打 重い147kmの速球と縦横のスライダー生きる二年生。

近畿
滋賀 近江 自慢の投手陣で2001年以来の決勝へ!
投 小熊凌祐 180cm72kg 右投右打 140kmの速球とスライダー、カーブで期待の二年生。

京都 京都外大西 京都指折りの強豪。本田の復活見てみたい。
本田拓人 183cm81kg 右投右打 147kmの速球はスピン量多く伸びる球。怪物一年復活なるか。
投 辻孟彦 182cm76kg 右投右打 高いスタミナ、柔らかい投球。

大阪 金光大阪 大阪桐蔭破って大金星。投手に魅力。
植松優友 181cm74kg 左投左打 力のある投球で130km台から144km記録。

兵庫 報徳学園 逸材豊富で優勝候補。
投 近田怜王 176cm85kg 左投左打 体感速度高い速球が武器。変化球も高レベルの二年生。
小杉直人 190cm85kg 右投右打 強肩が光る大型外野手。長打力や走力も高い。

奈良 智弁学園 下馬評引っくり返した名門。勝てる野球を知っている。
投 内之倉敦士 175cm70kg 右投左打 高い制球力、年々増やしてきた変化球が生きる。
外 佐藤龍司 180cm73kg 左投左打 選球眼○、ガッツ溢れるプレー。玄人好みの評価。

和歌山 智弁和歌山 昨年4強、夏の強さは本物。
一 坂口真規 184cm87kg 右投右打 一年から主軸を任される大型一塁手。伸び代抜群の二年生。

中国
岡山 岡山理大付 明誠の六季連続止める。
遊 吉田潤 180cm78kg 右投右打 柔らかいバッティングで広角に速い長打、グラブ捌きも巧み。

広島 広陵 センバツで手応え、人材揃う実戦型野球。
投 野村祐輔 176cm66kg 右投右打 140km弱は終盤でも衰えない。制球も○。
三 土生翔平 178cm73kg 右投左打 長打力に甘んじず確実性のある強打。頭脳・走力にも期待。

鳥取 境 9年ぶりに甲子園の土。
投 山本侑 177cm60kg 右投右打 サイドハンドからカーブ・スライダー・チェンジアップ投げる。

島根 開星 特待生問題で練習量が懸念されたがしっかりと仕上げてきた。
投 吉田悟 184cm80kg 右投右打 開星ツインタワーの一角。130km台の速球と意外な制球力が○。
捕 早戸亮司 178cm78kg 右投右打 身体能力と野球センスに優れる山陰№1捕手。

山口 岩国 3年ぶり出場。怪我人に泣かされた春を乗り越えた。
投 高木康平 174cm66kg 右投右打 球種は二つだが、安定感と制球力に定評。

四国
香川 尽誠学園 2年離れた甲子園、新監督体制に期待。
投 藤井勇也 174cm70kg 左投左打 緩急使ってコントロール、キレで勝負。

徳島 徳島商 夏の徳商、本領発揮。クリーンアップは甲子園経験者。
投 稲岡大倫 182cm80kg 右投右打 スライダーのキレと抜群の制球が自慢。精神力にも評価。
二 角田直哉 171cm71kg 右投左打 昨年甲子園を経験、走攻守高レベル。

愛媛 今治西 2年連続夏出場。春とあわせて三季連続。
熊代聖人 175cm70kg 右投右打 投打共に才能に溢れかえっている。どちらにも目が離せない。

高知 高知 国尾と森田のWエースが快進撃支える。
投 国尾健人 183cm75kg 右投右打 カーブ、スライダー、フォークを投げ、制球力、キレに○。
森田将之 180cm80kg 右投右打 投げては138kmにカーブ・フォーク、打っては中軸。

九州
福岡 東福岡 ドラフト候補のスター軍団を蹴散らした勢い。打撃の強いチーム。
2年生主体で柱不足の感があるものの、福岡同様甲子園でも台風の目を目指したい。

佐賀 佐賀北 本命不在築を逃げ切った。総合力に評価。
投 喜多勇平 187cm85kg 右投右打 巨体から投げ下ろし、4種の変化球も。久保との二本柱。

長崎 長崎日大 夏の強さ取り戻して4年ぶり。守備主体のチーム。
外 浦口侑希 174cm76kg 右投左打 投打でチームの要。広角に打てる中距離打者。

熊本 八代東 攻撃力生かして大逆転V。本命下した勢いは油断できない。
外 石橋圭介 175cm72kg 左投左打 一年生から四番。チームの勢いを体で示したい。

大分 楊志館 下馬評通り本当に台風の目となった。大荒れ九州勢が甲子園でも大暴れ?
投 甲斐大樹 173cm70kg 右投右打 140km台~130km後半の速球と鋭いスライダー。
外 南圭介 175cm80kg 強肩・俊足・巧打。5ツールに期待掛かる。松富と共に注目したい二年生。

宮崎 日南学園 投打に柱揃い、寺原所属の2001年以上の力に期待感上昇。
投 有馬翔 175cm78kg 左投左打 低めに集める制球、鋭いカーブにシンカー操る本格派二年生。
投 湯野友哉 180cm85kg 右投右打 有馬・仲澤ら投手陣をまとめるリーダー。スライダー非凡。

鹿児島 神村学園 センバツで準優勝した2年前に迫る攻撃力。下位打線でも点が取れる。
投 盛養達 185cm72kg 右投右打 長身サイドから144kmの速球にノビ。カーブ・シンカーで緩急も。
一 照井秀芳 178cm74kg 右投右打 右にも本塁打が打てて、通算20発超。的確なプレー指示。

沖縄 興南 停滞していたチームの打線に勢い。24年ぶり。
投 石川清太 180cm70kg 右投右打 一年生ながら先発して勝利。決勝の完封リレーも演出。


今日は組み合わせも決まりましたね(それは他の記事にて)。
総合力で言えば帝京が一番かもしれません。
しかし、常葉菊川の接戦での勝負強さはトーナメントにおいては驚異的。
素材が揃う報徳学園や、強打の浦和学院、投手が三枚揃った日南学園などが面白い存在。
仙台育英は昨年の早稲田実業快進撃を再現したいところ。
個人的に見てみたいのは宇治山田商です。
さぁ、今年も甲子園で熱くなりましょう!!

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
さて、時の流れは速いもので、もう八月。
甲子園大会が目の前へと迫ってきました。
地方予選では波乱続きで、とにかく予想外の展開が目白押しの一ヶ月でした。
誰もが驚いたであろうことといえば、大阪桐蔭高校の予選敗退でしょう。
不安要素が多いとはいえ、この大会において最重要とされていた高校が甲子園の土を踏むこともないまま大会を終えるというのは・・・
埼玉の春日部共栄敗退、神奈川では横浜が東海大相模に破れ、東海大相模は桐光学園に敗退するなど波乱続き。
千葉でも有力だった成田・拓大紅稜などが次々と敗退し、挙句千葉経大附までもが敗退する様相。
ドラフト上位候補選手属する高校が一つ、また一つと消えていき・・・
残るは仙台育英の佐藤由規、帝京の大田阿斗里
中田翔との再戦で抑え込んだ植松にも否が応でも注目が集まるでしょう。
しかしだからこそ、今大会でシンデレラボーイが生まれる期待も増すというもの!

さて、そんなことも踏まえまして、恒例のサーチワードから探る注目選手ベスト5を発表します。


第五位:根本朋久
今年になって伸びてきた貴重な左腕ですね。
最終学年になって伸びてくるというのは力のある証拠です。
今年の候補は左腕が不足している印象なので、注目度は抜群でしょう!


第四位:植松優友
今一番熱い左投手!
決勝では調子がよくなかったようですが、二度も中田を抑えたことは十分評価に値するでしょう。
大阪桐蔭を破った投手として、甲子園に旋風を起こして欲しいですね。
ちなみに植松を検索してアクセスされた方は30日と31日に来た方だけで全体の70%ほどを占めています。
例え負けても、中田の残した影響は大きいですね。


第三位:大前勇人
千葉の天才、やはり注目度は↑↑ですね^^
惜しくも予選敗退となってしまいましたが、プロからの評価が気になるところです。
今年の左打者では一番の打撃力では?と私は思っています(*´∀`)ノ ・゜:*:゜★


第二位:佐藤由規
恐らく今大会では最注目株となるでしょう。
MAX155kmの速球、驚異の変化を誇るスライダー、延長を一人で投げぬくタフネス!
この大会で何か伝説を残しそうな気がしてなりません。
甲子園が待ち遠しい!


第一位:高濱卓也
神奈川では既に敗退してしまいましたが、一巡評価は変わらないでしょう。
横浜高校という名門で一年からレギュラーを張ってきた野球エリートは、一体どの球団へと行くことへなるのか。
これから各球団の駆け引きが見ものです。


しかし高濱選手は五月も二位、六月にも一位を獲得するなど、注目度が半端ではありませんね。
このブログに検索で辿り着いている人は高濱に注目している人が多いようです。
意外だったのが7位にランクインした筒香嘉智、22位にランクインした京屋陽。
32位にも庄司隼人がランクインするなど、一年生選手に注目が集まっていること。
さては皆さん・・・既に青田買いを始めていますね(σ ̄ー ̄)σ

私は今大会、日南学園の有馬翔、報徳学園の近田怜王、帝京の高島祥平、宇治山田商の平生拓也などの二年生投手に注目しています。
三年生に負けじと来年のドラフトも盛り上げてもらいましょう!

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ