FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
07選抜優勝を果たした常葉菊川高校のエース左腕。
178cm、77kgという体格ですが、見た目は少し細い印象です。

2年生の戸狩と共にチームを支える技巧派。
フォームも癖がなく、正統派な左腕です。
速球は130km台で、MAXでも140行かないくらいでしょうか。
変化球はカーブくらいしか目立って分かる球種はなし。
多分スライダーとフォークかな、という程度です。
このカーブに関しては落ち幅が大きく、カウントを整えるのに重宝しますね。
選抜の今治西戦では17奪三振を奪うなど、三振を取る投球も出来ます。

しかしこの選手で特筆すべきは制球力です!
角度を付けて投げ込まれる速球は、内角の厳しいところをガンガンとついていきます。
一番それが顕著に現れたのが選抜での大阪桐蔭戦、中田翔との対戦時。
女房役の石岡に助けられた部分もありましたが、執拗な攻めで無安打に抑え、試合を勝利に導きました。
時折ドキッとするような浮いた球がありますが、それ以外は安定した好投手。
何かもう一つ大きな武器が身に付けば競合してもおかしくないくらいの力はあります。
制球力を崩さない程度に体を作り、速球を+5km、変化球の攻めのパターンを+1程度出来れば最高です。
シンカーなどを会得して嫌らしく打ち取る山本昌路線か、全体的なスペックアップで内海路線か。
個人的には前者で長らく活躍できる投手になって欲しいですね!
夏の成長に期待です


予想:中日・西武・楽天

中日は投手陣の再編時期が迫っています。
特に左腕の候補は物足りない印象ですし、山本昌の後継者としても抜群の資質は評価したいところですね。

西武は上位指名権が二つ消滅していますので、そこまで残っているかは微妙なところですが・・・
松坂が抜けた影響が想像以上に大きいことですし、まずは投手陣から整備したいところです。

楽天は着実に強くなっていますが、勝ち頭や抑えが右に偏っていますね。
野球は投手から、のスタイルでここまで強くなったんですから、ここは先発の左も揃えてAクラス球団へ!


ホークス以外は左の先発が少ないパ・リーグ。
試合を作れる左投手が重宝されそうですし、パ・リーグに行く確率が高そうです。
二年連続でドラフト一位の投手が田中というのも面白いですね(≧ω≦)b

(甲子園後評価)

残念ながらセンバツのときより悪くなっていました。
調子が悪かったのかもしれません。
それでも粘りのピッチングで勝利に導けるのは流石。
試合を追うごとに調子は悪くなっていくばかりでしたが、制球力は圧巻。
失投も多かったものの、投球に対して決して妥協しない高い目標意識を感じました。

調子を回復するのに苦心していたのか、セットポジションは特に球が荒れがちでした。
カーブのキレは相変わらず素晴らしく、捉えきれない打者が続出。
ポーカーフェイスや試合後の冷静な対応、高い投球技術と目標意識。
既にプロらしさすら感じさせる投手です。
一巡でも驚きはしませんね。
ただ、夏に評価を上げきれなかったことをプロがどう評価するか。
甲子園、最後の夏で果たせなかった優勝の喜びを、プロで味わって欲しいですね。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
2007年指名候補者リスト補足版
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballmystar.blog93.fc2.com/tb.php/73-55b7af00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック