FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
選抜優勝の常葉菊川高校の右投げ右打ち捕手、石岡諒哉。
175cm78kg、右投げ右打ち。
一点を守りきる野球をリードした頭脳は高評価でしょう。

私が思う捕手として必要な3要素の「リード」、「フィールディング」、「スローイング」はどれも平均以上のものを持っています。
特にリードは相手の弱点を的確に攻めさせ、投手に投げやすくさせる印象。
盗塁もバッチリ刺せますし、フィールディングも上々と素晴らしい選手。
打撃も無理に引っ張らず内野を抜く意識が強く、チャンスでしっかりランナーを返せることからも神経の強さを感じさせます。

しかしプロレベルとなると、スケール不足を感じてしまう点は否めません。
リードに関しても素人が評価するには難しく、肩は第一候補の岡田などには劣ってしまいます。
高校生捕手としては上位ですが、即プロの評価を与えていいかは疑問点。
進学してある程度成長を見守る形でもいいかもしれません。
しかしそもそもトップクラスの選手でもプロで定着するには時間が必要ですから、将来的な期待を込めて指名されて欲しいところ。
捕手の後継者を五年後くらいに交代したい球団に好まれるかもしれません。

指名予想:ヤクルト・広島・楽天

ヤクルトは古田の後継者候補の一人として是非!
頭脳型として、古田とはタイプも合いそうだと思うんですが・・・

広島は高校生の育成が上手ですからね。
現在打撃覚醒中の倉を将来的に外野手などに追い込んでしまうかも?!

楽天は嶋が正捕手として定着したとすれば、その後の候補として究極の青田買いをしてみてもいいんじゃないでしょうか。
野村監督から直接手ほどきを受け、正捕手競争の真っ只中で刺激を経験する・・・
正捕手に悩まされる球団は多いだけに、早めの対策もアリなんじゃないかと。


特別な一芸が伸びてこない限りは進学の確率が高いと思います。
しかし今の彼の能力を買って指名してくれる球団がいると面白くなるんですが・・・
夏までにさらなる飛躍を期待!!(`・ω・)b


(甲子園後評価)

相変わらず守備面では高校生とは思えない完成度を見せてくれました。
リード面は素人評価が難しい部分ではありますが、野手の苦手と投手の得意を噛みあわせるのが上手な印象。
明らかに本調子とは遠い田中健二朗をリードして、結果を出し続けました。
フィールディングも安定していて、滅多なことでは球を逸らしません。
肩も強く、モーションに入るまでの動きも素早いのが素晴らしいです。
前述したとおり、守備の総合的な力は今年の候補中でも飛びぬけています。
甲子園で岡田と見比べられなかったのが悔やまれますね。

打撃に関してですが、センバツのときより更に粗くなっていました。
とにかく振り切る、という面では好印象なのですが、引っ張ろうと振り回しすぎていた感じがします。
それでも甲子園で本塁打を放つなど、持ち合わせた勝負強さは天性のものを感じさせてくれます。
惜しくも春夏連覇はなりませんでしたが、センバツ優勝・夏ベスト4の実績は大きいでしょう。
是非プロに進んで欲しいですね。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballmystar.blog93.fc2.com/tb.php/55-d3fa1dc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック