FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
2008年のドラフトで指名候補となる選手のリストです。
逐次編集していきます。
以前と若干方式を変え、記事が膨れ上がるので投手と野手も分けました。
また、ランク付けは例によって私個人の主観で行っているのでアテになりません(;´Д`)
データの少ない選手などは2008年ドラフト候補選手・簡易メモへ。

ランク付けは下記の基準に拠ります。
S(競合レベル)、A(一巡指名)、B(上位指名)、C(下位指名)

捕手


S




A
東誠士郎(総合技術) 180cm78kg 右投右打
強肩・送球速度・精度が揃った守備力が光り、好リードで広陵を封じ込めた。
打撃もサヨナラ本塁打を放つなど強心臓で、世代のトップ捕手は彼なのかも。

中村悠平(福井商) 178cm74kg 右投右打
驚異的な強肩は2塁送球1.8秒以下記録するほど、高校入学以降盗塁されていないとも。
技術も備わった守備面に関しては恐らく世代最高クラス、打撃も猛特訓中。

山城一樹(浦添商) 181cm77kg 右投右打
甲子園で伊波を好リードし、ベスト4まで突き進んだ躍動感のある捕手。
捕手としては珍しい俊足や、打ち取った後の気合などリーダシップも抜群。



B
地引雄貴(木更津総合) 184cm80kg 右投右打
恵まれた体躯を生かした長打力は勝負強さも備え、関東大会優勝の立役者に。
守備面にも評価が集まる大器だが、リードが慎重すぎる部分もある?

杉山翔大(東総工) 173cm77kg 右投右打
小柄な体に収まりきらないパワー、二塁送球1.75秒、高校通算35本塁打、走れる足までも備える。
守備面でのフットワークも高評価で、最も紙面を沸かせている捕手である。

岡翔太郎(日大三高) 180cm74kg 右投右打
柔軟さとバランス感覚備えた守備、速さと正確さ兼ね備えた強肩、守備面では最高クラス。
課題だった打撃は柔軟さが打撃に生きてきて、長打力も成長途上。

猪本健太郎(鎮西) 183cm76kg 右投右打
強肩強打・スピードとパワーは超高校級の評価で、城島二世の評判。
通算本塁打は30を超え評価は完成寸前、あとは大舞台で躍動が見たい。



C
山本優太(履正社) 172cm72kg 右投右打
一年次から5番を打ち、その強打で先駆けて注目を浴びていた。
守備面での成長もあり、順調にレベルアップの階段を昇っている。

鶴田都貴(神村学園) 175cm82kg 右投右打
捕手としては若干小柄ながら、通算本塁打は50を超える長打力は全国クラス。
守備もセンスありの評価で甲子園も経験、雑誌等の取り上げ方を見る限り最注目捕手は彼。

津田真輔(佐賀商) 172cm71kg 右投右打
キャッチングとリードは九州一番の評判で、強肩や一発のある打撃も持ち合わせる。
「若いチーム」として正捕手を務め上げて、その集大成がどれだけのものになるか。

金田忠大(北大津) 170cm71kg 右投右打
大きくない体からでも強い地肩と素早いフォームで刺せる肩を大舞台で実証。
俊足に加えて広角に放てるバッティング、詰まりに詰まったエネルギー。

酒井亮(埼玉栄) 176cm72kg 右投右打
捕球から送球までのフットワーク良く、小さい動作でも刺せる肩を持っている。
リードも高評価で、30近い本塁打を記録するなど長打力も成長中。

土井翔平(智辯学園) 180cm81kg 右投右打
遠投115mの強肩にパンチ力のある打撃だけでなく、トップバッターとしての足も備えている。
柔らかさが出てくればという注釈こそ付くが、持っているエネルギーは上位候補をも凌駕しそう。



内野手


S
大田泰示(東海大相模) 188cm87kg 右投右打
最近では少なくなった右打ちの大砲として貴重な三塁手。
インハイの球を振りぬいてスタンドイン、球場の雰囲気を左右できる大物感アリ。



A




B
白崎浩之(埼玉栄) 183cm77kg 右投右打
柔らかいハンドリングで抜群の守備力を誇り、大型遊撃手特有の雑味が皆無。
既に5ツールプレイヤーの資質が見えてきていて、文字通り超高校級の評価。

杉谷拳士(帝京) 172cm73kg 右投右打
夏、華麗な守備とパンチのある打撃が記憶に新しいセンス抜群の遊撃手。
特に守備は既に職人を思わせ、プロで言えば井端を彷彿とさせるプレーが大物感。

松本幸一郎(横浜) 177cm73kg 右投左打
巧みなグラブ捌きで一時期は高濱から遊撃手の座を奪取、現在は二塁を守る。
関東大会では左右に長短打集めて6割を超える打率、攻守で先輩を超えられるか。

坂口真規(智弁和歌山) 184cm87kg 右投右打
甲子園最速男の佐藤由規から本塁打を放ったことで一層の脚光を浴びた強打者。
一塁手という守備位置が引っ掛かりますが、打撃だけで食っていけるレベルの素材。

石川駿(北大津) 178cm76kg 右投右打
横浜・土屋、大垣日大・森田など大物から長打を放つ。
広角に長打が放てて、守備・走塁にも緩慢さはない総合力の高い二塁手。



C
酒井嵩裕(常葉学園菊川) 178cm75kg 右投右打
強靭なリストで右方向にも強い打球を飛ばせて、対応力のある技術にも定評。
連携力のある遊撃守備にも評価が集まり、総合力の高さを実証済み。

町田友潤(常葉学園菊川) 171cm70kg 右投右打
巧みな二塁守備には既に社会人級との評価もあり、酒井とのコンビネーションも抜群。
打撃でも常葉らしさを見せ、小技を交えながら右へ長打を放ったりと、戦略多彩。

大古拓郎(前橋商) 185cm87kg 右投右打
既に50本以上の本塁打を放つ大型の三塁手。
見事な体格から放たれる長打力は魅力だが、攻守に渡って粗い部分も。

水野智貴(総合技術) 175cm75kg 右投右打
大胆なリードや強肩・強打で夏前くらいまでは捕手として高い評価を受けた。
正捕手は東となり一塁や三塁を守るが、キャリア・分析力・打力では上手。

冨里恭左(都城) 185cm75kg 右投左打
一年から四番を打ち、その後一年間で18本塁打、打率.500超を記録する一塁手。
これでまだ長打力が発展途上中と言われているのだから、期待しないのが無理な話。



外野手


S




A
立岡宗一郎(鎮西) 181cm76kg 右投右打
精度のみに課題を残す準5ツールプレイヤーとして秋山以上とも言われる好素材。
投手兼外野手で、野手転向すぐには遊撃をこなした野球センスにも注目したい。

橋本到(仙台育英) 171cm67kg 右投左打
走攻守出揃い、特にスピードに関しての評価は高い。遠投120mの強肩も。
打撃もチームの中心核として働き、勝負強さを発揮する。



B
伊藤巧(盛岡大付) 180cm82kg 右投左打
東北地方では橋本と双璧の実力を誇るオールラウンドプレーヤー。
俊足強肩堅守に加えて打撃技術と30弾超の攻撃力。これぞ5ツール。



C
南圭介(楊志館) 175cm80kg 右投右打
打って良し・投げて良し・守って良しの三拍子が揃う高ポテンシャルな選手。
走の部分が少し気になりますが、肩は投手として140kmを記録するほどの強肩。

古本武尊(福大大濠) 176cm75kg 右投左打
監督に「ちょっとモノが違う」と言わせる逸材。
高速スイングから抜群のライナーを飛ばす左のスラッガー。積極的な走塁は実戦的。

黒羽剛広(聖光学院) 178cm73kg 右投左打
速球・変化球両方に反応して左右に打ち分ける打撃の才能が取り沙汰される。
主砲として甲子園でも活躍、長打に俊足が加わって攻撃力抜群。

中川雅也(常葉学園菊川) 175cm83kg 右投左打
ライナー性でスタンドまで運べる長打力に逆方向の飛距離が加わった。
守備面でもその強肩に一見の価値ありと評判が高い。

伊藤慎吾(常葉学園菊川) 182cm72kg 右投右打
「まだ伊藤がいる、伊藤まで回れば勝てる・・・」、それを実現させる神通力。
勝負どころでも物怖じしない打撃がいくつもの奇跡を生んできた。





2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。そろそろドラフトですね。今年から、一括ドラフトでものすごく楽しみです。
さて、私が注目しているのは、主に高校生です。
投手では、二俣、東浜
野手では、坂口、浅村
特に、二俣君は気になって仕方ありません。本物を見ていないのですが、かなりの逸材らしいですね。
監督さんが「ダルビッシュ」を育てた人と言うのが、惹かれます。
P.S.
やっぱり、阪神負けました。
2008/10/20(月) 22:29 | URL | ギョロメ #-[ 編集]
>>ギョロメさん
お久しぶりです!
ドラフト終了まで返信できず申し訳ありませんでした。
二俣は、二保のことですよね。
ホークスが育成指名でしたが、すぐに支配下になりそうです。
坂口・東浜は進学なので、2012年の目玉になってくるでしょう。

しかし阪神は短期戦が今後の課題ですね^^;
2008/11/01(土) 22:43 | URL | 夏海@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballmystar.blog93.fc2.com/tb.php/155-a11c7994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック