FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
岐阜どころか全国を代表する本格派右腕、岐阜城北高校のエースは全国デビューなく敗戦。
185cm73kg・右投左打・投手・MAX147km・遠投100m・50m6秒2・背筋180kg・握力右63kg左60kg。

オリックス入りした丹羽という高校屈指の打者を見に来たスカウトが、翌年に気持ちがシフト。
それくらいのセンスを秘めた右腕は、統一になったドラフトでも上位指名の噂が飛び交う。
ついに全国の舞台で投球をすることはありませんでしたが、素質は全国級間違いなし。
2年次の準決勝で清翔をノーヒットノーランに抑えた実績で一気に注目度が増しました。

速球はMAX147kmを記録しますが、球速表示だけではないキレがこの投手の身上。
長さとしなりを合わせた腕から放たれる速球はミットに吸い込まれるような快速球。
ここに来るはず、という打者のバットの上を通り過ぎていく「本物の速球」です。
ただ制球は若干甘く、最後の夏もこの部分に泣いた模様。

変化球はカーブとスライダーが中心で、フォーク・ツーシーム・チェンジアップなども。
カーブはドロンと落ちる軌道で、快速球に目が行きすぎると反応できない緩い球。
この球を中心に緩急を作れるのが強みで、コースに決めることも出来ています。
スライダーは速球のような軌道かと思いきや突如沈み込む厄介な球。
これをカーブと勘違いしても、中々うまく打てないでしょう。
あまり確認できていないのですが、ツーシームも速球に近い速度で微妙に変化する実践的な球。
フォークに関してもスピードが出ていて落差も十分に見えました。
速球にしても変化球にしても、あらゆる面で一級品の素晴らしい投手。
緩急自在に翻弄し真っ向勝負で抑え込む、投手の面白さを体現したような投手です。

そしてこの選手の野球センスを語るには、打撃面も無視は出来ません。
内角高めの厳しい球を引っ張ってライト線にファール。
同じコースを今度は0.1秒我慢してスタンドイン、満塁ホームランを放ちました。
何より驚いたのは、あれだけのリーチを畳んで振りぬいているのに窮屈さが皆無なこと。
これだけのしなやかさと強さを同居させた選手は中々見れるものではありません。

あえて課題面を挙げるとするならば、下半身の安定くらいでしょうか。
ピンと足を上げても動じないバランスは流石、振りぬく腕のしなりは素晴らしいの一言。
ただあと一歩踏み込んで上半身を我慢できれば、制球アップとパワーアップを両立させてくれそう。
8割の力で今の1割増の力を出せるようになれば、球界屈指の存在となるでしょう。

指名予想:中日・ソフトバンク・オリックス

中日はスカウトが既に惚れ込んでおり、次世代エースとしてはこれ以上ない存在。
もしかしたら一巡指名で来るかもしれません。

ソフトバンクは年々地元と見せかけて別地方の高素材を狙っている雰囲気。
昨年の岩嵜に続き、伊藤獲得で次の四本柱が見えてくる!

オリックスは小松が結果を出し、投手陣の強化を一気に進めておきたいところ。
少し右に偏りがちでも、球界屈指のエースになれば左右なんて関係ない!


スケール的には東浜に勝るとも劣らないほどのスペックをしていると思います。
東浜との差があるとすれば、やはり制球の部分が多くを占めるのではないでしょうか。
速球の威力に関しては今年の投手では五指に入るレベルでしょう。
ちなみに変化球に関しては、判別は自己流なのでかなり自信がないですorz
プロになってからたっぷり見せていただきましょう!!

2008年ドラフト指名候補選手(高校生投手)
2008年ドラフト指名候補選手(高校生野手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人投手)
2008年ドラフト指名候補選手(大学・社会人野手)
2008年ドラフト候補選手・簡易メモ

面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballmystar.blog93.fc2.com/tb.php/206-189f2eeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック