FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
帝京高校の四番打者、中村晃。
176cm80kg、左投げ左打ち、一塁手。

大阪桐蔭の予選負けで中田翔から赤坂へ。
そんなスラッガーに対する期待を、一番に受けるべき打者は彼でした。
高校通算で60発の長打力は疑う余地なし。
背筋240kg、握力右70kg・左68kg、50m6秒1と、身体能力も抜群。
彼の評価を下げていた点は、小柄なことと一塁手であることだったと思います。
実際に見てみると、それらを気にさせるようなプレーは微塵もありませんでした。

まず、打撃について。
苦手なコースがなく、好きに粘って好きに打っている。
そんな印象を持たせるほど、暴れ放題でした。
内角を巻き込んで打つ技術もあり、既に立派な安打製造機候補生。
特に打球のスピードは完全に高校生のレベルを逸しています。
打球速度・ミートセンスから見るに、木製バットにもそんなに苦戦しないのではないでしょうか。
次に、走塁。
足を怪我しているとのことでしたが、次の塁を狙うセンスは卓越しています。
どんなときでも進塁を果敢に狙い、三盗を刺されたときもタッチを避けてセーフにして見せました。
最後に、守備。
帝京の内野はとてもレベルが高く、ファインプレー連発。
しかし、その分一塁への送球も荒れ気味。
それでも後ろには逸らさず、確実に捕球する守備力は高い評価を出したいです。
左利きなので将来的なポジションは限定されますが、高い可能性を秘めた選手であることは間違いありません。

指名予想:阪神・ソフトバンク・日本ハム

阪神は桜井・林の台頭により打線に力はあり。
しかしレギュラー陣には高齢化が進んでいて、予断を許さない状態。
JFKが不動のうちに、打って勝てるチームを。

ソフトバンクは補強点と言うか、ファンの観点として入れました。
これだけ投手陣が頑張っているのに、あと一点が遠い。
あれだけの打線で、得点が相手チームを上回れない勝負弱さ。
中村晃は、チームの勝利へ大して貪欲で、勝ちのために本塁打を捨てることすら厭わない。
自分への欲を抑えて、勝利への欲がひたすらある。
本来の強さを発揮できないチームの、救世主になれる選手だと思っています。

日本ハムも投手陣の頑張りでここまで来ています。
投手陣は磐石に見えますが、若い投手が多いのもあって勢いはあれど安定に欠けます。
小笠原がいれば・・・と嘆く状況を作らないためにも、将来の四番を。


週間ベースボールでは5ツールプレイヤーの一人として特集に入っていました。
資質の高さは証明済み、あとはどうやってそれを開花させていくか。
非常に楽しみな選手です。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballmystar.blog93.fc2.com/tb.php/113-3cf4d1ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック