FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
2008年のドラフトで指名候補となる選手のリストです。
逐次編集していきます。
以前と若干方式を変え、記事が膨れ上がるので投手と野手も分けました。
また、ランク付けは例によって私個人の主観で行っているのでアテになりません(;´Д`)
データの少ない選手などは2008年ドラフト候補選手・簡易メモへ。

ランク付けは下記の基準に拠ります。
S(競合レベル)、A(一巡指名)、B(上位指名)、C(下位指名)

投手


S
巽真悟(新宮高→近畿大) 182cm67kg 右投左打
一試合23奪三振、ノーヒットノーランを立て続けに見せる世代トップの右腕。
最速149km、平均でも140km台を記録、決め球のカットボールが素晴らしい球。

田澤純一(横浜商大高→新日本石油ENEOS) 180cm77kg 右投右打
本来なら07年に一位指名でプロ入りしていたであろう150km右腕。
MAX153kmの速球やスライダー、スプリットなど抑えに向いたタイプの投手。


A
小松剛(室戸高→法政大) 179cm70kg 右投右打
縦割れカーブ、スライダー、フォークが持ち球で、速球も150km到達は時間の問題。
資質は間違いなく高いが、荒削りすぎる部分をどう見るか。

坪井俊樹(社高→筑波大) 185cm70kg 左投左打
防御率は06秋1.29、07春1.73、07秋は不調ながら2.64と安定感抜群でリーグ通算20勝も達成。
大型ならではの剛球ではなく、コースをついた投球、大きなカーブなどが持ち味。

木村雄太(秋田経法大付高→東京ガス) 189cm86kg 左投左打
裏金問題に煽りを受けてプロ入りは適わなかったものの、プロからの人気は高い大型左腕。
一年間対外試合禁止の実戦感覚不足からどこまで評価を上昇させることが出来るか。

伊原正樹(岡山県共生高→関西国際大) 185cm74kg 左投左打
角度十分の速球にノビが加わって、長身左腕の利点を抜群に生かしている印象。
2007年春には4試合投げて3完封、防御率0.00という驚異的な記録を残した。

岩見優輝(熊本工高→亜細亜大) 176cm76kg 左投左打
常時140km台を記録し、キレのある投球で高い奪三振率を記録する。
故障明けで一気にエースになり、注目度急上昇。秋次第では1位指名も。



B
蕭一傑(日南学園高→奈良産業大) 180cm86kg 右投右打
台湾からやってきた本格派、ノビのある速球と縦に割れるカーブが大きな魅力。
日米スカウト11球団19人に見られた試合で4安打12奪三振の快投を披露。

野上亮磨(神村学園高→日産自動車) 175cm65kg 右投右打
実戦派として評価が高く、既に社会人でも結果を出している。
細身だが速球に力があり、勝負度胸も満点との評判。高校から社会人なので年齢も若い。

川尻一旗(玉野光南高→三菱ふそう川崎) 176cm70kg 右投左打
高卒でも一年目から活躍し、センスの高さを見せ付けた実力派。
低目の制球が良く、速球と同じ振りから繰り出されるスライダー、チェンジアップが◎。

榊原諒(中京高→関西国際大) 175cm68kg 右投右打
07春あげた5勝のうち3つが完封という確かな実力でベストナイン・MVP、日本代表入り。
完成度の高い本格派で、社会人から大学入りした異色の経歴を持つ苦労人な一面もある。

鶴川将吾(明徳義塾高→亜細亜大) 176cm71kg 右投右打
故障後の長い低迷からやっと07秋、久々の完投勝利で復活の雰囲気。
MAX150kmを記録する速球を武器に、座っているはずだったエースの席を取り戻したい。

林冬樹(星城高→星城大) 180cm82kg 左投左打
2007年春に防御率1.95ながら0勝9敗という成績に終わり、悔しい思い。
2007年秋には防御率1.17で9勝2敗と見返し、制球とスライダー武器に大物の匂い。

濱野雅慎(国士舘大→JR九州) 184cm80kg 右投右打
春のスポニチ大会で新人MVP獲得、パワーアップした速球とスライダー武器のサイド。
九州大会でもMVPになり、即戦力の雰囲気を帯びてきている。



C
谷掛雄介(須知高→佛教大) 180cm71kg 右投左打
抜群の指先感覚としなりを効かせた投球で149kmの速球。
06秋はチームの勝ち星の半分を一人で稼いでMVP、。

酒井謙二(松山商高→九州国際大) 183cm82kg 右投右打
白仁田・岡田ら抑えて最多勝獲得、スピードの資質は二人と同等の評価。
多彩な変化球にカットボールが加わってバリエーションアップ、四球が課題。

西村憲(福岡工大城東高→九州産業大) 182cm80kg 右投右打
07春は右肩を痛めて本調子出なくとも粘りのピッチングで防御率トップ。
MAX145kmの速球に抜いたチェンジアップ、縦・横のスライダーのコンビネーションを巧みに操る。

須田幸太(土佐水湖北高→早稲田大) 175cm72kg 右投右打
気迫のある投球で早稲田のエース格を担う本格派。
多彩な変化球とノビのある速球、球持ちの良さで138kmの速球が魔球に化ける。

緑間俊(具志川商高→亜細亜大) 176cm66kg 右投左打
150kmを超える速球を投げ込めて、ノビ・キレまで抜群の評価。
資質は高いことがお墨つきでも、如何せん四球が多すぎる部分がどう見られるか。

篠田恭兵(巻高→石巻専修大) 178cm90kg 右投左打
一年次からMVPに輝き、重い速球と変化球を低めに集めて勝利を引き寄せる。
2007年は期待を下回る成績になってしまったものの、資質の高さは感じられる。

真壁賢守(東北高→東北福祉大) 179cm83kg 右投右打
かつてダルビッシュとともに甲子園で活躍した技巧派サイドピッチャー。
高校時代も含めて評価は高いが、あとは実績の上積み次第。

齊賀洋平(愛工大名電高→新日本石油ENEOS) 181cm77kg 右投右打
角度十分の球筋に重さが加わって、高評価の要素に納得。
野上・川尻らと同じく若い社会人選手として神奈川を代表する投手。

白倉キッサダー(上田西高→亜細亜大) 176cm76kg 右投右打
故障者が続出したチーム内で一年間投げぬき、07春には防御率でタイトルを取ったタイ代表エース。
最大の武器は大きなカーブ、速球のMAXは140km台半ばだが「まだ出せる」自信も。

坂戸圭介(関西学院→関西学院大) 180cm72kg 左投左打
怪我を克服してノーヒットノーランを記録し、注目度を挙げた大型左腕。
宮西が卒業して、真のエースとして「勝ち」の結果がついてくれば上位確実。

柳川洋平(福井) 183cm83kg 右投右打
怪我などに泣かされてきた右腕が、ドラフト戦線に復活。
奪三振率9弱、最速151kmの速球で力勝負はリリーフ向き?





2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
小杉陽太(JR東)185/78,max148k,カープ向きの好投手ですがね?
{喉から手が出ますよ!}(微笑)
2008/07/12(土) 13:40 | URL | 広鯉! #-[ 編集]
僕は、田澤や小松がドラフト上位候補だとは思うけど、活躍予想では??なんですよね。だから僕の中での願望候補には入れてません。田澤はセットポジションからしか投げてないそうです。リリーフですかね。
今年の大社投手の活躍予想は
?木村?巽?蕭?榊原?川尻?野上?摂津?TDK・田口?JR小杉?トヨタ・大谷?須田?谷掛あたりです。
2008/07/12(土) 17:25 | URL | 一花 #-[ 編集]
>>広鯉!さん
小杉陽太は注目株なのですが、妙に実態が掴めず何とも評価しにくい選手です。
今雑誌を引っ張り出して見ましたが、確かに大型の割に柔らかい動きをしていて、大いに可能性を感じさせますね。
下半身がまだまだの印象ですが、踏み込みと腕の振り次第では斉藤和巳になれるのでは?と思わせます。
鷹にも欲しいですね^^

>>一花さん
小松は伸び悩みが結構気になりますね。
田澤は私も昨年の時点ではあまり魅力に感じていなかったんですが、今年は成長が見られるのに好感です。
蕭は特に楽しみな投手ですね^^
2008/07/17(木) 00:23 | URL | 夏海@管理人 #-[ 編集]
田澤がセットポジションからしか投げていないのが本当だとしたら、制球の不安からですかね?
社会人で通用しても、プロの先発としては微妙な制球は大切ですよね?
実際の投球を観た事ありますか?
2008/07/21(月) 23:43 | URL | 一花 #-[ 編集]
>>一花さん
田澤は動画で見た記憶があります。
昨年の投球で、そのときはblogを始めて間もない頃でしたが・・・
印象としては制球はそんなに良くなくて、それを定めるためにセットで投げている印象がありました。
変化球も悪くないんですが、変化の大きいタイプを持っていないので危なっかしい部分もありますね。
ランナーを一人も出さずに抑えるというのは難しいタイプだと思うので、どちらかというと先発で育てるべきなのかなと思います。
野球小僧の6月号で将来像が馬原だと書いていましたが、的を射てるなと思って読んでいました。

以上が、昨年からの私が得た印象です。今年はどれだけ成長しているか見てみたいですね。
2008/07/22(火) 23:40 | URL | 夏海@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballmystar.blog93.fc2.com/tb.php/156-18f62319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック