FC2ブログ
BaseBallMyStarにようこそ!こちらは主に日本プロ野球のドラフト候補について様々な情報を元に選手寸評・指名予想をするブログです!ご意見やご感想等お待ちしております(*`・ω・)ゞ
TOPページ
 長い時間をかけてやっと気に入ったテンプレートが見つかりました!。゜+.(・∀・)゜+.゜
2008年ドラフト終了!
 現在12球団戦力分析を作成中です。
 更新スピードダウン↓中ですが頑張って更新しますので、2009年も宜しくお願いします。
早稲田がやってくれました。


早稲田大学が・・・全日本大学野球選手権優勝を果たしました!!
33年ぶりの優勝とあって、その中心にいるのが甲子園優勝投手というのはなんともドラマティック。
ココまで来るともう神懸っていますね。
宣言どおり勝ち続けました。
東海大学も善戦したものの、試合を引き寄せる力は確実に早稲田にありました。

東海大学がチャンスをことごとく不意にしてしまったのが悔やまれます。
斎藤が勢いを落とした六回に攻め切れなかった部分もありますね。
その後を任された松下も危なげなく勝利。
最高殊勲選手には2勝の斎藤佑樹が受賞するという快挙。
たった一年、いや、半年で大学野球の全てを手中に収めてしまいました。
まさしく不敗神話、勝利の女神を背負っています。


斎藤はコースに決めるピッチングとフォークを決め球に東海打撃陣を自由自在に翻弄。
フォークの落差は凄まじいものがありました。
ランナーを背負うと尚更集中力を増し、失点しない投球でした。
マウンド度胸といい、投球術といい、アマチュアのレベルを逸脱しているように思えます。
六回には勢いが落ち、四球で溜めたランナーを背負って甘めの球を安打にされて失点。
昨年の甲子園で見せたほどの無尽蔵のスタミナは感じられませんでした。
しかし大学野球と高校野球の違いもありますし、むしろ今のうちに酷使しないことのほうが重要ですね。
自分の中で課題を作ってそれに取り組めば、まだ延びる余地はあります。
打つほうでは小野塚が試合を決めるツーランホームランを打ちました。
小松崎の甘く入った球をしっかりと捉えていましたね。
先取点を取った田中幸長の犠牲フライも、高目を打たされたように見えてフェンス直前まで延びるという驚異の弾道。
上本の乱れ打ちは安打製造機の雰囲気抜群でしたし、松本は俊足を生かした巧守も見せました。
そして打撃に貢献しつつも投手陣を引っ張り続けた細山田。
総合力の高さが全国区でも発揮され、力を見せ付けるに至りました。

東海大学も力があることは十分に見せ付けられましたが、投手力が勝負を分けました。
加治前は斎藤の投球にタイミングが合わずに完璧に抑え込まれる内容。
3年の岩崎はシェアな打撃、反応が良く肩の強い守備でアピール。
ただ、エラーも記録してしまいます。
最も輝いていたのはやはり荒波ですね。
今までしっかりと見ることのなかった守備走塁。
素晴らしいです。
打球判断に優れ、守備時の俊足も落ちることなく好捕。
やはり天才肌ですね。


話題から何から早稲田が独占の様相を見せた今大会。
他大学も善戦しましたが、このまま早稲田伝説に付き合ってあげるつもりもないでしょう。
かつての「打倒・松坂」の思いで切磋琢磨した黄金の松坂世代のように、「打倒・早稲田」「打倒・斎藤」の新たな黄金世代が生まれて欲しいですね。

2007年高校生指名候補者リスト
2007年大学・社会人指名候補者リスト
面白いと思ったら押してくださいm( _ _ )m にほんブログ村 野球ブログへブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballmystar.blog93.fc2.com/tb.php/79-2c22adb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック