FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
Date:
名前:辛島 航(カラシマ ワタル)
所属:飯塚高校
守備:投手
利腕:左投げ左打ち
体躯:176cm67kg
能力:球速MAX141km
球種:スライダー、カーブ、シンカー、チェンジアップ

History:
冷泉少年ファイターズで小学校時に軟式野球を始め、中学から硬式に転向。
吉塚中の「ドリームフューチャーズ」で2年生から投手になる。
高校では1年次からベンチ入りし、53kgだった体を15kg増やすほどの猛トレーニング。
3年夏に準々決勝で二保に投げ勝つなどして福岡大会を制し、甲子園に出場する。

主要実績:
2008夏甲子園大会1回戦

観戦記録:
2008夏甲子園
左腕豊作として楽しみにしていた甲子園、その前にまだ左腕がいたことを知りました。
笠原・二保など逸材のいる福岡大会を制した飯塚の辛島。
日高・有馬・中崎・赤川・平山など実力者が多いだけに、評価のボーダーラインは厳しい。
そんな印象を抱いてしまった上に、初戦で浦添商と当たるという不運まで。
それらの印象を払拭してしまったのが、敗北こそしたものの魅力的な投球。
今年の高校生左腕ではお気に入りの五指に入る投手です!

速球:
「ノビは自分より上」と赤川がコメントするほど、グンというノビを持った速球を投げます。
MAX141kmと言われていますが、実際は130km前半が中心の速度。
それでも常時140km半ばの体感速度を感じさせるような素晴らしいノビを持っています。
しかも制球が良く、追い込んだ後の際どいコースを攻める様は惚れ惚れ!

変化球:
ブレーキが掛かってスライドしながら沈むスライダーが決め球。
カーブはさらに遅く、緩急を自在に使えるだけのバリエーションが強み。
フォークのように落ちるチェンジアップも有効に使っており、左右関係なく攻め込んでいます。
これらの変化球が上擦った球筋にならないのが何よりの魅力。
そして例外なく、制球が安定しているのも素晴らしい。

フォーム:
SB和田のようなフォームで、球の隠し方が上手。
一つ一つ確かめるように綺麗な重心移動をするフォームには、努力の色が感じられます。
ただゆったりと間を使うフォームなので、セットポジションで力を発揮できるかどうか。
野球小僧調べでは、変化球と速球で0.2秒のリリース差があるそうで、改善の余地アリ?

打撃:
見れていません。
ただ地方予選では.458を記録し、浦添商戦でも1安打を記録。

守備:
見れていません。


甲子園では3回に中指の爪が割れてしまい、無念の敗退となってしまいました。
しかし技術的には今年の左腕でも屈指のものを持っていると思います。
福岡大会では6試合に登板し防御率0.39、四死球6と安定した投球を披露。
目標としているSB杉内のように、巧みな技術で活躍する姿に期待したいですね!

指名予想:中日・オリックス・ソフトバンク

中日は投手王国の色が段々褪せてきて、若手の左腕は手薄に。
八木なども他球団からのマークが多いので、辛島も合わせて狙いたいはず。

オリックスは後半の快進撃は流石、この勢いを序盤から作れれば優勝を狙えるチームに。
チームが強くなる過程でいて欲しい新世代エース、この左腕に託してみても面白い。

やはり地元ということでマークしているでしょうが、九州地方の左腕はかなり豊富。
他の投手との優先順位がどの程度か分かりませんが、早い段階で指名しておきたい好左腕。


九州の左腕としては赤川に次ぐ力を持っていると思います。
今年の中崎は凄かったみたいですが、見ていないので分からず・・・
しかし将来性で見れば、成瀬や和田のような技巧派左腕として世代のトップになれる夢も。
三、四巡で残っていれば是非ホークスに指名して欲しい、待望の左投手です!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



Date:
名前:赤川 克紀(アカガワ カツキ)
所属:宮崎商業高校
守備:投手
利腕:左投左打ち
体躯:184cm88kg
能力:球速MAX145km・握力右66kg左68kg・遠投120m・50M6秒5
球種:スライダー、カーブ、フォーク

History:
中学時代は一塁手と兼任していたものの、高校からは投手に専念。
各校からの誘いにも「家から近い」の理由で宮崎商を選ぶ。
一年の秋からエースとなり、有馬・中崎と合わせて「宮崎BIG3左腕」として名を馳せる。
3年の最後の夏に打倒・日南学園を達成し、甲子園で全国区の投手へと飛躍。

主要実績:
2007秋県大会ベスト8
2008春県大会ベスト4
2008夏甲子園大会2回戦

観戦記録:
2008夏甲子園
一足先に甲子園でデビューしていた有馬・中崎と並びBIG3として名を這わせていた大型左腕。
140km以上の球速、多彩な変化球に柔らかい肘の使い方、恵まれた体格と左腕という強み。
評判を聞くだけで、「悪い選手のはずが無い」と期待を膨らませ続けてきました。
そしてライバルを破っての甲子園出場、満を持しての全国デビュー。
知る人ぞ知る九州の隠し玉が、争奪戦必至の好投手であることが証明されました。

速球:
コンスタントに140kmを記録できるのに、力みをまったく感じさせません。
それどころか制球も安定していて、角度もついていて、肘を柔らかく使えている。
球質も重みがあり、フォーム同様中日の山本昌のイメージさせます。
この速球だけでも、期待が大きく膨らむだけの要素を秘めています。

変化球:
球種は特に多いというほどではありませんが、質の高さは折り紙つき。
主な変化球はスライダーですが、この球は上の世界でも決め球になりそう。
速球に近い軌道から減速し、130km近い球速で沈み込みます。
右打者の内角に食い込み、左打者にとっては外角に逃げる脅威の変化球。
カーブは更に落差が大きく、ブレーキが掛かっているので緩急も10km単位で使えそう。
あまり見れていないのも影響してか見逃してか、フォークは未確認です。

フォーム:
前述の通り、山本昌のように踏み込んでから体を沈み込ませるようなフォーム。
あれだけ重心を前に移動させても微動だにしない下半身バランスは素晴らしいの一言。
肘が柔らかく、大型左腕にありがちな粗さを感じさせません。
フォームの完成度については、素人の私にとっては完璧とすら思えました。

打撃:
特に印象にありませんが(多分見ていない)、甲子園では2戦で2安打を記録。

守備:
これも印象特になし。
致命的なエラーやファンブルなどはなかったと思うので、及第点のものは持っている?


延長178球を投げきるスタミナもあり、投手としての資質は今大会でも№1だったかもしれません。
本人はランディ・ジョンソン(MLB・ダイヤモンドバックス)を強く意識。
ジョンソンといえば横手からの160kmと抜群のスライダーが武器の投手。
赤川も密かに150km以上の球を狙っているのか、もっと別の部分なのか。
マイペースな大型左腕の行く末は、どんな大投手になってくれるのでしょう。

指名予想:ヤクルト・楽天・ソフトバンク

ヤクルトは一巡評価をしており、入札ないしは外れ一巡指名は固そう。
村中・増渕・由規・加藤などライバルも多く、共に将来を担う投手として。

楽天は好調だったのがいつの間にか最下位脱出を争う位置に。
球界屈指の右腕を見て学び、大きく育って左のエースへと成長して欲しい。

ソフトバンクは大不調で王監督勇退時に最下位の危機を迎えている状態。
大隣や斎藤など実力はあっても離脱の目立つ投手に先立ち、新エースとして引っ張りたい。


入札はまだ分かりませんが、少なくとも外れ一巡には間違いなく消える投手。
昨年や今年の春頃までは三巡くらいでホークスに欲しい投手・・・と思っていたのですが。
松坂世代のように切磋琢磨できるライバルが多く、まさに左腕の年です。
近田・赤川を筆頭に大きく育ってくれることに期待しています。
赤川は恐らく即戦力級の力を持っていると思われるので、巽に行かないなら鷹に来て欲しい^^

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
Date:
名前:伊波 翔吾(イハ ショウゴ)
所属:浦添商業高校
守備:投手
利腕:右投左打ち
体躯:176cm74kg
能力:球速MAX148km・握力右56kg左47kg・遠投110m・50M6秒3
球種:ツーシーム、カットボール、スライダー、カーブ、チェンジアップ

History:
中学時代・宜野湾ポニーズ所属、投手として世界大会出場。
浦添商では1年からエースナンバーを背負って活躍。
東浜とはお互いにライバルとして認め合い、直接対決は2勝2敗。
しかし2勝は東浜の脱水による降板や交通遅延による調整不足など、万全の状態では勝利なし。
センバツで優勝した東浜のツーシームを見て使える球と感じ研究、見事自分のものに。

主要実績:
2007秋県大会3回戦
2008春県大会優勝
2008春九州大会準優勝
2008夏甲子園ベスト4

観戦記録:
2008夏甲子園
沖縄に東浜に勝るとも劣らぬ逸材がいると知ってから、ずっと待ち続けていた全国デビュー。
先にセンバツを制した東浜擁する沖縄尚学を破っての甲子園だったので尚感慨深い。
そんな期待を胸に、観戦してみると色々と衝撃がありました。
一説では150kmを投げるとも言われていたので、大嶺のような選手像を勝手に描いていたからです。
初戦は捕手の好リードもあり、無三振無四球完封という超省エネ投法で見事にスタミナを温存。
速球の力押しだけでなく、要所を変化球で締める技巧派の面を見せてくれました。

速球:
力のある馬力タイプの球で、球威で押していけそうな雰囲気を持っています。
140km台を出すことを苦にしないのに、コーナーをつける制球を持っているのが素晴らしい。
大会後半には疲れや怪我からなのか失投もありましたが、短いイニングなら既にプロ級かも。

変化球:
どれも質が高く、カットボールを特に有効に使って打ち取るスタイルが主流。
ただ緩い球はあまりなく、緩急というよりは球の質の高さをぶつけていくタイプと思われます。
カットボールは球速がかなり出るのに変化するので、凡打を引き出すのに重宝しそう。
ツーシームはカットボールとは微妙に違う変化をしているようで、速球三種だけでも脅威。
スライダー、カーブは大差ありませんが鋭い変化の質の高いものでした。
ただ変化幅の大きいタイプのいうよりはどれも球速・キレに優れるタイプ。
意外と奪三振能力が特に秀でているというタイプの投手ではないのでしょうか。
しかしそういった投手として成長していく可能性も高く、資質の高さは今年の候補でも屈指でしょう。

フォーム:
松坂のようにゆったりとワインドアップに入る、雰囲気抜群のフォーム。
変に癖がついていないので、大きな矯正はプロでも必要ないかも。
下半身の出来が素晴らしく、常に強く振っていけるスタミナの根幹が出来上がっているのも魅力。

打撃:
打者としても勝負強く、転向してもやっていけそうな気がします。
特段苦手そうなコースも無く、ライナー性の当たりを打てる資質は安打連発の将来も。
体幹がしっかりしているので、粘って球を待ってからの強打も苦にせず。

守備:
フィールディングは野手としてでもやっていけそうなくらい手馴れたもので、好プレーも。
バント処理で球を叩き落したプレーは本人も「練習でも一度もやったことが無い」とのこと。
取ってからでは間に合わない、素手で取っても間に合うか、そんな場面で咄嗟に発揮できる対応力。
選手としての能力の高さを感じさせる場面でした。


総合して、野球選手として非常に高い資質を持っていることは確かだと思います。
投球としては緩急の使い方、角度の補い方次第で一年目からでも上で活躍できそう。
打者としても十分いけそうですが、ここまで投球が良いと打者にしてしまうのはもったいないかも。
意外と「金城二世」になったりしたら、それはそれで面白そうです^^

指名予想:阪神・横浜・ソフトバンク

阪神の課題は野手の世代交代と投手陣の充実。
今年は岩田が出てきましたが、これぞエースという位置に闘志溢れる投手を。

横浜は投手陣の編成が今後の鍵ですが、祥万や阿斗里など若い選手に力があります。
そんな中に伊波という一石を投じれば切磋琢磨された将来が見えてくるかも。

ソフトバンクは地元のスターとして、そして先発の一角として期待したい投手。
大場・岩嵜といった年の近い速球派もいて、互いに刺激になって成長できるはず。


評判の割にあまりリストアップ情報があがってこない印象。
好対照な東浜というライバルもいて、エースの資質があると思うのですが・・・。
肩を痛めたということでしたが、こちらの具合も気になるところ。
是非プロの舞台での躍動を見てみたい選手です!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
気づかぬ間に40万ヒットしてました。
拙いblogに来てくださって本当に感謝しています。
8月の甲子園大会はまさに「打」の大会でした。
スター選手がいないときのほうが甲子園にこれるとは皮肉だなぁとは思っていましたが・・・
ここまで大阪桐蔭が強いとは思っていませんでした。
ここが野球の面白いところでもありますが!
ドラフト的には高校生が続々進学表明で少し残念な気持ちがありますね。
さて、皆様は誰に注目をしているのか?
いつも通り検索ワードからベスト10発表しちゃいます!


10位:荒波翔(トヨタ)
社会人野球の進んだ横浜高校出身の天才打者が再び注目を集めているようです。
都市対抗で荒波の存在を思い出した人が多かった?
あんまり情報を調べられていないので活躍情報は知りませんが、即戦力級の守備が印象的です。

9位:荻野裕輔(東北高校)
楽天入り濃厚かな、とドラフト予想では楽天の上位に入れる予定の選手でした。
しかし専らの噂は進学とのことですね・・・夏に甲子園に来られなかったのが起因でしょうか。
東浜・大田以外にも進学がたくさん出るのでしょうか・・・

8位:大前勇人(所属不明)
今どこで何をしているの~
私も気になって検索してみて、「なんだ書いて無いじゃん!」と思ったら自分のブログでした。
お役に立てずスミマセン・・・OTL

7位:清水裕太(所属不明)
大阪桐蔭の中田二世と言われていましたが、一度転校したのしてないの、そんな話で・・・。
私としても気になるんですけど、やっぱり情報が掴めないままです。
色んな噂が行き交っていますが、野球を辞めていてはほしくないですね。

6位:石岡諒哉(新日石ENEOS)
おおっ、何か伸びてる!都市対抗優勝おめでとう!
プロ入りが待ち遠しい捕手ですが・・・早戸はどうなんでしょう。
昨年のお気に入り捕手の二人なだけに、注目度が上がると何故か私も嬉しいです^^

5位:高濱卓也(阪神タイガース)
当ブログとしては常に注目されている選手なんですが、今年は体作りの一年でしょうか。
成瀬二世と言われていた土屋が野手になるかも、という話もありましたね。
後輩に追い抜かれるわけには行かないぞ!

4位:大田泰示(東海大相模)
今年のドラフト候補では大学・社会人を含めても最強クラスのスラッガー。
それでも東海大学に進むのは変わらないのでしょうか?
4年後、亜細亜の東浜と東海の大田が争奪戦になるのが目に浮かびます。

3位:伊波翔吾(浦添商)
甲子園を沸かせ、あと少しで春夏沖縄勢制覇というところでした。
決して速球だけの投手ではなく、完成度の高い選手であるというのを存分に見せてくれましたね。
ドラフトファン的には春に東浜・夏に伊波を見れたのは嬉しい点ですね。
夏の東浜も見てみたかったですけど^^;

2位:野村裕輔(明治大学)
なんだか最近昨年の高濱より今になって野村のほうが常に上位にいる印象です。
ドラフトとなるとまだまだ先の話ですが、大学野球を沸かせるには十分な資質ですね。
明治vs早稲田の構図になっていくんでしょうか。
もちろん、明治のリーダーは野村、となると盛り上がりそうです。

1位:近田怜王(報徳学園)
おおおお、なんと8月も注目度一位でした!
改めて投球を見ていると、やはり他とは違った球を投げていますね・・・
左腕豊作とは言えど、それでもトップクラスの力を持っているのは間違いないでしょう。
思いいれもありますが、個人的には赤川より将来性があると思っています。
赤川も相当ですが、なんとなく近田は将来MLBに行っていそう・・・


さて先月9月は頑張る宣言をしたわけですが、この様です;;
今は伊波の寸評を書いており、その後その他選手を一気にリスト化する予定です。
まだまだ書きたいことはいっぱいあるのに・・・筆が進まない・・・
それでも頑張りますよ~。。。ρ(-ω- )



面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ