FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
戦力分析及びドラフト見解第四段・楽天イーグルス編。
前提:私の知識量で多少なりとも及ぶ範囲で頑張りたいと思います。
なお、あくまで「私見」による見解ですのでご了承ください。


それでは開始~(;→д←)
まさかまさかの大躍進、この調子なら4位でシーズンを終わることも出来そうです。
ローテーションの確立、山崎ら打線の奮起などが主な要因ですね。
主に先発陣は若い選手が頑張りましたが、それ以外はベテランが多いのも事実。
まだまだ長期を戦う力は不足しています。
充足してきた今だからこそ、本格的な強化を成功させたいところ。

どうにも試合後のインタビューなどを見ても、野村監督が開幕前とはまったく違う表情です。
Aクラス入りできなければ退く発言もしていましたが、続投の匂い。
特に田中将大に入れ込んでいるようで、本人のやる気に火をつけたのではないでしょうか。
山崎を復活させたその手腕、来年以降も奮ってもらいたいですね!

投手陣 先発(右): 先発(左):× 中継ぎ(右): 中継ぎ(左): 抑え:
右の先発は田中・永井のルーキーが奮起して大活躍。
朝井も結果を出し、岩隈も復帰で若さ・実力を兼ね備えた見事な陣容。
惜しむらくは長期活躍の経験が岩隈のみで、その岩隈が怪我が多いというところですね。
楽天投手陣で一番豊富な部分でもあるのですが、エース格の投手はまだ指名したいですね。

左の先発ですが、頭数に入れていい選手自体が少なく、20代以下が3人しか居ない寂しい布陣。
先発を張れるなら左右に限らず欲しいですが、出来ることなら左の先発を補充したいですね。

右の中継ぎは数はいても成績が寂しい状態。
年齢的にも高い選手が多く、補充したいところ。

左の中継ぎもやはり苦しい現状。
渡邉恒樹や有銘らが非常に頼りになりますが、二人とも30に入る選手。
出来ればここも3年以内には整備したいところです。

抑えは福盛・小山が奮闘。
しかし互いに30に入っている選手ですから、先々も安心というわけには行きません。
先発候補含め、投手陣の再編に期待です。

野手陣 捕手: 内野手: 外野手:
捕手は嶋の定着は嬉しいですが、嶋だけでは困る、といったところでしょうか。
無理に頭数を増やすところでもありませんが、一緒に成長できる有望な新人は欲しいですね。

内野は高須・渡辺直人が攻守に渡って大きい存在。
今期大復活を遂げた山崎もおり、現状は中々豊富です。
しかし外野も含めて20代前半の選手が殆どおらず、高須・渡辺直も若手の域は卒業しています。
枡田・大廣などにも期待が掛かりますが、一発はあるものの攻守共に粗いタイプ。
かつ、この二人が上がると内野が手薄ということを考えると補充したい部分です。

外野は礒部・リックらの年齢が気になり、関川の引退を見ていると世代交代が迫っているのが分かります。
鉄平が若く、中島など楽しみな選手もいますが、まだまだ手薄な感は否めません。
次世代の大砲候補などと合わせて獲得できると理想的かもしれません。

(総括)
グリンを逃したことは痛手でしたが、意外と外国人選手も頑張っている印象。
何とか助っ人で食い繋ぎつつ、常勝チーム作りを目指す長期展望が望まれます。
山崎の復活など嬉しい誤算が多いものの、計算できる強さが欲しい。
「自分が楽天を優勝させる!」という意気込みの選手がいてくれると勢いがつきます。
そういった意味でも佐藤由規の獲得を目指しつつ、どうチームを作っていくか。
これに限りますね。

理想ドラフト
高校|佐藤由|---|佐藤祥|樺澤|
大学||---||大西||川岸|

佐藤由規と大場がローテーションを担えれば、12球団で見ても見劣りしないローテの完成。
特に佐藤由規は地元+人気+実力と全てを兼ね備えた存在で、絶対に欲しい選手です。
大場も、過投とも言えるペースで投げて連勝を続けるタフネスは中継ぎでもOKな投手です。
服部はすぐにでも左のローテを一枚埋められる希少な投手。
佐藤祥万は即一軍で1シーズン戦える体力はありませんが、将来的にはローテ・中継ぎ・抑え全てに可能性。
現状では食い込む場所がなくても将来的に内野の中心角になれる樺澤は選手宣誓のリーダーシップも評価したいです。
打率の低い守備型の嶋のライバルとして、打撃型の大西が最適。
かつてロッテも里崎と清水を競わせて正捕手を育てたように、二人が切磋琢磨できるのが理想。
引退迫る外野手が多い中、地元の5ツール川岸と即戦力で長打力のある熊丸が魅力的です。

投手・野手共に4人ずつの大量指名。
既に最下位常連チームを払拭しつつあるチームですから、徐々に若返りも進めたいところ。
片山・田中と目玉の抽選を勝ち抜いたことも今日の強さに繋がっています。
島田球団社長のゴッドハンド炸裂となれば、もうジンクスでは済まされませんね+.゜(*・∀・*)b゜+.゜
まだまだ若い一場が制球難を乗り越えてくれることもまだ諦めるには早い。
松崎・青山など潜在能力の高い選手は既に控えており、来年もしかしたら・・・という夢を抱かせてくれます。
来期には優勝も有り得る大躍進、イーグルスの戦力分析・ドラフト見解でした


2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
夏海さん、こんにちは。  本当に分析力の高さには感心致します。  私は千葉ロッテファンですが、実は隠れ楽天ファンなんです。  今シーズンは後半逆転して勝つケースが多く見られ、最後まで分からないのが楽天野球。  野村監督のコメントも毎回楽しみにしていますし、ヤクルトの全盛期の雰囲気に似ているような気がします。   渡辺君は私の近所の高校卒業でもあり、応援している事もありますし、来年以降益々伸びていくチームだと思っています。  今回のドラフト、獲る選手によっては、来季最強チーム(?)になる重要なキーポイントになりそうですね。
2007/09/27(木) 09:45 | URL | kuni28 #-[ 編集]
<<kuni28さん
こんにちは!
私なんてまだまだですよ(´ヘ`;)
100敗を免れるかどうかなんて言われていた球団とは思えない急成長ですよね。
ドラフトの目玉である佐藤由規投手も、楽天に行きたいと言っています。
地元というだけでなく、憧れの田中投手の存在、そして今のチーム状態が彼の気持ちを後押ししているのでしょう。
現在一番勢いのあるチームだと思います。

渡辺君というのは渡辺直人のほうでしょうか。
今年の楽天の上昇に彼の存在は欠かせなかったと思います。
思い入れのある選手が活躍していると嬉しいですよね!
実は今年のドラフト候補に私と同じ中学に通っていた選手がいて(年代が違うので面識はありませんが)、こっそり注目しています。
こういった見方も面白いですよね!
2007/10/01(月) 23:08 | URL | 夏海@管理人 #Sl1CYeIA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballmystar.blog93.fc2.com/tb.php/132-b270ecbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ドラフトについての最近の情報です。
2007/10/03(水) 01:49:00 | 最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第五倉庫 スポーツ・格闘技