FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
2007年、夏の甲子園での準優勝投手、広島代表広陵高校のエース。
176cm66kg、右投げ右打ち。

惜しくも優勝投手となるのは逃してしまいましたが、十分に評価を上げました。
春までの印象は細めの軟投タイプでしたが、勝負の出来る力強さを身につけたように感じます。
この投手一番の魅力は、制球力
四死球の少なさは大会中でも際立っています。
そしてテンポの良さが目立ちます。
ポンポンと次々に投げ込んでいって、それがコースに決まっていきます。
この術中に数多くの打者たちが翻弄されていきましたね。
リズム良く投げていって試合を作る投手なので、やはり先発向きです。
速球のMAXは140kmそこそこで、ほとんどが130km台。
しかし球威は試合の後半でも落ちず、スライダーを交えた投球術で豊富な攻め口。
そして90km台のチェンジアップ(カーブ?)には驚きです!
速球派ではない選手でも、30km以上の球速差を使った緩急が使えるのです。
勿論多用できる球ではありませんが、甲子園でそれを投げ込める精神力はお墨付き。

決勝の佐賀北戦、敗因はリズムの崩れですね。
テンポで投げ込んでいる以上、自分のペースを崩してしまうと済し崩しになってしまうのかも。
この日は審判が特に低目の判定が厳しく、苦しんでいました。
8回裏の満塁時、1-3の時に投げ込んだ低目の素晴らしい球がボールの判定。
これには野村も驚きの表情を隠せていませんでした。
この押し出しで3点差。
自らのリズムを失った野村は取ってもらえない低目から少しゾーンを上げようと球が甘くなってしまいました。
際どい判定だったとは言えど、最後の球は自分の責任です。
しかし甲子園全体が奇跡の逆転を見たいという空気は異常なものがありました。
あれは高校生には気の毒だったのではないかと思います。
それでも腐らずに後続を断ち、最後まで諦めないで居たのは好感です。

打撃は教科書に沿ったような癖のないフォーム。
ボール球には手を出さず、甘い球は逃さないという基本を忠実に守っています。
野球脳に優れた選手ですね。

指名予想:広島・阪神・楽天

広島は地元のヒーローは逃す手はありません。
新本拠地の広さの中でも、地の利を生かしたピッチングが期待できますね!

阪神は速球派のリリーフ陣に繋ぐ大人な先発として獲得したいんじゃないでしょうか。
130km台の速球と90km台の変化球に苦心した後、150km台を投げ込むJFKが現れれば無敵?!

楽天の勝ち頭は田中・永井・朝井。
技巧派が活躍の傾向にあり、チームとの相性は良さそうです。


優勝投手ということになれば違ってきたんでしょうが、プロの評価は如何ほどでしょうか。
とても良い選手だと思いましたし、地元の広島に入って欲しいとも思いました。
大学・社会人で経験を積んでからというのも面白いですが、いち早くプロで見てみたい選手です。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
初めまして夏海さん!いつも楽しく拝見しています。

野村投手はとても好い投手でしたね。私もテンポの
良さと制球力に魅了されました。中背の右投手で
平均球速が140km以下なので高卒プロは難しいかも
知れませんが、将来的には是非ともプロで活躍して
欲しいものです。スライダーとあのスローボールの
精度を上げていけば、十分プロでも活躍できるのでは。

私も夏海さんと同様に、甲子園球場の異様な空気が少し
気になりました。駒苫の初優勝時にも感じましたが、
あれほどの圧力はプロではない高校球児には酷ですね。
佐賀北サイドではない観客からも煽りに近い声援が
発せられていました。プロ野球と勘違いしていたのか。
打者を後押しする声援や好プレーへの大声援はとても
素晴らしいと思いますが、投手を圧し潰すためだけの
声援はアマチュア野球において品の良いものではない。

主審の判定については高校生には少し辛かったかなと
思います。両校に平等ではありましたが、もう少し
審判のかたは技術を向上させるよう努力して欲しい。
満塁本塁打を打たれた球はこの試合で野村投手が投げた
唯一の失投だったと思います。甘く入ったスライダーを
逃さなかった副島選手の集中力を称讃しましょう。
2007/08/23(木) 22:31 | URL | コージ #-[ 編集]
>>コージさん
初めまして!拙いブログですが、楽しんでいただけて光栄です!

あの雰囲気は独特でしたね。
9回表もランナーが出たときよりアウトカウントが増えたほうが盛り上がったくらいでしたし。
プロでも始めて甲子園で登板した投手は「地鳴りがする」なんて言って雰囲気に飲まれてしまうことも少なくありませんから・・・
それでも表情一つ変えず、試合終了後も淡々としていた図太さ(褒め言葉ですよ^^)は凄いです。

応援については難しさもあります。
私も以前自分の属する学校を応援に行ったときに、「あと一人」「あと一球」コールがありました。
一つの醍醐味とも取れますが、プロと違って利益のためにやっているわけではない学生たちには酷な話かもしれません・・・
審判の技術向上はもちろん、審判に対する罰則制度も整備しなければなりませんね。
プロでも誤審を問い詰めた監督や選手が退場にされ、罰金まで払わされるというのは・・・
今回ばかりは広陵の中井監督も我慢できなかった模様。
もちろん注意を受けましたが、これが審判団の危機感に繋がってくれることを期待します。
2007/08/24(金) 19:30 | URL | 夏海@管理人 #Sl1CYeIA[ 編集]
今でも鮮明に思い出します!残念だなぁ…けど今はみんなそれぞれの道で、がんばってるから応援してます!
2008/09/02(火) 11:57 | URL | はは #mQop/nM.[ 編集]
>>ははさん
勝負事である限り、勝者と敗者に分かれてしまうのはどうしようもないですね。
それでも、彼らの未来はそこで終わりじゃない、そこが野球の醍醐味でもありますね!
2008/09/15(月) 01:16 | URL | 夏海@管理人 #-[ 編集]
野村投手のファンで、サイトを渡り歩いていたら、このページを発見しました。
すごいですね。
私も最近ブログで野村くんのことを書いていますので、ぜひ遊びにきてください!
http://toyodana.exblog.jp/9271009/
2008/10/05(日) 22:24 | URL | toyodana #-[ 編集]
>>toyodanaさん
コメントありがとうございます。
野村君の投球は非常に印象強いものでしたね。
サイトの方にもお邪魔させていただきました。
彼の今後の活躍が楽しみな限りです。
2008/10/05(日) 23:35 | URL | 夏海@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballmystar.blog93.fc2.com/tb.php/120-9b03e025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
野村祐輔に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
2007/09/28(金) 09:59:21 | プレサーチ