FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
センバツ出場校の一覧と、注目選手の抜粋です。
有力校・有力選手などを分析してみます。
トーナメント表はコチラ

予想:◎=本命 ○=有力 △=大穴

北海道
北北海道 駒大岩見沢 駒大苫小牧打ち崩した「ヒグマ打線」、全国区で披露。
投 板木勇幸 175cm79kg 左投左打 キレの良いスライダー決め球に打たせて取る。内角攻めが武器。
遊 及川雄貴 178cm75kg 右投右打 公式戦打率.556、右へも長打が出て、強肩。

東北
宮城 東北 絶対のエース萩野を軸に、打力備える強豪チーム。
投 萩野裕輔 181cm78kg 左投左打 今大会屈指の左腕、公式戦防御率1.00で四死球少ない本格派。
三 宮下英彦 181cm75kg 右投右打 三拍子揃う東北屈指のスラッガー。由規に敗北後100スイング。

福島 聖光学院 2年連続2回目、着実に成長するチーム。
外 黒羽剛広 178cm73kg 右投左打 速球・変化球共に広角に弾き返す中距離打者、三拍子揃う。
投 横山貴明 180cm75kg 右投右打 昨秋県大会で2試合連続で完封。監督も期待する大器。

関東
神奈川 横浜 言わずと知れた名門校。チーム単位でプロ注目。
投 土屋健二 180cm75kg 左投左打 投球回244・2/3、272奪三振、54四死球、防御率1.25を記録。打も◎。
三 筒香嘉智 183cm85kg 右投左打 2年で20本塁打超、驚異の打球速度、横浜で1年から4番は奇跡。
二 松本幸一郎 178cm72kg 右投左打 華麗な守備、俊敏な走塁、吸い付くような巧打。まさに天才肌。
外 小川健太 179cm76kg 右投左打 安打の半数近くが長打の現四番。足もあるからこその総合力。

神奈川 慶応 只野・田村の両輪に白村までいる投手王国。
投 只野尚彦 180cm78kg 右投右打 四隅をつくピッチングで打ち取る。昨秋にシンカーも習得。
投 田村圭 186cm80kg 左投左打 この体格の左腕で140km超。スライダーも使え、内角攻め込む。

埼玉 聖望学園 エース大塚、甲子園での活躍が楽しみ。
投 大塚諒司 178cm78kg 右投右打 総合力大会№1。イニング超の奪三振、四死球少なく、防御率1.17。
一 城戸愉快 175cm73kg 右投右打 2年ながら3番、四死球が多く出塁率が良くて、勝負強い打撃。

茨城 水戸商 創部104年の歴史、守りの野球を見せ付ける。
投 若杉良平 180cm80kg 右投右打 県大会投げ抜いて防御率1.80と抜群。四死球少なく安定感あり。
外 中川淳平 183cm85kg 右投右打 公式戦打率5割、出塁率は更に高く、土屋からも本塁打放つ長打力。

千葉 千葉経大付 大島・丸の長打コンビのスタイル脱皮。
投 斎藤圭祐 184cm86kg 右投右打 140km超の速球、鋭いスライダーと緩いカーブ使う本格派。
投 内藤大樹 172cm65kg 左投左打 投手としても斎藤に劣らぬ活躍、打者として走れる4番を打つ。

栃木 宇都宮南 大型コンバート実行、スタメンに2年3人と顔ぶれもフレッシュ。
投 山井佑太 180cm72kg 右投右打 120kmの速球とスライダー・シンカー武器にタイミング外すサイド。
捕 坂入大介 180cm85kg 右投右打 守り勝つチームを先導、打っても主軸級。2年生で将来性豊か。

東京 関東一 破壊力抜群の打線が武器。
捕 中村亮介 183cm79kg 右投右打 守備良く強肩。一発のある打撃にも魅力。
三 江川大輝 174cm78kg 右投右打 通算25HRの長打力、出塁率も高い。
外 広瀬公秀 175cm75kg 右投左打 50m5秒9の俊足に強肩、打率兼ね備えた強打が武器。

北信越
長野 長野日大 初センバツ、守り勝つ野球でどこまでいけるか。
投 上村圭祐 172cm70kg 右投左打 縦割れカーブ中心に多彩な変化球。打ち取るタイプ。
三 伊藤剛 171cm69kg 右投左打 チーム屈指の出塁率に俊足備え、長打力も。2年生。

長野 丸子修学館 校名新たに、機動力で勝つチーム。
外 西藤勇人 177cm63kg 左投左打 技術兼ね備えた「走」の力。チームを象徴する選手。
外 春原ケンジ 183cm82kg 右投右打 陰の四番と呼ばれる体格のいい打者。チーム常勝の鍵。

福井 敦賀気比 10年ぶりセンバツ、今が成長のチーム。
投 山田修義 181cm73kg 左投左打 角度のある速球と制球が武器。2009年のドラフト有力候補。
外 錦織勇太 170cm62kg 左投左打 高い出塁率、三振少なく、走れる。理想的な一番打者。

東海
静岡 常葉菊川 昨年センバツから始まった快進撃、今年も圧倒的な打力維持。
投 戸狩聡希 178cm72kg 左投左打 資質は昨年の田中以上。140km近い速球とキレる変化球。
遊 酒井嵩裕 177cm76kg 右投右打 努力で4番に駆け上がった。強靭なリストは攻守に見所。
外 中川雅也 175cm81kg 右投左打 抜群の長打力は大会屈指。守備・肩にも高い評価。
外 伊藤慎悟 180cm78kg 右投右打 奇跡の3ラン、サヨナラは記憶に新しい。身体能力抜群。

愛知 中京大中京 甲子園出場春夏あわせて51回、東海の強豪。
投 竹内大助 178cm75kg 左投左打 テンポ良く、オーソドックスな投手。成長に期待。
外 井藤真吾 184cm82kg 右投左打 手首柔らかく、既に「天才」の呼び声聞こえる強打者。

三重 宇治山田商 佐賀北と延長引き分けの熱戦、当時のエース平生は今年もエース。
投 平生拓也 174cm76kg 右投右打 重い147kmの速球と縦横のスライダー、成長して堂々の最終年。
遊 木田晃太 170cm70kg 右投左打 打つ、走る、守るの三拍子。一年からレギュラー、今年で2年。

近畿
兵庫 東洋大姫路 甲子園のヒーロー候補、佐藤翔太の存在。
投 佐藤翔太 178cm72kg 右投右打 打って走って投げる、2008年ドラフト上位候補。絶対に見逃せない。
一 亀井優輝 175cm73kg 右投左打 チームトップの打点・本塁打。佐藤だけのチームじゃない証明。

大阪 履正社 投手陣は大会トップクラスの陣容。打力も秘める強豪。
投 三村庸平 177cm66kg 左投左打 技巧派左腕として成長著しい。4完投3完封、大会屈指の左腕。
投 石井禎章 178cm70kg 右投右打 驚異の奪三振率。快速ボイラン・次代エース宍野で4本柱。
捕 山本優太 171cm68kg 右投右打 守備の評価もさることながら、打でも4番任される。

京都 平安 4月に校名変更、最後の「平安」で古豪の意地。
投 川口亮 171cm70kg 左投左打 「平安の川口」に夢乗せたい。スクリュー含めた多彩な変化球武器。
捕 児玉大地 176cm75kg 右投右打 チーム最多本塁打誇る。四死球数多く、攻守の柱。

和歌山 智弁和歌山 甲子園御馴染み、打のチーム健在。
一 坂口真規 186cm87kg 右投右打 一年から主軸、佐藤由規から本塁打。近畿大会3試合連続本塁打。
二 勝谷直紀 170cm72kg 右投左打 小柄に秘められたパワーは試合を傾ける。
投 岡田俊哉 174cm63kg 左投左打 球速よりもキレ勝負。2年にしてエース、防御率1点台の安定感。

奈良 天理 総合力では大会屈指。創立100年の学校に花を添えるか。
投 矢之晃希 175cm67kg 右投右打 MAX143kmの速球武器に奪三振重ねる。公式戦防御率0.43は見事。
外 奥田拓実 170cm68kg 右投右打 勝負強く、ここ一番での一弾。

滋賀 北大津 県で初の3年連続出場。打力自慢にエースも備える。
投 河合勇志 176cm71kg 右投右打 鋭いスライダー決め球に投球回上回る奪三振。昨年もエース。
二 石川駿 177cm70kg 右投右打 広角へ長打飛ばす強打者。憧れの中西に追いつけるか。

中国
山口 下関商 総合技術相手に9回5点で奇跡の逆転劇。古豪復活の狼煙。
投 島田拓 174cm76kg 右投右打 多彩な変化球と制球自慢の速球で打ち取る。二枚看板の一角。
捕 岡田亮太 172cm82kg 右投右打 捕手で4番、攻守の要。チームトップの長打力、意識はチーム打撃。

鳥取 八頭 鳥取県2年ぶり、学校としては初のセンバツへ。
投 平木良典 177cm70kg 右投右打 チームの絶対的な大黒柱。インコース攻める安定感ある投球。
外 壹村亮介 178cm75kg 右投右打 長打・足も持つ理想的な一番打者。

岡山 興譲館 創立155年の歴史。スモールベースボールが持ち味。
投 酒井佑輔 178cm67kg 右投右打 公式戦7完投。四隅を使って攻める技巧派投手。
外 三宅裕 172cm73kg 右投右打 打球の強さチーム一、冬に一番伸びたと監督から好評価。

四国
高知 明徳義塾 守りに定評のある名門復活。
投 南野悠介 171cm67kg 左投左打 63イニング一人で投げぬき、制球武器に安定感抜群。
二 石橋良太 172cm66kg 右投左打 広い守備範囲と大会打率.444の打撃。2年生。

徳島 小松島 僅差勝ち取る勝負強さ。鳴滝・井内の二枚看板。
投 鳴滝拓馬 186cm78kg 右投右打 投げ下ろし144kmは角度もあって強烈。安定感課題。
投 井内学 168cm74kg 右投右打 110km台の速球を見せ、シュートやスライダーで打ち取る巧みな投手。

愛媛 今治西 守りの野球が安定感誇る甲子園常連校。
投 水安洸太 173cm70kg 右投右打 138kmの速球と縦横のスライダー武器。派手さはないが巧い投手。
三 滝野光太朗 176cm75kg 右投左打 チーム一の長打力、ヘッドスピードが速い。2年生ながら4番。

九州
大分 明豊 公式戦11試合で112得点、驚異の攻撃力で大会も荒らしてしまうのか。
投 今宮健太 170cm64kg 右投右打 投げてはエース、打っては5割超のトップバッター。まだ2年生だ。
一 千速太樹 182cm75kg 右投左打 昨年から4番、長打が魅力の大型選手。
外 金沢徹 178cm75kg 右投左打 柔軟性備えた豪打。全力疾走、足を高く上げるフォームなど見所満載。

沖縄 沖縄尚学 プロ注目の左右両輪、優勝候補の一角。
投 東浜巨 180cm68kg 右投右打 抜群の制球、MAX146kmに緩急自在。今大会の目玉投手。
投 上原亘 182cm75kg 左投左打 MAX141km。安定感はないが、東浜以上の資質という声も。

鹿児島 鹿児島工 投打に柱あり、センバツ初出場。
投 内村尚弘 177cm78kg 右投右打 一年夏にセンターで6番。今は九州のドクターK、140kmとスライダー。
一 中道優輔 180cm81kg 右投左打 4割超の打率に県大会2本塁打、「これぞ4番」のパワーヒッター。

熊本 城北 エース村方軸に、2点あれば勝てる戦いを展開。
投 村方友哉 178cm71kg 右投右打 九州三本の指に入る本格派。140kmと3種の変化球。野手能力○。
捕 古庄誠二 178cm68kg 右投右打 攻守の要。勝負強い打撃、高い出塁率、意外な盗塁数など見所。

21世紀枠
千葉 安房 107年の歴史、進学校らしい集中力が武器。
捕 鹿島勇太 170cm72kg 右投右打 捕手で4番、攻守の要を担う。昨夏にも県大会ベスト4経験。
外 岩沢寿和 181cm75kg 右投右打 昨年からリードオフマンとして活躍。2塁打多く長打で切り込む。

愛知 成章 公立の雄、佐賀北に続けるか。
投 小川康弘 170cm74kg 右投右打 MAX135km程度での内角をついて真っ向勝負。安定感魅力。
外 中尾貴大 174cm72kg 右投右打 本塁打・打点ともにチームトップ。盗塁もチームトップクラス。

山口 華陵 あと一歩、あと一歩と惜しいどころどまりのあと一歩が叶った。2年中心の若いチーム。
投 宇野賢士 177cm74kg 右投右打 エースで4番。チームの鍵を握る。
外 山野建 167cm67kg 右投右打 小柄だが思い切りの良いスイングで長打連発。俊足も。

希望枠
岩手 一関学院 全国で初の2回目希望枠選出。
投 菊池翔太 185cm80kg 右投右打 最速139km、三つの変化球。2009年ドラフト有力候補。
二 佐々木一真 187cm80kg 右投右打 鉄壁の内野担う大型選手。勝負強い打撃も。


近畿と九州に面白いチームが固まっていますね。
守りのチーム、打のチームとそれぞれ特色があって面白いですv(。`・∀・。)v
優勝予想は履正社、次いで常葉菊川、東北としておきます!ヽ(´∀`)9 ビシ!!
他に妥当なところでは横浜、智弁和歌山、沖縄尚学、明豊などが有力でしょうね。
関東一、北大津、聖光学院、鹿児島工、一関学院なども面白そう。

センバツを楽しむ上で少しでも参考になれば幸いです。
大会まであと僅か、楽しみましょう!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ
2009年ドラフト候補選手リスト

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



長ったらしい名前は置いておいて、今年もセンバツが迫ってまいりました。
今年も様々な高校の様々な有力選手が選り取りみどり、楽しみですね。
そんなわけで、今年も2ちゃんねるからトーナメント表を借りてきました。(多少加工はしています)
この書き込みの知的財産権・その他の権利は2ちゃんねるに帰属します。



360 名前:名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/03/14(金) 21:40:56 ID:PST8Cm130
テキストになると一気に見づらくなるがこちらで

      ①                 ②                      ③               ④
  ┌─┴─┐        ┌──┴──┐            ┌─┴─┐        ┌──┴──┐
  │28日②│        │  28日③  │            │29日①│        │  29日②  │ 
┌┴┐  ┌┴┐    ┌┴┐    ┌─┴─┐      ┌┴┐  ┌┴┐    ┌┴┐    ┌─┴─┐
│23│  │23│    │23│    │27日①│      │24│  │24│    │24│    │27日②│
│日│  │日│    │日│    │    ┌┴┐    │日│  │日│    │日│    │    ┌┴┐
│②│  │③│    │④│    │    │22│    │①│  │②│    │③│    │    │22│
│  │  │  │    │  │    │    │日│    │  │  │  │    │  │    │    │日│
│  │  │  │    │  │    │    │①│    │  │  │  │    │  │    │    │②│
下  履  小  聖    鹿  水    平    駒  成    常  明  千  興    長  今    横    東  北
関  正  松  望    児  戸          大        葉      葉  譲    野  治              大
商  社  島  学    島  商    安    岩  章    菊  豊  経  館    日  西    浜    北  津
            園    工              見        川      大        大
                                  沢                付   

      ⑤                 ⑥                      ⑦                ⑧
  ┌─┴─┐        ┌──┴──┐            ┌─┴─┐        ┌──┴──┐
  │29日③│        │  30日①  │            │30日②│        │  30日③  │ 
┌┴┐  ┌┴┐    ┌┴┐    ┌─┴─┐      ┌┴┐  ┌┴┐    ┌┴┐    ┌─┴─┐
│25│  │25│    │25│    │27日③│      │26│  │26│    │26│    │28日①│
│日│  │日│    │日│    │    ┌┴┐    │日│  │日│    │日│    │    ┌┴┐
│①│  │②│    │③│    │    │22│    │①│  │②│    │③│    │    │23│
│  │  │  │    │  │    │    │日│    │  │  │  │    │  │    │    │日│
│  │  │  │    │  │    │    │③│    │  │  │  │    │  │    │    │①│
東  一  八  宇    丸  智    宇    安  城    敦  天  慶  華    聖  沖    中    明  関
洋  関      都    子  弁    治              賀                光  縄    京    徳  東
大  学  頭  宮    修  和    山    房  北    気  理  応  陵    学  尚    大    義  一
姫  院      南    学  歌    田              比                院  学    中    塾   
路                館  山    商                                          京         




③ブロックが激戦区の印象ですね。
明豊と常葉菊川の勝者は、順当に行けば千葉経大付、横浜、履正社・・・とぶつかっていくわけです。
各チームの注目選手、チーム力分析などは次の記事で更新予定。
なんだか考えるだけでドキドキしてきましたね(*ゝ∀・)

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
一年次から将来一巡クラスと期待された近畿の本格派左腕、報徳学園高校・近田怜王。
177cm82kg・左投左打・投手・MAX140km台。

一年次から活躍し、昨年は高校最多本塁打の中田翔を抑えるなど華やかな道を辿ってきていました。
しかし、一度体調を崩してからというもののエースの座を守ることが出来ず、野手として試合に。
早熟か、故障癖か、そんなネガティヴな話よりも、この選手の魅力を出来るだけ書きたいと思います。

前述した通り、速球・変化球を使い分け、持っている球の質の高さで勝負する本格派投手。
速球のMAXは140km台を記録するというぐらいの話で、球速で盛り上がる選手ではありません。
むしろアベレージは130km中盤で、140km台は一試合でも数えるほどしか記録せず。
それでも球速表示を見なければ、常時140km台を記録しているようにすら見せるのがこの投手の力。
そして試合終盤の勝負どころでは、取って置いたとでも言わんばかりに140km台の速球を放るのです。

そんな力のある投球の源となるのが、非常に完成されたフォームにあると思います。
近年活躍している左腕に多くある、「直前まで球を隠せる」フォームを実践できています。
かつ腕は抜群のしなりで振られ、キレのある球が急に現れる感覚です。
速球だけでも空振りを取ることが出来て、高い奪三振率を記録しています。
制球は決して良くはありませんが、打者の左右に関わらず内角に投げ込んでいけるのは◎。
そして内角に入ったこの速球こそが、近田の一番力の有る球です。
調子の良い日なら、三球続けても打たれないような雰囲気すら感じるほど。

変化球は120km台のスライダーと110km台のカーブ。
後者は落ち幅抜群で、緩急も付けられるので重宝する球ですね。
左打者にとっては逃げるような軌道になるので、捉えるのが難しいでしょう。

指名予想:中日・阪神・西武

中日は現状で左腕が少なく、次代のエースはまだ枠の空いた状態。
全盛期の野口のような、シンプルで爽快な投手に育つことを期待して。

阪神は左腕を大量解雇・放出、改めて左のエースが欲しい現状。
近年は故障持ちでも資質の高いものを優先する傾向にあり、この線も十分にありそうです。

西武は「レオ」の名前からしても、補強点が左投手であることからしても本命に見えてしまいます。
昨年は高校生の上位指名が出来なかったこともあって、規定路線とすら感じますね。


実力の高さ如何は後回しにしても、まずは投げられる状態になってくれないと困りますね。
夏までに評価をもう一度上げられなければ、進学・就職や下位氏名も有り得る?

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
見逃していましたが、いつの間にか30万HITしてました。
あまり細かくカウントしても仕方ありませんが、毎度感謝感謝です(-ω-` *)
週刊ベースボールや野球小僧の戦力分析を見て、キーマンを投打別に分ければ良かったと後悔(´・ェ・`)
時間があれば追記するかもしれません。

とりあえず、近々の野球の日程をメモの意味も込めて記しておきます。
プロもアマチュアもどんどん始動してきますね!


↓プルート太郎さんのドラフトでアソボよりネタをお借りしました (`д´;)
3/18~ 社会人野球 第63回JABA東京スポニチ大会
楽しみな候補が大量にいて、羅列し切れませんね。
昨年は濱野がMVPに輝きましたが、今年はどうか。
上位候補で言うならHonda・長野、日通・野本、日産・野上、東京ガス・木村、JR・小杉、新日石・田澤・・・
やはり挙げ切れません(;´∀`)


3/20~ プロ野球 パシフィック・リーグ開幕
日本ハムvsロッテ 札幌ドーム 14:00~
ハムはダルビッシュだとは思いますが、ロッテは渡辺・成瀬・小林など誰が来るのか。
中田の開幕オーダーがあるのかどうかにも注目が集まりそうです。
西武vsオリックス 西武ドーム 13:00~
涌井と平野という線が無難なところでしょうか。
昨年最多勝の涌井がオリックスの新生強力クリーンアップにどう対するのか楽しみです。
ソフトバンクvs楽天 ヤフードーム 13:00~
杉内と田中というのが規定路線だとは思われます。
昨年ホロ苦デビューの後にお得意様にして見せた田中将大、負け越したSB、開幕からハラハラ。


3/22~ 高校野球 第80回選抜高校野球大会
昨年ほど絶対の候補がいない中、誰が台頭してくるのか非常に楽しみな大会です。
スライダーが特徴の投手だった佐藤由規が、速球のイメージになったのもこの辺りだったように思います。


3/28~ プロ野球 セントラル・リーグ開幕
ヤクルトvs巨人 神宮球場 18:00~
ヤクルトは石川かリオスか、巨人は上原で鉄板でしょう。
グライシンガーとラミレスを獲られて、ヤクルト側としては開幕から何としても勝ちたいところ。
中日vs広島 ナゴヤドーム 18:00~
中日は川上でしょうが、広島は大竹になるんでしょうか。
長くAクラスにいるチームと長くBクラスにいるチーム、開幕は如何に。
阪神vs横浜 京セラドーム 18:00~
阪神は下柳・金村・安藤・福原らから調子の良いものが来そうで、横浜は高確率で三浦。
互いに先発陣が課題のチームなだけに、序盤の展開からシーズンが見えてくるかも。


それぞれ後に個別の記事が書けたら、と思っています。
まずはスポニチ大会ですが、テレビ放送がないのが残念。
オープン戦情報を調べながら、センバツを待ちましょ~v(。`・∀・。)v

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
滋賀の本格派投手、近江高校のエース右腕、小熊凌祐。
181cm77kg・右投右打・投手・MAX143km・遠投108m・50m6秒5・背筋200kg。

右の本格派投手として非常に完成度が高く、投手として非常に高い資質を持っています。
まずフォームがバランス良く、リリースの直前まで頭で球を隠せるのが魅力。
少しグラブの抱え込みが甘い気はしますが、体も流れないし、バランスが良いので気になりません。
制球も良く、どのコースも満遍なく使っている印象です。
速球はMAX143kmを記録し、140km台は割と頻繁に記録するほど安定しています。
低目の速球も決まりますが、高めの速球のほうがノビがあって威力も抜群。
この球を振らせるために布石を置くのが、この投手の生命線の一つとなってそうです。

変化球はカーブとスライダー。
特にスライダーはキレが良く、右打者が追い切れずに崩されてしまうほど。
右打者に対してはインハイの速球とアウトローの変化球が武器となり、脅威となりそうですね。
まとまった制球があるので、左打者に対しての攻めも心配ないと思います。
本格派としては現状五指に入るくらいの完成度ではないでしょうか。

指名予想:広島・日本ハム・西武

本格派はやはり機会が与えられてこそ、そういったチャンスを得られる球団が向いている。
そういう意味でも、広島で伸びそうな予感がします。

日ハムといえば若手起用、試合を作る能力に長けた投手にチャンスあり。
主力投手も若く、相乗効果でお互いに伸びていくことが期待されます。

西武は投手陣再編の最中で、涌井・岸・西口に続くエースの後継者候補が欲しいところ。
昨年高校の上位指名が封じられたこともあって、こういった投手の需要は高いはず。


センバツで見ることは叶いませんが、もう一度見るチャンスが欲しい選手です。
個人的には鷹に欲しい選手でもありますネ(*ゝ∀・)

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
神奈川の強豪・東海大相模高校の主砲、大田泰示。
188cm87kg・右投右打・内野手・通算36本塁打・遠投100m・50m6秒3。

主な守備位置は三塁で、今年は遊撃手にも挑戦する模様。
私が見たのは昨年夏の大会のものなので、その時点の評価を中心にしたいと思います。
以後の活躍は追々記します。

日本人らしかぬ大きな体がまず印象に残る、大型内野手。
見た目通り長打力が抜群で、今年の高校生では屈指のスラッガーです。
180cm台後半の選手が陥りがちな内角に対する窮屈さは全く感じさせないバッティングは魅力。
打球の質は殆どライナーで、あのリーチの腕を畳んでインハイをレフトフェンスにぶつける様は爽快。
右への打球も飛距離が出るし、内角に意識が行き過ぎて外角が疎かになるということもなし。
打撃の欠点を挙げるとするならば、やはり変化球などを使った緩急に対しての対応。
それすらも克服しつつあるものの、昨秋は横浜高校・土屋の投球術の前に抑えられました。
夏までの成長が非常に楽しみな選手です!

守備走塁に関しては、アスリートタイプの選手。
大型選手の欠点ともいえる足元の弱さ、プレーの粗さはこの選手も例外ではない印象。
しかし走塁に関しては巧いとは言わずとも足は十分に速く、守備範囲も意外と広いです。
肩は投手として140km台を記録するだけあって強く、少しファンブルしても内野安打を防ぎます。
身体能力の高さを生かして、外野という生き方も出来そうですね。

指名予想:巨人・広島・オリックス

巨人は東海大相模の四番・三塁ということで大本命。
本人も原監督に憧れて東海大相模に進んだ経緯があり、次期四番候補としてこれ以上ない選手です!

広島も新井が抜け、自前の四番打者が必要になってきています。
実は大田も広島出身で、広島新球場のスケールにもバッチリなスター候補生として!

オリックスは現状外国人でクリーンアップを補っていますが、数年後には解体は確実。
岡田・丹羽など高卒の候補生の台頭を待ちつつ、次も見据えた指名を!


現時点では今年の高卒野手の目玉は彼になりそうな感じがしますね。
今年からは統一ドラフトに戻り、何位で指名されるのか・・・注目です!ヾ(o゜ω゜o)ノ゛ ヾ(o゜ω゜o)ノ゛

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
BS日テレで少しだけ放送があり、その時間だけ観戦することが出来ました。
大場の投球だけ見ようかと思ったんですが、時間が取れたので分析してみたいと思います。


ホークス
1 遊 川崎宗則
 内野安打 ファールフライ センター前ヒット ライト前ヒット
かなり順調に仕上がっていました。
ミートセンスも素晴らしいですが、そのスピードもかなりのもの。
首位打者、盗塁王、狙える雰囲気を帯びています!

2 二 明石健志
 右中間三塁打 空振り三振 セカンドゴロ センター前ヒット
ミートセンス、スピードともに川崎を追随するほどのものを見せてくれました。
本多が怪我で出遅れているものの、その代役どころか二段跳びでレギュラー奪取も有り得ます。
元々期待は高い選手なので、今年は期待させてもらいましょう( ̄ー ̄)ニヤリ

3 中 多村仁(途中荒金に交代)
 空振り三振 内野安打 ライト前ヒット ライト前ヒット
試合が進むごとに調子を上げていっていた印象です。
守備は相変わらず心配なく、後は怪我との戦いのみといったところ。
試合中に自分を調節するほど、修正能力は高いと思われます。

4 指 松中信彦
 ショートゴロ 空振り三振 レフトフライ ピッチャーライナー
内角打ちに関してはまだまだ本領には遠いように見えました。
しかし体は絞れており、シーズン開幕には調子を上げてきそうな雰囲気を感じます。
とはいえ、五回に一人で3アウト・・・今年は勝負強さに期待したいのですが。

5 三 松田宣浩
 三球三振 四球 ショートゴロ
打撃では正直「振っているだけ」のガムシャラな印象ばかりが残りました。
球を見れるようになったのは収穫ですが、もっと打撃にテーマをつけてほしいです。
しかし守備はかなり上達していて、とっさの送球に速度と精度がついていました!

6 右 柴原洋
 サードゴロ 左中間に二塁打 ライト超え三塁打
体制を崩されても巧く拾って安打にしていました。
翌日も良く打っていたようで、現時点では一番打撃が完成しているように感じます。
この調子をシーズンに持ち越せれば、今年は3割打てそうですね。

7 一 レストビッチ
 三球三振 見逃し三振 ライトフェンス直撃三塁打
打席で物事を考えすぎているようにも見え、バットもあまり振れていないと思いました。
内角はストライクでも手が出ず、外角へのリーチが抜群というわけでもなし。
失投を捉えて三塁打を放った積極性は評価できますが、シーズンに入るまで未知数な面ばかりですね。

8 左 江川智晃
 三球三振 見逃し三振 センター前ヒット(盗塁成功)
長打を打とうとしているのか打撃が常に力んでいる感じで、外角の球に苦戦していました。
しかしその分崩されても打球に力が乗り、安打に出来る力を感じることが出来ました。
守備ではかなり良い送球をしており、守備面での上達のほうが目立った印象です。

9 捕 田上秀則
 サードゴロ 四球 四球
打撃よりは守備を重視していた印象で、打では特に目立った点はなし。
守備では変化球を多めに投げた大場の球を逸らしませんでした。
サイン違いか変化球と間違って投げられた147kmの速球も捕球、正捕手を任せられそうな守備です。

投手 先発 大場翔太
 一回
制球にバラつきがあったものの、低めの速球に威力!
縦のスライダーは速球と10kmしか違わず変化量も抜群、巨人打線も面食らった様相。
 二回
縦横のスライダーを使いこなし、横で打ち取り、縦で空振りと勢いに乗ってテンポも良くなってきます。
速球はカウントも取れるし、詰まらせられる球です。
 三回
フォークがすっぽ抜け、その後は少し減らしていたような気がします。
しかしスライダーはかなりキレており、速球とスライダーだけで十分に抑えていました。
 四回
ボール球をヒットにされ、プロレベルの洗礼を受けました。
縦のスライダーを多投し、有効に使うがすっぽ抜けも。
死球後球が高めに抜け始め、中盤に課題を覗かせました。

投手 二番手 森福允彦
五回から登板、放送終了で殆ど見れませんでした。
しかし、角度のついた打ちにくそうな球を投げ込んでいたように思います。


大場は150kmを出さなかったものの、調整具合は順調だと思われます。
球の出所を隠せるフォームで、速球と変化球で振りが変わらないのが魅力です。
山本浩二氏も二桁勝つ力がある、と太鼓判を押していました。
縦のスライダーには名だたるプロの野手たちも面食らったように捉え切れず。
この球が研究されない限りは、大場はかなり勝てそうだと思われます。

久米はあまり良くなかったようですが、森福は良さそうな感じですね。
左中継ぎが課題だと思われていましたが、右の方が課題かも?
ファームでは中西が一試合二本塁打など嬉しいニュースも。


ジャイアンツ
1 左 亀井義行
 ライト前ヒット ライト前ヒット ショートゴロ
内角高めを巧く運んだ一打は見事の一言。
オープン戦とは言えど、かなり期待できそうな打棒を見せてくれました。

2 中 谷佳知
 ショートゴロ ファーストファールフライ サードゴロ
まだ調節中なのか、あまり印象に残りませんでした。

3 右 高橋由伸(スイマセン、外野の守備位置うろ覚えです)
 ショートゴロ センターフェンス直撃ヒット
高めのボール球をヒットにし、好調ぶりをアピール。
今年もかなり打ちそうな雰囲気です。

4 指 ラミレス
 サードゴロ ファーストファールフライ
雰囲気ありますが、まだエンジンがかかっていない印象です。
巨人のユニフォームはやっぱり違和感がありますね。

5 捕 阿部慎之介
 セカンドゴロ ハーフスイングで三振
打撃より配球に気を使っていた印象です。
上原との疎通はかなり取れていて、「ならでは」の配球をしていました。

6 一 小田嶋→ゴンザレス
 空振り三振 死球退場
頭に変化球のすっぽ抜けを受け、負傷退場。
ゴンザレス含め、特に印象に残りませんでした。

7 三 円谷英俊
 サードフライ 四球
特に印象には残らず・・・ですが、若干守備に課題を感じました。

8 二 脇谷亮太
 レフトフライ レフト前ヒット(ここまでで大場終了)
打撃面ではかなり仕上がっていて、一軍レベル間違いなしです。
しかし守備はちょっとまずく、解説者にも指摘されていました。
集中力・精度を上げないと、レギュラー奪取はもう少し先になりそうです。

9 遊 坂本勇人
 センターフライ センターフライ
躍動感のあるプレーは見せてくれたものの、まだ「スター候補生」の域は出ていない印象。
しかし守備面はとても良く、打撃の調子が上がってくれば一軍でも使えそうです。
持ったセンスを感じますし、これだけ期待されるのも分かる気がします。

投手 先発 上原浩治
三回までを投げ、2失点とそこそこの仕上がりでした。
初回から制球を気にしながら130km台の速球などで調整しながらの登板。
それでもテンポ良くストライクをポンポンと取る姿は貫禄の域に達しています。
実戦投入したシュートは中々の出来で、田上を詰まらせていました。

投手 二番手 野間口貴彦
四回から登番し、一回と三分の一を8失点、ランナーを三人残してKOされました。
投げている球自体は良く、特に速球は重みを感じる仕上がり。
しかし制球がまとまらず、ストライクが入らないので自分で自分を勝手に追い込んでしまいます。
現状では打者は打ちやすい球を待つだけで対応でき、決め球も決まらず打つ手なし。
昨シーズン末に見せたような投球を見せて欲しいところです。

投手 三番手 山口鉄也
五回途中から登板、松中をゲッツーに仕留めました。
本当にそれだけしか見ていないので何とも言えませんが、悪くはなさそうです。


上原はシュートの精度が上がってくれば久々にエース級の活躍を見せてくれそうです。
課題は長いイニングを通して抑えるということですので、シュートが鍵になると予想します。
完成されたフォーム、抜群の制球力、キレのあるフォーク、不屈の精神力。
若手選手の鑑として、チームに必ず良い影響を与えるでしょう。

野間口は一歩後退ですが、まだまだオープン戦。
チャンスを掴んで欲しいですね。


ホークス贔屓でスイマセン(;´・ω・)


面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
毎月恒例の企画、サーチワードから見る注目選手です。
今回も前回に倣い、新候補生のみのランキングも発表します。
オープン戦の楽しみな時期、誰が注目されているのか?!
いってみましょう(*`・∀・)ノ

第五位:垣ヶ原達也(青山学院大学)
先月より一つランクを落としたものの、ずっと注目されています。
2011年候補生の左腕としては、一番の注目株?
青山学院大学でどこまで成長できるか、楽しみな選手です。

第四位:伊志嶺忠(東北楽天イーグルス)
楽天入りした強打の捕手が今回は四位にランキング。
今年、いきなりの活躍に期待しちゃってます。
「伊志嶺忠」でgoogle検索すると当サイトが三番目に出てくるんですね・・・ビックリ。

第三位:野村祐輔(明治大学)
明治大学に進学した野村投手が三位にランクイン!
昨年の甲子園からずっと注目され続け、今年は六大学野球で見ることが出来ますね。
大学でどんな投球術を身につけるのか、四年後が待ち遠しい選手です。

第二位:松山竜平(広島東洋カープ)
カープのアンパンマンとして愛嬌の良さが人気を呼びそうなスラッガーが二位にランクイン。
スポーツ紙でも大きく扱われるほど、好調な滑り出しを見せています。
開幕スタメンももしかしたら?

第一位:高濱卓也(阪神タイガース)
何と言うか、何故当ブログは高濱の検索で来る人がこんなに多いんでしょう(;´∀`)?
阪神という球団の人気と、高濱の人気が相乗効果というところでしょうか。
松山とダブルスコアの差を付けて、堂々の一位!!
彼が活躍すれば、ブログの訪問人数も増えるのかな?(笑)


相変わらずこちらは高濱が人気ですが、2008年以降の選手は誰が人気になるのでしょうか。
ブログアクセス数にも関わってくるようなので、ちょっと気になります。゜+.(・∀・)゜+.゜
今回もベスト3まで発表!!


第三位:京屋陽(二松学舎)
ボーイズの怪物が三位にランクイン。
あまり話を聞きませんが、2007年の秋季大会では一回戦で国士舘にコールド負けだった模様。
今後の更なる成長に期待です。

第二位:庄司隼人(常葉橘)
東海のスーパー一年生、一つ順位を落として第二位にランクイン。
センバツに漏れ、レベルの高い東海では甲子園への道は果てしなく遠いですね。
強打・常葉菊川打線を抑え込めるほどの投手に成長して欲しいです。

第一位:有馬翔(日南学園)
九州左腕BIG3の一角、昨年甲子園で好投した有馬が第一位に輝きました!
センバツには出場しないので少し話題の中心からは間を置くことになりそうです。
しかし恐らく全国でも五指に入る左腕として、夏にはもっと騒がれているでしょう。


やはり有馬と庄司の注目度が高い感じですね。
もっとコンテンツを充実させて、センバツが終われば注目度も分散してくるかもしれません。
そして、そろそろ選手の寸評も再開しようかと思っております。
まずは昨年の高校野球の録画で手元にあるものや、ネット上の動画などを参照して・・・
あとは、センバツ待ちということになりそうです(ハ∀`)


二月中に何とか12球団戦力分析を終えることが出来ました・・・(;´Д`)
まずはオープン戦などを見ながら、今年のルーキーに注目していきます(*`・∀・)ノ
今年も野球を楽しみましょう!!


面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ