FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
時間の都合上もありまして、しっかりと見れたのは桐蔭vs文理戦だけでした。
正直誤解を恐れずに言うなら期待はずれだったんですけどね。
とはいっても誰の目から見ても本調子ではありませんでしたが、試合そのものに見ごたえが・・・

順を追って寸評していきましょう。
まずは初回、中田翔は変化球を中心とした慎重な立ち上がり。
速球は140kmを超えることもありませんでしたが、スライダーを有効に使えていました。
何より内野陣の守備の堅さは凄かった!
度重なるピンチを防ぎ、結果として中田の被安打を1に押さえ込んでしまいました。
しかし四死球7はあまりにも酷い。
肘の状態が悪いならもう少し大事をとるべきだと思うんですが・・・リハビリを兼ねてだったんでしょうか。
打撃に関しては特筆すべき点なし。
打たない日もあるでしょう、という感じでしたが、内角を克服した感じはありませんでした。

対する栗山もまずまずの仕上がりでしたが、運悪く序盤に失点してしまいます。
しかし期待していた制球難の克服は出来ていなかったようです。
特に右打者相手には内角でストライクが取れていませんでした。
左打者に対しては鋭い球を放ることが出来ていましたけどね。
相変わらずスライダーはキレていましたが、変化ポイントが早くて簡単に見切られてしまいます。
しかもその変化ポイントの早さのせいで曲がりすぎてしまい、ワイルドピッチになってしまうこともしばしば。
結局五つのワイルドピッチ・・・これは仕上がり以前の問題ですね。
結果的にその後も追加点を許し、7-0での大敗。
そこまで打ち込まれたわけではないだけに、悔しさも大きいでしょう。
捕手ももっと球を押さえ込まないと投手が投げにくいですね。

今回は審判がかなり低目を厳しく取っていました。
両投手ともその点にはかなり苦戦していた様子で、低目は取れない、高めは外れてしまう・・・と散々。
そこに対応できると出来ないでは今後が違ってくるでしょう。


しかし今回一番の収穫だったのは、大阪桐蔭のキャプテン・丸山!!
シェアな打撃と、カバー範囲の広さとプレーの正確さを備えた守備に魅了されました。
ついで日本文理の頓所ですね。
球を捉えることに長け、一塁手としての守備も上手かったです。
大阪桐蔭は生島岡田らが相変わらず軽快な動きを見せていました。
那賀、山口にも雰囲気がありましたね。
次の試合に期待です。


それにしても、仙台育英が一回戦で消えるとは・・・
常葉菊川も投手が良かったようですね。
佐藤を見れなかったのは残念でしたが、次の試合では石岡に注目してみたいですね。
いい投球を見せた田中・戸狩も改めて見てみたいです。
明日は千葉経大附の、中京の小亦、今治西の熊代、熊本工の藤村に期待しています。
頑張れ高校球児!!



面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballmystar.blog93.fc2.com/tb.php/43-35026992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック