FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
東海大学の右投げ左打ち外野手、荒波翔。
178cm、75kg。

常に野球エリートとしての道を歩んできた選手です。
翔という名前のドラフト候補といえば言わずと知れた中田や、慶應大学の佐藤が連想されます。
この二人はスラッガーですが、荒波はいわゆる三拍子揃ったオールラウンドプレイヤー。
大学一年生の春にいきなり首位打者になってしまうほどセンスは抜群。
二年次に右膝靭帯断裂で丸一年棒に振ってしまいましたが、昨年は見事に復活し大学日本代表に選出、ベストナインまでも獲得します。
内野手から外野手に転向したときもその対応力に皆驚かされたとか。
しかし中学時代までは遊撃手と投手と、どこまでも花形を歩んでいます。

これら経歴や情報を見ても、守備や肩はかなり良いと予測されますが、実際に見ていないのでなんとも言えません。
本人は守備走塁面ではプロにも劣っていないとまでの自信!
一塁到達までが4秒を切るそうですから、俊足は間違いないでしょう。
打撃は若干迫力不足ですが、ミートセンスは抜群。
苦手コースはまるでないような印象を受けましたし、反対方向へ流す技術も持ち合わせています。
プロとの対戦を考えればどうしてももう少しパワーが欲しいところですが、足でもヒットを稼げるので期待感は大きいですね。
実際動いているところを僅かにしか見ていないので単純には比較できませんが、小瀬と比べても劣らぬ実力を持っているように思います。

予想:巨人・横浜・日本ハム

巨人は補強でスタメンのベテラン化が目立ちますが、何気に若手も育ってきていますね。
外野は矢野は確定として、鈴木、亀井、松本・・・もう少し打てる選手でオールラウンダーが一人いれば安心感も増します。
東海大学ですし、同校の加治前らとともに有力候補です。

横浜はもう少し攻守バランスの取れた外野が欲しいんじゃないでしょうか。
1、2番がベテランですので、チャンスあり?!

日本ハムは昨年王者ながら大きな苦戦を強いられている今シーズン。
やはりセンターラインの選手は大事ですから、外野は重要な補強ポイントでしょう。

上位候補の選手でも怪我人が目立ちますね。
有力候補でも怪我で評価がガラリと変わってくるので、予想が難しくなってきますね。


(選手権後評価)

早稲田との決勝戦でTVに映ったので評価を追加します。
打撃に関してはやはり巧打タイプというのには変わりなし。
特筆すべきは守備走塁です。
早稲田相手に内野安打を放つほどですから、走力は証明されたといってもいいかもしれません。
左打者ということも加味されて、プロでも武器になるでしょう。

そして何より守備
コレは本当に凄いと言わざるを得ません。
センター前に落ちようかという当たりに凄いスピードで飛びついて捕球しました。
落下点をしっかりと分かっていないと飛びついて捕球は出来ませんし、かなりギリギリのタイミングだったので打球判断に優れていないと間に合いません。
中継に投げた送球も鋭く、センスを感じさせました。
まさしく天才肌というのはこういうことをいうのでしょうね。
今は後輩の高濱が横浜高校始まって以来の身体能力と才能と言われてドラ一筆頭。
しかし横浜の天才といえば「荒波翔」だったということを見せ付けてくれそうです。


面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballmystar.blog93.fc2.com/tb.php/61-45246745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック