FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
2008年のドラフトで指名候補となる選手のリストです。
逐次編集していきます。
以前と若干方式を変え、記事が膨れ上がるので投手と野手も分けました。
また、ランク付けは例によって私個人の主観で行っているのでアテになりません(;´Д`)
データの少ない選手などは2008年ドラフト候補選手・簡易メモへ。

ランク付けは下記の基準に拠ります。
S(競合レベル)、A(一巡指名)、B(上位指名)、C(下位氏名)

捕手


S
大野奨太(岐阜総合学園高→東洋大) 177cm77kg 右投右打
不動の正捕手、田中が抜けてすぐに正捕手となり、ベストナインも獲得するほどのセンス。
守備・肩の評価が先行していたが、3年秋にはリーグ最多の4本塁打を放った。



A
細山田武史(鹿児島城西高→早稲田大) 178cm75kg 右投右打
抜群の強肩と強気のリードで世代トップクラスの守備力が自慢。
3年春には首位打者も獲得、秋には打率を大きく落としても守備だけでベストナインに。



B
谷澤恭平(近代附高→佛教大) 171cm75kg 右投右打
谷掛・古田ら好投手をリードして結果を残す強打の捕手。
3年春にはMVPに輝き、打っては.429で首位打者、秋にもベストナインに輝いた。

田辺真悟(明徳義塾高→関西大) 182cm84kg 右投右打
巧みなインサイドワークと強打で関西大の四番に座る要の役割。
中学時代はダルビッシュとバッテリー、高校でも正捕手で甲子園出場の野球エリート。



C
乗替寿朗(若狭高→立命館大) 1778cm80kg 右投右打
攻守に渡って堅実な活躍で評価を受け、3年秋に低迷するチームの中で最高打率を記録。
同年に一年間通して同リーグの田辺を押さえてベストナインを獲得する。




内野手


S
上本博紀(広陵高→早稲田大) 173cm70kg 右投右打
スーパースターという言葉が似合う、三拍子揃った二塁手。
3年時は春に打率.362、秋に.333、大学選手権では打率.583、出塁率.706と暴れまわる。



A
岩崎恭平(東海大相模高→東海大) 178cm73kg 右投左打
3年は春・秋ともにベストナイン、長打力も秋には2本塁打と攻守が着実に成長の三塁手。
現在は遊撃を守り、広い守備範囲と俊足を存分に使って活躍。

今村健二(九州学院高→亜細亜大) 170cm76kg 右投左打
パンチのある打撃力に巧みなバットコントロール、軽快な足捌きに選球眼が揃う。
3年春には四死球18を選んで、首位打者の小窪より高い出塁率.484を記録。

仲澤広基(東海大甲府高→国際武道大) 182cm79kg 右投右打
3年秋に途絶えたものの、入学以降5季連続のベストナイン。
広角に打ち分ける強打が魅力の大型三塁手で、2006年には日本代表にも選抜される。



B
山崎憲晴(埼玉栄高→横浜商科大) 175cm72kg 右投右打
基本は遊撃手だが、内野ならどこでも守れるというユーティリティープレーヤー。
3年時には2年連続となる日本代表にも選出され、主に三塁手として活躍、上本をライバル意識。



C
佐々木大輔(日大三高→明治大) 178cm87kg 右投右打
評判の高い馬力で2年秋に4本塁打を放って可能性を広げた三塁手。
3年時は一年間を通して活躍できず、研究されても打てる対応力がつけば上位も。

高島毅(大阪桐蔭高→青山学院大) 173cm78kg 右投右打
攻守ともに粗いが、打率が落ち込んでも四死球をしっかり選んで役割を果たせる二塁手。
3年秋にはチームトップの打点10で初のベストナイン、新主将にも任命された。

野原祐也(富山サンダーバーズ) 177cm83kg 右投左打
BCリーグで打撃タイトルをほぼ独占の勢いで打ちまくる、<富山のおかわり君>。
内・外野を幅広く守れて、守備・走塁面にも破綻のない評価で独立リーグ筆頭の野手。




外野手


S
松本啓二朗(千葉経大附高→早稲田大) 180cm78kg 左投左打
抜群の強肩、隙のない走塁、柔軟なバッティングと、野球センスの塊としかいえない選手。
四死球も多く、通算打率でも3割は余裕で超えて、100安打も十分射程距離。

岩本貴裕(広島商高→亜細亜大) 182cm82kg 左投左打
右へ左へセンターへ一試合三本塁打、翌日四球と犠飛を挟んでの四打席連続本塁打を放つ。
投手経験豊富な強肩もあり、粗さが取れれば争奪戦確実な長距離砲。

長野久義(筑陽学園高→日本大→Honda) 178cm80kg 右投右打
走攻守が高いレベルで出揃っていて、社会人でも一年目からレギュラーを獲得。
大学四年で一気に開花し、社会人を経て一巡候補までに成長。



A
野本圭(岡山南高→駒沢大→日本通運) 180cm76kg 左投左打
走・攻・守、どれをとっても高レベルで、社会人からも一年目からレギュラーを張るほどのセンス。
特徴不足でプロ指名漏れの感も、社会人でレベルの高さを証明する活躍。



B
中倉裕人(PL学園→東洋大) 175cm66kg 右投左打
一年次の春、いきなり打率三位、本塁打一位と大活躍を見せたものの、それが最高成績。
3年春には復調見せるも、秋には最低打率、この一年で頂に行くか、地に落ちるか。

十九浦拓哉(八千代松陰高→東洋大) 180cm85kg 左投左打
強打の外野手として3年秋に一試合2本塁打などを放って実力発揮、DHで初のベストナイン。
逆方向への一打は今後の可能性に繋がってくるはず。

竹上諒平(西日本短大附→日本文理大) 188cm92kg 右投右打
大型にして俊足・強肩が売りと身体能力抜群の選手で、長打力もある。
三塁手も経験し、「新庄二世」がどこまでスケールアップするのか楽しみ。



C
小林雄斗(新田高→明治大) 170cm65kg 右投左打
とにかく三振が少なく、俊足巧打の理想的なリーディングヒッター。
3年秋には絶不調だったが、大学球界屈指の足で猛然とアピールしてほしい。





2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
川咲勇司(阪南大)右投左打、175/77、3塁手。超人的な背筋力から(350以上)ヘッドスピードが速く、バットコントロールが職人の匂い。強肩、俊足。
2008/02/07(木) 11:42 | URL | ブルーサンダー #TTM2yvWU[ 編集]
山本和作(尼崎工>大経大)182/82,右右,大型3塁手も密かに阪神&巨人&ヤクルト&広島が密着マークですよ。{出来ればDRAFT REPORTでご確認願います}
2008/07/10(木) 12:38 | URL | 広鯉! #-[ 編集]
>>広鯉!さん
そういえばリストに入れてませんでした・・・
名前だけは認識していましたが、何分ズボラなもので・・・
しっかりと情報確認してから、リストに入れたいと思います。
情報ありがとうございました!
2008/07/17(木) 00:05 | URL | 夏海@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballmystar.blog93.fc2.com/tb.php/157-418bf64d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック