FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
ドラフト直前にもなって更新の少なさを悔やんでもいます。
ドラフトが終わっても今年のドラフト候補の整理は続けていくつもりです。
ご迷惑をかけて申し訳ありません。

さて、気を取り直して指名予想!
…は、今回はあまりにも難しいです。
絶対的な目玉の不在、統一開催、枠なし…
というわけで指名巡グループを作ってみます。


ドラ1グループ
榊原諒(関西国際大学) 投手
巽真悟(近畿大学) 投手
蕭一傑(奈良産業大学) 投手
大野奨大(東洋大学) 捕手
岩本貴裕(亜細亜大学) 外野手
松本啓次朗(早稲田大学)
長野久義(ホンダ) 外野手
野本圭(日本通運) 外野手
赤川克己(宮崎商高校) 投手
伊藤準規(岐阜城北高校) 投手
甲斐拓哉(東海大三高校) 投手
大田泰示(東海大相模高校) 内野手


やはり半数は投手が占めそうなドラ1。
しかし逆に言えば半数のドラ1が野手になる可能性があります。
投手不作と見るか、野手豊作とみるのか。
最注目はやはり大田の行方。
巨人以外進学という噂が飛びかい、通用するか以前に拒否の危険も。
同じく拒否の恐れを持たせるのが日ハムを拒否した長野。
そして彼等に対して巨人はどのような選択をするのか、興味深いです!
巽はちょっとトーンダウンですが、ドラ1最筆頭には変わりなさそう。
榊原はオリックス、野本は楽天、松本は阪神、伊藤は中日がそれぞれ高評価。
広島が岩本に行くのは固そうで、ヤクルトは赤川?
直前まで入札の読み合いは続きそうな気配です。

ドラ2グループ
木村雄太(東京ガス) 投手
小杉陽太(JR東京) 投手
藤原紘通(NTT西日本) 投手
藤江均(東邦ガス) 投手
坪井俊樹(筑波大学) 投手
伊原正樹(関西国際大学) 投手
細山田武史(早稲田大学) 捕手
岩崎恭平(東海大学) 内野手
近田怜王(報徳学園高校) 投手
八木亮祐(享栄高校) 投手
斎藤圭祐(千葉経大府高校) 投手
浅村栄斗(大阪桐蔭高校) 内野手


実際にプレーを見たことのない選手が中心ですが、高素材が並びます。
中には「場合によっては一巡も!?」という可能性あり。
特に坪井・斎藤・岩崎は一巡で確保しても損はしない選手でしょう。
個人的に買っているのは小杉・斎藤・近田です。
上位に野手が多くなりそうな分、2巡で良い投手が取れるかが明暗になりそう。
ただ、例年このあたりから意外な高評価が出たりするのが面白いですね。

ドラ3グループ
小松剛(法政大学) 投手
西村憲(九州産業大学) 投手
林冬樹(星城大学) 投手
上野大樹(東洋大学) 投手
上本博紀(早稲田大学) 内野手
中崎雄太(日南学園高校) 投手
伊波翔吾(浦添商高校) 投手
高島祥平(帝京高校) 投手
中田廉(広陵高校) 投手
土屋健二(横浜高校) 投手
立岡宗一郎(鎮西高校) 外野手
橋本到(仙台育英高校) 外野手


さて、ここまでが上位指名と呼ばれる人たちでしょう。
悩みながらグループ分けしましたが、ここもかなり流動的。
期待値からすれば小松・上本・立岡は1、2巡クラス。
伊波・高島など上背はないけれど凄い球を投げるような原石がズラリ。
橋本は即戦力とはならなくても、どこでもレギュラーを取れそうな大物候補です。


ドラ4,5グループ
中澤雅人(トヨタ) 投手
矢貫俊之(三菱ふそう川崎) 投手
濱野雅慎(JR九州) 投手
岩田慎司(明治大学) 投手
金丸将也(中部大学) 投手
滝谷陣(近畿大学) 投手
井上雄介(青山学院大学) 投手
田辺真悟(関西大学) 捕手
乗替寿朗(立命館大学) 捕手
今村健二(亜細亜大学) 内野手
仲澤広基(国際武道大学) 内野手
山崎憲晴(横浜商大学) 内野手
十九浦拓哉(東洋大学) 外野手
柴田講平(国際武道大学) 外野手
二保旭(九州国際大府高校) 投手
田中皓士(西京高校) 投手
小熊凌祐(近江高校) 投手
辛島航(飯塚高校) 投手
有馬翔(日南学園高校) 投手
日高亮(日本文理大府高校) 投手
宮本武文(倉敷高校) 投手
平生拓也(宇治山田商高校) 投手
中村悠平(福井商高校) 捕手
中川大志(桜丘高校) 内野手


中位と呼ぶべきなのか、このあたりは一番難しいです。
上位でどんな選手が獲得できたかで大きく変わりそうです。
確実に狙いを確保するために、上位で早めに指名されることも考えられます。
濱野・滝谷・柴田・辛島・二保などを確保できると大きいでしょう。
本来上位級も怪我などで、という柳瀬のようなお得指名にも注目したいです。

ドラ6以降+育成グループ
柳川洋平(福井) 投手
新田玄気(パナソニック) 捕手
堂上隼人(香川オリーブガイナーズ) 捕手
丈武(香川オリーブガイナーズ) 内野手
野原裕也(富山サンダーバーズ) 内野手
谷掛雄介(佛教大学) 投手
谷口友基(近畿大学) 投手
高橋広志(国学院大学) 投手
岳野竜也(福岡大学) 捕手
井上結貴(東北福祉大学) 捕手
山本和作(大阪経済大学) 内野手
西本康承(奈良産業大学) 内野手
中倉裕人(東洋大学) 外野手
加藤聡(大阪産業大学) 外野手
坂田遼(函館大学) 外野手
松永隆太(東洋大学) 外野手
藤中謙太郎(九州産業大学) 外野手
大塚椋司(聖望学園高校) 投手
北野駿人(日本航空高校) 投手
梅津寛樹(山形中央高校) 投手
山林芳則(日生学園三) 投手
西勇輝(菰野高校) 投手
杉山晃紀(綾部高校) 投手
山本徹矢(神戸国際大付高校) 投手
木本幸弘(日高中津分校) 投手
平山洸太朗(鎮西高校) 投手
笠原将生(福工大城東高校) 投手
猪本健太郎(鎮西高校) 捕手
山城一樹(浦添商高校) 捕手
藤井宏政(加古川北高校) 内野手
中井隆盛(専大北上高校) 内野手
杉谷拳士(帝京高校) 内野手
申成鉉(京都国際高校) 内野手
浜田朋彦(佐賀学園高校) 内野手 
井藤慎吾(中京大中京高校) 外野手


上位からパラパラと書いていくと、想像以上にここまで好素材が残っています。
特に杉山・笠原・杉谷の存在は大きいと思います。
こうしてリストを見てみると上位に絶対の存在は少ないものの、豊作に見えてきました。

時間が無くて携帯から作成してきた記事のため、縦に長くて申し訳ありません;;

さてここまでリストアップしてみました。
しかし、個人的に買っている選手というのはいるものです。
というわけで投手・野手を高校・大社でそれぞれ5人リストにしてみます。
ちなみに昨年は記事にはしませんでしたが…
投手
唐川・佐藤由・佐藤祥・垣ヶ原・野村 大場・白仁田・根本・石川・新垣
野手
中井・大前・中村・石岡・藤井 伊志嶺・小瀬・荒波・松山・丈武
という感じでした!
今年はこのような感じです↓

投手
東浜・甲斐・伊藤準・近田・辛島(次点・小熊) 蕭・小杉・滝谷・濱野・西村
野手
大田・立岡・橋本・中村・伊藤慎 十九浦・岩本・柴田・細山田・仲澤

小熊はどうしても入れたかったので5人と言っておきながら入れてしまいました。
実は立岡・滝谷は全然プレーを見たこと無いです^^;

最後に、今年の理想ドラフトを書いて明日に備えましょう。
あくまで理想なので、現実的かどうかは後回しで!

大田当たりパターン
1巡 大田泰示(東海大相模高校)
2巡 近田怜王(報徳学園高校)
3巡 細山田武史(早稲田大学)
4巡 二保旭(九州国際大附高校)
5巡 滝谷陣(近畿大学)
6巡 十九浦拓哉(東洋大学)
育成 金無英(福岡レッドブラワーズ)
育成 浜田朋彦(佐賀学園高校)
育成 猪本健太郎(鎮西高校)

大田外れパターン
1巡 甲斐拓哉(東海大三高校)
2巡 近田怜王(報徳学園高校)
3巡 立岡宗一郎(鎮西高校)
4巡 金丸将也(中部大学)
5巡 辛島航(飯塚高校)
6巡 十九浦拓哉(東洋大学)
育成 堂上隼人(香川オリーブガイナーズ)
育成 野原裕也(富山サンダーバーズ)
育成 笠原将生(福工大城東高校)

昨年は奇跡的に大場と外れで岩嵜を当てましたが、やはり籤は勝つ気がしません・・・。
というわけで二つに分けてみましたが、恐らくこれは当たることはないでしょう。
でも理想を追いかけているときは楽しいですね^^
さぁ、最高の想像と最悪の覚悟をしながら、一年間楽しみにしてきたドラフトを楽しみましょう!!!


2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ
2008年プロ志望届・提出者一覧(高校生編)
2008年プロ志望届・提出者一覧(大学生編)

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



田澤メジャー、岩見社会人と上位候補がこちらもリストから外れる事態。
目玉不在と言われる事態に、スカウト力が問われる年となりそうです。

さて、こちらもプロ志望届が締め切り(というかドラフト直前)。
ここでは提出した選手の一覧と、その後の進路を追記していこうと思います。
最初から全部は埋まりませんが、出来る限り埋めていきたいと思っています。


<投手>
S 巽 真悟(近畿大学) 182cm67kg 右投左打
 23奪三振やノーノーで目玉の筆頭に。150km近い速球と必殺カットボールが武器の本格派。
A 小松 剛(法政大学) 179cm75kg 右投右打
 150kmに迫る速球、多彩でキレのある変化球などが揃う高素材。安定感揃えば更に○。
A 上野 大樹(東洋大学) 181cm78kg 右投右打
 大場が抜けて弱体心配の投手陣を名実共に引き継いだエース。成長曲線は大場以上か。
A 蕭  一傑(奈良産業大学) 181cm86kg 右投右打
 今年の右投手では屈指の安定感と球質を誇る。先発・抑え、両面で大活躍が見込める。
A 坪井 俊樹(筑波大学) 左投左打 185cm72kg
 豪快さと柔らかさを備える総合力の高い投手。リーグ通算勝利は30を超える大器。
A 岩田 慎司(明治大学) 181cm80kg 右投左打
 4年になって一気に台頭、早稲田破って六大学制覇。横滑りスライダーとキレのある速球○。
B 金丸 将也(中部大学) 185cm75kg 左投左打
 神宮で評価急上昇。左投手のチェンジアップは素晴らしく、角度のついた速球も○。
B 鶴川 将吾(亜細亜大学) 176cm71kg 右投右打
 本来なら目玉投手となっていたはず。150kmに多彩な変化球、守備面にも高い評価。
B 井上 雄介(青山学院大学) 181cm84kg 右投右打
 青山伝統のタフなエース。カットボール、スライダー筆頭に実用の高い変化球取り揃える。
B 林 冬樹(星城大学) 180cm82kg 左投左打
 防御率1点台は当たり前の大型左腕。多彩な変化球に、140kmを超える速球を持つ。
B 滝谷 陣(近畿大学) 177cm78kg 左投左打
 多彩な変化球と制球にも評判。何よりも決して綺麗ではない回転のクセ球が武器。
C 谷掛 雄介(佛教大学) 180cm71kg 右投左打
 150km目前の速球を抜群の指先感覚としなりを効かせて投げ込む。変化球の精度も○。
C 谷口 友基(近畿大学) 176cm72kg 右投右打
 サイドから勢いのある速球。スライダー、シュートと実戦的な変化球も取り揃える。
C 高橋 広志(国学院大学) 185cm85kg 右投右打
 大型の角度からスピンの効いた常時140kmの速球と落差のあるスライダー。将来性評価○。
C 芦田 真史(大阪経済大) 186cm80kg 右投右打
 大きな体で重い速球を投げ込んで、3年秋に5勝0敗でMVPを獲得する。
C 内田 好治(大阪産業大学) 182cm80kg 右投右打
 重い速球と多彩な変化球、カウントを取りにいける制球が魅力。手元でクセ球に変化も。

<捕手>
S 大野 奨太(東洋大学) 177cm77kg 右投右打
 言わずと知れた守備・打撃共に高評価の№1捕手。大場の抜けた投手陣擁し東都連覇。
A 細山田 武史(早稲田大学) 178cm75kg 右投右打
 強力な肩とプロ級の投手陣をリードしてきた実績。打撃は難点もあるものの、首位打者経験有。
B 田辺 真悟(関西大学) 182cm84kg 右投右打
 経験豊富な野球エリート。強肩と長打力だけでなく、インサイドワークにも定評。
B 乗替 寿朗(立命館大学) 178cm80kg 右投右打
 高校時代から有名な田辺を追い越した印象すら出てきた。攻守共に高いレベル所持。
C 岳野 竜也(福岡大学) 178cm85kg 右投右打
 九州№1捕手と名高く、守備への評価は大きい。07秋にMVP、投手の好調を生かすリード。
C 井上 結貴(東北福祉大学) 173cm74kg 右投右打
 怪我などで足踏みもしたが、日本代表にも選ばれた守備は○。技術で刺せるのは貴重。

<内野手>
A 上本 博紀(早稲田大学) 173cm70kg 右投右打
 天才との呼び声もある巧打・俊足・堅守の三拍子。100安打も達成し、大舞台の強さ◎。
A 岩崎 恭平(東海大学) 178cm73kg 右投左打
 三塁、遊撃など花形の守備で俊敏な動きを見せる俊足巧打の内野手。トップを任せたい。
B 十九浦 拓哉(東洋大学) 180cm85kg 左投左打
 今年の左打者では屈指の強打を誇る。守備面など課題もあるが、将来四番を張れる打撃。
B 今村 健二(亜細亜大学) 170cm76kg 右投左打
 天才的とも評価されるミートセンス。小さいからと侮れない長打力も。内野は全て守れる。
B 仲澤 広基(国際武道大学) 182cm79kg 右投右打
 怪我・スランプと目玉野手にはなれなかったが、資質はドラ1クラス。三塁守備○、広角長打◎。
B 山崎 憲晴(横浜商科大学) 175cm72kg 右投右打
 内野はどこでも堅守、首位打者獲得の巧打も。日本代表経験も二度経験。
C 高島 毅(青山学院大学) 173cm78kg 右投右打
 キャプテンシーの高さと勝負強さ○。二塁でチームを引っ張れる内野の要に。
C 川咲 勇司(阪南大学) 175cm77kg 右投左打
 広角に長打を放てる打撃職人。一、三塁を守り、強肩の評価も聞こえてくる。
C 山本 和作(大阪経済大学) 182cm82kg 右投右打
 首位打者獲得した後、豪快な打撃に確実性が合わさりつつある三塁手。
C 西本 康承(奈良産業大学) 175cm73kg 右投左打
 守備走塁に高い評価を持ち、正確さを備える強肩は魅力。遊撃手として必要な能力を持っている。

<外野手>
S 岩本 貴裕(亜細亜大学) 182cm82kg 左投左打
 東都で歴代記録に残るほど本塁打を量産。逆方向にも強い打撃が打てる目玉野手。
S 松本 啓次朗(早稲田大学) 180cm78kg 左投左打
 東京六大学初の1チームから2人の100安打記録達成。巧打、俊足、堅守備え、肩は砲台。
A 柴田 講平(国際武道大学) 177cm72kg 左投左打
 足だけではないミートセンスが光る。しかも走ればアマトップクラスのスピード。守備範囲抜群。
B 中倉 裕人(東洋大学) 175cm66kg 右投左打
 本来目玉野手になれる。柔らかさ兼ね備えた強打が魅力。守備の精度に疑問符がもったいない。
B 藤中 謙太郎(九州産業大学) 180cm76kg 右投右打
 大学の5ツールは彼で決定。泥臭さ厭わないプレーは首脳陣が才能に気づくチャンスになる。
B 加藤 聡(大阪産業大学) 184cm81kg 右投右打
 打者転向すぐに首位打者。俊足も兼ね備え、一発あり、強肩の大型選手。夢が膨らむ。
B 坂田 遼(函館大学) 178cm82kg 右投左打
 北の台地で快刀乱麻の乱れ打ち。入学から3季連続MVP、首位打者獲得、本塁打量産。
C 松永 隆太(東洋大学) 175cm75kg 右投右打
 元々は守備の評価が高かったが、打撃開眼で一気に成長。足もあり、様々な可能性を秘める。



2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ
2008年プロ志望届・提出者一覧(高校生編)

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
衝撃の大田プロ志望届提出によって揺れる12球団。
当日までどうなるか分からない様相を見せてきました。
東浜も電撃提出してほしかったですけどね^^;

さて、プロ志望届がとうとう締め切り。
ここでは提出した選手の一覧と、その後の進路を追記していこうと思います。
最初から全部は埋まりませんが、ちゃんと更新するので少々お待ちを。


<投手>
S 赤川 克紀(宮崎商) 186cm88kg 左投左打
 肘を柔らかく使える希少な大型左腕。MAX147kmの最大風速と安定感を兼ね備える逸材。
A 齋藤 圭祐(千葉経大府) 185cm87kg 右投右打
 速球派大型右腕がここまで低めに集められる技は希少価値。エースになれる素材。
A 伊藤 準規(岐阜城北) 185cm70kg 右投右打
 投げる球全てが一流のキレ。制球など未完成だが、完成品は国を代表するエース級かも。
A 甲斐 拓哉(東海大三) 182cm78kg 右投右打
 150kmを超える速球を投げる。ストライクが入らなかった時期を乗り越えて一巡クラスに復活。
A 近田 怜王(報徳学園) 左投左打 177cm82kg
 一年次から目玉クラスの評価。熱中症・イップスなど足踏みも、素材は確実に最高クラス。
A 伊波 翔悟(浦添商) 175cm68kg 右投左打
 150km近い速球と質の高い変化球で完成度◎。野手評価も高く、小柄を気にさせない才能。
A 島 祥平(帝京) 右投右打 175cm75kg
 下級生から大舞台経験。既に150kmを記録し、課題だった制球面や速球の質も改善された。
A 有馬 翔(日南学園) 174cm75kg 左投左打
 2年次、甲子園で熱投。140km超の速球で気迫のある投球が身上。宮崎BIG3の一人。
A 中崎 雄太(日南学園) 179cm79kg 左投左打
 有馬と同校にあって最後までエースを競った。最後は赤川に惜敗も、BIG3に相応しい実力。
A 八木亮祐(享栄) 179cm70kg 左投左打
 ドラ1との声もある柔軟性の高い投手。ほとんど速球勝負で岐阜城北を17奪三振1安打完封。
B 小熊 凌祐(近江) 181cm77kg 右投右打
 無理のないフォームから抜群のキレ。素材は一巡クラスだが怪我が響いてピークはまだ先。
B 辛島 航(飯塚) 177cm67kg 左投左打
 制球、投球術、安定感などは今年の候補でもトップクラス。こういう選手が育つときっと凄い。
B 土屋 健二(横浜) 180cm74kg 左投左打
 横浜高校のエースとして成瀬二世の声、打っては高濱に近いとの声も集まる楽しみな素材。
B 宮本 武文(倉敷) 182cm70kg 左投左打
 粗い部分が目立ってしまうが、ダイナミックな投球を出来る大型左腕として大きな魅力。
B 大塚 椋司(聖望学園) 176cm76kg 右投右打
 総合力では今年の投手としてトップクラス。一つ抜きん出てくれば一気に伸びる力がある。
B 日 亮(日本文理大付) 181cm73kg 左投左打
 九州左腕豊作の中でも総合力が高い。内角に145kmで攻め、スライダーで仕留める本格派。
B 二保 旭(九州国際大付属) 181cm68kg 右投右打
 豊富な変化球は鋭く、MAX145kmは将来150kmへ太鼓判の声。12球団注目のダル二世。
B 田中 皓士(西京) 184cm77kg 右投右打
 MAX149kmの速球、球を隠せるフォーム、制球○、多彩な変化球、真に受ければドラ1クラス。
C 笠原 将生(福工大城東) 190cm85kg 右投右打
 190cmを超える体躯に柔らかい肘は抜群の将来性。変化球も3種あり、凄い投手になるかも。
C 平生 拓也(宇治山田商) 174cm76kg 右投右打
 センバツ最速153kmを記録。投手として課題はまだあるように思うが、速球の才能は証明済。
C 中田 廉(広陵) 186cm78kg 右投右打
 今夏甲子園で最速の148kmを記録。背の高さからも投げ下ろしの150kmに期待が掛かる。
C 北野 駿人(日本航空) 180cm77kg 右投左打
 投げ下ろしの速球が決め球になる魅力的な存在。技術がついていけば飛躍的な上昇も。
C 杉山 晃紀(綾部) 184cm78kg 右投左打
 肘の柔らかさ生かしグングン成長した147km。キレのなさも改善、将来性に高い評価が集まる。
C 山林 芳則(日生学園三) 187cm80kg 右投右打
 近畿地方で最速クラスの147kmを早い段階から記録。実戦に課題を残す?
C 平山 洸太朗(鎮西) 179cm78kg 左投左打
 パワー抜群で145km記録。制球面が課題だが、野手としても高評価されている。
C 山本 徹矢(神戸国際大付) 180cm80kg 右投右打
 終速の落ちない145kmが抜群の魅力。怪我復帰後球速落とさず制球向上に成功。
C 木本 幸弘(日高中津分校) 180cm68kg 右投右打
 柔軟性と低めの制球力が素晴らしい。投手経験たったの1年と勤続疲労少なく、将来性◎。

<捕手>
A 中村 悠平(福井商) 178cm74kg 右投右打
 走られたことが殆どないほどの強肩は今年一番に近い評価。正捕手候補。
A 山城 一樹(浦添商) 181cm77kg 右投右打
 好リードとリーダシップ光る。打撃や走塁にも評価が集まり、総合力の高さが魅力。
B 猪本 健太郎(鎮西) 183cm76kg 右投右打
 恵まれた体格と強肩強打で城島二世の期待。以後評価を上げきれずにいるが、将来性○。
C 鶴田 都貴(神村学園) 175cm82kg 右投右打
 体が大きいわけではないが、抜群の長打力は魅力。

<内野手>
S 大田 泰示(東海大相模) 188cm87kg 右投右打
 高校通算65HR、身体能力抜群で近年の高校生でも屈指のスペックを誇る主砲候補。
A 浅村 栄斗(大阪桐蔭) 181cm78kg 右投右打
 三拍子評価評価から、甲子園で長打も連発して一気に上位クラス評価へ。万能遊撃手。
B 杉谷 拳士(帝京) 172cm73kg 右投右打
 小柄ながらパワフルな打撃と俊足、堅守を備えた遊撃手。明るいムードメーカー。
C 中川大志(桜丘) 186cm87kg 右投右打
 投手から野手専念への決意。右に強い長打放つ三塁手として魅力が詰まる。
C 申 成鉉(京都国際) 183cm83kg 右投右打
 長い両腕と柔らかいリストは打撃で右方向に強い打球、守備に華麗なハンドリング。留学生。
C 浜田 朋彦(佐賀学園高) 183cm84kg 右投左打
 怪力生かした剛打と俊足が生きる三塁手。1年で30近い本塁打を量産した。

<外野手>
A 橋本 到(仙台育英) 171cm67kg 右投左打
 バットコントロール、走塁、守備、強肩などがトップレベルで揃う。楽天志望。
A 立岡 宗一郎(鎮西) 181cm76kg 右投右打
 今年、地方選手として№1評価。全国の舞台には出ていないが、上位指名確実の5ツール。
C 井藤真悟(中京大中京) 184cm75kg 右投左打
 野手転向間も無く天才との話題を集めた。広角に長打を集める。

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
Date:
名前:岩崎 恭平(イワサキ キョウヘイ)
所属:東海大相模高校→東海大学
守備:三塁手・遊撃手
利腕:右投げ左打ち
体躯:178cm73kg
能力:50M5秒85・高校時代通算本塁打40本

History:
小学校時の「三田フレンズ」、中学時の「平塚シニア」を経て東海大相模へ。
東海大学に進んでからは2年の秋期からレギュラーとなり、俊足巧打を見せ付ける。
日本代表にも選ばれ、中日などが熱視線を送るアマ屈指の内野手となった。
友人から「プリンスっぽい」と言われ、あだ名はプリンス。


主要実績:
2004春県大会ベスト8
2004夏県大会3回戦
2007春、秋・リーグベストナイン
2007大学選手権・準優勝
2008大学選手権・準優勝
2008ハーレム・世界大学選手権代表

観戦記録:
3年次リーグ戦(選手権?)・・・記憶が曖昧で申し訳ないです・・・
東海に俊足の選手がいるとは知っていたので、どの程度かな、程度の気持ちでチェック。
私が見たときは三塁手をやっていて、その守備範囲とスピードに驚いた記憶があります。
今年のスピードスタートしては五指に入るのは間違いないでしょう。
反面、まだ粗さも目立つ印象がありましたが、現時点はどうか。

打撃:
その足を生かした打撃というのは分かり、前に重心を持っていって当てるスタイル。
欠点としては少し当てに行き過ぎていると感じられてしまうところでしょうか。
後ろへの重心の残し方も中途半端な気がしますが、そこでバランスを保っているのかも。
ただフォームとしては「切る」感じで打っているので、ライナー性の当たりが多そう。
バットコントロール良く、自信を持って「4割打っていない」ことに不満を持つほど貪欲。
現在は左手での押し込みを研究しているようです。

走塁:
この選手最大の魅力は、やっぱりこの「足」だと思います。
178cmと決して小柄ではないのに、小型選手のような加速力には驚かされます。
勿論トップスピードも素晴らしく、スライディング技術も高いものを所持。
上での「チャンス」を狙える、魅力的な足の持ち主です。

守備:
三塁からの横っ飛び守備は危なっかしさもあるものの、チームに勢いをつけられる賜物。
肩も十分にあり、三塁手としては高い能力を発揮しているように記憶しています。
ただ送球に関しては少し、焦りから来るものなのか不安定さを覗かせます。
ファインプレーとポカを両方持っているという印象でしょうか。
遊撃手となってからの守備は、ちょっと分からないです。


プリンスと呼ばれたりするのに悪い気はしていなさそうに見えます。
ただ、泥臭くやっていないなどと言われるのは嫌がっている模様。
一生懸命にやっていないようには見えませんが、根本を指導者は見ているのか。
考えすぎを指摘される部分もあり、魅力と同等の不安も持ち合わせている選手。
しかし、こういう選手が「キッカケ」を得ると凄い選手になる可能性を大きく見せてくれそうです。

指名予想:中日・横浜・楽天

中日は既に一巡クラスとの評価を出しており、入札の結果次第では外れ一巡もありそう。
立浪の後継者としても良いし、チームの顔になれるうってつけの選手でしょう。

横浜は三塁の村田が若干守備不安、そもそも内野手が不足気味。
遊撃に置くもよし、村田一塁・内川二塁なら三塁にも置ける、勿論機動力も補充可能。

楽天は二遊間より一・三塁が守備の不安の源となっています。
過去、上位は投手で固めてきただけに、そろそろ主軸を担える野手の獲得へ向かうかも。


守備範囲が広くて足が速いというのは毎年少しは出てくる素材。
ただ、岩崎の場合は打てるし、結果を残しているしというのが魅力的。
実力は増しているのに、伸び代がまだまだ有りそうなところも夢が広がります。
中日は一巡候補の5~6人の中に入っているそうですが、他球団は如何に!


2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
Date:
名前:杉谷 拳士(スギヤ ケンシ)
所属:帝京高校
守備:遊撃手
利腕:右投げ両打ち
体躯:173cm76kg
能力:握力右73kg左77kg・背筋力200kg・遠投110m・50M5秒9

History:
兄の影響でサッカーから野球へと転向、中学時は東練馬シニアで投手としてプレー。
兄弟で甲子園に、という母の願いを受けて帝京高校へ進学し、1年の夏から甲子園に出場。
元々右打ちだったが、2年秋の大会直後からスイッチヒッターに挑戦。
左の方でも右以上に成績を出せるようになり、14試合で5本塁打(4本が場外)を放つ。
父親はボクシングで元日本フェザー級の王者で、その「拳」と、武士のように、で「士」の名前に。


主要実績:
2006夏甲子園ベスト8
2007春センバツベスト4
2007夏甲子園ベスト8

観戦記録:
2007夏甲子園
中村晃、阿斗里、垣ヶ原に新星・高島など目白押しだった昨年の帝京高校。
そんな中、溌剌とした守備、パンチ力のある打撃で強く印象に残った選手が彼でした。
帝京では中村の次に印象の残った選手で、上原とのコンビネーション守備には感嘆。
3年の状態を見れなかったのは残念ですが、昨年の記憶だけでもかなり期待しています。

打撃:
スイッチになってからを見ていないのでリアルタイムな力量は計り知れません。
昨年までの記憶とフォーム写真を辿る限りでは、懐の広い引っ張り打者の記憶。
右のリストが強いので、左の引き手が伸びきっても押し込める強さがあります。
左打席では恐らくこの右手が引き手となり、スイングスピードの速い強打に繋がるのでしょう。
右手で押し込んで右側に飛ばす感覚も掴んできたようで、期待できます。

走塁:
本人は守備や肩にも自信があるが、と前置きした上で一番見て欲しい部分として挙げていました。
果敢に次の塁を狙う姿勢が強く、確かにスピードはかなりあった記憶があります。
特に守備時でもその走力が衰えることなく、強みとして使えている印象。
左打席挑戦に関しても、この足を生かしたいというのが一つのきっかけだったようです。

守備:
どうしてもあの派手なプレーばかり思い出してしまいますが、堅実で守備範囲が広いです。
監督からはもう少しグラブさばきに柔らかさを、というコメントがありました。
肩もかなり強く、球際に自信を持っているので三塁なども向いているかもしれません。


かなりキャラクターが強く、どの雑誌でもコメントが面白いのが印象的。
人に好かれるタイプでしょうから、チームリーダーやムードメーカーとしても○。
下位でも育成でも必ず這い上がる!のコメントには爽快感すら感じます。
最後の夏となった後も平気で甲子園を見に行ったり(むしろ楽しんで)、マイペースな印象も。
入学時から主将宣言して本当になってしまうあたり、底知れない凄さを内包していますね。

指名予想:ヤクルト・横浜・楽天

ヤクルトは若手内野手の年齢層に川端がポツリといるような状態。
宮本の後継者として、打てる・走れる・守れるの池山二世誕生へ!

横浜も内野手は高齢化、機動力不足に加え、チーム防御率最下位。
打撃力を落とさず、機動力があって、守備力があって、ムードを変えられる、天職?

楽天の現状の二遊間も頼りになりますが、高須32歳・渡辺直28歳。
18歳杉谷の加入で、競争に加えて次世代まで睨んでいけそうな気配です。


昨年の時点では今年の目玉遊撃手の一人になると思っていました。
堂上・坂本・野原の06、高濱・安部・藤村の07、そして杉谷・松本・白崎の08・・・と。
今年になってみれば松本進学、杉谷は3年次甲子園に来れず、白崎は全国デビューならず。
遊撃手逸材次代も少し大人しくなるか、という雰囲気もありました。
しかし浅村・申・及川・酒井など今年も遊撃手豊富で、誰が一番手となるか注目です。
特に期待は、杉谷・浅村・及川の三人になります。
上の世界での杉谷拳士が、待ち遠しい!


2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
久々に選手評価を書けて何となくホッとしている夏海です。
本当はこんなペースではいけないのですが・・・
次は浅村、岩下、杉谷、岩崎、柴田などの更新を予定(というか目指して)います。
さてドラフトも近くなった今日この頃、9月の注目選手は誰だったのか!


10位:菊池雄星(花巻東高校)
既に来年の目玉候補として注目を集める快速左腕が10位にランクイン。
日本人初、それも左投手で160kmの期待をかける声も聞こえてきます。
個人的な将来像は140km前半をアベレージに、150kmの速球と必殺スライダーの本格派。

9位:熊代聖人(日産自動車)
2010年が待ち切れない、才能溢れる選手が9位にランクインです。
長いなぁ、と思っていたらもう2008年ドラフト。
あっという間に2010年ドラフトになりそうですが、一位指名まで力を上げてくるでしょうか。

8位:石岡諒哉(新日石ENEOS)
絶妙のリードで常葉菊川を勝利へと導いていた捕手が8位。
リードに関しては評価の難しい部分ですが、素人目に「凄い!」と思わせた選手はあまりいません。
プロ側の評価が気になるところですが、彼も2010年候補・・・さてどう成長するか!

7位:荻野裕輔(東北高校)
左腕豊作の筆頭投手として期待のかかっていた左腕が7位にランクイン。
赤川進学の噂があったのでプロ志望届の報にはほっと胸を撫で下ろしました。
荻野も早期からプロでも良さそうな力があると思いますが・・・2011年を楽しみにしましょう。

6位:大前勇人(所属不明)
このランクインを見てまた探してみましたが、相変わらず分からないですね・・・。
というか彼のことを検索すると上位候補に当サイトが上がって来ることがあるみたいです。
お役に立てず申し訳ないですorz

5位:小瀬浩之(大阪オリックスバファローズ)
昨年の大社№1野手は既に58試合に出場して活躍しています。
下位常連だったチームも2位まで上がり、新たなリーディングヒッターとして台頭して欲しいですね。
将来は3割30盗塁のスピードスター?!

4位:石川俊介(阪神タイガース)
速球とフォークに魅力が詰まった石川が想像していたよりも早くに台頭。
やっぱり速球が良い投手というのは早くに出てくるみたいですね。
これから年々成長が楽しみです^^

3位:大田泰示(東海大相模)
あの王監督に「力があるのになんで進学なんだ」とまで言わせた確かな才能。
見ているだけで気持ちよくなる打球を、上の世界で見せて欲しいですが・・・
最後のどんでん返しは、ないのかな?

2位:高濱卓也(阪神タイガース)
怪我の影響が大きいらしく、外野コンバートが噂されていますね。
かなりの強肩なので外野コンバートには納得ですが、まずは試合に出れる体になって欲しいです。
時間の掛かりそうなタイプですが、大器晩成と思って見守りましょう!

1位:近田怜王(報徳学園)
今月も近田が1位!
昨年の高濱のような注目のされかたですね!
足踏みした分赤川が先行していますが、持っている力は劣らないと思っています。
さて、何巡指名でプロ入りするのか?


今年、ペースが落ちるとは宣言していましたが、内心頑張ろうという気持ちがありました。
昨年65選手を記事にしたので、今年は100選手を目標に立てていたのです。
現実は今日までで18選手・・・まさしく惨状です。
最低でも30選手を目指して、出来る限りを尽くそうと思います。
毎度見に来て頂いている方々の存在が私を支えています。
この感謝を記事に込め、ドラフトまで駆け抜けたいと思います!!!



面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
Date:
名前:橋本 到(ハシモト イタル)
所属:仙台育英高校
守備:外野手
利腕:右投げ左打ち
体躯:172cm70kg
能力:握力右70kg左65kg・遠投120m・50M6秒0

History:
鶴が丘中学時には東北シニアに所属し、投手とセンターを兼任。
高校では下級生からレギュラーに定着し、甲子園などの大舞台を経験。
「目立つのは好きじゃない、シャイだ」と言いながら大舞台に強い強心臓の持ち主。
その強肩巧守とバットコントロールに「みちのくのイチロー」として高い評を受ける選手になりました。

主要実績:
2007夏甲子園2回戦
2007センバツ1回戦
2007秋県大会2回戦
2008春県大会優勝
2008春東北大会ベスト8
2008夏甲子園3回戦

観戦記録:
2008夏甲子園
昨年は佐藤ばかり見ていて、今年になってどんな選手だったか失念してしまっていた選手。
元々良い選手ということは知っていましたが、改めて見ると本当に凄い選手でした。
何故昨年しっかりと見ておかなかったのか、そんな後悔の念を起こさせるほどの逸材。
最後の夏、初戦で5打数5安打を記録し、まさしく伝説のスタートの予感です。

打撃:
8打数6安打が示すように、巧打力は折り紙つき。
しかし長打力を秘めたポイントも持っており、4番打者としての活躍も見込める将来性。
ヒットゾーンが立体的に広く、コンパクトなスイングは左右への乱れ打ちを予感させます。
重心を前のほうに持っていくフォームなので、打ってから一塁への走塁もスムーズ。
後述する部分でもありますが、ゴロを安打に、単打を長打に出来る攻撃力が素晴らしい。

走塁:
50M6秒0というのは、例年出る俊足選手としては珍しくないレベル。
しかし、実戦で走れる選手とはこういうことだ、と思わせるスピード感は今年の候補では屈指です。
直線距離の速さだけでなく、ベースランニングの上手さが際立つ「走れる選手」。
一塁に走りながら外野の動きをしっかりと見て、二塁を狙って「足で長打」を作れる貴重な才能。

守備:
じっくりと守備を検証出来ていませんが、守備範囲が広く視野もしっかりしています。
本人も最も自信を持っている部分であり、プロでもセンターを任せられそうな雰囲気。
そして何より、甲子園を度肝に抜いた強肩がこの選手の最大の魅力かもしれません。
センターでフライを捕球し、ライト側に重心が行きそうな状態から三塁へのレーザースロー。
結果三塁手が逸らして刺せなかったものの、既にプロレベルに達しているように思います。
今大会№1外野手としての守備を存分に披露してくれました。


甲子園での大暴れはまさしくスター性と呼ぶ他ありません。
第一打席は常に本塁打を狙っていると言いながら、大振りで雑なスイングにならない集中力も○。
慎重に言葉を選びながら、「楽天入りが良いと思う」というコメントには好感を得ました。
自分の立ち位置を理解した上で、自分がどう貢献できるかを既に考えているのかもしれません。
一部で「人材不足」の声が聞かれる今年のドラフトですが、こんなに凄い選手がいます!

指名予想:阪神・中日・楽天

阪神の高齢化する外野へのメスとして、橋本はこれ以上ない救世主。
国際武道大学・柴田と合わせて狙ってきそうな気がします。

中日の外野も高齢化が目立ち、次世代が中々チャンスを掴めていない状態。
中日の外野は鉄壁でなければ!という思い込みもあってですが、チームカラーに合いそうです。

楽天はこうしてラブコールを受ける形となって、行かないわけにはいかないのでしょうか。
由規という地元のスターを取り逃しただけに、橋本は何としてもチームの顔になってほしいところ。


分離なら間違いなく一位クラスの選手ですが、統一でどの位置になるか難しいところです。
褒めちぎりましたが、課題を挙げるとするなら木製バットでの強打でしょうか。
今のミートゾーンを維持しながらしっかりと安打にしていけるかどうか。
しっかりとプロの体を作れれば、きっと壁を越えて早い時期から活躍してくれるはず。
資質が高いと言われながら足踏みしている鷹野手陣にも加えたい選手です(;´Д`)
大村を強肩にした感じ、と表現されることもあるほどの選手ですから一位指名もあるかも!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ