FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
岐阜どころか全国を代表する本格派右腕、岐阜城北高校のエースは全国デビューなく敗戦。
185cm73kg・右投左打・投手・MAX147km・遠投100m・50m6秒2・背筋180kg・握力右63kg左60kg。

オリックス入りした丹羽という高校屈指の打者を見に来たスカウトが、翌年に気持ちがシフト。
それくらいのセンスを秘めた右腕は、統一になったドラフトでも上位指名の噂が飛び交う。
ついに全国の舞台で投球をすることはありませんでしたが、素質は全国級間違いなし。
2年次の準決勝で清翔をノーヒットノーランに抑えた実績で一気に注目度が増しました。

速球はMAX147kmを記録しますが、球速表示だけではないキレがこの投手の身上。
長さとしなりを合わせた腕から放たれる速球はミットに吸い込まれるような快速球。
ここに来るはず、という打者のバットの上を通り過ぎていく「本物の速球」です。
ただ制球は若干甘く、最後の夏もこの部分に泣いた模様。

変化球はカーブとスライダーが中心で、フォーク・ツーシーム・チェンジアップなども。
カーブはドロンと落ちる軌道で、快速球に目が行きすぎると反応できない緩い球。
この球を中心に緩急を作れるのが強みで、コースに決めることも出来ています。
スライダーは速球のような軌道かと思いきや突如沈み込む厄介な球。
これをカーブと勘違いしても、中々うまく打てないでしょう。
あまり確認できていないのですが、ツーシームも速球に近い速度で微妙に変化する実践的な球。
フォークに関してもスピードが出ていて落差も十分に見えました。
速球にしても変化球にしても、あらゆる面で一級品の素晴らしい投手。
緩急自在に翻弄し真っ向勝負で抑え込む、投手の面白さを体現したような投手です。

そしてこの選手の野球センスを語るには、打撃面も無視は出来ません。
内角高めの厳しい球を引っ張ってライト線にファール。
同じコースを今度は0.1秒我慢してスタンドイン、満塁ホームランを放ちました。
何より驚いたのは、あれだけのリーチを畳んで振りぬいているのに窮屈さが皆無なこと。
これだけのしなやかさと強さを同居させた選手は中々見れるものではありません。

あえて課題面を挙げるとするならば、下半身の安定くらいでしょうか。
ピンと足を上げても動じないバランスは流石、振りぬく腕のしなりは素晴らしいの一言。
ただあと一歩踏み込んで上半身を我慢できれば、制球アップとパワーアップを両立させてくれそう。
8割の力で今の1割増の力を出せるようになれば、球界屈指の存在となるでしょう。

指名予想:中日・ソフトバンク・オリックス

中日はスカウトが既に惚れ込んでおり、次世代エースとしてはこれ以上ない存在。
もしかしたら一巡指名で来るかもしれません。

ソフトバンクは年々地元と見せかけて別地方の高素材を狙っている雰囲気。
昨年の岩嵜に続き、伊藤獲得で次の四本柱が見えてくる!

オリックスは小松が結果を出し、投手陣の強化を一気に進めておきたいところ。
少し右に偏りがちでも、球界屈指のエースになれば左右なんて関係ない!


スケール的には東浜に勝るとも劣らないほどのスペックをしていると思います。
東浜との差があるとすれば、やはり制球の部分が多くを占めるのではないでしょうか。
速球の威力に関しては今年の投手では五指に入るレベルでしょう。
ちなみに変化球に関しては、判別は自己流なのでかなり自信がないですorz
プロになってからたっぷり見せていただきましょう!!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



球団別に前半戦の成績、状況などについて解析していきたいと思います。
恐らく全球団終わるより前に後半戦が多少進んでしまうと思われますが、ゆるりとお待ちください。

前半戦成績(交流戦終了時点)
64試合 30勝32敗2分(勝率.484) リーグ4位(首位と11.5ゲーム差)
228得点(6位) 47本塁打(4位) 打率.269(2位)
256失点(4位) 防御率3.77(4位)

交流戦
24試合 13勝11敗0分(勝率.542) リーグ6位タイ
100得点(5位) 19本塁打(8位) 22盗塁(1位) 打率.278(3位)
109失点(10位) 防御率4.48(10位)

シーズン前の懸念通り投手力の課題が拭えなかった部分が結果に如実に出ている。
新戦力ルイス、次代のエース前田などが出てきてこの数値なのだから、状況は楽観できない。
しかし新井を欠いた打線は機動力を中心として中々の得点能力として機能している。
東出・天谷・赤松の機動力に栗原・アレックス・小窪など打てる野手が揃ってきた。


開幕前ブレイク選手予想
青木高広・・・7/26時点、14試合・0勝2敗0H0S・防御率5.08・先発起用は2試合のみ。

前半戦MVP
(野手)東出輝裕・・・リーグトップクラスの打率と高い機動力で広島の攻撃の起点に。
(野手)栗原健太・・・チーム三冠に近い打撃成績は立派な主砲の成績。
(投手)コルビー・ルイス・・・チームが上昇できない時期で二桁勝利、昨年のグライ並の活躍。

ブレイク選手
(野手)小窪哲也・・・打率.273、出塁率.351で既に立派なレギュラー成績。文字通りの即戦力。
(投手)前田健太・・・2勝1敗と勝敗つかずの試合も多いが、8試合先発で防御率3.70は十分立派。

誤算
(野手)梵英心・・・打率が.217では機動力も生かせない。長打を増やすスタイルが今季は裏目?
(野手)スコット・シーボル・・・助っ人としては物足りず、新井の代役が期待されただけに尚更。
(投手)長谷川昌幸・・・7点台に近い防御率、ローテ投手がこの成績では苦しい。

後半戦キーマン
(投手)大竹寛・・・今年も二桁の負けが確定。しかし後半は勝ち頭となって勝率5割超期待。
(野手)嶋重宣・・・昨年の低迷を覆すだけの成績に。後半は出場を増やし、打点を重ねたい。


黒田の穴をルイスが見事に埋め、新井の離脱も栗原の活躍で気にならない。
それでも上昇のきっかけが掴めないのは、それ以上の戦力プラスがないからか。
二人の穴埋めに成功しただけでは昨年以上の成績は期待できない。
前田健太・小窪哲也の二人が今後の広島を引っ張れる選手なら希望はある。
この時期に助っ人投手を獲得するなどチームの勝利に対する貪欲さが伺える。
ベテランの活躍の若手の台頭で、一気に上昇することに期待。

市民球場最終年と節目を迎える広島カープ、皆さんにはどう映ったでしょうか。
お立ち寄りになられた方、一言コメントいただければ幸いです。

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
7月も中頃に入って、暑い日が続いています。
ペースダウン著しい当ブログですが、何とかやっていきたいと思っています・・・^^;

いつもは月初めですが、ちょっと遅れての更新。
検索ワードから見る注目選手の企画です!
基本的に検索上位は「2008年ドラフト候補」などと言ったワードが非常に多くなっています。
甲子園夏の予選もスタートして、注目度がピークに近づいていっているようですね。
東洋大姫路・聖望学園・沖縄尚学などセンバツ上位がどんどん敗退する波乱の展開。
今後も目の離せない展開になりそうです。


10位:伊波翔吾(浦添商)
悲願の沖縄尚学撃破で甲子園の切符一番手を得た浦添商の大エース。
150kmに迫る速球、フォーク・カットボールなど多彩な変化球に学習能力。
センバツの東浜を見て使える球だと思い、ツーシームも既にマスター済だとか。
かなり期待の選手ですね。

9位:大前勇人(東洋大学)
退部の噂の真偽は分かりませんが、東洋の公式には名前がありませんでした。
このblogがスタートして間もないころに惚れ込んだ打撃センスが印象深いです。
もし退部が真実だとしても、野球を続けていて欲しい選手ですね。

8位:熊代聖人(日産自動車)
2007年は分離ドラフトでの上位候補でした。
2010年は恐らくこのまま統一だと思いますが、再び上位候補として名を挙げることが出来るのか。
大豊作の予感がする2010年だけに、注目したいですね。

7位:伊奈龍哉(徳島インディゴソックス)
今度は独立リーグでも契約解除を食らってしまった選手。
当ブログでは何度か記事を書かせていただいています。
練習生としては残るようですが、どの程度の怪我なのでしょうか・・・。
どうしても、復活に期待してしまいます。

6位:立岡宗一郎(鎮西)
全国的にはまだまだ無名なものの、ドラフトファンなら知らないはずがない野手の目玉候補。
予選を勝ち抜いて甲子園に出てこれるかどうかというところですが、注目度は絶大。
この夏の活躍次第では統一でも上位指名が十分に有り得るだけの資質。
強打・俊足・強肩・堅守のスーパー選手を見逃せない!

5位:東浜巨(沖縄尚学)
まさかまさかの予選敗退、センバツ優勝の大エース右腕。
相手が浦添商という甲乙つけがたい強豪だっただけに仕方ありませんが、残念でもあります。
今回は伊波の勝利という結果、決着は是非プロの舞台で。
本人は進学を考えているようですが、アマチュア最強ドラフトの早稲田が一番手?

4位:高濱卓也(阪神タイガース)
2007年の野手の目玉でしたが、中々話題が上がってきません。
中田も骨折してしまい、昨年高卒選手の野手は出だし苦戦といったところでしょうか。
それでも野手は長い目で見たい、高濱も5年以内に虎の主戦格へ!

3位:佐藤祥万(横浜ベイスターズ)
夏海のお気に入り左腕です。
既に16試合を投げて、経験を少しずつ積んでいる段階。
横浜の投手大量投入の中で生きていけるかはこれからの努力次第でしょう。
今の成長振りを見ていると、中継ぎより先発で見てみたいですね。

2位:野村祐輔(明治大学)
昨年の高校選手では一番の出世株ではないでしょうか。
神宮ではかなりの痛手も経験しましたが、何事も今後に繋げられれば良い過程。
2010年が大豊作と言われていますが、2011年も劣らぬレベルのドラフトになるのかも。

1位:大田泰示(東海大相模)
今年の目玉といえば、やはりこの男を除いて話は出来ません。
大学・社会人を含めても五指に入るだけのスケールは甲子園でも是非是非見たい。
遊撃の守備はあまり好評を聞きませんが、打撃は相変わらず凄いの一言。
右への打球が切れないようになってくれば、3年でプロのクリーンアップになれるでしょう!!!


前半戦通信簿を中断して2009年ドラフト候補リスト作成など、暴走して申し訳ありません。
今後再開予定です。
2009年は高校生のスラッガーと大学・社会人の左腕が目立つ面々ですね。
今の注目は今村・秋山・山内・古川・大城・藤川あたりですが、他の伸びにも大いに期待。
今年が終わってもいないのに、来年が楽しみになってきました!(^^;)

しかしたまたまテレビで見ていた相洋の矢幡が怪我をしていて驚きました。
そうしていたら北大津の石川が全治一ヶ月の骨折の報が・・・
伊藤準規や小熊など、怪我から復帰の選手もいれば逆もあり。
注目選手が見られないショックもありますが、その分復活劇を楽しませてもらいましょう。


面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
球団別に前半戦の成績、状況などについて解析していきたいと思います。
恐らく全球団終わるより前に後半戦が多少進んでしまうと思われますが、ゆるりとお待ちください。

前半戦成績(交流戦終了時点)
68試合 34勝33敗1分(勝率.507) リーグ3位(首位と10ゲーム差)
250得点(2位) 66本塁打(1位タイ) 打率.253(6位)
265失点(5位) 防御率3.78(5位)

交流戦
24試合 14勝10敗0分(勝率.583) リーグ4位タイ
88得点(11位) 21本塁打(6位) 20盗塁(4位タイ) 打率.259(9位)
90失点(3位) 防御率3.57(6位)

得点・本塁打の割に低い打率は相変わらずの一発攻勢が如実に現れたデータと言える。
勝率5割を前後して苦しみファンをヤキモキさせているが、新戦力は目覚しい活躍をしている。
交流戦で20を記録した盗塁のような機動力が生きてくれば、攻撃力が更に上がるのは確実。
投手陣次第ではメークミラクル超の大逆転劇も夢見ることが出来るはず。


開幕前ブレイク選手予想
坂本勇人・・・7/5時点、75試合・AVE.242・3HR・18RBI・3SB・OBP.275・SLG.303+豪快な守備。

前半戦MVP
(野手)アレックス・ラミレス・・・連続試合安打記録など文字通り乱れ打ち。3冠も射程距離圏内。
(野手)木村拓也・・・スーパー・サブがスター選手クラスまで進化。チャンスメークの立役者。
(投手)西村健太朗・・・離脱・出遅れの多い投手陣で難しい場面ばかりを良く38試合も投げた。

ブレイク選手
(野手)坂本勇人・・・前述した成績、全試合を出場のタフネスは評価できる。二岡に勝てば本物。

誤算
(野手)李承ヨプ・・・外国人枠が悩みの種のはずが、成績のほうが安定せず。
(野手)高橋由伸・・・出だしに長打力を発揮したものの、怪我で離脱の悪い循環に。
(野手)小笠原道大・・・上記二人の影響もあり、状態が悪いまま出場が成績下降に。
(投手)上原浩治・・・先発として復帰の予定もモデルチェンジが裏目に作用。

後半戦キーマン
(投手)高橋尚成・・・前年のエースが2勝3敗では×。五輪期間に勝ち頭とならなければならない。
(野手)二岡智宏・・・坂本に悠々と遊撃を渡すはずがない。後半戦に存在感を発揮するはず。


主力として期待していた選手が次々と離脱し、新戦力も半々の成功率といったところ。
戦力としては上々だったゴンザレスの離脱、グライ・李不調が主な失敗点。
それをもって余りあるラミレスの打棒、バーンサイド・クルーンなどプラス要因もあった。
副産物として大道・加治前など日替わりのヒーローが選手層を厚く見せてくれている。
あとはせっかく台頭したのに離脱してしまった亀井のように、怪我は後半戦も天敵。
続々と帰ってきている戦力に、後半戦猛追の期待をかけるばかり。

前年セ・リーグ制覇の伝統・巨人軍、皆さんにはどう映ったでしょうか。
お立ち寄りになられた方、一言コメントいただければ幸いです。

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
球団別に前半戦の成績、状況などについて解析していきたいと思います。
恐らく全球団終わるより前に後半戦が多少進んでしまうと思われますが、ゆるりとお待ちください。

前半戦成績(交流戦終了時点)
67試合 36勝28敗3分(勝率.563) リーグ2位(6.5ゲーム差)
249得点(3位) 65本塁打(2位タイ) 打率.256(4位タイ)
226失点(2位) 防御率3.02(1位)

交流戦
24試合 12勝12敗0分(勝率.500) リーグ7位
76得点(12位) 20本塁打(7位) 14盗塁(7位) 打率.240(12位)
93失点(5位) 防御率3.50(5位)

交流戦では得点不足が大きく響き、貯金を一つも作ることが出来なかった。
しかし交流戦で5位に甘んじてもリーグトップの防御率は流石の一言。
点の取り方さえしっかりしてくれば、阪神はまだまだ十分に射程範囲内。


開幕前ブレイク選手予想
堂上剛裕・・・一軍出場なし

前半戦MVP
(野手)和田一浩・・・リーグが変わっても前半戦終わって3割キープ、チームトップの打点。
(投手)川上憲伸・・・エース貫禄の働きで6勝、防御率も上位で安定感抜群。

ブレイク選手
(投手)チェン・・・怪我を乗り越え、前半だけで11ホールドの活躍。投手王国健在だ。
(投手)吉見一起・・・防御率一位、先発・リリーフ両面で中日に欠かせない選手になった。

誤算
(野手)立浪和義・・・打撃コーチ兼任になったが、1割を切ってしまう打率は選手として物足りない。
(投手)中田賢一・・・昨年チーム最多勝利も今期は中々安定せず、防御率も4点台。

後半戦キーマン
(投手)山本昌・・・残り5勝となった200勝達成を含め、今期後半の追い上げでベテランの意地を!
(野手)小池正晃・・・環境の変わった今をチャンスに、阪神追い上げの一打に期待。


いかに野球が投手の力で大きく変わるといっても、特に交流戦での打線は低調だった。
中村・ウッズに加えて和田が入ったことで破壊力は増しているはずの打線。
森野・井端・荒木・・・名前だけ羅列すれば点を取れそうなものだが、そうはいかないのが野球。
投手陣の調子を維持しつつ、いかに打線が奮起するかが後半の重要なファクターになるでしょう。
怪我人をこれ以上出さないのも勿論のこと。

昨年日本一獲得も今季は阪神に先行許す状態、皆さんにはどう映ったでしょうか。
お立ち寄りになられた方、一言コメントいただければ幸いです。

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ