FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
球団別に前半戦の成績、状況などについて解析していきたいと思います。
恐らく全球団終わるより前に後半戦が多少進んでしまうと思われますが、ゆるりとお待ちください。

前半戦成績(交流戦終了時点)
66試合 43勝22敗1分(勝率.662) リーグ1位
273得点(1位) 35本塁打(6位タイ) 打率.274(1位)
218失点(1位) 防御率3.11(2位)

交流戦
24試合 15勝9敗0分(勝率.625) リーグ2位(同率1位、前年成績により2位)
109得点(3位) 16本塁打(9位) 5盗塁(11位) 打率.292(1位)
95失点(8位タイ) 防御率3.83(8位)

前半は投手力にものを言わせる昨年からの勝ち方がさらに強力になって独走。
勢いの落ち気味だった交流戦は野手陣が引っ張って見事勝率一位タイ。
終わってみれば投打ともに力が付いてきていて、後半戦にかける期待も大きい。


開幕前ブレイク選手予想
石川俊介・・・一軍登板なし

前半戦MVP
(野手)金本知憲・・・三冠クラスの働きで打ちも打ったり、キャリアハイも狙える働き。
(野手)新井貴浩・・・本塁打はまだ物足りない数値も高打率で阪神の得点力を大きく上げた。
(投手)下柳剛・・・熟練の技を見せ、チーム最多タイの6勝をマーク。防御率も良く、先発陣を先導。

ブレイク選手
(野手)平野恵一・・・怪我で離脱も、阪神の攻撃力を倍増。攻守共に貢献。
(投手)岩田稔・・・3年目の今期ついにブレイク。ここまで防御率3位の好成績で左のエースへ。

誤算
(野手)今岡誠・・・復活に期待のかかった今期、未だにクラッチから足が離れないのか。
(野手)ルー・フォード・・・怪我人の穴埋めに外野の一角として取ったはずが、とんでもない低打率。
(投手)金村暁・・・即ローテの期待も怪我で出てこれず。後半にかける。

後半戦キーマン
(投手)福原忍・・・課題の先発が想像以上に貢献していて、夏場以降は福原が引っ張れるか。
(野手)アーロム・バルディリス・・・五輪期間など変則な一年、サブ選手の活躍が明暗になるはず。


課題だった打力、先発陣などが想像以上に頑張り、特に課題もない状態。
それが見事に結果に現れてこの位置は頷ける。
問題は今後投手陣などに疲れが見え、打者が不調の時期を迎えたときに対応できるか。
後半戦はアッチソンを中継ぎに加え、他にも阿部・渡辺などで必勝体制はバッチリ。
ベテランも多いので夏以降のやりくりも上手い手段を見つけるでしょう。

前半戦は文字通り独走した阪神でしたが、皆さんにはどう映ったでしょうか。
お立ち寄りになられた方、一言コメントいただければ幸いです。

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



千葉経大付高校の大型右腕、千葉を代表する好投手。
185cm87kg・右投右打・投手・MAX144km、遠投110m、50m6秒3、背筋184kg、握力右55kg左58kg。

センバツで大いに評価を上げた投手。
しかし実際に見るまでは、この投手の持ち味を正反対に予測していました。
これだけの大型で速球が評判なら、大型投手らしい速球派の豪快な投手なのだと。
その実、繊細でしぶとい投球をする技巧派の一面を強く見せてくれました。

上半身の力が強く、指先感覚も非常に優れています。
速球はそのパワーを生かした力のある球で、空振りを取るというよりは詰まらせるタイプ。
低め低めに集められる力強い速球に手を焼いている選手が多かったように感じます。
少しもったいないと思ったのが、細かい野球をしようとしすぎなのかな、という点。
大型だから荒い、と見られたくないのかも知れませんが、もっとパワーに頼ってもいいと思います。

変化球はスライダーとツーシームが主軸となる近代型の投手。
どちらも速度が出て、速球と見分けづらい実戦向きな球筋。
もうひとつの変化球であるフォークも決め球に出来るレベルで、非常に幅のある投球が出来ます。
空振りも取れるし、詰まらせることも出来るのは長期戦で生きてくる技術。
制球は抜群というわけではありませんが本人の意識が高く、不用意な球は少ない印象。

このパワフルさと繊細さを同居させるだけのセンス、そして恵まれた体格。
これだけ揃っているのだから、資質としては抜群であることを疑いようがありません。
課題は下半身の出来方一つじゃないかと思います。
上体が突っ込んでしまいがちに見えるフォームも、発達した上半身故のことではないでしょうか。
下半身がそれについてきて連動すれば、世代の頂点まで見えてくるかもしれません。

指名予想:巨人・阪神・ロッテ

巨人の次世代エースといえば、齋藤・桑田→上原の系譜を継げる右投手であってほしい。
そんな期待を込めて、齋藤を真のエース候補として。

こういう高い素材の投手は、どうしても「阪神好きそうだなぁ」と思ってしまいます。
久保田のような、迫力のある投手になれるはず!

やはり千葉からは毎年好素材が出ていて、今年もゲットしておきたい。
フランチャイズプレーヤーとして期待がかかりますね。


非常に資質が高く、一つのきっかけで大きく上昇しそうな大器だと思います。
夏にはモデルチェンジしているかも?!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
北大津高校のエース右腕、三種のスライダーが武器。
177cm74kg、右投右打。

センバツでの好投が記憶に新しい投手。
計三試合に先発、全て9回完投2失点の安定感、27回投げて四死球11は次までの課題。
特別球が速いわけでもなければ、パワー抜群だったり、恵まれた体格だったり、抜群の制球だったり。
そんな要素を一つもなしに、エースらしさを出せる投球が出来る稀有な投手です。
速球のMAXは140kmに乗るか乗らないか、その制球も可もなく不可もなく、球威は有り。

ならば、なぜ抑えられるのか。
答えは、アマチュア領域を逸脱した三種のスライダー。
カット気味の高速スライダー、120km前後の横滑りスライダー、落ちる軌道の縦スライダー。
この三種、そして速球が見分けが付きにくく、速球とスライダーだけで幻惑できる幅広さ。
本人が至ってシンプルな投球をしても、野手にとってはシンプルに納まらない。
そんな実戦の強さを持った、強力な投手として将来を期待したい選手です。

制球は良いわけではありませんが、本人の意識がとにかく低目へ行っているところは好印象。
高めに浮いたり球がバラついたりというムラは、制御の仕方を覚えられるはず。
そうなってくれば、クローザー向きかも?

指名予想::阪神・横浜・ロッテ

投手陣は上手くいっているときこそ次を見据えた構成を。
阪神も長期で上位に居座るために、高い資質を持った投手を揃えていきたいところ。

投手陣をシーズン中から再編するなどとにかく投手の年になりそうな横浜。
中継ぎをたらい回しにしなくても済む、本物の大魔神候補生は魅力的。

ロッテも今年はまさかの低迷で、YFK離脱の傷跡がズキズキと痛んできているところ。
むしろ唐川と共に次代のエースになるという系譜も面白い。


今年センバツで見た投手ではかなり気に入った選手です。
制球がバラついている選手はあまり好きではないのですが、それを補ってあまりある力。
同校石川と共に、是非プロ入りしてほしいですね!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
携帯からの更新です。
あとで見にくい部分は修正します。

更新が中々出来ませんが、リストはちょこちょこいじってます。
いずれ評価移動、2009候補リスト強化、2010候補リスト作成も開始したいですね。
さて、最近の野球事情に触れながらネタを暖めたいと思います。

・全日本大学野球選手権終了
東洋強いですね。
少し見られたので、上野・大野・中倉・松永・岩崎・小松崎などは早めに書けそうです。

・横浜ベイスターズ、六月に再編成?
勝率がチーム打率を割ってしまうなど低迷が続くベイスターズ。
鶴岡を放出しG真田、小池を放出しD石井を獲得と、投手強化に躍起。
7月末まで延長されたトレード期間、まだまだ使いそうな気も。
寺原←→多村以来の大型トレードもあるかもしれませんね。

・高校野球選手権開幕
まずは沖縄から。
沖縄尚学の春夏連覇なるか!?

・その他ニュース
かなり遅れている話題もします。
まず、オリックスの監督辞任。
第一印象は「またか」ですね。
これでは選手よりもフロントが情けない…

トレード期間延長。
これは良いと思います。
ただ日本は生え抜き精神を美徳としているところがあるので、あまり活用されないかも?

ゴンザレス薬物疑惑。
日本の審査は温いのでは?と疑わせる一件でした。
実際甘いのでしょう。
真偽は兎も角として、NPBにはもっと頑張って欲しいですね。

取り急ぎこんなところで。
それではまた!

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
相変わらずの低速更新でごめんなさい。
それでも毎月のコレだけはなんとか月初めに・・・(先々月に崩れているけれど・・・)

毎月恒例、検索ワードの上位から現在注目度の高い選手を探ります!
毎度のことですが、情報量少ないこのようなブログにお越しいただきありがとうございます。
更新の目処はある程度たっているので、コメントなども返しながら・・・と!
では早速始めましょー!


10位:有馬翔(日南学園)
今年の高校生左腕では屈指の存在ですね。
センバツでは萩野・三村・戸狩・土屋など様々な好投手がいました。
しかし昨年夏の有馬のインパクトに及ぶ選手はまだまだいません・・・今の有馬が見たい!

9位:唐川 侑己(千葉ロッテマリーンズ)
やっぱり検索上位まで上がってきました。
昨年の高校生投手では一番実戦向きで結果は出すだろうとは思っていましたが・・・
このスピードはやはり凄いですし、将来的にはダルビッシュに立ち並ぶくらいのスペックですね。

8位:佐藤祥万(横浜ベイスターズ)
昨年一番惚れ込んでいた左投手ですが、この選手もデビューが速かった!
悔し泣きしながらでも、強く成長して言ってほしい選手ですね!

7位:熊代聖人(日産自動車)
2010年ドラフトの目玉候補に成長しそうな、センス抜群の内野手・熊代。
この選手も今の状態を見てみたいんですが、社会人野球は見るのが一番難しい・・・

6位:土生翔平(早稲田大学)
巧打・長打に才能を秘めた強打者候補、土生がランクイン。
優勝こそ逃したものの、強いチームで常にプレーできるのは自覚が育つでしょう。
強い選手になることを期待しています!

5位:高濱卓也(阪神タイガース)
この選手がこのブログで検索上位に入らないはずがない、それくらい高浜の注目度は高いですね。
しかし特に情報を聞かないのですが、順調に育っているんでしょうか。
天才の名よりも、弛まぬ努力でレギュラーの座を手にしてほしいですね。

4位:中井大介(読売ジャイアンツ)
中井も段々と注目度が上がってきて、嬉しい限りです。
昨年はホークスの外れ一位に予想していて(殆ど願望でしたけど)、三巡時には「来い!」と叫びました。
結果中村を優先し、指名権がターンする前に巨人へ。
江川も尻に火がついて開花するキッカケにもなるかなぁ~、と思っていましたケド。

3位:野村祐輔(明治大学)
先月に続いてこの順位です。
順調に成長しているようで、明治は今春優勝も果たしました。
そろそろ甲子園の印象より、今の野村の印象で見られてきたかな?

2位:大前勇人(東洋大学)
大前も先月に続いて、です。
ワードとしては「大前勇人 進路」で2位に入っている点も同じ。
何故かは分かりませんが、注目度が高いのは確かなようです。
私もかなり期待しています!!

1位:大田泰示(東海大相模)
一位に輝いたのは今年高校一番の強打者、大田!!
先日ドラフト候補の赤川から通算51発目を放ち、10球団以上のスカウトを唸らせました。
一部からは「中田以上」の声も上がっているとか・・・
体もまだ大きく出来る余地があり、目立った欠点も見当たらない感じの選手です。
内野の守備がもっとうまくなれば、入札にまでなる可能性も。


大学野球があったこともあり、大学やプロの選手が大きく注目されている感じですね。
大学といえば、西村・藤中あたりは特に気になっているんですが・・・全日本に来るのは九共のようですね。
こちらは山内・久保(投げてるのかな?)などを楽しみにしています。
磐石のはずの早稲田破って明治優勝、大場抜けて亜細亜突き抜けの前評判も東洋連覇。
相変わらずこういうドラマチックな流れが面白い!!

気になるのはフォーム改正で調子を大きく崩した様子の亜細亜・岩本。
今村は復調しましたが、東洋・中倉はまだトンネル抜け出せず。
上本は打率を大きく落とし、秋次第では一巡も怪しいのかな?
現在私は東洋・大野が非常に気になっていますが、東浜・伊波も魅力的・・・
そんな話も追々、書いていきたいと思います。
今後もよろしくお願いします!

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
四国・九州アイランドリーグ

以前一年で解雇した問題で取り上げました、元ソフトバンクの伊奈選手。
徳島インディゴソックスでも契約解除処分を受けました。
その理由が体調不良、長期療養が必要のため・・・となっています。

肩を痛めていたという説が強いと思っていましたが、やはり本格的に故障をしているようです。
高校通算74本塁打の長打力をもう一度見せてくれる日を待ち望んでいますが・・・
まだまだ高卒二年目、焦らずに怪我を治して、もう一度羽ばたくことを期待したいですね。
足掛けではなくここで活躍するんだという決意の元に、まずは万全な状態を!

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
JR九州でその存在を光らせるサイドスロー、魅惑の投球術を評価したいと思います。
184cm80kg・右投右打・投手・MAX140km前後。

昨年のスポニチ大会でMVPに輝き、今年の九州大会でもMVPに輝くなど著しい活躍が目立ちます。サイドの位置で背中に振りかぶって、ゆっくりと重心移動させながら踏み込みます。
そして急に背中から現れるように腕をしならせ、打ちにくさを研究したような特徴的なフォーム。
しかしこの特徴的なサイドスローは見た目の面白さだけでなく、しっかりと結果を残す勝負の投球です。

速球は140kmに乗ることはほぼなく、アベレージで130中盤を記録。
サイドから角度がついていて、鋭さのあるナチュラルシュートな球筋が打者を幻惑します。
空振りはあまり取れない速球ですが、コースをつけば面白いように打球が詰まるのが武器。
制球はそこそこ良いですが、ひとまずはまとまっている、というくらいの印象です。

変化球はスライダーを持っており、これが濱野の真価とも呼べる決め球。
うねるような軌道で鋭く落ちる、捉えるのが困難な球筋は一目で見るものを魅了させます。
左打者の内角に切り込み、右打者の外角へ逃げていく強力な変化球。
スライダーの鋭さと、カーブの落差を併せ持ったような素晴らしい球だと思います。

あと気になるところを挙げるとするならば、まずはクイック。
あれだけ間を使う投球が、ランナーが出てからどんな投球になるのか。
そして肘をしならせるようなフォームで負担はどれほどのものなのか。
クイックが抜群、負担も問題なしなら、今年の社会人投手では五指に数えても良いかもしれません。

指名予想:巨人・横浜・日本ハム

巨人は西村・山口ら若手の台頭に加え、藤田・豊田・クルーンらで長年の課題・中継ぎ問題に光。
しかし一部投手の過投は目立ち、鉄人に成長の期待よりも更なる厚みを。

横浜は今年絶不調ですが、まずチーム上昇に欠かせないのが投手陣の整備。
有名候補の素材は十分にいるので、今すぐにでも主力になれる選手が後ろを育てる効果も生むはず。

3連覇のかかる日ハムも今年は怪我人に泣かされている感もあり、投手陣にも陰り。
まだまだ力はありますが、離脱の目立つマイケルの前に濱野がいれば安心感は倍増。


昨年か今年の頭くらいから注目していましたが、ここまで順調に結果を出すとはビックリです。
もしかすると上位指名も、という雰囲気も出てきたように感じます。
技巧派の先発も面白いですが、負担がある程度あるようなら中継ぎタイプですね。
ドラフトまでにもう一伸び、期待しましょう!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ